東京ガイド

ローカルエキスパートによる都市生活者のためのベストガイド

東京、焼きそば6選
レストラン

東京、焼きそば6選

2016年あたりから、東京の飲食業界で静かなブームが起きている焼きそば。中華麺を少々の野菜と肉と合わせて炒めた非常にシンプルな料理で、縁日の屋台や休日の昼ごはんなど、ちょっと小腹が空いたときに食べるもの、というイメージが強い。その手軽さからB級グルメにカテゴライズされがちだが、作り方によっては非常に奥深い料理に変貌する。実は都内には、専門店や居酒屋、バルまで独自の焼きそばレシピで真剣勝負を賭けている店がいくつもある。 もちもちの自家製麺とスパイスのきいたソースが大評判の神保町の焼きそば専門店、具材やソース、天かすまでこだわり抜いた鉄板焼き店の無添加焼きそば、はたまたペヤングをデコレーションして人気メニューに仕立てている店など……。都内で無限に広がる焼きそばワールドを、一度体験してみては。

新着記事

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット
ニュース

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

2020年は日本にとって、そして東京にとっても特別な一年になるはずだった。本来なら、今頃は東京オリンピックの真っただ中。世界中の人々が東京を訪れ、熱狂と興奮を分かち合えるよう、日本ならではの「おもてなし」が各地で提供されている予定だった。しかし実際は日本への入国制限のため、外国人旅行客の姿はほとんど見られない。また、Go To キャンペーンの対象外になったことなどから国内旅行者も東京への旅行を控えている。 皮肉なことだが、東京はいまだかつてないほど「空いている」状況だ。普段は混み合う観光スポットや娯楽施設が閑散としている今こそ、私たちが住む街の魅力をじっくり体感して見てほしい(もちろん、ソーシャルディスタンシングやマスク着用などの安全対策は徹底しよう)。ここでは、世界に誇る美術館から有名レストランまで、今だから行くべき東京のアトラクションを紹介する。   Photo: R: Infinity Mirrored Room - A Wish for Human Happiness Calling from Beyond the Universe 2020 © YAYOI KUSAMA   1. チームラボと草間彌生ミュージアム 普段はチケットの入手が難しい人気ミュージアムやギャラリーも、待ち時間無しで入場できるケースが高い。デジタルアートミュージアムのチームラボボーダレスとチームラボプラネッツは、ソーシャルディスタンシングや感染症予防対策を徹底しながら開館している。現在チケットの現地販売は行っていないが、オンライン予約システムを導入。海外からの来場者が少なくなった今、1カ月前から予約する必要はなく、当日でもオンライン予約が可能だ。 世界中からファンが訪れる草間彌生美術館も、びっくりするほど空いている。7月30日から始まった草間の新展覧会『我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである』への入場券にも余りがあり、数カ月間はかなり空きがあるという。 入場できるのが月曜日から木曜日までということもあり、同展のチケットは当初争奪戦となることが予想されていた。こちらも、チケット予約はオンラインでのみ受け付け中。館内ではマスクの着用が必須となるが、ひんやりと涼しい美術館で、夏の一日を快適に過ごすことができるだろう。   Photo: Lim Chee Wah   2. 明治神宮 イケアの新店がオープンしたこともあり、買い物客で盛況なのが原宿だ。一方隣にある明治神宮は例年よりずっと静かなので、雑踏から離れてリフレッシュしたい人には好環境となっている。巨大な鳥居の向こうにある神聖な森に足を踏み入れ、明治神宮で参拝してみよう。午後はセミの鳴き声を聞きながら、木漏れ日の下をゆっくり散策してみるといい。 また、現在明治神宮では鎮座100年を記念した展示『神宮の杜芸術祝祭』が開催中だ。松山智一のステンレス彫刻や、神宮内の森林内に隠された動物のインスタレーションなどを展示している。   Photo: Alexander Smagin/Unsplash   3. 東京タワーと芝公園 東京に住んでいるのに東京タワーを訪れたことがない、という人も多いのではないだろうか。海外からの観光客やツアー客がいなくなった現在、東京タワーの展望台まで続く外階段が毎日解放されており、ちょっとした運動コースになっている。歩いて登るのに抵抗がある人はお弁当を買って近くの芝公園へ。パワースポットとしても知られる増上寺に立ち寄ってみるのもおすすめだ。 夜は、東京タワーの真下にある縁日スタ

今、ソーシャルディスタンス演劇に挑戦するということ

今、ソーシャルディスタンス演劇に挑戦するということ

新型コロナウイルスの影響で休止していた演劇公演が再開し始めた。劇場は感染症対策をとりながら新たな興業や表現の可能性を探っている。シアター風姿花伝で新作公演を上演しているDULL-COLORED POP主宰の谷賢一に話を聞いた。

すみゆめ 2020で注目のアートイベント5選
アート

すみゆめ 2020で注目のアートイベント5選

近年東京ミズマチのオープンなどでにわかに注目を浴びている墨田区だが、アートイベントも活発に行われている。中でも着目したいのは、『隅田川 森羅万象 墨に夢』(通称:すみゆめ)だ。 このイベントは、葛飾北斎が90年の生涯を過ごした隅田区を中心に、あらゆる表現を行っている人たちのつながりを目指すアートプロジェクトで2016年から続いている。開催期間中はプロジェクト企画や街中や隅田川を舞台とする主催企画を行うほか、すみゆめ参加者らが集う『寄合』(毎月開催)などで交流する場を創出する予定となっている。 本記事では、このイベントの見どころを紹介していく。関心のあるイベントを見つけたら、積極的に飛び込んでみてはどうだろうか。思わぬ縁が生まれるかもしれない。

PR

ゲーマーに悲報、秋葉原を象徴するゲームセンターが8月末で閉店
ニュース

ゲーマーに悲報、秋葉原を象徴するゲームセンターが8月末で閉店

東京の街並みには、渋谷交差点や東京タワー、スカイツリーなど、多くの象徴的なランドマークがある。また、サイバーパンクの本やSF映画で名をはせる東京の未来的な光景のいくつかは、秋葉原がモデルとなっていることが多い。同地にはアニメや漫画の専門店、メイドカフェ、アイドルのコンサート会場などがあり、オタクの天国だ。 しかし、秋葉原を代表するランドマークの一つが、夏の終わりに閉鎖されることになった。建物のファサードに太いオレンジ色のストライプが入った象徴的なゲームセンター、セガビル2号館が、2020年8月30日(日)に閉館することを発表している。 レトロでモダンなアーケードゲームで知られるセガは、地元の人や観光客がゲームをしたり、UFOキャッチャーにチャレンジしたりと、年齢を問わず人気の場所である。現在、閉鎖の理由を公表していないが、新型コロナウイルスの影響で観光客が少なかったのは確かだ。 残念な知らせだが、秋葉原にはセガのゲームセンターは5号館まであり、タイトーのゲームセンターなども営業しているので安心しよう。今年はこれ以上東京のゲーム文化が消滅しないことを祈りたい。 関連記事 『東京の街中を走るマリオカート、今後の運営は困難に』 『叫んでないのに叫んでる? 恐怖をアピールできる「絶叫マスクシール」』 『ユニバーサル スタジオ ジャパンが任天堂エリアの開業を延期へ』 『東京、アニメショップ16選』 『竹下通り、秘密のスポット8選』

これは持ち歩きたい、Ziplocのクーラーバッグが8月7日から発売
ニュース

これは持ち歩きたい、Ziplocのクーラーバッグが8月7日から発売

ジップロック(Ziploc)、ディーン アンド デルーカ(DEAN & DELUCA)、ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)がコラボレーションしたクーラーバッグが、2020年8月7日(金)の11時からオンラインストア限定で販売される。ビームス クチュールとジップロックのコラボアイテムは、毎回どれも即完売の大人気ぶり。今回も早めのチェックが必須だ。 ベースとなっているクーラーバッグは、シンプルなデザインや持ち運びの便利さで人気のディーン アンド デルーカのもの。今回のコラボレーションアイテムでは利便性はそのままに、シルバーを基調とした特別仕様に仕上げた。特に、ジップロックのフリーザーバッグがくっ付いているようなデザインがたまらない。非フタル酸PVCという環境や人体への影響に配慮された素材が使われたこの部分は縦長のポケットになっており、カトラリーや小銭やなどの細かいものを入れておくにもいい。 サイズは、ワインボトルなども入るMサイズ(縦34.5センチ、横25センチ、マチ16センチ)と、弁当などを持ち歩くのに便利なSサイズ(縦26センチ、横18センチ、マチ12センチ)の二つを用意。それぞれディーン アンド デルーカの公式オンラインストアとビームスの公式オンラインショップで販売される。なお、各サイズ一人1点までの購入になっているので注意してほしい。 関連記事『サステナブルなエコバッグ6選』 『一人暮らしにあると便利な日本製品6選』 『グランスタ東京でしかできない10のこと』 『隈研吾による石建築の傑作、角川武蔵野ミュージアムがプレオープン』 『フジロックが特別ライブ番組を三日間にわたって配信』

夏しかできないこと

東京、手持ち花火ショップ5選
ショッピング

東京、手持ち花火ショップ5選

8月7日は、8と7(はな)の語呂合わせから日本煙火協会が制定した「おもちゃ花火の日」であることをご存じだろうか。今年は感染症流行の影響で各地の花火大会が中止になってしまったが、こんな時こそ、自宅の前や近所の河原で手持ち花火やおもちゃ花火を楽しんでみてはどうだろう。 ここでは、絹のような手触りの特別な線香花火が手に入る老舗の花火問屋をはじめ、オンラインで注文ができる店、ダイソーで手頃に買える最新花火まで紹介する。騒音や後片付けなど、近隣の人々への配慮を欠かさずに、夏の思い出を作ってほしい。  

東京、ナイトプール2020
ナイトライフ

東京、ナイトプール2020

夏本番。猛暑日が続かないことを願うが、東京にはこんな気候でこそ訪れたいラグジュアリースポットがある。大人がはしゃげる新しい遊び場として注目を集めるナイトプールだ。 今年も各ホテルが趣向を凝らしたムード満点のプールが各地でオープンした。昨年に増してパワーアップした空間で、カクテルや音楽とともに熱帯夜を思い切り楽しもう。

真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン
ニュース

真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン

「Go To キャンペーン」の対象外となったことで旅行を断念したり、長距離の移動を自粛している東京都民も多いのではないだろうか。東京都知事の小池百合子は、連休中の不要不急の外出を控えるよう呼びかけており、この先の予定が立てにくいのが現状だ。 この状況を受けて、都内にいながらもリラックスして旅行気分を楽しめる魅力的なプランが提案されている。ホテルニューオータニは、東京都民を対象に「食べて泊まって東京で過ごす」をテーマにしたキャンペーンを7月22日からスタートした。     ホテルニューオータニ   プランは2種類で、室料半額で滞在しながら高級ケーキや伝統メニューを味わい尽くす6連泊プラン『TOKYOCATION』と、ホテルに一泊し大人気のナイトプールを最大30時間にわたり利用できる『真夏の30時間ステイ』がある。    『TOKYOCATION』で宿泊した場合、6泊7日の素泊まり料金が通常16万6,320円のところ、9万9,600円で利用でき、館内対象レストランで利用可能なミールクーポンも付く   特典のミールクーポンは、館内のケーキショップやダイニングなど、対象レストランで利用可能。夏季限定のマンゴーを使ったスイーツや洗礼されたメニューの数々を、ミールクーポンを使用してリーズナブルに味わいたい。     パティスリーSATSUKIの夏季限定メニュー『新エクストラスーパーマンゴーショートケーキ』   『真夏の30時間ステイ』は、近年「大人のプール」として人気に火がついたナイトプールをお得に利用できるプラン。ナイトプールを宿泊日の当日の夜と、翌日の夜まで、1泊で2度楽しめる。洗礼されたクラブミュージックをバックグラウンドに、ライトアップされたプールで、時間を気にせずリゾート気分を味わえるだろう。     「映えるプール」として毎年人気のナイトプール     キャンペーンは2020年7月22日から始まっており、東京都の「Go To トラベルキャンペーン」除外が解除されるまで利用ができる。詳細や申し込みは、公式ウェブサイトをチェックしてほしい。   関連記事 『プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5000円還元』 『東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選』 『東京、ナイトプール2020』 『宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に』 『渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン』

アウトドアサウナできるキャンプ場5選
Things to do

アウトドアサウナできるキャンプ場5選

近年盛り上がりを見せる野外で楽しむアウトドアサウナ。フィンランド式のテントサウナから、木屋の中で蒸気に包まれるイグルー式などそのスタイルは多様だ。今回は、そんなアウトドアサウナを楽しめるキャンプ場を東京近郊に絞って五つ紹介する。自然の中で、心と体をととのえる極上のひとときを堪能しよう。 キャンプサウナの入場は水着などの着衣式がほとんど。予約制のところも多いので事前に連絡の上、行くのをおすすめする。 関連記事 『旅行は近場と自然に注目、「新しい日常」を過ごす日本人読者の声』

