週末、夜の下町を楽しむ5つのこと

門前仲町や浅草、築地でディープな夜を過ごす

作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 週末、夜の下町を楽しむ5つのこと

今週末は、江戸時代からの情緒が残る下町で少しディープな夜を過ごしてみてはどうだろう。ここでは、門前仲町や浅草、築地などの「夜のガイド」を紹介する。チープに楽しめる老舗居酒屋や、意外な場所にある若者が集うDJバー、深夜まで営業するカフェなど、それぞれの街のガイドを参考に下町での夜を満喫してほしい。

ナイトライフ

銀座から築地に流れる

夜の築地ガイド

市場は豊洲に移転しても、独特な雰囲気のある築地はいつまでも魅力的な場所。市場があったころは、築地といえば朝のイメージだったが、今は美味い料理や酒をゆったり、そして、リーズナブルに味わえる夜が熱い。ここでは、夜の築地でぜひ足を運んでほしいヴェニューを6軒厳選して紹介。あのころとはまた一味違った築地を楽しんでほしい。

Things to do

門前仲町ではしごする

夜の門前仲町ガイド

夜の門前仲町は面白い。江戸時代からの情緒が残るこの下町は、富岡八幡宮や深川不動尊など寺社があることから、昼間は家族連れや観光客でにぎわっている。一方、夜になれば、小道に並ぶ無数の居酒屋やバー、小料理屋に明かりが灯り、昼とは違う顔を見せる。良心的な価格でうまい酒や料理が味わえる店が多いことが特徴的で、酒やグルメ好きが集っている。特集では、夕方からのはしごに最適なスポットを紹介する。

Advertising
ナイトライフ

何でもOK?な横丁を覗いてみる

赤羽OK横丁ガイド

新旧が混在する赤羽は、昭和の雰囲気が残る商店街や、新しいショッピングセンターなどがあり、生活に便利な街である。今回紹介するOK横丁は、赤羽の一番街を入って左手にある、100メートルほどの路地。名前の由来は「何でも飲み食いできる(OKな)横丁」という説もある。ここでは、20年以上営業する老舗から、2017年12月にオープンしたばかりの新店まで5軒紹介する。

ナイトライフ

夜の浅草探検へ出かける

夜の浅草ガイド

年間約5,000万人もの旅行客が訪れる、人気観光地の浅草。19時を過ぎれば、商店街にはシャッターが下り、観光客もまばらになりガランとした雰囲気が漂い始める。近年では『東京オリンピック・パラリンピック』開催に向け、ホテルやホステルが増え、新店も次々にオープンしている。特集では、夕方から深夜にかけて訪れてほしい浅草のスポットを8つ紹介。美しくライトアップされた浅草寺を横目に、夜の浅草探検に出掛けよう

Advertising
バー

江戸のバーで大人な夜を過ごす

東京、お江戸の香りを残す下町のバー15選 

ほんの少し前まで「下町」はおしゃれとは無縁なエリアだった。しゃれたバーと言えば、銀座をはじめ六本木や麻布を指すものと考えられていた。今や週末ともなれば、新しい物好きが「川向う」にさえ足を運ぶ21世紀となった。 そんな下町には、今のような注目が及ぶ前から、老舗や凝った一軒が散らばり、子どもが足を踏み入れることのない落ち着いた止まり木が、バー好きを唸らせて来た。本当の東京を知らない人々の目には、触れて来なかったに過ぎない。ここでは下町ならではの知っておきたい珠玉のバー15軒をつまびらかにする。

週末をもっと楽しむ……

映画

週末、映画をもっと好きになる5の場所

家で映画を見るのもいいが、今週末は、外に出て映画の魅力にどっぷり浸ろう。ここでは、日本一の音響を誇る映画館をはじめ、270度に広がるスクリーンで迫力の映像を堪能したり、ミシュラン二つ星を受賞したレストランが併設されていたりと、わざわざ足を運びたくなってしまう理由がある映画館を紹介する。

Things to do

週末、新生活に備える5のこと

春らしい陽気になり、外に出るのも楽しくなって来た今日この頃。気分の高揚とともに「部屋の雰囲気をガラリと変えたい」「もっと気分転換したい」と思っているなら、家具や小物を揃えにショッピングに出かけよう。ここでは、圧倒的な品揃えが魅力の多肉植物専門店や、閉店した喫茶店の家具を販売するショップ兼カフェなど、個性ある商品が揃う店を紹介する。  

