タイムアウト東京ニュース

TOKYOITE - ニュース&カルチャーのデイリーガイド

かつてのドヤ街にオープンした大衆居酒屋、山谷酒場の魅力
ニュース

かつてのドヤ街にオープンした大衆居酒屋、山谷酒場の魅力

執筆:長谷川あや 写真:中村悠希 古くから、日雇い労働者の集まる簡易宿泊所(ドヤ宿)街として知られている山谷。漫画『あしたのジョー』で、主人公の矢吹丈が所属していたボクシングジムも、山谷の中心地である泪橋下にあったという設定だ。今、若い世代が集まってきているという山谷に、2018年9月、新たな酒場、山谷酒場がオープンした。 通りに面した壁側に並ぶ『山谷酒』ボトルキープの瓶 アルコール類は、甲類焼酎に10種のスパイスを漬け込んだ『山谷酒』のほか、『和山椒酒』『花山椒酒』『カルダモン酒』『珈琲酒』『梅酒』など自家製酒を用意(すべて500円)。思わず「端から全部くださーい」と、叫びたくなる。ビールは『サッポロ黒ラベル』(大瓶750円)のほか、海外のビールも豊富に揃えている。 フードは、『冷奴』『ハムカツ』『焼きそば』など居酒屋の定番から、『フィッシュアンドチップス』『キャロットケーキ』『納豆チーズトースト』など、「え、こんなメニューもあるの?」といったものまでバラエティ豊か。『特大プリンアラモード』(1週間前に要予約)という、パーティーメニューもある。魅力的なフードとアルコールメニューに、店のドアを開けた瞬間、酒好きの心がときめくことは間違いない。  「お酒をまったく飲まれない方もいらっしゃいます。帰るときに、『お酒が飲めなくて、すみません』と言う方もいるのですが、うちとしてはぜんぜん構わない。色々な方に、気軽に使ってもらえれば嬉しいです」と語るのは、オーナーの酒井秀之。 もともとは、西調布で楓という名前の喫茶店を営んでいた酒井。趣味の街歩きで下町の大衆酒場を巡っているうちに「日本近代化の象徴とも言うべき山谷に誰もが安心して飲みに来ることができる大衆酒場を作りたい」と考えるようになり、同店のオープンに至ったそうだ。 朝8時から10時までは、モーニング喫茶楓の名のもと、朝食の提供を行っているというのも面白い 喫茶店出身の酒井が手がける店とあり、トースト類も充実。トーストに、自家製の珈琲酒を合わせる人もいるそう 「スパイスの効いた自家製酒との相性を考慮した」というフードメニューは、どれもそそられる。素直に一押しを聞いたところ、『醤肉(ジャンルウ)』(600円)と『特製麻婆豆腐』(800円)を提案された。  数種類のスパイスが入った『特製麻婆豆腐』。「詳しいことは企業秘密」と酒井 『醤肉』は、日本では目にする機会が少ない台湾料理だ。運ばれてきた瞬間、八角の魅惑的な香りが漂ってくる。スパイスと醤油で煮込んだ豚肉を、白髪ネギを巻いて食べるのだが、これがまたスパイスの効いた酒に良く合う。酒好きにはもちろん、スパイス好きにとってもたまらない。 山谷という地名は、地図上にはもう存在しないが、「行ってはいけない街」と言われた、かつてのネガティブなイメージは今だに漂う。しかし、酒井は、あえて山谷という名前を店名に使用した。 「山谷は変化しています。かつてにぎわった商店街は、今やシャッター街となっていますが、若い人たちも移り住んで来ていますし、ギャラリーもできている。今後、近くに映画喫茶(泪橋ホール)もオープンします」 近所の人からは「よくぞ山谷の名前を残してくれた」と、声をかけられることもあるそうだ。 店の片隅には書棚も。置かれている本は、元吉原遊廓内にある遊廓専門の書店、カストリ書房のオーナーが同店のためにセレクトしたもので、購入も可能だ テーブルには、日暮里繊維街で購入したというフルー

あなたと相性の良い都市は?
Things to do

あなたと相性の良い都市は?