新型コロナウイルスに関するニュース

新宿西口思い出横丁の再開、その対策を聞く
ニュース

新宿西口思い出横丁の再開、その対策を聞く

新宿駅西口の一角にある思い出横丁。小さな飲み屋が連なった通りの歴史は長く、終戦後の焼け野原に露天や屋台が集まり闇市『ラッキーストリート』ができたのが始まりだ。海外からの観光客が多く訪れるようになった近年も、戸板一枚で区切った造りは健在している。70年以上の歴史のなかでは、俳優の松田優作をはじめミュージシャンや著名人も足繁く通っていたという。人々の交差する新宿という土地柄ゆえか「店の活気と隣同士の交流を肴(さかな)に一杯ひっかけて帰ろう」と、横丁(以下、敬称略)を愛する常連たちによって支えられている。   思い出横丁   一方で新型コロナウイルス感染症の影響は、東京都からの休業要請も含めて多くの飲食店経営者に打撃を与え、現在もその余波は続いている。次波への懸念があるなかで、横丁は2020年6月1日の緊急事態宣言解除後にコロナウイルスの感染対策を見据えた営業のため、また集う客に向けた配慮として対策を打ち出していた。 自粛明けに向けた通りの除菌活動   感染防止対策の提示   まず外出自粛が続く5月6、7日の二日間に、各店の店主やスタッフによる除菌活動が行われた。店内はもちろんのこと、共同トイレや通りに到るまで消毒を行い、緊急事態宣言解除後の5月29日にも実施。6月1日以降、再開した店の店頭には消毒液を設置し、通りには注意喚起の呼びかけや、感染防止対策の張り紙を張っている。 また直近の7月には対策をポスターと冊子にまとめて配布を行うほか、引き続き除菌活動を定期的に実施しているという。   2020年5月29日の除菌活動時     新宿西口思い出横丁 感染対策ポスター   各店舗の工夫、客への思いやり   再開直後のきくや店内の様子。席の間に仕切りが設けられている   店舗では、座席数の削減や席間の仕切りの設置、カウンターと調理場の間にビニールカーテンを吊るすなど、それぞれの店が工夫を施している。そもそも横丁は小さな店が立ち並ぶ構造のなかで、狭い店内に肩を寄せ合い、譲り合って杯を交わす距離の近さが魅力の場所。座席数を減らすことは、店の経営の上でも、常連客にとっても厳しい判断であったことが伺える。また再開後の来店客にマスクを配布する店や、消毒用アルコールをふるまう店もあった。    創業以来70年以上にわたり、 焼き鳥とモツ煮込みの変わらぬ味を守る一冨士の店主。営業再開時には来店客が帰る際に携帯用除菌水を土産として渡していた。また再開後一週間は、とっておきの高価な洋酒などのボトルを開け、一杯サービスしたという     新鮮な魚介から珍味までそろう朝起の店主。コロナ禍の営業で厳しいなか、常連客が普段以上に飲みに来てくれて助けられたと語る     第一宝来家の『コロナに負けるな!567円セット』の看板。厳しい状況のなか、ユニークな心遣いに満ちたセットに温かさを感じる(メニューは2020年6月4日時点のもの)   心をほぐす憩いの場を未知のウイルスから守るために 新型コロナウイルスの影響下、東京都知事の会見を筆頭に「不要不急」を控える警告が飛び交っている。最低限の生命活動を維持する上で、酒は言うなれば不要の長だ。しかし人生のなかでは、そのような余白にこそ趣きや意味があるとも言えるのではないだろうか。再開から時間が経った現在も、クラスター発生を指摘するニュースでは、酒場に生きる人々の生活は置き去りにされている。 未知のウイルスと共存する上での課題に向き合いながら、いつもの一杯で心をほぐせる憩いの場を守るため、いち客としてでき

東京都、飲食店とカラオケ店に営業時間短縮要請へ
ニュース

東京都、飲食店とカラオケ店に営業時間短縮要請へ

感染者数が増加傾向にある今、東京都は飲食店への営業時間短縮の要請を再び検討していると日本経済新聞が報道した。対象となるのは、都内全域の飲食店とカラオケ店で、営業時間を22時までとし、対象期間は2020年8月3日(月)~31日(月)を予定。要請に応じた店舗に対しては20万円の協力金を出すことで調整している。 4連休に入る直前から新型コロナウイルスの感染者数は増加傾向にあったが、7月29日に新型コロナウイルスの感染者数が全国で1264人となり、一日の感染者が初めて1000人を超えた。さらに東京都では30日、感染者数が過去最多の367人と報道されている。 少しずつ日常を取り戻してきた街に「第2波」が襲ってきた形となってしまった。改めて自分自身を守るための基本的な対策をして過ごしたい。  関連記事 『東京、ソーシャルディスタンスを守る8のルール』 『日本への渡航中止勧告、中東やアフリカなど17の国と地域を追加』 『空港など全国5カ所にPCR検査センターを開設』 『ジョージアやエストニアなど、リモートワーク専用の長期ビザ導入へ』 『真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン』

日本語を8カ国語に翻訳できるスマートフェイスマスクが登場
ニュース

日本語を8カ国語に翻訳できるスマートフェイスマスクが登場

日本のロボット開発ベンチャー企業、ドーナッツロボティクスが、翻訳機としても機能するスマートフェイスマスク『C-FACE』を開発した。 この翻訳マスクは、ロボット技術を応用したものでBluetoothを介してスマートフォンやタブレットにワイヤレス接続し、専用のアプリとペアリングすることで翻訳を可能にしている。着用者がマスクに向かって話すと、アプリがその言葉を翻訳したテキストに変換してくれる。さらに電話も可能で、話し手の音声を増幅させ聞き取りしやすくする機能もある。 翻訳言語は8カ国。日本語から英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語に対応している。 この『C-FACE』マスクのアイデアは、社会の人々、そしてドーナッツロボティクス自体がこのパンデミックを乗り越えるためのクリエーティブな方法をないかと探していたときに、思いついたそう。開発資金調達のため、株式投資型クラウドファンディングで株式を販売した際は、上限の2,800万円に開始37分で到達してしまったというからその注目度は桁違いだ。 日本では1枚4,378円で12月から販売を開始(2020年8月13日(木)以降、クラウドファンディングサイトMakuakeで予約をスタート)。その後、中国、欧米への展開を予定している。 今は海外旅行の予定は立てづらいかもしれないが、来たるグローバル社会のニューノーマルとなる夢のガジェットかもしれない。 C-FACEの詳しい情報はこちら 原文はこちら 関連記事 『世界の美術館のアートマスク9選』 『空港など全国5カ所にPCR検査センターを開設』 『違反には罰金も、イギリスがスーパーなどでマスク着用を義務化へ』 『ヘアカット時に便利な顔にくっつくマスクが登場』 『マスク着用でも歌声がこもらない「マスクエフェクト」が登場』

「Go Toトラベルキャンペーン」の公式サイトが開設
ニュース

「Go Toトラベルキャンペーン」の公式サイトが開設

2020年7月22日にスタートした『Go To トラベルキャンペーン』の公式サイトが、7月27日に開設された。公式サイトは旅行者向けと事業者向けの2種類が設けられている。 同キャンペーンは、旅行業者などを経由して期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の2分の1相当分のクーポンなど(宿泊割引に加え、 地域産品、飲食、施設などの利用クーポンを含む)を付与する(一人1泊当たり最大2万円分)もの。 なお、東京都では新型コロナウイルス感染症が再拡大の勢いを強めているため、同地発着の旅行(東京都在住の)は対象外。すでに東京都在住の人で予約をしてしまった場合は、7月10〜17日の予約分はキャンセル料を補償される予定で、旅行者向け、事業者向け両方の公式サイトでこのキャンセル料の扱いについて触れている。 事業者向けサイトでは27日付で同キャンペーンの取扱要領が公開され、旅行者向けとともに還付申請の手続きを参照したり、様式も入手できる。これらを熟読の上、旅行に臨みたい。 なお、新型コロナウイルス感染症対策についても注意喚起がなされている。二次感染が拡大している状況でもあるので、気を引き締めておきたいところだ。 Go To トラベルキャンペーンの公式サイトはこちら(旅行者向け、事業者向け)。 関連記事 『7月22日開始の「Go Toキャンペーン」とは一体何か』 『東京都を対象外「Go To トラベルキャンペーン」が見直しに』 『「Go To Eatキャンペーン」が公募開始へ』 『新幹線が半額に、JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」開始』 『プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5,000円還元』

もっと見る

国内旅行

横浜で行くべき10のアートスポット
アート

横浜で行くべき10のアートスポット

横浜はアートに関しては長い歴史がある。1859年に横浜が開港したとき、横浜の絵師たちは横浜にやって来た西洋人たちを風変わりな顔とエキゾチックな衣服で描き、錦絵の一ジャンル『横浜絵』を生み出した。最近では、横浜のクリエイティブなシーンはさらに成長を続け、東京と肩を並べるほどになっている。 現在横浜のアーティストやコミュニティーのグループは、大きな美術館にとどまらず、以前にはあまり関心を持たれていなかった地域をクリエーティブなアートの中心地へと変えている。今や横浜の黄金町と日ノ出町は秋にアートフェスティバルの『黄金町バザール』を開催している、見逃せない芸術文化の中心地の一つだ。その中でも、カフェやバーはリラックスした雰囲気を醸し出して、アートの愛好家たちを引きつけてやまない。本記事では横浜のアートシーンとして最適な、いくつかのスポットを紹介していく。 『ヨコハマトリエンナーレ2020を楽しむ5のこと』

世界を旅するアヒル、ラバー・ダックが8月に大阪へ
ニュース

世界を旅するアヒル、ラバー・ダックが8月に大阪へ

新型コロナウイルスの大流行以来、大阪の街並みは大きく変わった。家族連れやカップルでにぎわった川沿いの遊歩道も静まり返り、寂しい雰囲気は否めない。出歩く人の数が減ったことで、中之島公園に隣接するアイコニックな川のボートもすっかり減ってしまった。こういった状況を少しでも明るくしようと企画されているのが、「巨大アヒル」プロジェクトだ。 この投稿をInstagramで見る あの「ラバー・ダック」が11年振りに天満橋・大川に帰ってきます!!! 展示期間:8/1(土)〜8/31(月) 【どんなに揺さぶられ、漂っているだけのようでも、船が沈みさえしなければ、必ず復活できる。】 セーヌ川で活躍した船乗りたちの標語です。 ぷかぷか浮かぶラバー・ダックのように沈むことなく、水辺から笑顔と賑わいを復活したいと、このイベントに想いを込めています。 あひるちゃんと共に、水辺で安らぎのひとときをお過ごしください✨ 詳細はプロフィールより、HPをご覧ください。 また会えるのがとっても楽しみです♡ ※天満橋・大川に帰ってくるのは11年振りですが、ほたるまちには6年前、中之島・バラ園橋には5年前に展示されております。 #ラバーダック#ラバーダックプロジェクト#巨大アヒル#アヒル#あひる#天満橋#はちけんや#大川#中之島#中之島公園 #osaka#japan#大阪#日本#水都大阪#suito_osaka#river#riverside#osakatrip#japantrip#japantravel#instapic#instagram#TravelPhotography#TRAVEL#suito_osaka_lover 水都大阪(Aqua Metropolis Osaka)公式(@suito_osaka)がシェアした投稿 - 2020年 7月月21日午後6時43分PDT   この夏、世界を旅する黄色いアヒル『ラバー・ダック』が期間限定で大阪に上陸することが決まった。主催者の発表によるとラバー・ダックが登場するのは、中之島公園の大川の水面で、8月から1カ月間を予定。アヒルは高さ9.5メートル、幅9.5メートルほどの大きさだという。 オランダのアーティストフロレンティン・ホフマンによる、遊び心のあるパブリックアートは2007年に初製作され、その後シドニーや香港、ソウル、トロントなど世界各地の都市を巡回してきた。ラバー・ダックは美術館などの空間ではなく、各都市の川やビーチなどの公共空間をバスタブに見立てたユーモアあふれるインスタレーションとして知られる。 これまでにもその愛らしい姿は、世界中の人々を微笑ませてきた。ホフマンは、そのほかにもロンドンの『HippopoThames』や中国の『Selfie panda』など、楽しく陽気な巨大都市型インスタレーションを製作し続けている。 ラバーダックが最後に大阪で目撃されたのは2015年のこと。プカプカと水面に浮かぶその愛らしい様子は、今回も多くの人を元気付けてくれるだろう。 『ラバー・ダックプロジェクト2020』では展示だけではなく、新型コロナウイルス支援のための限定グッズも販売予定だ。ステッカーやTシャツ、シリアルナンバー入りのミニチュアダックなど、グッズはオンラインで購入ができるが、指定された時間帯にアイテムを受け取りにいく必要があるという。プロジェクトや限定グッズの詳細は公式サイトをチェックしよう。   関連記事 『世界の美術館の

熱海、レトロなスポット5選
Things to do

熱海、レトロなスポット5選

東京から新幹線で約1時間強の好アクセスながら、山、海、温泉と三拍子そろう観光地として人気の熱海。徳川家康の時代には湯治場として、明治期には志賀直哉や坪内逍遥をはじめとする文豪の創作の場として、昭和期には新婚旅行や団体旅行でにぎわった街だ。 近年ではニューオープンのショップやホテル、旅館も増える一方で、昭和の面影を残し当時のままの街並みや、喫茶店が今でもたくさんある。そんな熱海で見つけた、昭和レトロ好きにはたまらないおすすめスポットを厳選して紹介。温泉や海鮮だけではない熱海の魅力を発見しよう。