Advertising
Things to do

週末、昭和レトロを感じる5の場所

いよいよ来月、新年号が発表されるが、今週末は昭和にタイムスリップしてみるのはどうだろう。昭和レトロなデザインは、懐かしく、なぜかホッとした気分になれる。ここでは、心落ち着く喫茶店や、昭和の文豪気分に浸れる下宿、東京唯一のスマートボール場などを紹介する。

Things to do

週末、仕事がはかどる5の秘密基地

週末は羽を伸ばしたいけど、仕事が溜まっている……。そんな時は、作業と癒しも同時に捗(はかど)る、複合型のコワーキングスペースに行こう。仕事の合間に読書やシーシャでブレイクしたり、スパでリフレッシュ、ホテルでそのまま一泊してしまうのもありだ。リピート必至の5つのスペースを紹介する。

Advertising
ナイトライフ

週末、終電後も楽しむ5のこと(新宿編)

東京は眠らない街だ。特に様々なエンターテイメントが凝縮された新宿は、朝から夜中まで人でごった返している。ここでは、週末を新宿で過ごすことになったあなたに、アミューズメント施設やほっと一息つけるカフェなど、終電後も楽しめる24時間営業の店を紹介する。

Things to do

週末、チープに楽しむ5のこと

予想外の出費をしてしまった時や給料日前など、財布の中が寂しい時は、外出を控えてしまいがちだ。しかし、せっかくの週末。家にこもって終わってしまっては、もったいない。東京での生活は、なにかとお金がかかると思われがちだが、実は、上質な寿司を気軽に食べられたり、無料で動物園に行けたり、1,000円でベロベロに酔えたり......。意外にも、お金をかけずに楽しむことができるのだ。ここでは、無料で入れる施設も含め、あまりお金をかけずとも最高の体験ができる5のスポットを紹介する。今週末も、東京という街を大いに楽しんでほしい。

Advertising
Things to do

週末、肉に満たされる5のこと

とにかく肉を食べまくりたい......。そんな人は今週末、多種多様な肉を味わいに行こう。ここでは、シカゴ発の老舗ステーキチェーン、モートンズ ザ ステーキハウスの日本1号店から、美味いラム肉を味わえる10のレストラン、115グラムもあるパティを6枚も重ねた『USキングバーガー』に挑める店など、肉好きにぜひ足を運んでほしいヴェニューを厳選して紹介する。

Things to do

週末、異空間に旅立つ5のこと

好きなカフェでのんびりしたり、映画三昧な休日を過ごしたり、友人と酒を飲んだり……。気分転換の方法はいろいろとあるが、「異空間に旅立ってみる」というのも、一つの手かもしれない。ここでは、おもちゃ箱をひっくり返したようなスナックや、世界各地から集めた「神グッズ」が飾られたバー、壁中に掛け時計がぎっしりと掛けられた喫茶店など、非日常的な空間を楽しめる5のヴェニューを紹介する。週末は現実から逃れ、身も心もリフレッシュしてみてはいかがだろう。

Advertising
Things to do

週末、一人で旅したい5の場所

気分転換したいなら、一人で旅に出るのが一番だ。一人旅は、確かに寂しいことも多いかもしれない。しかし、好きなものだけを食べたり、疲れたら昼寝したり、地元の人と会話を楽しんだり、自分自身と向き合ったり……。誰にも気を遣わず、自分のペースで楽しめる1人旅は、思いのほか最高だ。ここでは、鎌倉歴25年のローカルエキスパートが監修した鎌倉ガイドや、48時間で楽しめる大阪ガイドなど、週末の小旅行にもぴったりな5つの場所のエリアガイドを紹介する。

Things to do

週末、ピンクに満たされる5のこと

2018年秋冬のトレンドカラー、ピンク。しかし、可愛らしい色ゆえに「気にはなるけど、洋服や小物にピンクはちょっと……」と、ピンク色のアイテムを取り入れることに抵抗を感じてしまう人も少なくないのではないだろうか。そんな人は、東京にあるピンクスポットに行ってみよう。ここでは、真っピンクなVIPルームがあるミュージックラウンジや、『フランボワーズ』が名物のニューヨークスタイルのドーナツショップなど、ピンク欲を満たせる5のスポットを紹介する。

Advertising
Things to do

週末、自分を見つめ直す5のこと

何かに悩んだ時は、一度立ち止まって、自分を見つめ直してみよう。この先どう進んだら良いのか、何をしたいのか。誰かに相談したり、占いに頼ってみたりするのも良いが、本当の答えを知っているのは、意外にも自分自身かもしれない。ここでは、3万冊の書籍と90種類の雑誌を販売する「入場料付きの本屋」や、瞑想専用のスタジオなど、5つのスポットを紹介する。本や映画からなにかヒントをもらうのも良いし、クラゲを眺めて心を穏やかにするのも良い。はたまた、日帰り温泉で思いっきりリフレッシュしてみるのも良いだろう。自分に合う方法で、とことん自分と向き合ってみよう。

