THINGS TO DO

東京で注目の話題、イベント情報

東京、ナイトプール2018
ナイトライフ

東京、ナイトプール2018

今年の水着の準備はできているだろうか。去年の水着でも、ダイエットが間に合っていなくてもナイトプールならハードルが下がるのでは。女性は、日焼けも多少のメイク崩れも気にする必要もない。カクテル片手に大人がはしゃげる新しい遊び場として注目されており、ナイトプールを営業する施設も増えている。例年より梅雨が早く明け、今年の夏は長くなりそうだ。熱帯夜を最大限に楽しむ、最高の遊び場に繰り出してみては。男性陣は、サングラスという武器は無意味になることだけ頭にいれておこう。

東京、初心者のためのボルダリングスポット
スポーツ

東京、初心者のためのボルダリングスポット

ボルダリングとは、ロープなどの特別な器具を使わないクライミングのこと。もともとはフリークライミングの練習として始まったものだが、特別な器具を必要とせず、手軽にできることから人気を博し、今ではひとつのジャンルとなっている。最近は専用のジムも増え、一度は経験したことがあるという人も多いのではないだろうか。腕力がものを言うスポーツだと思いがちだが、実はバランス感覚や、頭も使う、奥の深いスポーツ。東京都内にある初心者に優しいボルダリングができる施設を紹介する。お気に入りのスポットを見つけ、楽しく心身を鍛えよう。

今週しかできないこと
Things to do

今週しかできないこと

タイムアウト東京が注目する今週開催の展覧会やギグ、パーティーなどを紹介

東京周辺、ベストビーチ
Things to do

東京周辺、ベストビーチ

ビーチ好きなら、おそらく東京近郊のシーサイドスポットは既に訪れているだろう。しかし、大混雑でゴミも目立つ逗子や鎌倉、江の島以外にも、いくつかのオプションがあるのを忘れてはならない。少し離れてしまうが、景色はより素晴らしい。時間に余裕があるなら、このガイドを使って、週末旅行をしてみよう。腹が減らないように、途中で弁当を買うのも忘れないように。東京在住ライターのウィリアム・ブラッドベリーとタイムアウト東京編集部が選ぶビーチを、おすすめの宿泊先と、道中に食べたい駅弁も合わせて紹介する。

タイムアウト東京英語版、7月人気ヴェニューランキング発表。ついに1位が交代
ニュース

タイムアウト東京英語版、7月人気ヴェニューランキング発表。ついに1位が交代

日本語と英語両方で東京の最新情報を紹介しているタイムアウト東京。定番の観光地や新着イベント、ニューオープン情報、映画レビュー、インタビューなど内容は多岐にわたる。この記事では、英語版ウェブサイトに掲載されているレストランやショップ、ホテル、公園などのヴェニューに焦点を絞り、2018年7月の人気記事を紹介。タイムアウト東京の外国人スタッフの解説とともに、上位20記事を見ていく。英語版の主な読者は外国人のため、ランキングは、東京を訪れる外国人がどこに注目しているかを示していると捉えていいだろう。7月は、11ヶ月連続1位だった、秋葉原の大人のデパート エムズがついにその座から陥落した。 以下が20〜11位。 20. カワイイ モンスターカフェ(kawaii monster cafe) 19. てまりのおしろ(temari no oshiro cat café) 18. 東京都美術館(tokyo metropolitan art museum) 17. ブンブンブラウカフェウィズビーハイブ(bumbunblaucafe with beehive) ※New! 16. カキモリ 蔵前(kakimori) ※New! 15. オニバスコーヒー 中目黒店(onibus coffee nakameguro) 14. エニウェアドア(anywhere door) 13. 等々力渓谷公園(todoroki valley) 12. スニーカーショップ スキット 東京・吉祥寺店(sneaker shop skit tokyo kichijoji) 11. 瑞雪(zuisetsu) ※New! 16位のカキモリ 蔵前はトップ20に初登場。表紙や中紙を選べる「オーダーノート」が看板商品で、カナダ出身エディターのケイラ・イマダは「カスタマイズできる文房具なんて、ほかではあまり聞いたことがない」と驚き顔で語る。 16位に登場したカキモリ 蔵前   17位に登場したブンブンブラウカフェウィズビーハイブは、旗の台にあるエステサロン併設のレストラン。夏のかき氷メニューが評判で、タイムアウト東京の外国人エディターたちが「人生を変える味だ」と大興奮する人気店だ。イマダは、「特に『イチゴエスプーマソース』は、信じられないくらいおいしい衝撃的な一品」とべた褒め。クアラルンプール出身の編集長リム・チーワも「ほかの店の追随を許さないおいしさ」と同意していた。店主の斉藤直樹は、元々はサーフボードの板を削る職人。彼が作り上げる至極の味を求め、毎日大勢の人が押しかけている。「絶対に行かなきゃダメ」(イマダ)だそうだ。 ブンブンブラウカフェウィズビーハイブ 11位の瑞雪も初登場。梅が丘駅近くの中華料理店で、2015年から4年連続でミシュラン一ツ星を獲得している。リムは「ランチセットがリーズナブルで、しっかりした広東料理の味を楽しめる」と、魅力を説明する。ディナーはそこそこ値は張るが、ランチは1,200円から食べられるので一度のぞいてみてほしい。 続いて10〜1位。 10.バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯(niwa no yu) 9. 国立西洋美術館(the national museum of western art) 8. テンガショップ 渋谷(tenga shop shibuya)