叫んでないのに叫んでる? 恐怖をアピールできる「絶叫マスクシール」
ニュース

叫んでないのに叫んでる? 恐怖をアピールできる「絶叫マスクシール」

新型コロナウイルスの影響で、私たちはジェットコースターのように目まぐるしい日々を送っている。常にマスクを着用してソーシャルディスタンスを保ち、心の中では悲鳴をあげながらも、急速に「新しい日常」に順応しているのが現状だ。 東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパン、そして全国の遊園地は、『遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』に沿った対策を強化し、徐々に再開している。ガイドラインには、「ジェットコースターで叫び声をあげてはいけない」というルールが含まれているが、富士急ハイランドの絶叫アトラクションに乗るほとんどの人々にとって、このルールに従うことは不可能であろう。興奮状態であっても叫ばずに乗っているジェットコースターは楽しめるだろうか。そこで熊本にある遊園地グリーンランドは『絶叫マスクシール』を製作した。    Photo: Greenland   叫び声をあげる代わりに、このマスクシールは恐怖や興奮をアピールできる。『アメコミ風絶叫』から『いい歯絶叫』までの五つのクリエーティブな表現から選んで、空を飛び回りながら感情を伝えてみてはどうだろう。 グリーンランドはマスクを実演するために、彼らの叫び声なしでジェットコースターを生き残ることができるかどうか、園内スタッフで試した。この従業員は悲鳴をあげることなく乗車を無事に完了したが、終始恐怖を感じている様子が顔から伝わる。 ジェットコースターの心臓に突き刺さるような突進感が好きな人もいれば、その感覚をひたすら怖がる人もいる。この動画に出てくる男性スタッフは拷問されているようでかわいそうに思えるが、彼の笑顔のマスクは違うことを物語っており、ジェットコースターを楽しんで乗っているようにも見える。 乗車中にアドレナリンを十分に放出することはできないかもしれないが、自分自身や他の人の安全を確保しているという安心感がある。『絶叫マスクシール』はジェットコースターのためだけでなく、自分の気持ちを知ってもらいたいときにも欲しくなってしまいそうだ。 原文はこちら 関連記事 『休日に行きたい遊園地、テーマパークの開園情報』 『世界の美術館のアートマスク9選』 『リアルで強烈なマグロ型マスクが登場』 『ニューヨーク流、飲食店のソーシャルディスタンス6選』 『ハリー・ポッターのテーマパークが、閉園するとしまえん跡地にオープン』

もっと見る

海外の取り組み・ニュース

イギリスのデザイン会社が描く、10年後の機内
ニュース

イギリスのデザイン会社が描く、10年後の機内

つい先日、飛行機による海外旅行が2024年まで通常に戻らないかもしれないというニュースを耳にした。しかし、そもそも 「通常」 を必要としているのは誰だろうか。再開するのであれば、空の旅がより良いものになっているほうがきっといいはずだ。 新しい空の旅がどんなものか、イギリスのデザイン会社であるプリストマングード(PriestmanGoode)が新しく発表した『ピュアスカイ』のデザインを見てみよう。彼らは宇宙に行く気球を設計したばかりなのに、今度は飛行機の機内を考え直してくれた。素晴らしいアイデアはいくらあってもいい。     Photograph: PriestmanGoode   エコノミークラスは「ピュア・スカイズ・ゾーン」(「クラス」は20世紀的だ)と再定義され、天井まで届くパーティションで分離性のアップが図られている。座席は個人空間を最大化するためいくつかがずらされており、表面は掃除しやすいようにツルツルした素材を採用。機内エンターテインメント画面は個人のデバイスを設置する場所に変わる。トレイテーブルは縮小され、フードカードから出されたトレイを引っ掛けて固定できるような粋な仕様になっている。 ビジネスクラスに当たる「ピュア・スカイズ・ルーム」は、当然のことながらさらに豪華だ。各座席にはカーテンが付き、ほかの乗客からの視線を遮ることができる。また、個人用のワードローブ、頭上のロッカースペースがあり、笑ってしまうほど大きな機内エンターテインメントスクリーンは、自分のデバイスと同期可能だ。   Photograph: PriestmanGoode   この提案には、抗菌性のある素材や仕上げの導入も含まれ、飛行機の移動において旅行者が安心できることを目指している。プリストマングードは「私たちは今の不安を考慮するだけでなく、将来のパンデミックにも対応できるようなソリューションを提供しようと試みています」と、楽観的とまではいかないが、心強い意気込みを語った。 これは単なるコンセプトであり、実現には何年もかかる可能性があることを強調しておく必要がある。しかし、その目的が私たちを再び空の旅に希望を持たせるということだったのなら、成功しているだろう。 原文はこちら 関連記事 『まるでSF映画、触れずに反応するエアータッチパネルが登場』 『ジェットブルー航空が機内消毒に紫外線ロボットを導入』 『エアバスの空飛ぶタクシーCityAirbusがドイツで初飛行』 『夢の超音速旅客機、プロトタイプ公開へ』 『アメリカの航空各社、機内の消毒や空気循環を強化』

ハワイ、リゾート施設を14日間隔離に使うリゾートバブルを検討
ニュース

ハワイ、リゾート施設を14日間隔離に使うリゾートバブルを検討

安全を確保し、ソーシャルディスタンスに従いながら旅行をいかに再開させるか。世界がこのことについて模索を続けるなか、ハワイでは、隔離が必要な旅行者向けの新しい措置として「リゾートバブル」の導入が検討されている。 リゾートバブルとは、特定のリゾート施設にジオフェンス(仮想的な地理的境界線)を設定し、隔離施設として機能させる考え方。リゾート内では決められた範囲で各施設を利用するなどして自由に過ごせるようになるが、利用者の動きは追跡される見込み。マウイ島、カウアイ島、ビッグアイランドの3島での導入が検討されている。 ハワイ郡のマネージングディレクターであるロイ・タケモトはWestHawaiiToday.comに対し「我々が検討しているアイデアのなかの一つです。隔離が必要な旅行者は特定のリゾートに滞在することが認められ、リゾート側は訪問者が移動できる場所を管理することになるだろう」と述べた。 今のところトラベルバブルはただのコンセプトではあるが、この取り組みは全ての入国者に対して州が義務づけている14日間の検疫を回避する方法を模索している。しかし当然、プールやレストランのような共有スペースは隔離されている人とほかの客で分けられるのか、指定された区域内の部屋は、新規の入国者専用になるのか、14日間のうち全日をハワイで過ごさなければならないのか。などの疑問もわいてくる。 同州のホテルが安全対策を打ち出したのはこれが初めてではない。2020年5月には、一部のリゾート施設が隔離のために訪れていた宿泊客に、部屋を出ると無効になる使い捨てのルームキーを配布した。つまり、14日間の強制隔離期間内に外出した場合は、部屋に戻ることができないのだ。実に巧妙だった。 今のところ、強制隔離は9月1日(火)に解除される予定だが、今後はついては誰も分からない。 原文はこちら 関連記事 『プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5,000円還元』 『東京、ナイトプール2020』 『東京、ハワイ料理店7選』 『政府が海外からの入国緩和を検討、トラベルバブル導入か』 『今知るべき、ポストコロナ観光キーワード3選』  

ロンドンに世界最大のイラストレーション展示施設が誕生
ニュース

ロンドンに世界最大のイラストレーション展示施設が誕生

キングスクロスのハウス・オブ・イラストレーション(The House of Illustration)は素晴らしい場所だ。歩き回り、素敵な絵を眺め後は、近くの大きなウェイトローズのワインバーへ立ち寄る楽しみもある。敢えて言うならば欠点の一つは、展示空間が少々小さいということだろう。 どうやら、ロンドンにいるギャラリーの神がその欠点に耳を傾けてくれたようだ。ハウス・オブ・イラストレーションは、名称をクェンティン・ブレイク・センター・フォー・イラストレーション(Quentin Blake Centre for Illustration)に変更し、緑豊かなイズリントンへ移転する準備をしている。移転先はとても広大。敷地内には18世紀と19世紀に建てられた四つの工業ビルがあり、ロンドンで唯一残る風車も見られる。800万ポンド(約11億円)をかけたリノベーション完了後、ここは世界最大のイラストレーション専用アートスペースとなる。 イギリスの児童文学作家のクェンティン・ブレイクは、「自分の名前が自分が愛している芸術のための国際的な拠点、そしてビジュアルという言語で話してはいるが、全ての人に理解されているアーティストたちと関連付けられることを非常に誇りに思っている。素晴らしい場所になるだろう」 と述べた。 キングスクロスの旧ギャラリーはロックダウンのため、3月にすでに閉鎖。新しいスペースのリノベーション工事は2021年6月に始まり、2022年秋のオープンを予定している。   A cut-away of one building on the siteTim Ronalds Architects     A look at the entire £8m siteTim Ronalds Architects     Concept art showing the illustration gallery's cafeTim Ronalds Architects     原文はこちら 関連記事 『世界の美術館のアートマスク9選』 『アメリカの博物館と美術館、3分の1が2020年末までに閉鎖危機』 『世界最速の走る美術館が12月19日にラストランへ』 『デザインミュージアムが7月末に再開、クラフトワークらの展示も』 『リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと』

ベルリン市、クラブの屋外スペース利用を支援
ニュース

ベルリン市、クラブの屋外スペース利用を支援

テクノ好きな人やカジュアルな旅行者にとって、ベルリンは壮大で騒々しく、間違いなく最高の夜を楽しめる街の代名詞となっている。そのため、2020年3月中旬からこの街のクラブが閉鎖されているという事実は、多くの人にとって信じがたいはずだ。ドイツ全土でロックダウンが緩和されるなか、ソーシャルディスタンスを確保しながら夏の間のビアガーデンとして再オープンし、危機をなんとか乗り越えようとしているクラブもある。 そんな状況下で、ベルリンのナイトライフ産業を本来の姿で復活させるため、ベルリン市が動き出した。市当局が、苦戦しているクラブやほかのナイトライフ関連ヴェニューが、市内の主要な屋外スペースをイベント会場として使うことを可能にするよう、関係各所に働きかけているのだ。 ベルリン市の経済政策を統括するラモナ・ポップは、市内各地区のトップに手紙を送り、イベント会場になり得る道路、広場、公園を提供するよう求めている。彼女はベルリン・モルゲンポスト紙に対し「ベルリンは多様なクラブシーンを失っています。だからこそ、クラブとベルリンの人たちのために、公共の場所でのパーティーを可能する合法的な機会を作りたいのです」と述べている。 ベルリン市ではこれまで3,000万ユーロ(約37億円)をアートやナイトライフ関連のヴェニューを支援するために支給。アバウトブランク(://about blank)、トレゾア(Tresor)、ケーター ブラウ(Kater Blau)などのヴェニューが、すでに平均8万1,000ユーロ(約1,000万円)を受け取り、閉鎖を免れた。同市の文化当局はさらに、今後2カ月間で全体の支援額を2倍にすることを約束している。 ベルリンのクラブシーンの完全復活までにはまだ時間がかかりそうだが、市のおかげでベルリンのエッジーなクラブの多くが、アウトドアという新たな空間で再始動する可能性が高くなってきた。もしかしたら、夏の終わりを待たずに実現するかもしれない。星座の下でのビッグパーティーに期待が高まる。 原文はこちら 関連記事 『ベルリンのUnited We Stream、視聴者から30万ユーロ集まる』 『ベルリンのナイトクラブ、ダンス禁止のビアガーデンとして再開』 『劇場のニューノーマル、ベルリンでは座席を間引いて社会的距離を確保』 『サブスク型で毎日配信、生き残りをかけたクラブの挑戦』 『コロナはナイトライフと文化を殺すのか』

イベントカレンダー

東京ニューオープン レポート

隈研吾による石建築の傑作、角川武蔵野ミュージアムがプレオープン
ニュース

隈研吾による石建築の傑作、角川武蔵野ミュージアムがプレオープン

2020年8月1日(土)、東所沢に築かれた巨岩建築 角川武蔵野ミュージアムの一部が先行開館する。 来場者はまず、高さ40メートルの不思議な形状をした建築に目を奪われるだろう。2万枚の花崗岩をバラバラに張り合わせ、下から上へと不均整に広がっており、過去、類を見ない異質な建物である。そんな同館は、書籍などを中心に多くのメディアコンテンツを手がけるKADOKAWAと所沢市が地域活性化プロジェクト『COOL JAPAN FOREST構想』の拠点として開発した大規模複合地区、ところざわサクラタウンの一部だ。     Photo: Kisa Toyoshima   5階建ての内部には、実験的な展示企画を展開するグランドギャラリー、KADOKAWAグループの全作品を含む、日本最多のライトノベルを取りそろえたマンガ・ラノベ図書館、8メートルの巨大本棚の中で映像などさまざまな趣向で「本と交わる」新たな空間、本棚劇場、本の街のようなエリア、エディットタウン、ジャパンアニメを深く知ることができるEJアニメミュージアムなど魅力的なコンテンツが詰まっている。   11月オープン予定の本棚劇場(Photo: Kisa Toyoshima)   編集工学者の松岡正剛を館長に迎え、博物学者の荒俣宏、芸術学、美術教育の神野真吾らなど、さまざまな知見を持った人々の監修により、従来の専門家目線での展示ではなくアート、文学、博物のジャンルを超えて、知を再編集した施設である。   『隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築』展示風景(Photo: Kisa Toyoshima)   8月1日はグランドギャラリー、マンガ・ラノベ図書館とカフェスペース、角カフェがオープンする。グランドギャラリーでは、同館の竣工記念として『隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築』を開催。同館の構想から設計、工法までを隈自ら書いたテキストや設計図、映像などで解説するほか、世界各地で隈が携わった石の建築や、国立競技場をはじめとする木の建築などを模型群を用いて展示、紹介。隈の建築と自然への思いやこだわりを知ることができる。 また、隈研吾による講演会や11月オープン予定の本棚劇場など、未公開エリアのミュージアムツアーなども実施予定。詳細情報は準備完了次第、ミュージアムの公式サイトにリリースされるので気になる人はチェックしてみよう。   マンガ・ラノベ図書館(Photo: Kisa Toyoshima)   マンガ・ラノベ図書館には約2万5000冊の書籍が勢ぞろいするほか、絵本コーナーではデジタル技術を駆使した『ARお絵かきコーナー』や『デジタル絵本コーナー』など多数の仕掛けがあり、子どもならずとも興奮する一画となっている。   『チームラボ どんぐりの森の呼応する生命』(Photo: teamLab)     武蔵野座令和神社(Photo: Kisa Toyoshima)   隣接している武蔵野樹林パークでは、チームラボによる新作デジタルアートインスタレーション『チームラボ どんぐりの森の呼応する生命』が常設展示されるほか、武蔵野座令和神社も開かれる。天野喜孝が天井に描いた鳳凰絵や土屋仁応が手がけたどこかセクシーな狛犬、男女神の象徴をあえて混同させた社殿など新時代の神社となっている。合わせてチェックしてほしい。 角川武蔵野ミュージアムの詳細情報はこちら 関連記事 『リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと』 『ヨコハマトリエンナーレ20

リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと
ニュース

リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと

2020年7月22日、新型コロナウイルス感染症で休館し、緊急事態宣言解除後も改修工事が未着手の箇所があったために再開を延期していたサントリー美術館がリニューアルオープン、開館記念展『ART in LIFE, LIFE and BEAUTY』を開催した。今回の改修は、同館が2007年に現在の六本木に移転後、初の大規模な改修でもある。本記事ではリニューアルしたポイントや展覧会の見どころを紹介していく。 隈研吾設計のエントランス 今回の改修は機能面が中心であり、外観や建物の導線などに目立った変化はない。その中で特筆されるのはエントランスの全面リニューアルであろう。同館を設計した隈研吾建築都市設計事務所が監修、「和の素材を使用したぬくもりのある空間にマッチする洗練されたデザイン」をコンセプトとしたという。特に隈研吾本人による「水」を想起させる新しいカウンターのデザインが印象的だ。照明もLEDに変更されている。   照明は高演色LEDに変更、自然光のような展示が可能に   コレクションの名品を堪能する 展覧会の構成は「第1章 第1節 装い:浮線綾螺鈿蒔絵手箱と化粧道具」〜「第3章 第2節 異国趣味の意匠(デザイン)」の7つに分かれており、それぞれが充実した展示内容となっている。   画面右側に『浮線綾蒔絵手箱』   会場を入ると、まず深見陶治の『遥カノ景〈空ヘ〉』が出迎えてくれる。その奥には、同館が誇る鎌倉時代の蒔絵箱の名品『浮線綾螺鈿蒔絵手箱』が鎮座する。この作品は、浮線綾文という円形の花文様を表面に散らしており、一つの文様は、13片もの貝のパーツを精緻に組み合わせた螺鈿(らでん)技法で描かれている。その文様の美しさのみならず、源頼朝の妻、北条政子が所有していたとも伝えられる由緒の正しさも含めて端正な名品と言える。 「第3章 第1節 異国趣味:南蛮屏風と初期洋風画」では、同館のコレクションの特徴の一つである初期洋風画や南蛮美術のコレクションを知ることができる。これらは安土桃山時代以降に制作され、ヨーロッパなど諸外国の影響を受けたり、イエズス会宣教師の布教などキリスト教に関連する題材の作品だ。   画面右側に『泰西王侯騎馬図屏風』   17世紀初めに制作された『泰西王侯騎馬図屏風』は、現在神戸市立博物館が所蔵する屏風と元は一対をなし、会津松平家の若松城に伝来した。ペルシア王、エチオピア王、フランス王アンリ四世が描かれ、左端の人物が誰かについては諸説ある。 この作品の出典は、1606〜07年に刊行されたオランダのウィレム J. ブラウ制作の世界地図をもとにピーテル・ファン・デン・ケーレが制作した世界地図の一部とされ、江戸幕府による禁教令の1614年までに制作されたという説が有力。題材や陰影法などはヨーロッパのものを採用しながらも下書きの墨線や顔料、朱地に金箔(きんぱく)を押す技法など日本美術の技法が使われている点も興味深い。何より地図のような比較的小さなメディアを、大画面の屏風に仕立て上げた絵師の技量には素直に敬意を表したい。 今と昔を往来する 本展覧会の面白い点は、初期洋風画が海外の造形を再解釈したように、美術史上の作品と現代のアーティストの作品を並べて展示しているところにある。つまり、美術を通して地域の交流だけでなく過去と現在という時空も往来させようとしているのだ。 例えば、狩野山楽筆と伝えられる『南蛮屏風』は、山口晃『成田国際空港 南ウィング盛況の圖』(ミヅマアートギャラリー)と対置される(第3章 第1節)。 山口の作品には『南蛮屏風

宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に
ニュース

宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に

2020年7月16日、六本木に完全ノンアルコールバーの0%がオープンした。代表はクリエーティブディレクターで、元俳優の小橋賢児。プロデューサーの山本麻友美は、「私自身そんなにお酒が飲めないこともあり、誰もが同じものを飲んで共感できる時間をつくりたかった」とオープンの経緯を語る。六本木の地において酒類を一切出さないというのは、なかなか思い切った決断だ。   六本木通りに面した、ガラス張りの店舗は外観からして異空間。ドアを開けると、メタルや金属を基調としたテーブル、ブルーを基調としたネオンなど、近未来的な雰囲気が漂う           コンセプトは「宇宙にできた最初のバー」。「人類が宇宙に移住したときにみんなで一緒に楽しめるようなバーを作りたかった」(山本)という思いを、アーティストYOSHIROTTEN(ヨシロットン)率いるクリエーティブスタジオYARが見事に体現した。例えば、カウンター上に配したミラーには、六本木の街がゆがんで映し出され、アルコールを飲まなくても酔っている気分が味わえるという仕掛けだ。 ネオンのオブジェは、気鋭のネオンアーティストWAKUによるもの。一部メニューは、『The World's 50 Best Bars』に3店舗がランクインしたバーテンダー、後閑信吾に考案を依頼した。 メニューの一番上に記載されている、『A Real Pleasure ゼロ(0)になる』(1,500円)は、ベチバーウォーターをベースに、フルーツとバジルを合わせたカクテル。レモンやバジルの爽やかさが体の中に染みわたるようだ。フォトジェニックな器に入っており、二人で飲むこともできる。   『Iceland Bubble アイスランドバブル』(1,200円)はぜひ動画撮影の用意を。ジャスミンティーをベースに未熟ブドウの果汁やパイナップル、ジンジャーなどを合わせたカクテルで、煙で満たされた空気のドームを作ってサーブされる。このドームがネオンに照らされ、またぷるぷると動いてかわいいのだ   ワインテイストのドリンク(赤・白)も用意。ワイン醸造用ブドウ搾汁を使ったもので、フレッシュで濃厚な果実の甘さが後を引く。そのほか、『コールドブリューコーヒー』(500円)や、10種類以上のスパイスとフルーツを漬け込んだ『自家製生コーラ』(550円)などもある。 「朝10時からから営業しているので、打ち合わせなどにも利用していただければと思っています。コンブチャもおすすめです」と山本。フリーWi-Fiやコンセントもあり、さまざまな用途で利用ができそうだ。 フードはビーガン対応。『アボカドフライ ケサディーヤ』(1,200円)や、罪悪感のないジャンクフードとしてカリフラワーを使った『バッファローカリフラワーケサディーヤ』(1,200円)もラインナップ。ビーガンであることを忘れさせる食べ応えがうれしい。ココナツオイルを使ったビーガンアイスクリームもオンメニューしている。   『アボカドフライ ケサディーヤ』に合わせてもらったのは、『Nepalede ネパレード、流星ジャーニー』(1,200円)   レモンとラズベリーの酸味に、ネパールのスパイス『ティムールペッパー(Timur Pepper)』のスパイシーな味わいをきかせた『Nepalede ネパレード、流星ジャーニー』。アルコールが入っていない方が、カクテルそのものの味わいを明確に感じることができることを実感できる。 そう、0%は、決して飲めない人のためのバーではないのだ。 「お酒を飲む方でも車で移動しているとき、

「ネパールに落ちた」店主の新店が豪徳寺にオープン
ニュース

「ネパールに落ちた」店主の新店が豪徳寺にオープン

開店準備中から豪徳寺界隈で話題になっていた一軒が2020年7月9日、ついにオープンした。窓越しに見えるアチャールを発酵させている瓶が印象的なこの店は、『ダルバート』をはじめとしたネパールの食文化を堪能できるレストラン、オールド ネパール トウキョウだ。 ダルバート専門のネパール料理店ダルバート食堂や、ネパール産とインド産のスパイス販売とスパイスカレーの提供を行うスパイス堂を大阪に構え、その両店も人気であることから、7月2日から6日までのプレオープン期間中も大盛況だった。 ネパールの国民食『ダルバート』『ダルバート』とは、100以上の民族が暮らしているといわれるネパールで、唯一全国で食べられている料理だ。調理方法などは地域によって異なることもあるが、ダール(豆のスープ)とバート(白飯)を基本とした構成は、どの地域も同じだという。今では、ダールとバートに、カレーやアチャール(日本でいう漬物のような役割を担う箸休め)、タルカリ(野菜を使ったおかず)などが添えられていることが多いが、かつて貧しい家庭では、ダールとバートのみで食事をしていたところもあったようだ。 同店で提供される『ダルバート』の構成は、ダール、白飯、カレー(1種類か2種類かを選ぶことが可能)、タルカリ、サーグ(青菜のスパイス炒め)、4種類のアチャール、ネパールスタイルのサラダ。これらが一つのプレートに盛られて提供される。   左上にある葉っぱのようなものは金時草。飾りのように見えるが食べられるので、忘れず味わってみてほしい(photo: Keisuke Tanigawa)   ネパール料理は、インド料理に比べると使用するスパイスの量がかなり少ないのが特徴で、ほとんどの料理がターメリック、クミン、チリ、フェヌグリークの4種類のスパイスを適宜組み合わせながら作られている。スパイスとしてはシンプルな味付けだが、反対にニンニクとショウガはたっぷりと使われるのでうま味が詰まっており、意外と日本人も親しみやすい。 また、同店では基本的に植物性食品を使っているほか、肉や魚を使わないカレーも用意されているので、ラクトベジタリアン、ラクトオボベジタリアン、ペスコタリアンには対応している。   店主の本田遼が手がけた本。ダルバートとネパール料理の教科書のような内容なので、この本をチェックしてから訪れればより料理を楽しめるだろう(photo: Keisuke Tanigawa)   現地の人との出会いこそが面白い一度味わえば誰もがとりこになってしまうであろうこの奥深い味わいは、本田がネパールに足を運んで、様々な食事を味わったり、学校や食堂で料理を学んだり、そして現地の人に話を聞きながら自分自身で作り上げたものだ。 本田は、もともと和食レストランで働いていたが、その店のまかないでカレーを作ったことをきっかけにスパイスに目覚め、もっとスパイスについての勉強をしたいと思うように。そんな時、たまたま友人がネパール料理店でアルバイトをしていたことから、その店で彼もアルバイトもするようになったのだそう。しかし、働いているうちに「この店のレシピは本当に正しいのだろうか」と疑問を持つようになり、23歳で初めてネパールに旅立った。 この旅立ちこそが、彼が「ネパール」という国の魅力に「落ちて」いったきっかけである。   内装のレンガはネパールをイメージ。半個室のようなスペースもある(photo: Keisuke Tanigawa)   今でも年に数回はネパールに行っているという本田だが、現地で体験した話を聞くとなかなか

音楽

フジロックが特別ライブ番組を三日間にわたって配信
ニュース

フジロックが特別ライブ番組を三日間にわたって配信

2020年の開催を取りやめ、2021年の8月20日(金)〜22日(日)に延期することを発表した『フジロック』。1997年の初開催以来初めての延期決定となったが、開催予定日の三日間に、過去に出演したアーティストたちのパフォーマンスを配信する特別プログラム『FUJI ROCK FESTIVAL'20 LIVE ON YOUTUBE』を行うことが決定した。 配信はフジロックの公式YouTubeチャンネルで、2020年8月21日(金)〜23日 (日)に行われる。配信時間や配信アーティストなどの詳細は後日発表予定。配信中はYouTubeのスーパーチャット機能(投げ銭)を使った寄付を募集し、寄付金は一部手数料を引いた全額が「Music Cross Aid」および「国境なき医師団」へそれぞれ寄付される。 古今東西、さまざまなジャンルや国籍のアーティストたちが数々の名演を披露してきたフジロックの舞台。どの年のどのアーティストのライブが配信されるのか、予想しながら楽しみに待ちたい。 『FUJI ROCK FESTIVAL'20 LIVE ON YOUTUBE』の詳しい情報はこちら 関連記事 『未来から来た330メートルの複合メタル緑地が渋谷にオープン』 『大園の新緑を独り占め、4種のシャンパンを味比べするフリーフロー』 『宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に』 『夏の締めくくりに、花火とドライブインシアターの融合イベント』 『リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと』 