2018年に50周年を迎えたタイムアウト。これまで、ロンドンやロサンゼルス、テルアビブ、東京、メキシコシティなど、タイムアウトは世界中の都市の魅力を発信し続けてきた。 タイムアウト シティインデックス調査は、2016年より開始した読者アンケートだ。昨年は、タイムアウトが世界32ヶ国1万5000人を対象に行ない、東京の人々は夜遅くまで起きているにも関わらず、クラブやバー、音楽ライブなどにはあまり行かない傾向があることが明らかになった。 今年も、あなたの東京での生活を、タイムアウトに教えてほしい。住んでいる街の変化や、ディナーにおすすめのレストラン、一晩中踊り明かすのにベストな場所......。リアルな都市生活の実態を分析するため、都市を刺激的にするものは何なのかを明らかにしてみたい。 調査は完全に匿名で、回答は数分で終わる。アンケートの最後では、あなたが住むのに一番ふさわしい世界の都市も知ることができる。実施は2019年2月7日(木)より アンケートページはこちら 関連記事『夜ふかしするが遊ばない。クスリもやらない。東京人のカルチャーライフが判明』

タイムアウト東京英語版、1月人気ヴェニューランキング発表
Things to do

タイムアウト東京英語版、1月人気ヴェニューランキング発表

日本語と英語で東京の最新情報を紹介しているタイムアウト東京。定番の観光地や新着イベント、ニューオープン情報、映画レビュー、インタビューなど内容は多岐にわたる。この記事では、英語版ウェブサイトに掲載されているレストランやショップ、ホテルなどのヴェニューに焦点を絞り、2018年1月の人気記事を紹介。

2月オープンの注目ヴェニュー5選

2月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報を毎月紹介。今月は、ダンデライオンチョコレートの初のコンセプトショップや、山谷にオープンする映画喫茶、星野やのミレニアル世代をターゲットにしたホテルなど、ユニークなヴェニューが続々とオープンする。

ピクセルアートで渋谷を彩ろう、コンテストの応募がスタート
アート

ピクセルアートで渋谷を彩ろう、コンテストの応募がスタート

ピクセルアートの作品展示を行うイベント『シブヤピクセルアートコンテスト』が、今年も開催される。それに先立ち、作品の募集が2月1日よりスタートした。応募の締め切りは、2019年3月31日(日)24時までだ。 シブヤピクセルアートコンテストは、世界最大級のピクセルアートコンテスト&フェスティバル。今年のテーマは、「シブヤ」「時代」「人間」「妖怪」「お祭り」の4つ。応募するのは、いずれかのテーマに合わせた作品、もしくは、複数のテーマを組み合わせた作品とすることが条件となっている。 国籍や年齢、性別、団体、個人などは問わず、Twitterもしくは、Instagramのアカウントさえあれば、世界中どこからでも応募が可能だ。シブヤピクセルアートの公式アカウント(TwitterまたはInstagram)をフォローして、自身が制作したイラストやアニメ、写真などに「#shibuyapixelart2019」のハッシュタグと「作品タイトル」を付けて投稿すれば、応募は完了。簡単だ。 昨年の最優秀賞作品 (Pixel Art) by Zennyan 結果発表は、5月上旬~中旬を予定。渋谷駅周辺(予定)で行われるイベント『Shibuya Pixel Art Graffiti(仮)』で受賞者は作品を展示されるほか、2019年9月に行われる関連イベント『Shibuya Pixel Art 2019』への参加や、同月に発売予定の『ピクセルアーティストコレクションブック』に作品が掲載される。  協賛には、「様々なプロダクトやサービスの根幹にクリエーターやアーティストが深く関わることで、世界中に沢山のデライト(喜び・楽しみ)を届け続ける」 ことを掲げる、ディー・エヌ・エー(DeNA)社などから、多くの賛同とサポートを得ている。 『Shibuya Pixel Art 2019』の詳しい情報はこちら

