夜の門前仲町ガイド

リーズナブルに楽しめる門前仲町の夜をガイド

1/3
2/3
3/3

タイムアウト東京 > ナイトライフ> 夜の門前仲町ガイド

夜の門前仲町は面白い。江戸時代からの情緒が残るこの下町は、富岡八幡宮や深川不動尊など寺社があることから、昼間は家族連れや観光客で賑わっている。一方、夜になれば、小道に並ぶ無数の居酒屋やバー、小料理屋に明かりが灯り、昼とは違う顔を見せる。良心的な価格で旨い酒や料理が味わえる店が多いことが特徴的で、酒やグルメ好きが集っている。特集では、夕方からのはしごに最適なスポットを紹介する。

深川不動尊

門前仲町駅そばにある、成田山新勝寺の東京別院である深川不動尊。参道には、雑貨やカフェ、角打などが並ぶほか、屋台の焼き鳥屋が毎日24時まで出店している。毎月1日、15日、28日(11時〜17時頃まで)には縁日も深川不動尊の参道や富岡八幡宮、永代通り、中どうり商店街周辺で行われている。

詳細情報
門前仲町

辰巳新道

昭和の香り漂う飲み屋街、辰巳新道。この50メートルほどの路地には、飲み屋が30軒以上ひしめき合っている。路地の入り口にある、食券制の立ち飲み屋ニューもつよしは1軒目にぴったり。看板メニューの『もつ煮込み』は350円、やきとりは1本150円から気軽に味わえる。通りには小料理屋やスナック、バーなどディープな飲み屋があるので、お気に入りの店を見つけ出そう。

詳細情報
門前仲町
Advertising

太陽

門前仲町駅近くの海鮮立ち飲み居酒屋。カウンターのみの狭い店内はいつも常連客で賑わい、すし詰め状態。もとは、寿司の名店、佐ゝ木の大将がカウンターに立っていた。大将の他界後は、常連の声に答えてオーナーが切り盛りしている。特におすすめなのは、毎朝築地に足を運んで仕入れる新鮮なネタを使った刺身の盛り合わせや焼き魚。『一の蔵』などの日本酒も揃っているので、美味しい酒と魚を、常連とともに和気あいあいと味わってほしい。

※タイムアウト東京マガジン17号で「it faced an existential crisis when the previous owner passed away, but was rescued by loyal locals and is now run by the old boss’s apprentice. (前オーナーが他界した際は存続の危機に陥いったが、地元の人々の声により、今は新たな経営者が経営している)」とあるのは、「大将の他界後は、常連の声に答えてオーナーが切り盛りしている」の誤りでした。訂正してお詫びします。

詳細情報
門前仲町

ヂンギス邸

都内でも珍しい、ジンギスカンの22以上の部位を提供するヂンギス邸。マトンが美味しいことでも知られており、北海道から足を運ぶ客もいるほど。定番の『ジンギスカンセット』はドリンクがついて1,400円とリーズナブル。冬の人気メニューは、野菜や薄切りにしたラムをだし汁にくぐらせ、薬味をつけて味わう『ラムしゃぶ』。最後に鍋に麺を入れてシメるのがおすすめだ。2階は座敷になっており、花見シーズンには、窓から美しい桜が眺められる。

詳細情報
門前仲町
Advertising

こうかいぼう

葛西橋通りに位置するラーメン店こうかいぼうは、連日客の絶えない人気店だ。その理由は脂を使わない、魚介ダシの効いた、まろやかな味の一杯にある。「みそ汁のような感覚で毎日食べたくなるラーメン」を目指したというだけあり、魚介ダシを中心に多種類の合わせスープをベースにした、優しい味に仕上がっている。夫婦で切り盛りする愛情あふれる店で、丁寧な接客にお腹だけでなく、心までも癒される。18時00分には「スープ売切れ」の看板が置かれる時もあるので、来店の際は気をつけてほしい。

詳細情報
門前仲町

3匹の子ぶた

永代通りを1本裏に入った路地の突き当たりにひっそりと佇(たたず)む洋食店。店内はシックで落ち着いた雰囲気で、女性も気兼ねなく入る事ができる。路地裏の目立たない立地ながら、オープン前に列を作ることもある人気店でもある。基本的にはステーキがメインの店だが、ランチ時に限定30食のみ提供される『炭火焼ハンバーグ』(1050円)がこの店の名物。

詳細情報
門前仲町
Advertising

Bar,C

門前仲町の路地裏にあるオーセンティックバー。一歩足を踏み入れると外の喧騒(けんそう)が嘘のような、落ち着いた大人の空間が待ち受けている。味わってほしい一杯は、ラムやウォッカとも相性の良いリキュール、マリー・ブリザールを用いて作られた『メルシー』。このカクテルは、マリー・ブリザールのカクテルコンペティションで優勝したこともある。情緒溢れる下町、門前仲町の夜をシックに決めるならBar,Cがマストだ。

詳細情報
門前仲町

BAR オーパ 門前仲町店

銀座店の姉妹店として2001年にオープンした、BAR オーパ 門前仲町店。同店では、旬のフルーツを使用したカクテルや、季節のおすすめメニュー、フードのメニューも充実している。期待を裏切ることのない名店だ。

詳細情報
門前仲町
Advertising

角打せ・ぼん

ディープな飲み屋で溢れる門前仲町に、2011年にオープンした角打せ・ぼん。倉庫をリノベーションした秘密基地のような店で、夏はシャッターを開けて開放的に、冬はシャッターをほぼ降ろした状態で営業している。せ・ぼんの店主は『而今(じこん)』や『花陽浴(はなあび)』など手に入りづらい銘柄を揃え、日本酒好きの常連を日々驚かせている。日本酒は1杯500円ほどで、つまみは数種類ありどれも260円だ。料金を支払えば、フードの持ち込みも可能。フレンドリーな店主をはじめ、知り合った客同士が仲良く飲んでいるのが印象的な店である。

詳細情報
門前仲町

魚三酒場 富岡店

1954年創業の老舗大衆居酒屋の魚三酒場。1、2階は、コの字のカウンター席で1人客と2人客専用。3人以上は3、4階の座敷席に案内される。魚介類を中心としたメニューの豊富さ、味とコストパフォーマンスは圧巻で、連日混み合っている。

詳細情報
門前仲町
Advertising

東を歩く……

両国、ご近所ガイド

国技館もあることから、相撲の街と呼ばれる両国。街中には相撲部屋が点在し、力士が行き交う光景が日常だ。江戸時代に歓楽街として栄えた名残もあり、1718年創業の猪肉料理専門店をはじめとする老舗料理店や、旧両国国技館が建設されるまで勧進相撲が行われていた回向院など歴史的な見どころも多い。

詳細情報
By Mari Hiratsuka

コメント

0 comments