次世代を担う10〜20代アーティストが生み出す新しいチャレンジの形
Things to do

次世代を担う10〜20代アーティストが生み出す新しいチャレンジの形

代官山ティーンズ・クリエイティブ(以下、DTC)は、次世代を担う子どもたちに寄り添い、さまざまなイベントや施設運営などを行うマザーディクショナリーが手がける渋谷区の児童公共施設。2020年に運営スタートしてから丸5年を迎えた。対象年齢は、小学生から25歳前後の社会に出る前の学生までと幅広く、各分野で活躍する講師を招いた講座を受けることができる。 なかでも年に一度開催される『DTC CREATIVE SESSION』は、子どもたちとクリエーターのコラボレーションによる作品発表をはじめ、毎年豪華な企画やワークショップがめじろ押しのイベントだ。今年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止となってしまったが、一部のパフォーマンスを映像作品として公開するオンラインイベントを決行した。 リリース情報だけでは伝わらないDTCの魅力やイベントへの思いを、今回参加するコラボクリエーターのermhoi、兄弟ヒップホップユニットのRossMoody、DTC副館長を務める岡磨理絵にZoomインタビューを行った。 関連記事 『未来を開くティーンズと豪華クリエーターのコラボレーション映像が配信』

局地的ロックダウンを警戒、イギリスでドライブインライブが中止へ
ニュース

局地的ロックダウンを警戒、イギリスでドライブインライブが中止へ

この夏ドライブインシアターは、ロンドンでも珍しくなく、街の至る所にスクリーンが立てられている。しかし、ロンドンを含むイギリスのドライブインを巡回する夏の音楽ライブツアー、『ユーティリタ・ライブ・フロム・ザ・ドライブイン(Utilita Live from the Drive-In)』の開催が初めて告知された時、これは全く別物だと期待が持てた。なぜなら、ライブハウスが再開するめどが立たず、次に行けるライブがいつなのか予想もできない状況下で発表された企画だったからだ。 しかし、そんな夢のような話もはかなく消えた。イギリスの局地的なロックダウンを警戒し、ソーシャルディスタンスに対応しているライブでさえも全て公演中止になったのだ。当然、カレンダーが真っ白になるほど、夏フェスも開催されない。 ユーティリタ・ライブは、2020年8月6日(木)から9月まで続き、イギリスの12カ所の会場で、アーティストたちが車の座席から観ている聴衆に向けてライブを行う予定だった。ロンドン会場の車の収容予定数は300台。ライブにはザ・ストリーツ、ディジー・ラスカル、ゲイリー・ニューマンなどがラインナップされ、演劇やコメディーの企画も用意されていた。 主催のライブネーションは声明で、「私たちはアーティスト、ライブの制作スタッフ、メインスポンサーのユーティリタ、ほかのパートナーの方々、そしてもちろん、ファンの皆さまに多大なる支援を受けました。しかし、局地的なロックダウンに関する最近の展開により、安心してこのライブツアーを続けることは不可能となりました」と述べた。チケットの返金は7日以内に、チケット所有者に直接行われる。 原文はこちら 関連記事 『野外で音楽と映画を楽しむキャンプインイベントが開催』 『ドライブインシアターで体験すべき5の魅力』 『ソーシャルディスタンスに対応したライブ会場がイギリスに誕生』 『老舗クラブの自粛期間、2度目の復活』 『日本の夏に欠かせない「サマソニ」、オンラインでの開催が決定』

コロナ禍の都心に突如現れた十三月農園
音楽

コロナ禍の都心に突如現れた十三月農園

新型コロナウイルスの緊急事態宣言下、東京のど真ん中でとある試みが始まった。恵比寿リキッドルームの屋上に農園を作り始めた人たちがいるのだ。 中心となるのは、GEZANが主宰するレーベル、十三月の面々と仲間たちだ。 彼らは2014年から入場無料、投げ銭方式のフェス『全感覚祭』を主催。2019年はフードフリーを宣言し、テーマに共感した農家から寄せられた野菜を使った食事が来場者に振る舞われた。さまざまな実践を通じ、食と音楽を巡る「価値」を捉え直そうとしているGEZANと十三月。彼らはなぜ都会のど真ん中に農園を作り上げたのだろうか? GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーに話を聞いた。 関連記事 『マヒト、宇川ら出演「#WASH」を通じて表現されるライブハウスの今』

レストラン&カフェ

東京、冷やし中華15選
レストラン

東京、冷やし中華15選

今年も冷やし中華の季節がやってきた。最近では定番のしょうゆだれ、ゴマだれだけではない、ユニークな冷やし中華も生まれている。本記事では、王道から変わり種まで、東京の冷やし中華シーンの裾野の広さを感じることができる店を紹介。「冷やし中華はじめました」の貼り紙を探して蒸し暑い東京の街をさまよう前に、ぜひチェックしてほしい。関連記事 『東京、昆布水つけ麺 15選』『東京、かき氷30選』

7月オープンの注目フードヴェニュー7選
ニュース

7月オープンの注目フードヴェニュー7選

タイムアウト東京が注目するフードヴェニューの7月オープン情報。新型コロナウイルスの影響に加えて、ダラダラと続く梅雨の最中にも次々と新店がオープンした。弱冠22歳の店長が手がけるテイクアウト専門のローストビーフ店や、北参道の名店パティシエが兜町に開いた話題のスイーツ店、SDGsに配慮したあの有名チェーンの新店などを紹介。

東京、焼き肉店のおいしい冷麺8選
レストラン

東京、焼き肉店のおいしい冷麺8選

焼き肉店の食事メニューによくある料理が冷麺だ。喉越し良好な麺にすっきりしたスープがマッチし、焼き肉のシメの王道といえよう。夏場はランチに味わうのも格別だ。そこでさまざまな焼き肉カテゴリーのなかから、絶品の肉と冷麺を提供する店をレコメンドしよう。

東京で味わう、そうめん・流しそうめん5選
レストラン

東京で味わう、そうめん・流しそうめん5選

日本の夏を代表する麺といえば、やはりそうめん。古くから夏の食べ物として愛されてきたもののひとつで、奈良時代に伝来した索餅(さくべい)がルーツと言われている。ここでは、今年も猛暑が予想されている夏を乗り切るため、大自然や都心の野外で行われる夏季限定の流しそうめんや、メニューが豊富でアレンジが光るそうめん店など、清涼感を味わえる店を紹介する。

レストラン&カフェ情報をもっと見る

ナイトライフ

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン
ニュース

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン

渋谷スカイの展望台は、2019年11月に渋谷スクランブルスクエアの屋上にオープンして以来、都内で最もホットなアトラクションの一つとなった。地上230メートルの高さからは東京の街を360度一望でき、東京タワーや東京スカイツリー、晴れた日には富士山といった東京の主要なランドマークを一望できる。この展望台は新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖されていたが、ようやくリニューアルオープンし、2020年7月17日(金)には新たなルーフトップバーがオープンする予定だ。     Photo: Shibuya Sky   この屋上のバー&ラウンジ、通称「ザ・ルーフ」が、7月17日から10月31日(土)までの期間限定オープンする。16時〜22時30分まで営業。アルコールや軽食を楽しみながら、東京のスカイラインを眺めることができる。   Photo: Shibuya Sky   街を一望できる居心地の良いソファー席を確保したいなら、事前にチケットを購入しておくといいだろう。ソファー席の予約は1回当たり50分(一人4,000円)までとなっており、シャンパンセット(1人5,000円)も購入できる。ソファー席は1回の予約で2〜4人。 悪天候の場合には、46階のパラダイスラウンジに移動してみよう。床から天井まで 、全面に広がる渋谷の景観を楽しめる。 ザ・ルーフの詳細はこちら 東京で外出する際に注意するべき最新ルールはこちら 原文はこちら 関連記事 『東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編』 『旅気分で働けるリモートワークフレンドリーな宿4選』 『ユニクロパークが横浜にオープン、親子で遊べる公園を併設』 『東京、ホテルのワーケーション4選 リーズナブル編』 『渋谷OATHが営業を再開、変化の中で新しく生まれる文化に期待』  

東京、ナイトプール2020
ナイトライフ

東京、ナイトプール2020

夏本番。猛暑日が続かないことを願うが、東京にはこんな気候でこそ訪れたいラグジュアリースポットがある。大人がはしゃげる新しい遊び場として注目を集めるナイトプールだ。 今年も各ホテルが趣向を凝らしたムード満点のプールが各地でオープンした。昨年に増してパワーアップした空間で、カクテルや音楽とともに熱帯夜を思い切り楽しもう。

ナイトライフと文化産業の新しい可能性
ナイトライフ

ナイトライフと文化産業の新しい可能性

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビューシリーズを行っている。 第12弾は、風営法改正やナイトタイムエコノミー推進におけるルールメイクを主導してきた弁護士の齋藤貴弘だ。国内外の音楽シーンやカルチャーに精通する齋藤に、日本のナイトタイムエコノミーや文化産業が直面する現状、そして、そこから見える日本の新しい文化産業の可能性を聞いた。

渋谷OATHが営業を再開、変化の中で新しく生まれる文化に期待
ニュース

渋谷OATHが営業を再開、変化の中で新しく生まれる文化に期待

少しずつだが、東京はかつての活気を取り戻しつつある。2020年6月19日に発表された休業要請の全面解除によって、東京の夜を活気づけるライブハウスやクラブ、バーなどが営業再開した。当面の間は東京都やライブハウス業界団体が発表したガイドラインに沿っての営業となるが、これでようやく業界は再スタートを切ることになる。 しかし、「夜の街」という言葉とともに流れる世間の風潮は否めない。たくさんの課題を背負いながらではあるが、東京のナイトシーンを今後どのように盛り上げていくべきなのか。今年15周年を迎えるミュージックバー、OATHも6月18日にようやく営業再開をしたところだ。同店の店長を務め、姉妹店である青山トンネルのマネージメントなどにも携わってきた植松彬に今後の方向性について話を聞いた。 ー緊急宣言下の渋谷を見ることになったと思いますが、その様子や周りの反応を見て、感じたことを教えてください。 街から人が消えて文化的な活動が失われていく過程と、新たな文化が生まれる期待を感じました。 ーシーンにとって逆境ではありますが、逆に小箱が注目されたり、小箱でしかできないようなことも生まれてくるかもしれませんね。 そうですね。日本のローカルDJの底上げや新規クラウドの獲得が今後の課題だと思います、まだ営業再開して間もないので、お客さんの流れやニーズをしっかり捉えて店作りをしていきたいです。 ークラブやライブハウスをはじめ、ナイトシーンそのものに偏見を持つ人も増えているように感じられます。今までのように営業していくため、対策などはありますか? OATHと青山トンネルでは入店時に検温と手指の消毒、QRコードを読み取っていただき著名をお願いしてます。キャパシティーの50%で人数制限を実施し、できる限りの対策を行なっています。 ーDJやプロモーターがストリーミングを使ったイベントなどを始め、クラブのオンライン化が定着してきていますが、配信などは考えていますか。 店の空間、音響と現場に来て初めて伝わる商品価値だと思うのでストリーミング配信の予定はありませんが、サウンドクラウドでレギュラーDJのMIXが聴くことができます。   OATH店内   ーナイトシーンを含め、ポストコロナ時代の社会や環境は以前と比べてどのように変わっていくと思いますか? 変化の中に文化的な要素が生まれてくると思うので、そういった意味ではこれからいろいろなパーティーやアーティストが出てくるのかなと思います。 ーここ最近では、ようやく東京でもナイトシーンやクラブ業界がインバウンドとしても注目されていました。海外からの観光客が激減した東京で、シーンの立て直しを図っていくにはどうしたらいいでしょうか? 店側とDJ、パーティで日本人の地元のお客さんを増やしていく取り組みをしていくことが今後の観光客の評価に繋がると思います。 ー大きく都市開発が進んだ渋谷の今後について思うことがあれば教えてください。 新しいものと昔からのものの共存が課題でもあるし、個性的なお店は渋谷にはまだ多くあるので色んなお客さんが訪れてくれることを期待してます。 ー今後もOATHやトンネルだからできること、小箱、ミュージックバーとして音楽を伝える環境や工夫について教えてください。 これまでと変わらずそこにあることと新しいものを取り入れながらも、ブレずに良いものを届け続けることに努力していきます。   関連記事 『ラビリンスが2020年の開催中止を発表』 『「あの事件」が語られたlo-fi hip hop動画が波紋を呼ぶ』 『東京、営業再開し