「池袋でしかできない55のこと」簡体字版、韓国語版をリリース
Things to do

「池袋でしかできない55のこと」簡体字版、韓国語版をリリース

2016年2月に創刊されたガイドマップ 「池袋でしかできない55のこと」が、簡体字版、韓国語版としてリニューアル。表紙デザインや掲載ヴェニューも一新してリリースされた。 紙面では池袋駅周辺のほか、JR目白駅、大塚駅、巣鴨駅、駒込駅といった豊島区内の人気エリアを網羅。レストランやカフェ、バー、ショッピング、エンターテインメント、カルチャー、ナイトライフなど様々なジャンルから、厳選した55軒のヴェニューを紹介している。 表紙デザインのモチーフとなっているのは、2019年に施設の一部が先行オープンし、2020年にグランドオープン予定の再開発エリア「Hareza池袋」。劇場やホール、映画館、インターネット放送スタジオなどの施設が入る新名所だ。同所の開発にあわせて中池袋公園もリニューアルし、新たな憩いの場が誕生する。劇場の街として進化する、池袋の未来を象徴する光景だ。 それでは、今回新たに登場したヴェニューから一部を紹介しよう。 Hareza池袋建設予定地のすぐ近く、シャビーな外観に好奇心をそそられる馬車にのったモッツアレラは、知るひとぞ知る老舗イタリアン。家庭的で居心地の良い雰囲気だが、味は本格派だ。 雑司が谷の鬼子母神近くにあるアトリエ ジムル(atelier Geaml)は、リングやピアス、ブレスレットの店頭販売のほかに、フルオーダーのエンゲージリングを制作しているジュエリー工房。世代を選ばないシンプルで洗練されたデザインが魅力だ。 大塚の名店、高勢は1963年創業の寿司屋だ。毎朝豊洲市場で仕入れてくる最上級のネタと、ふわふわのシャリが合わさった絶品江戸前寿司が堪能できる。 前号から紹介している古着屋ユーモア(humor)に続いて、巣鴨の新たなカルチャースポットとして紹介したいのが、アートスペースのXYZコレクティブ/4649。気鋭の日本人アーティストがディレクションを行なっており、国内外を問わないアーティストの展覧会を開催している。 マップでは、ここで紹介したもののほかにも、沢山の「行くべき」ヴェニューを紹介している。価格は無料。豊島区内公共施設のほか、都内の観光案内所や主要ホテル、駅、空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで配布される。

タイムアウト東京×日経新聞「日経マガジンFUTURECITY」が刊行
Things to do

タイムアウト東京×日経新聞「日経マガジンFUTURECITY」が刊行

タイムアウト東京と日本経済新聞社クロスメディア営業局が共同制作した『日経マガジンFUTURECITY』の第4号が、1月31日に刊行された。同日付の日本経済新聞朝刊に挟み込まれ、一部地域の読者のもとに届けられる。 第4号の特集は「東京をひらく8の条件」。いよいよ来年に東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、世界中から人を迎える東京には、多様性に富み、あらゆる人にひらかれた街であることが求められる。 特集では、そうした街であるための「8の条件」として、有識者らとともに「新しいことをはじめたくなる、チャレンジを応援する街」や「互いに支え合える信頼できるコミュニティがある街」などの条件を導き出し、一般にその浸透度の実感を問うグローバルなアンケート調査を実施。都知事の小池百合子、日本経済新聞社 編集委員の田中陽、アソビジョン代表取締役の國友尚ら3人の識者へのインタビューでは、それぞれが必要となる要素について考えを提示した。そのほか、選手村の跡地にできる「HARUMI FLAG」の未来構想を示した取材記事や、東京のオープン化をけん引する最新事情をまとめたレギュラーコンテンツなど、「OPEN TOKYO」を推進する動きを紹介している。

900円でミシュランスターをすすろう、新宿のラーメン店が星を獲得
ニュース

900円でミシュランスターをすすろう、新宿のラーメン店が星を獲得

東京のミシュランスター付きレストランといえば、寿司やフレンチ、懐石、焼き鳥がほとんど。しかし、ラーメンは少し評価が難しいカテゴリーのようだ。2007年の『ミシュランガイド東京版』以来、ビブグルマンを得ているラーメン店は多くあるのに、星を得た店は2015年までなかった。 2015年、巣鴨の小さなラーメン店ジャパニーズ ソバ ヌードル 蔦が、世界で初めてミシュラン一つ星を獲得。歴史的快挙を成し遂げた。鳴龍がこの後に続き、担々麺で2017年に一つ星を獲得している。 そして今年、栄誉ある格付けに、仲間入りを果たしたラーメン店がある。新宿の路地裏にひっそりと店を構える、ソバハウス 金色不如帰(こんじきほととぎす)だ。同店は、『ミシュランガイド2019』に掲載されている、新しく一つ星を獲得した29のレストランのうちのひとつ。世界で3軒目の一つ星を獲得したラーメン店でもある。 View this post on Instagram 明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年も変わらずスタッフ一同努力して参りますので、何卒宜しくお願い致します。 Hototogisu Sobahouseさん(@hototogisusobahouse)がシェアした投稿 - 2018年12月月31日午後9時30分PST 名物の『醤油そば』は、3種の出汁にこだわったラーメン。ブタの骨からとった透明な出汁を、和風だしとハマグリの出汁でブレンドしている。最後に、ポルチーニのオイルとそれをから炒りした自家製フレークが加えられ、大胆な旨味を感じる逸品である。 編集部がすすめたいのは『塩そば』。ベースのスープに2種類の塩(モンゴル岩塩と沖縄海塩)を組み合わせており、これがハマグリとマダイのスープの甘みを完璧に引き立てている。 イタリア産の白トリュフオイル、ポルチーニのデュクセル、パンチェッタのベーコンビッツ、そしてインカベリーソースで仕上げた同店の『塩そば』は、味全体に深みがあり、夢中になってスープを最後の一滴まで平らげてしまった。 英語の説明シートもあるため、海外の知り合いにもすすめやすい 店内には、カウンター7席しかない。今月何度か足を運んだ経験から考えると、行列に並ばずに入れる日の方が少ないだろう。しかし、暖かい服を着込んで辛抱強く待つ価値はある。なにしろ、ミシュランのクオリティをもつこのラーメンは、たった900円で味わえるのだから。 ソバハウス 金色不如帰の公式サイトはこちら 関連記事『東京で楽しむ、手頃価格のミシュランレストラン』