今日しかできないこと

エディターズ・ピック

東京のプール 公共施設2018
Things to do

東京のプール 公共施設2018

プールで泳ぐのが気持ち良い季節がやってくる。豪華なプールも捨てがたいが、ここでは安く、手軽に利用できる公共施設を紹介する。温水プールはもちろんだが、夏季限定で登場する屋外プールも続々とオープンするので、太陽を浴びながら泳ぐのもいいだろう。大会にも使用される競技用プールやレジャープール、幼児用プールを併設した施設など様々な種類があるので、用途に合わせて利用してほしい。

東京、ルーフトップバー10選
ナイトライフ

東京、ルーフトップバー10選

 屋外で酒を飲むのに気持ちが良い季節がやってきた。この特集では、都心にあるテラス席で美しい夜景を眺めながら美味しいカクテルが味わえるラグジュアリーなバーから、秘密基地のような隠れた名店を紹介する。日々の喧騒から逃れ、落ち着いた一夜を屋上で過ごしてほしい。

東京、タトゥーフレンドリーな銭湯
Things to do

東京、タトゥーフレンドリーな銭湯

極道者の象徴というカビの生えたイメージがいまだ残るためか、タトゥーや刺青(いれずみ)は、日本の温浴施設では風紀を理由に排斥されがちだ。観光庁が公式サイト上で「外国人旅行者が急増する中、入れ墨がある外国人旅行者と入浴施設の相互の摩擦を避けられるよう促していく必要がある」と呼びかけるなど、対応改善に向かう風潮はあるものの、同庁が2015年に行った全国のホテル・旅館約3800施設を対象にした調査では、過半数の施設が「入れ墨がある方に対する入浴について お断りをしている」と回答している。温泉施設やスーパー銭湯などの大きな店では壁はまだまだ厚いものの、銭湯では比較的寛容な店が多い。普段から肩身の狭い思いをしてる人々のために、タトゥー・刺青OKな都内の銭湯を紹介する。なお、公式にOKとしている店でも、大勢での来店は断っているところは多いので、配慮が必要だ。

夜の東京ガイド
ナイトライフ

夜の東京ガイド

東京で最高の夜を過ごしたいのならば、ありとあらゆる情報を手に入れておくことが必要だ。ここでは、ロマンチックに過ごせるバーや、絶品料理が味わえるレストラン、水辺の隠れ家、セクシーな看板猫がいる店など、様々な角度から東京の夜を紹介する。友人や同僚と訪ねたり、デートの際に利用したい店も多数紹介。最高の夜を演出するべく、ぜひ参考にしてみてほしい。

東京、ビアガーデン2018
Things to do

東京、ビアガーデン2018

夏の風物詩として愛されるビアガーデンは、1875年に横浜は山手で初めて現在のような形態で行われ、1953年には大阪で屋上ビアガーデンが誕生した。近年は、バーベキュースタイルをとるものや、世界各国の料理が楽しめるものなど趣向を凝らしたビアガーデンが数多く存在しており、どこに行けばいいのかと迷うこともあるだろう。リストでは、ビールフェスティバルを含む、バラエティ豊かなビアガーデンを紹介する。