ホテル

暮らすように泊まる、ホテルニューオータニで30連泊
ニュース

暮らすように泊まる、ホテルニューオータニで30連泊

働き方改革と新型コロナウイルス感染症の流行に伴う「新しい日常」の奨励の一環として、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた働き方、「ワーケーション」が注目を浴びている。ホテルニューオータニは、都民還元キャンペーン『STAY TOKYO+EAT TOKYO~食べて泊まって、 東京で過ごす夏~』の第2弾として、ホテルをオフィスのように使って泊まる、 テレワークにもぴったりの30連泊プラン 『スーパーワーケーション』を2020年8月6日(木)~9月30日(水)に実施する。   STAY TOKYO EAT TOKYO   日本政府は、今年7月に「テレワーク7割」を企業に要請した。しかし、テレワーク環境が整備されていなかったり、そもそもテレワークを行う場所がなかったりと、7割削減を実現するには障壁があるのが現状だ。そんななか、ホテルニューオータニが、作業効率を上げる快適な客室と室内で楽しめる美食体験をセットにした日帰りプラン『デイユーステレワークプラン』の販売を開始したところ、予約が殺到した。 今回販売される『スーパーワーケーション』は、長期間ホテルに滞在しながらのテレワークを応援するもの。対象は首都圏で働く会社員。最終チェックインが8月31日(月)で、30泊31日のプランが39万円からとなっている。 最大の魅力は、暮らすように泊まることができること。ニューオータニの2万坪の敷地には、37店舗のレストランや100を超える店が並ぶショッピングアーケード、 スポーツジムに郵便局、 医療施設、 美容室、 コンビニエンスストア、 コンシェルジュサービスまでがそろう。 チェックインの手続きを済ませれば、客室を1カ月間自分専用のパーソナルオフィスとして使うことができる。駐車場は無料で、光熱費や通信費の追加支払いを心配する必要もない。利用者は、快適にホテル生活を送りながらも、誰にも邪魔されずに仕事に打ち込むことができる。   ホテルニューオータニ日本庭園   仕事の息抜きには、ホテルニューオータニ日本庭園を散歩しよう。加藤清正の時代から400余年受け継がれてきた1万坪の庭園で、大滝や枯山水、コイが泳ぐ池、灯籠など、歴史や自然に触れながら疲れた心と体を癒してほしい。庭園を一周し終わる頃には気持ちもすっきりして、仕事の効率も上がるだろう。 そのほか、滞在中のプール利用券5回分や、館内レストラン最大20%オフ、館内SPAでのエステ10%オフ、東京都民限定で滞在中のランドリーサービス50%オフなど、さまざまな特典が用意されている。予約は8月4日(火)10時から。今年の夏は仕事をしながら休暇も楽しんで、充実した日々を過ごしてみては。 『スーパーワーケーション』の詳細はこちら 関連記事  『真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン』 『東京ステーションホテルなど都内16軒のホテルが都民なら半額へ』 『東京、ホテルのワーケーション4選 リーズナブル編』 『東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編』 『東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選』

東京ステーションホテルなど都内16軒のホテルが都民なら半額へ
ニュース

東京ステーションホテルなど都内16軒のホテルが都民なら半額へ

日本ホテルは「Be Strong, Tokyo! がんばろう トウキョウ!」と称して東京都民を対象に2020年8月1日から、都内の対象ホテル16軒で50%以上割引となる『都民限定トク割プラン』の販売を開始した。 同プランは宿泊割引のほか、朝食無料特典と直営レストランや以降の宿泊料金などに使える5,000円分のホテル利用券も付いてくる(利用施設は各ホテルにより異なる)。     東京ステーションホテル   対象ホテルは東京ステーションホテル、メズム東京、オートグラフコレクション、メトロポリタンホテルズ(池袋、エドモント、丸の内)の3ホテル、渋谷、目白、田端などにあるJR東日本ホテルメッツの都内11ホテルだ。販売期間は「Go To トラベル事業」の東京除外解除日までの間を予定している。   チェックイン時に代表者の名前、住所が確認できる運転免許証などの証明書を提示が必須事項なので要注意。 予約方法や諸注意は、日本ホテルの『都民限定トク割プラン』の特設ページから確認しよう。 『都民限定トク割プラン』の詳細はこちら関連記事 『東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編』 『真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン』 『プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5,000円還元』 『東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選』 『グランスタ東京でしかできない10のこと』  

東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選
レストラン

東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選

数多くあるビアガーデンのなかからどこへ訪れるかを選ぶ基準は人それぞれだが、ビールの種類の豊富さ、料理、ロケーション、いずれをとっても都内の有名ホテルは高い質を約束してくれる。 今回は少し背伸びをした、おしゃれなホテルのビアガーデンを紹介。プールサイドでリゾート気分が味わえるものから、普段目にしないギリシャの酒、帝国ホテルの人気メニューが楽しめるものまで、しばし日常を忘れてリラックスしてほしい。    

東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編
ニュース

東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編

コロナ禍において広がりつつある、ワーケーション(Workation)という言葉を知っているだろうか。「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、オフィスを離れて普段とは違う環境で働くという新しい働き方の一つだ。 都内にいながらにして、非日常な空間で豊かなひとときを過ごし、仕事にも集中することがラグジュアリーホテルはワーケーションとして最適。ここでは都内のハイエンドなホテルが提案する、魅力的なリモートワークプランを紹介したい。 海外や遠方への旅がなかなかできない今、都内で究極のワーケーションを試すのはスマートな選択と言えるかもしれない。都心のホテルで過ごすことで、今まで気付かなかった東京を再発見してほしい。 1. パノラマビューを独り占めする。   ヒルトンお台場   レインボーブリッジを一望できるパノラマビューが素晴らしいヒルトン東京 お台場。2020年7月31日(金)まで実施する、7泊のワーケーションプランでは、Wi-Fiはもちろん、滞在期間中の駐車場、ジムも24時間無料で使用できる。1000円追加で朝食をとれたり、館内レストランが30%割引になる特典も。全室にプライベートバルコニーがあり、心地よい潮風を感じられる。プリンターやパソコンの貸し出しなどに対応するビジネスコネクティビティステーションも、リモートワークには心強い存在だ。 公式サイトはこちら 2. 日本庭園を眺める。   ホテルニューオータニ   9時からチェックインでき、18時までのデイユースをファーストクラス気分で体験できるのがニューオータ二。6メートルの大滝や350匹もの錦鯉が泳ぐ清泉池が壮観な日本庭園を散策し、気分転換したら、きっと新しいアイデアが湧いてくる。ラグジュアリーホテルだけに、郵便局やATM、コンビニエンスストアなども館内にあるのがうれしい。1万6,000円の滞在費にはサンドイッチやおにぎり、乾杯セットなどの6種類から選べるルームサービスも含まれている。 公式サイトはこちら 3. 東京の波を五感で感じる。   メズム東京   今年6月に開業したウォーターズ竹芝の一角にある、メズム東京、オートグラフ コレクションは「TOKYO WAVES」がコンセプト。全265室にカシオのデジタルピアノが設置されるなど、五感を魅了するホテルだ。広々としたバルコニーのある部屋も多く、浜離宮恩賜庭園と東京のウォーターフロントを臨む絶景を味わうことができる。 ワーケーションにぴったりなショートステイプラン『ザ・ワークプレイス』は9〜17時の利用で3万円から(13時まで利用の場合は2万5,000円から)。猿田彦珈琲のオリジナルブレンドや不二家の「ペコちゃん」とコラボレーションしたアメニティ、冷蔵庫のハートランドのビールなどは無料。プランは9月30日(水)まで。 なお、6月にはウォーターズ竹芝の敷地前面に新たに船着場が誕生し、浅草や両国、お台場などへアクセスできる水上バスの定期運航が始まったほか、7月13日からは、竹芝と羽田空港を結ぶリムジンボートの運航も始まるため、船でのアクセスもおすすめ。   公式サイトはこちら 4. 和の芸術空間で過ごす。   ホテル雅叙園東京   日本美のミュージアムホテルと呼ばれるホテル雅叙園東京で、ワーケーションとは贅沢な体験だ。チェックイン9時、チェックアウトは翌日の18時という最大33時間滞在できるリモートワークプラン(5万8,000円から)もある。滞在中は朝食、インルームダイニングにてランチ2回も付き、室内のミ

映画

東京を舞台にした映画10選
映画

東京を舞台にした映画10選

今観るべき映画といったわけでもなく、全くもって自由に、東京をテーマに10の映画を選ばせてもらった。とは言え、東京の括りでは膨大な数の作品が対象になるので、ここでは「東京で実際に撮影されていること」「比較的近年の作品」そして主に「海外の監督の作品」を中心に紹介する。 さまざまな特徴を持った複数の街の集合体である東京は、その全体を一本の作品の中に包括的に映し出すことは難しいと言えるだろう。だが、ここで挙げる作品は、ある側面から見た東京の魅力や相貌を何がしかの方法で捉えようとしている。そのような共通項目を持つ映画郡をまとめて顧みることで、新たな映画と東京の可能性を探り当てる機会となれば幸いだ。 これはベスト10ではなく、あくまで10選なので、選外となってしまった作品も多い(『ロスト・イン・トランスレーション』もその一つ。西新宿にロケした数ある映画史上最高の一本と言える)。あなたにとって、東京を魅力的に描いた一本は何だろうか。

日本を舞台にしたフードロス解決映画が公開
ニュース

日本を舞台にしたフードロス解決映画が公開

オーストリア人の食材救出人で映画監督のダーヴィド・グロスによるフードロス問題をおいしく楽しく解決していく映画『もったいないキッチン』が2020年8月8日(土)シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーされる。 同作品は、ダーヴィドとパートナーのニキの二人がキッチンカーで、日本全国のもったいないアイデアを持つユニークな日本人シェフたちと出会う旅に出るドキュメンタリームービー。各地で、それらのアイデアを生かした「もったいないキッチン」をオープンし皆で食べることで、食品ロス問題をポジティブに解決していく。 ローソンの上級役員にコンビニのフードロスへの疑問をぶつけたり、出張料理人ソウダルアによるインスタレーションアートフードを元ホームレスの人々とともに味わうなど、エッジがきいたエピソードが満載だ。   毎日約35トンの廃棄食品が持ち込まれ、約42トンの養豚用液体飼料が生産される日本フードエコロジーセンター   ダーヴィドは、前作『0円キッチン』(2015)はヨーロッパ5カ国をキッチンカーで巡って捨てられる運命 の食材をおいしい料理に変身させ、数々のドキュメンタリー映画賞に輝いた。今作では年間643万トンと世界第6位のフードロスを排出してしまっている日本に舞台を移した。 「もったいない精神」を大切にする日本が、同時に世界でも有数な フードロス大国になってしまった矛盾について、ダーヴィドはインタビューの中で、下記のように答えている。 「個々人は食べ物を無駄にしたいとは思っていません。特に日本では、まだ食べられる食べ物を捨てることに恥を感じている人も多い。問題は工業化された食料生産システムにあるのです。 多くの人々が、もはやスーパーで並ぶ食料がどのように生産されたのかを知りません。消費者と生産者との間には大きな距離があり、大手食料品業者は、しばしば道徳よりも利益を重視しています。食べ物への感謝の心が置き去りになっているのです。食を愛する日本で起きている食品ロスを説明できる唯一の説明がこれです。ファストフードが出回り、心のこもった手料理が大切にされていません」   野草料理と、日本の気候風土に根ざした知恵を伝え続ける若杉友子(左)   本作が丁寧に描くのは、この消費者と生産者との間にできてしまった大きな距離であり、食べ物への感謝の心を振り返ることだ。「もったいない」をキーワードに、持続可能な未来のために実践できることを知る機会になるだけでなく、改めて自身の食に対する意識を問い直すきっかけになるだろう。 『もったいないキッチン』の詳細情報はこちら 関連記事 『東京を舞台にした映画10選』 『世界の名作グルメ映画10選』 『世界に誇る日本食ドキュメンタリー10選』 『日本食が食べたくなる映画10選』 『追悼再録、エンニオ・モリコーネインタビュー』

ニューノーマルの時代を考える、Netflix配信中のドラマ5選
LGBT

ニューノーマルの時代を考える、Netflix配信中のドラマ5選

新型コロナウイルスの影響下、どのように過ごしているだろうか。外出自粛が明けたとはいえ家にいる時間が長い日々もまだしばらくは続くだろう。そんな日々を楽しむため、イラストレーター、コミック作家として活動するカナイフユキにおすすめのドラマを聞いてみた。 テーマは「LGBTQ+の歴史に触れる」。2020年6月現在、Netflixで配信しているオリジナルドラマを中心に、U-NEXTやGoogle Playで観られる映画もセレクト。この機会にぜひ鑑賞して、感じたことを教えてほしい。 「LGBTQ+の歴史の上で、史実を基にしたものだけでなく「今はこんな物語も作られるようになったんだな」と時代の流れを感じられるものも選びました。 さまざまな歴史を知るため、僕の紹介する映画やドラマをご覧いただくだけでなく、皆さんのおすすめの映画やドラマも教えていただけたらうれしいです。歴史は一人一人が作っていくものですからね!」 関連記事 『アップリンク クラウドで観るべき映画10選』

アップリンク クラウドで観るべき映画10選
映画

アップリンク クラウドで観るべき映画10選

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止による緊急事態宣言を受け、渋谷と吉祥寺の都内2カ所と、京都にも映画館オープンさせる映画会社「アップリンク」は、オンライン映画館アップリンク・クラウド(UPLINK Cloud)にて、配給作品60本以上が見放題となるサービス(3カ月2,980円)を開始した。 ここでは、配信作品から10本をセレクトし、前編と後編に分けて紹介する。今もなお外出自粛の状況が続く中、自宅をはじめとした環境での鑑賞の一助となるだけでなく、街の映画館を失わないための一支援として、過去の作品を観ることで生まれる映画の「(再)発見の場」となれば幸いだ。 アップリンク クラウド公式サイトはこちら