10連休はロンドンへ、カムデンのトイレにバーがオープン
ニュース

10連休はロンドンへ、カムデンのトイレにバーがオープン

タイムアウトロンドンからユニークなバーの最新情報を届けよう。 ロンドンで、気軽に飲めるおすすめの場所といえば、ケンティッシュ・タウンの地下にある、かつての公衆トイレをバーにした、レディース&ジェントルメン(Ladies & Gentlemen)なのだが、どうやら姉妹店がオープンしたようだ。 レディース&ジェントルメンは、風変わりなドリンクと独特のサービスが有名なカクテルバーで、店内にジンの蒸留所も併設されている。オーナーは、ウィリアム・ボレル(William Borrell)。ボレルは、2010年に『ヴェスタル ウォッカ(Vestal Vodka)』を立ち上げた人物でもある。  レディース&ジェントルメン 2019年1月16日にオープンし、話題となっている姉妹店エル&ジーカムデン(L&Gcamden)は、カムデン・ロード駅のすぐ隣の場所にある。かつてのビクトリア朝のトイレを改装した店内は、地下のくつろげるスペース45席と、美味いドリンクを揃えている。 View this post on Instagram AND WE’RE OPEN!!!! #l&gcamden #worldsbestbars #londonbars #cocktails #BarInALoo #APublicInconvenience #ladiesandgentsbar Ladies and Gentlemenさん(@ladiesandgentlemenbar)がシェアした投稿 - 2019年 1月月16日午前10時42分PST 今年のゴールデンウイークは10連休。ロンドン旅行の計画を立てているなら、ぜひ「やることリスト」に入れてほしい1件だ。また、少し変わったバーを探しているなら『The best quirky bars in public toilets in London』もチェックしてみよう。 原文はこちら

トラの面を被った新聞配達員、新宿タイガーのドキュメンタリーが公開
ニュース

トラの面を被った新聞配達員、新宿タイガーのドキュメンタリーが公開

新宿の街で、トラの面とピンク色のファー、そして派手な衣装をまとった人物を見かけたことがあるだろうか。彼の名は、通称「新宿タイガー」。知る人ぞ知る新宿のシンボル的存在だ。 そんな彼に迫ったドキュメンタリー映画『新宿タイガー』が、2019年3月22日(金)に公開される。タイガーの正体は、新宿に出没する新聞配達員の男性。1972年(24歳の時)に、トレードマークの面と出会って以来、この姿で配達をしているのだ。 新宿タイガー(タイムアウト東京マガジン3号より) 本作では、死ぬまでタイガーとして生きることを決意した経緯を紹介するとともに、彼を通して新宿という街の魅力に迫る。また、タイガーが働いている新聞販売店の店員や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したタワーレコード新宿店の関係者、ゴールデン街に店を構える店主たちがタイガーについて語る場面も。ナレーションは女優の寺島しのぶが担当し、劇中には八嶋智人や渋川清彦、睡蓮みどりらも登場する。 タイガーについて気になってきたのなら、タイムアウト東京が2016年に行ったインタビュー『ローカルレジェンド#3 新宿タイガー』も合わせて読んでみてほしい。 映画『新宿タイガー』は、2019年3月22日(金)よりテアトル新宿ほか全国で順次公開。 公式サイトはこちら

もっとみる