Things to do

週末、汗をかいてスッキリする5のこと

つらいことがあると、ついつい家に引きこもってしまいがちだ。しかし、そんな時こそ、思いっきり汗を流しに外へ出かけたい。ここでは、室内スポーツができる施設や、激辛ラーメンを味わえる店など、東京の発汗スポットを紹介する。嫌なことは汗と一緒に流し、スッキリした気持ちで月曜日を迎えよう。

Advertising
Things to do

週末、写真を好きになる5のこと

京都で毎年開催される国際的な写真祭『KYOTOGRAPHIE2018』が2018年10月26日、東京にやってくる。第6回開催で好評を博した展示の一部が、スペシャルエディションの『TOKYOGRAPHIE』として東京に巡回するというものだ。今週はそんなも東京初のイベントも含めつつ、写真の魅力にどっぷり浸かれる5のスポットを紹介する。

Photo: Giantrabbit/Shutterstock
Things to do

週末、運気をアップさせる5のこと

「最近良いことがない」「なんだか気分があがらない」「もう全て嫌だ」。そんなネガティブ思考になっている人は、今週末、「運気を高める」ということを意識してみてはいかがだろう。ここでは、金運や恋愛運のアップにご利益のある神社仏閣をはじめ、「ふわふわのシフォンサンド」という幸せを提供する店や、シーグラスを持参した人には、海を掃除してくれたことへの感謝の気持ちとして、ドリンクの割り引き券をプレゼントしているカフェなど、運気の上昇が期待できるスポットを紹介する。ついていない日々が続いても、決して落ち込む必要はない。幸運は、自分で招き入れれば良いのだ。

Advertising
Things to do

週末、インスピレーションが湧き上がる5のこと

新たなインスピレーションを得たいならば、街へ繰り出すのが一番だ。今週は、アイディアが次々と湧き上がりそうなスポットを紹介する。本屋に泊まってみたり、動物の動きを観察したり、湯に浸かって頭をリセットしてみたり......。ひらめきを求め、様々な場所を訪ねてみよう。

Things to do

週末、自然に癒される5のこと

自然に触れられる場所は、東京にも意外とある。今週末は、都内や東京近郊にある自然スポットで、思いっきり深呼吸してみよう。奥多摩で美味いビールを飲んだり、北欧のライフスタイルを体験できる施設に行ってみたり......。大自然の中に身をおけば、ちょっとした悩みくらいは忘れてしまうだろう。

Advertising
Things to do

週末、東京を味わい尽くす5のこと

日々の生活に欠かせない食。しかし、忙しい毎日を過ごしていると、ついついコンビニで済ませてしまうという人も少なくないのではないだろうか。今週末は、そんな食生活をリセットするべく、美味しい東京グルメを食べに行こう。ここでは、立ち食い寿司やもんじゃなど、東京を代表する食べ物と、そのおすすめ店を紹介する。

Things to do

週末、台湾を感じる5のこと

日本での人気が高い、台湾。映画『千と千尋の神隠し』のモデルとも言われる九份(きゅうふん)や、パワースポットの龍山寺(ロンサンスー)などの観光地、祭りのような雰囲気が楽しい夜市など、魅力的なスポットが多々あるが、やはり我々を惹きつけて離さないのは、台湾の食だ。ここでは、荻窪にもある台湾料理の名店や、魯肉飯(ルーローハン)を提供するDJバー、台湾からの留学生も絶賛するデザートの豆花(どうふぁー)専門店など、本場さながらの味を堪能できるスポットを5つ紹介する。もし、東京で台湾フードが恋しくなったら、この記事を参考に、本格的な台湾の味と出会いに行こう。

Advertising
Things to do

週末、夜を遊びつくす5のこと

せっかくの週末。体を休めることも大切だが、時には、朝まで思いっきり楽しんでみてはいかがだろう。ここでは、2018年にオープンしたミュージックバーや赤羽OK横丁、22〜25時あたりまで営業している古着屋など、東京の夜遊びスポットを紹介する。リストには、サウナを備えたカプセルホテルも入っているので、朝まで体力が持つか不安な人も心配無用だ。次の日が1日潰れてしまうことは覚悟し、終電を気にせず東京の夜を遊びつくそう。

Advertising