東京のベスト特集

東京、オープンエアで食べる店22選
レストラン

東京、オープンエアで食べる店22選

それほど広くない面積に建物や店が密集し、人口密度も高い東京。しかし海外のリゾートにいるような開放的な気分になる、とっておきの場所は結構ある。 公園近くで緑いっぱいのテラス席やビルのルーフトップ(屋上)のバー、水辺の景色が眺められるリバーサイドなど、東京のオープンエアの形態はさまざまだ。各店に取材を進めてわかったのが、季節によって寒暖の差が激しい東京でも、オープンエアの座席は年間を通じて人気があるということ。多くの店が、外の席から順に予約が埋まっていくそうだ。 ここでは、都内でオープンエアの空間が楽しめる、レストラン22選を紹介する。外気を直接感じながらおいしい料理を食べたり、酒を飲んだりする体験は格別だ。東京の空の下、大切な人とゆっくり時間を過ごしてみては。 関連記事:『東京、ホテルの朝食ビュッフェ10選』『東京、ホテルのアフタヌーンティー20選』 // (function() { window.__insp = window.__insp || []; __insp.push(['wid', 663832252]); var ldinsp = function(){ if(typeof window.__inspld != "undefined") return; window.__inspld = 1; var insp = document.createElement('script'); insp.type = 'text/javascript'; insp.async = true; insp.id = "inspsync"; insp.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https' : 'http') + '://cdn.inspectlet.com/inspectlet.js?wid=663832252&r=' + Math.floor(new Date().getTime()/3600000); var x = document.getElementsByTagName('script')[0]; x.parentNode.insertBefore(insp, x); }; setTimeout(ldinsp, 0); })(); // // window._pt_lt = new Date().getTime(); window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,21b6dc83'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'cjs.ptengine.com/pta_en.js'; var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'

東京で行くべきレコードショップ
音楽

東京で行くべきレコードショップ

店頭で音楽を探す醍醐味(だいごみ)。それは、不意の導きや出会いが溢れていることだ。たまたま手に取ったジャケット、その時かかっていた新譜、店員との雑談から出てきた1枚、などなど・・・。インターネット上の音楽配信サービスでも素晴らしい発見はもちろんあるが、アルゴリズムが導く出会いには現実のようなダイナミックさはまだないようだ。東京は、世界でも有数の巨大なレコードコレクションを抱えた街であり、渋谷や下北沢といったレコードショップ密集地帯だけでなく、各所に優れた店が点在している。本記事では、アナログビギナーにこそ行ってほしい様々なジャンルのレコードショップを紹介する。

東京、食べ歩きガイド
Things to do

東京、食べ歩きガイド

味覚を通して東京を体感するために、都内でも屈指の人気を誇る食べ歩きの街を散策した。 新鮮な空気と伝統的な街並み、カラフルなご当地キャラクター。ゆったりとした散歩だ。 食べ物片手にさまざまなことが楽しめる東京の食べ歩きスポット。日本では一般的に、物を食べながら歩くのは不作法とされている(祭りは例外)が、そんな新鮮な体験が味わえる食べ歩きの街は、東京の中でも一風変わった環境だといえる。 春はアウトドアを楽しむには絶好の季節であり、食べ歩きは各地の文化と歴史に浸りつつ多様な日本の味を楽しむのに最適。ここでは、ちまたでうわさの食べ歩きスポットを三つ紹介する。ただし、ナプキンと現金を忘れないように(手や服が汚れるかもしれないし、露店では大抵カードが使えない)。東京でお気に入りの新たな楽しみを見つけよう。

蒲田で過ごす24時間
Things to do

蒲田で過ごす24時間

「虹の都光の港 キネマの天地」の歌い出しで始まる蒲田行進曲。JR蒲田駅ホームでは、このテーマ曲を電車の発車メロディーに使用し、かつては松竹撮影所があった映画の町の歴史を物語っている。戦後は中小の町工場が数多く並ぶ町として知られ、近年では朝ドラ『梅ちゃん先生』の舞台や、映画『シン・ゴジラ』の上陸地として名前を見聞きした人も多いのではないだろうか。 現在は名物の黒湯温泉のほか、餃子やラーメンの激戦区、のんべえにはたまらないセンベロ酒場が並ぶバーボンロードなど、安くて満足のいくグルメスポットとしても人気だ。東京駅から蒲田駅までは快速で20分、羽田空港から京急蒲田駅は15分程度と、交通の便が意外に良いことにも利点がある。 この記事では、朝から深夜まで楽しめるさまざまなヴェニューを紹介する。訪れる際は、蒲田ならではのレトロでドープな文化を存分に楽しんでほしい。

東京、タマゴサンド6選
レストラン

東京、タマゴサンド6選

ハムや野菜などの具材をパンに挟むサンドイッチと、そのまま食べても十分おいしいゆで卵。日本人はいつもの伝統家芸でこの2つをドッキングさせ、ラーメンやアンパン、明太子スパゲッティしかり「タマゴサンド」と呼ばれる、日本オリジナルの定番料理を作ってしまった。 卵をパンにはさむ前に、ゆでてつぶしてマヨネーズであえたらよい、という発想は誰が思いついたのだろう。目玉焼きをトーストやイングリッシュマフィンに乗せたり、ゆで卵をスライスしてバンズにはさむなど、パンと卵をセットで楽しむメニューは海外でも無数にある。しかし日本人になじみのあるマヨネーズペーストスタイルは、我が国だけでしか見かけない。そして日本ではタマゴサンドこそ王道。子どもも大人も大好きなサンドイッチの具材として真っ先に挙がる。 この不動の人気を受け、都内にはさまざまなタマゴサンドが存在する。昭和の洋食店が作るオーソドックスなタイプや、タマゴサンド専門店のバラエティ豊かなもの、ねっとりした半熟卵をクリームチーズであえた濃厚なサンドイッチなど、タマゴサンド好きの世界を広げる6店を紹介する。

東京、ベストピザ
レストラン

東京、ベストピザ

世界の主流がどうであれ、日本の「ピザ」はとてもユニークだ。キャベツ、マヨネーズ、餅、韓国のプルコギなども、ここでは普通のトッピングだ。風変わりなトッピングに目がいきがちだが、ここ数年で日本のピザのクオリティは飛躍的に良くなっている。ナポリでしか食べられないような本格的なマルゲリータも、値段こそ現地と比べれば3〜4倍するものの、東京では簡単に味わえるようになってきている。 

タイムアウト東京のマップシリーズを読もう

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第12版がリリース
Things to do

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第12版がリリース

タイムアウト東京の定番ガイドマップシリーズ『東京でしかできない88のこと』(英語版)の第12版が、2020年6月30日(火)にリリースされた。 これまでは、88のヴェニューをずらりと並べて掲載していたが、今回からは『渋谷でしかできない101のこと』と同様にランドマークを設置。時間のない人もスムーズに東京の街を楽しめるよう、10のランドマークと、その周辺のおすすめヴェニューを紹介している。 もちろん、「東京の街を独自の切り口でナビゲートする」という点は本マップでも健在。西洋美術館や歌舞伎座などの定番スポットをはじめ、ダイワ 中目黒店やおみごとスナック 御美娘といった話題のニューオープンも紹介している。 そのほか、DJプレイを楽しみながら上質なアルコールを堪能できる道玄坂のDJバー翠月や、建築家が手がけたという店内も見どころの銀座の名バーリトルスミス、中国やタイ、ベトナムなどから仕入れた雑貨で店内があふれかえる高円寺の未完成、あんこが入ったコーヒーゼリーが隠れた名物の代田のカフェ、ハイ ムッシュなど、今回も魅力あふれる88のヴェニューを厳選した。 「八百屋の作る本気のフルーツサンド」をコンセプトに、みずみずしい旬のフルーツサンドを提供するダイワ 中目黒店。旬のフルーツを扱っているため、今後のラインナップにも期待が寄せられる おみごとスナック 御美娘は、「十畳のパワースポット」がキャッチフレーズのおちゃめな一軒。一面ピンクに彩られたド派手な店内や、随所にある摩訶不思議なオブジェに圧倒されるかもしれないが、チャージなしでドリンクは1杯500円、カラオケは1曲200円と明朗会計なので、スナック初心者も肩肘張らずに楽しめるだろう 保志雄一、耳塚史泰、松尾一磨ら、日本一の栄冠を獲得したバーテンダーが3人も在籍していたというリトルスミス。地下にありながらも天井高は4.5メートルで、開放感があるのも特徴だ  フルーツや動物をモチーフにしたアクセサリーや、レトロなビニールサンダルなど、プチプライスのものが多いのも魅力な未完成。アジアン雑貨のほか、オリジナルアイテムや作家たちの手作り小物の委託販売も行っている  本マップは、状況を見ながら都内の観光案内所や主要ホテル、駅などで順次配布予定。デジタル版も同時リリースしているので、ぜひ自宅で都内の話題スポットをチェックしてほしい。

渋谷でしかできない101のこと(英語版第13版)
Things to do

渋谷でしかできない101のこと(英語版第13版)

タイムアウト東京は、第1版のリリース以来不動の人気を誇る『渋谷でしかできない101のこと』(英語版)の第13版を2020年4月30日にリリースした。今回も12版と同じく9つのランドマークを設置。ランドマークと、その周辺のおすすめヴェニューを紹介するレイアウトにしている。 もちろん、「渋谷の街を独自の切り口でナビゲートする」という点も健在だ。レストランやカフェ、バー、ショッピング、ナイトライフなど、さまざまなジャンルを網羅し、定番の人気スポットから話題のニューオープンまでを紹介している。 秘密基地のような雰囲気のレストラン、Sta.。新型コロナウイルスの影響で5月6日(水・振休)まで臨時休業予定だが、オンラインサイトでは、臨時休業明けにコース料理を楽しめる有効期限のないチケット『Sta.のディナーコース』(5,000円/コース料理を楽しめるのはこのチケットを購入した人のみ)や、人気メニューのカレーのルーを冷凍パックにした『Sta.のカレールー』(1,900円〜)などを販売している デザイナーの阿賀岡 恵が2007年に立ち上げたレッグウェアブランド、アヤメソックス(Ayame' socks)。独創的で唯一無二のデザインはもちろん、ソックスは全て日本屈指の靴下生産地である奈良県広陵町の工場で制作されているので、その丈夫さと履き心地の良さにも定評がある。現在、アトリエショップは休業中。靴下や、その靴下のデザインとも相性抜群なオリジナルマスクは、オンラインサイトで販売中 宮下公園が、新宮下公園として、全長約330メートル、3階建ての施設に生まれ変わる。公園スペースは屋上部分に設置され、旧宮下公園で親しまれたスケートパークやボルダリングウオールに加え、新たに多目的運動施設も新設されるそうだ。また、公園の下部分には90の店舗が入る商業施設やホテルが入居する。当初は2020年6月18日(木)のオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの影響でオープン日は現在未定 本マップは、状況を見ながら都内の観光案内所や主要ホテル、駅などで順次配布予定。オンライン上での展開も予定しているので、今は自宅で情報収集をし、安全に渋谷を散策できる日を願って行きたいヴェニューリストを作っておこう。

埼玉でしかできない50のこと(英語版第2版)
Things to do

埼玉でしかできない50のこと(英語版第2版)

タイムアウト東京は、埼玉県と提携した英語版のガイドマップ『50 THINGS TO DO IN SAITAMA』の第2版を2020年3月27日(金)に発行した。同マップでは、埼玉県の豆知識も含めながら、県内の魅力あふれるヴェニューを50件紹介している。 フルーツパーラー 808のフルーツサンドは、まさに果物が主役だ。果物のプロである青果店が手がけているので、フルーツの新鮮さは格別。その果物を惜しみなくごろっと使っていることと、クリームが甘さ控えめであることからさっぱりとした味わいで、ボリュームたっぷりな見た目に反して2つくらいであればぺろっと食べられてしまう。しかし、フルーツはその大きさのあまり、サンドイッチを持ち上げた瞬間にこぼれ落ちることもあるので食べる際は要注意だ ハイランダーイン秩父は、絹織物や糸を販売していた築100年以上の古民家を使った英国流パブ。種類豊富なウイスキーをはじめ、『フィッシュ&チップス』や『ハギス』などのスコットランド料理を楽しむことができる。古民家を活用しているので、パブと言いながら店内にはきれいな花が生けられた座敷席もある。この日本らしいアットホームさを持ったパブでは、ぜひ秩父のウイスキー『イチローズモルト』で乾杯してほしい 効率的に埼玉土産を手に入れたければ、そぴあに行くといい。埼玉県を代表する土産が常時650種類以上販売されているので、県内をいろいろと回る時間がない人にもおすすめだ。特に、埼玉県の地酒や、深谷市の人気ゆるキャラ『ふっかちゃん』のケースに入ったチョコクランチがいちおし ストリートセクションや何種類ものミニランプを備えた、初心者からエキスパートまでが楽しめるスケートパーク。夜は上手な人が多くやってくるので、初心者は昼間に訪ねるのがいいだろう。施設内には、バーベキューができるスペースもあるので、家族連れにもおすすめ。ぜひこの機会に、スケートカルチャーを体験してみてはいかがだろう この夏、オリンピック・パラリンピックの4つの競技が行われる予定だった埼玉県。新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大によりオリンピック・パラリンピックは延期が決定したが、このマップで埼玉の魅力を感じてもらえたらうれしい。ガイドマップは、埼玉県内の施設や渋谷駅観光案内所、羽田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで、順次配布予定だ。

東京駅周辺にフォーカスを当てたガイドマップ(英語版)をリリース
Things to do

東京駅周辺にフォーカスを当てたガイドマップ(英語版)をリリース

タイムアウト東京は、三菱地所株式会社、東京ステーションシティ運営協議会、三井不動産株式会社と提携したガイドマップ(英語版)を2020年2月28日(金)に発行した。MICEで来日した外国人をメインターゲットにした本マップでは、東京駅周辺のランチスポットや抹茶をテイクアウトできる店、ユニークな癒しのある雑貨店、サクッと仕事ができる無料で座れる場所、無料Wi-Fiスポットなど、同エリアで仕事をする際に便利な情報も多く紹介している。 一保堂茶舗 東京丸の内店は、抹茶や玉露、煎茶などを扱う日本茶の専門店。お茶はテイクアウトもできるので、抹茶片手に仕事をしたり、街を散策することもできる。また、会議やイベントの際には、2リットルポットに急須で入れた茶を詰める『ポットサービス』(2,700円)もおすすめ 中国の甘粛省蘭州で100年以上の歴史を持つ蘭州ラーメンの味を日本で唯一引き継ぐ馬子禄 牛肉面の日本2号店。ハラール認定を受けた牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと煮込んだスープや、職人が手打ちする麺が唯一無二の一杯だ 看板猫の「のぶにゃが」が働くのは、雑貨店の庫。デザインや広告制作をしているAABインク社が営む店で、ステーショナリーやベトナム雑貨などハイセンスなアイテムが並ぶ。また「のぶにゃが」のマイペースな接客は、ビジネス街の中で、忙しいビジネスパーソンたちの癒しスポットにもなっている マップ内では、話題の商業施設やレストラン、美術館といった、ビジネスシーン以外に立ち寄ってほしいヴェニューも紹介。そのほか、同エリアの楽しみ方を1日のルート形式で紹介する『東京駅周辺のご近所ガイド』もマップ面に掲載しているので、ビジネスで訪れた人はもちろん、同エリアの散策を考えている人は、ぜひ手に取ってみてほしい。 マップは、東京駅を中心に、Tourist Information Center, JNTOや都内の観光案内所、羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで無料配布されている。

タイムアウト東京マガジンを読もう

タイムアウト東京マガジン、Time In特別号を発行
Things to do

タイムアウト東京マガジン、Time In特別号を発行

「新しい日常」が定着しつつある今、マスクを着用することや、手を洗うことが習慣になっている。そして、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大が進む中、私たちは自宅に待機し、デジタルの世界に避難するようになった。タイムアウトは読者と常に一緒にいたいと考えているため、2020年7月1日に発行した、特別版では、一時的に「Time Out」から「Time In」へと名前を変えた。 東京は経済活動が徐々に再開しているが、私たちは自宅での自粛生活を過ごすなかで、自然との関係に疑問を持つようになった。そこで、環境に良い変化をもたらし、より健全な地球に向けて取り組む方法を学び、特別号では、環境に優しくより良い未来の一部になることができる方法を特集。 そして、このテーマに沿って、初のデジタル限定でリリースすることを決めた。デジタルであれば、雑誌を届けるために木を伐採する必要がないからだ。     私たちは読者にも同じように環境のことを考えてほしいと願っている。特集では、東京の最新で環境に配慮した50の取り組みをまとめた。アップサイクルのファッションからおいしいビーガンフードまで、シンプルな方法で大きな変化を生むことが分かることだろう。 『タイムイン東京マガジン/Time In Tokyo Magazine(英語)』の最新号(Time In特別版)の公開は、2020年7月1日スタート。 【デジタル版のダウンロードはこちらから】   バニラだけのアイスでは退屈だ。日本酒やほうじ茶、ゴマなどを使った、ユニークなアイスクリームの味を楽しもう 東京の温室や植物園では、植物の世界についての豊富な知識を学ぶことができる どこにいても楽しめるバーチャルツアーで東京の人気美術館を探索してみよう 日本料理は、世界中で広く知られている料理だ。9本の素晴らしいフードドキュメンタリーに触れ、歴史や、味、技術を深く掘り下げてみよう 四国にある上勝町は、大きな野心を持った小さな町だ。廃棄物ゼロの町を目指す、上勝町の取り組みを紹介 そのほかにも、東京の新名所やクラフトビールのデリバリーなどバリーなどを特集。PDF版はこちらから無料でダウンロードできる。

タイムアウト東京マガジン26号
Things to do

タイムアウト東京マガジン26号

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(26号)の配布が、3月31日に始まった。春を迎えた東京は、ピンクの桜や紫の藤、黄色のチューリップ、青いネモフィラなど、5月まで色とりどりの花々が咲き誇る。本来ならばよく晴れた過ごしやすい気候に誘われて、多くの人々は長い時間を外で過ごすようになるところ。しかし今の状況では、外出を避けたほうが賢明だ。 先週行われた東京都知事による会見では、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大対策として、週末の不要不休の外出自粛要請が発表された。そのため私たちタイムアウト編集部は、読者に向けて外出を促すことはしない。この事態が終息し安全に出かけられるようになったとき、東京の持つあらゆる魅力を紹介するガイドとしてこのマガジンが役に立てば幸いだ。どうか全ての人が、健康で前向きに日々を過ごしてほしい。東京より愛を込めて。 【デジタル版のダウンロードはこちらから】 東京のオアシス、それは日本庭園。ここでは、日本庭園の特徴やシンボリズム、庭造りについて読み解いていき、東京で最も有名な日本庭園や、有名ではないが隠れた穴場スポットの美しい庭園を案内する。 東京は大都市ながら東には湾があり、コンクリートジャングルから山に至るまで、川と運河が蛇のように巡っている。ここでは東京の水辺の景色をたどる冒険を紹介。 春は外を出歩くのにうってつけの季節。食べ歩きはさまざまな和食をつまみながら、郷土文化を貪欲に学ぶのにぴったりだ。ここでは、編集部が選んだお気に入りの東京ストリートフードを3つ挙げている。 東京は、一人旅をする人にとって最も相性の良い都市の一つ。ラーメンやファーストフードで間に合わせてしまう必要がないほど、さまざまな店がある。フレッシュでオーガニックな食材を農場から食卓へ届けるレストランやモダンな懐石料理など、「お一人様」での完璧な食事を提供。 自然と触れ合いたいとき、散歩、ハイキング、ウォータースポーツも、東京を出ることなく全て楽しめる。秩父多摩甲斐国立公園は、新宿駅から電車で90分ほど。自然の美しさにじっくり浸ってリフレッシュできるだろう。 楽な日帰り旅行がしたいなら、東京から南の神奈川海岸沖にある島々はいかがだろうか。新鮮な海鮮の市場、海辺の展望台、第二次世界大戦の史跡、バーベキューが楽しめるビーチ、温泉など盛りだくさんのラインナップが待っている。 東京には美しいジョギングコース、生け花体験、家族向けのアドベンチャーパーク、専門店、東京のドラァグクイーンたちに会えるなど、素晴らしいスポットがまだまだたくさんある。ぜひこのマガジンを都内の配布スポットで、手に取ってみてほしい。 デジタル版はこちらからダウンロード可能。雑誌の注文も受け付けている。 仕様タイトル:タイムアウト東京マガジン第26号/Time Out Tokyo Magazine No.26刊行業態:年4回季刊判型:A4変形、英語版76ページ価格:無料 主要配布場所空港羽田空港外国人観光案内所成田国際空港など 観光案内所東京観光情報センター都庁本部東急東京メトロ渋谷駅観光案内所渋谷区観光案内所銀座三越外国人観光案内所浅草文化観光センター MOSHI MOSHI BOXなど ショップTSUTAYA TOKYO ROPPONGI紀伊國屋書店新宿本店タワーレコード渋谷店Books Kinokuniyya Tokyoなど レストランHUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗タイムアウトカフェ&

タイムアウト東京マガジン25号
Things to do

タイムアウト東京マガジン25号

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(25号)の配布が、12月20日に始まった。今回は、「リーズナブルに楽しむ東京」がテーマ。物価が高いというイメージがある東京。たしかに、マスクメロンが2万円で売られていたり、その2倍の料金がかかる懐石料理店があったりする。会社の経費で落とせなくても……。東京は十分に楽しめる。今回は、低予算で東京を楽しむ方法を紹介する。 【デジタル版のダウンロードはこちらから】 特集では、無料で行ける文化や歴史的なスポットのほか、博物館や美術館、展望台、動物園など、タイムアウトらしい幅広い視点で「無料でできる30こと」を紹介する。 また、これらの無料の観光スポットを見学した後に行ける、1,000円以下で楽しめる都内のレストランについても特集。ここでは30カ所の安くおいしく食事ができるレストランを紹介している。 レギュラーページでは、パーティーを楽しみ過ぎて終電に乗り遅れた人のために、新宿や渋谷で始発を待つ間に役立つ過ごし方も。 Eating & Drinkingページでは、忘年会にも使える大人数のグループで行くのにぴったりな飲み放題や食べ放題のプランがある、タイムアウト東京スタッフおすすめの店を紹介。ウエストが伸び縮みするパンツを履いて、食事に備えよう。 そして、Shopping &Styleページでは、一味違う土産物を探している人向けに、最近増えてきたオリジナルグッズやオリジナルのカスタマイズができるショップを提案している。  ナイトライフページでは東京のショーパブを紹介。六本木金魚や黒鳥の湖など個性あふれるエンターテインメントショーを食事とともに楽しめる、おすすめの5件をピックアップした。 そのほか、三軒茶屋周辺ガイドや食パンカフェ、現代アートギャラリー、東京近郊のスキーリゾートなど冬に楽しめる情報も満載。タイムアウト東京マガジン25号は、都内の配布スポットにて無料で手に入れることができる。  仕様タイトル:タイムアウト東京マガジン第24号/Time Out Tokyo Magazine NO.24刊行業態:年4回季刊(次号は2019年12月)判型:A4変形、英語版76ページ価格:無料 主要配布場所空港羽田空港外国人観光案内所成田国際空港など 観光案内所東京観光情報センター都庁本部東急東京メトロ渋谷駅観光案内所渋谷区観光案内所銀座三越外国人観光案内所 浅草文化観光センター MOSHI MOSHI BOXなど ショップTSUTAYA TOKYO ROPPONGI紀伊國屋書店新宿本店タワーレコード渋谷店Books Kinokuniyya Tokyoなど レストランHUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗タイムアウトカフェ&ダイナーなど 宿泊施設マンダリンオリエンタル東京グランドハイアット東京ザ・ペニンシュラ東京ザ・リッツ・カールトン東京コンラッド東京など※配布は宿泊者対象タイムアウト東京マガジンの入手は以下URLから。 マップストア 広告についての問い合わせはこちら 表紙クレジット:スティーブ・ナカムラ(アートディレクター)

タイムアウト東京マガジン24号
Things to do

タイムアウト東京マガジン24号

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(24号)の配布が、9月30日に始まった。今回は、タイムアウト東京の10周年を記念した特別号。「乾杯」をテーマに、東京で行くべき「飲む」ヴェニューを特集している。 【デジタル版のダウンロードはこちらから】 紹介されているのは、ジャパニーズワイン、クラフトビールといったアルコールだけでなく、インディペンデントなコーヒーロースターや日本茶、抹茶が飲める店など、タイムアウトらしい幅広い視点でピックアップした「乾杯」スポットだ。 また、国産のクラフトジンの代表的なブランドについても特集。海外での人気も高まっている日本のジンについての入門編と言える内容となっている。 レギュラーページでは、アートがテーマのカフェ&バーや、飲めるレコード屋など、都内のユニークなヴェニューを紹介している。 Eating & Drinkingページでは、タイムアウト東京の英語チームスタッフが選んだおすすめ餃子屋を紹介。餃子の特集は日本語版のウェブサイトでもより細かい切り口で展開しているので、ぜひチェックしてみてほしい。 『タイムアウト東京マガジン』24号は、空港や観光案内所、都内のショップ、ホテルなどを中⼼に無料配布されるほか、電子書籍版のダウンロードも可能だ。 表紙クレジット:スティーブ・ナカムラ(アートディレクター)、塚田直寛(フォトグラファー) 仕様タイトル:タイムアウト東京マガジン第24号/Time Out Tokyo Magazine NO.24刊行業態:年4回季刊(次号は2019年12月)判型:A4変形、英語版76ページ価格:無料 主要配布場所空港羽田空港外国人観光案内所成田国際空港など 観光案内所東京観光情報センター都庁本部東急東京メトロ渋谷駅観光案内所渋谷区観光案内所銀座三越外国人観光案内所 浅草文化観光センター MOSHI MOSHI BOXなど ショップTSUTAYA TOKYO ROPPONGI紀伊國屋書店新宿本店タワーレコード渋谷店Books Kinokuniyya Tokyoなど レストランHUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗タイムアウトカフェ&ダイナーなど 宿泊施設マンダリンオリエンタル東京グランドハイアット東京ザ・ペニンシュラ東京ザ・リッツ・カールトン東京コンラッド東京など※配布は宿泊者対象タイムアウト東京マガジンの入手は以下URLから。 マップストア 広告についての問い合わせはこちら