平日も楽しめる、渋谷のDJバー
ナイトライフ

平日も楽しめる、渋谷のDJバー

多種多様な人が集まる東京の夜は、たくさんの選択肢がある。ふと、いい音楽を聴きながら酒を愉しみたいと思った日には、DJバーに行こう。どんな夜を過ごしたいかは人それぞれ。特集では平日もDJがターンテーブルに盤を乗せ、オーディエンスを盛り上げている店や、店主が密かにセレクトする音楽とともにしっとりと飲める店など、渋谷界隈(かいわい)の名店を紹介する。

子どもと一緒に

「ニンジャバットマン」について知っておくべき10のこと
ニュース

「ニンジャバットマン」について知っておくべき10のこと

長編アニメーション映画「ニンジャバットマン」が、6月15日から全国で上映される。同作は、近年のアメコミの映画化作品の中でも、公開が最も熱望されている映画の1つと言えるだろう。なぜファンがこれほどまでに興奮しているかが理解できない人たちのために、簡単に作品について説明しよう。 1. 「ニンジャバットマン」は、バットマンが、ゴッサム・シティから戦国時代の日本に送られてしまう設定だ。悪と戦う未来のヒーローと、日本の豊かで象徴的な時代の2つを並べることで、記憶に残るアクションシーンを生み出している。 2.トレーラー(上)は、世界の漫画雑誌コミュニティに衝撃を与えた。観る者を魅了する硬派な雰囲気の映像が、世界中のファンに歓迎された。  3. このバットマンの最新物語は、アニメ業界の最高の才能を有するチームが生み出している。監督の水崎淳平は、アニメシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」のプロデューサーだったし、キャラクターデザインを担当する岡崎能士は、ヒット作「アフロサムライ」で有名だ。脚本の中島かずきは、かなりシュールながら評価を集めるアクションアニメ「キルラキル」の脚本を務めた。 4. 映画はすでにアメリカで公開されているが、脚本を大幅に改訂した結果、大きく異なる2つのバージョンが存在することになった。アメリカ版の脚本を手がけたレオ・チューとエリック・ガルシアは、アメリカ向けにするために、オリジナルの脚本(中島かずき)は大幅な変更が必要と感じたのだ。 5. 日本版の公開作品は、視覚的なストーリー展開に依存しているようだ。というのも、オリジナルの脚本は6ページほどしかないらしい。何人かの映画ファンにとってはマイナス要素かもしれないが、アクションとイメージを中心とした、ある程度バットマンコミックらしい表現をするためには必要なことだ。 6. 熱心なアニメファンは、日本語版の声優が誰かすぐ気づくだろう。バットマンを演じる「やまちゃん」こと山寺宏一は、「カウボーイビバップ」のスパイク・スピーゲルの声を担当した。ジョーカーを演じる高木渉は、「GTO」の鬼塚英吉役だった。 7. 1966年、アダム・ウェストが声優のテレビシリーズ「バットマン」が日本で放映され、バットマンフィーバーが日本を席巻した。これを受け、伝説の漫画出版社の少年画報社は、DCコミックの完全な同意を得て、バットマンシリーズを出版する権利を手にした。 8. それ以来、日本のバットマン愛は続いている。2014年には、自分自身を「千葉ットマン」と称するヒーロー動画(上)が一世を風靡(ふうび)した。昼は溶接工、夜はヒーローになるこの男性は、2011年の東日本大震災後、人々を元気にするためにヒーローのコスプレを始めた。カスタム3輪「チバットポッド」を駆使して千葉県をパトロールして、子どもたちを魅了し、地元住民に笑顔を届けている。 9. これまでも、日本人作家はバットマンの物語を描いてきた。麻宮騎亜の「バットマン チャイルド・オブ・ドリームス(BATMAN CHILD OF DREAMS)」と、夏目義徳の「バットマン~デス マスク~」の2つが代表作だ。 10. 85分という短い上映時間の「ニンジャバットマン」は、長い歴史を

アシックス キッズ 銀座
ショッピング

アシックス キッズ 銀座

アシックスの初の子ども靴専門店。子ども特有の足の動きや骨格の研究を重ねて作られた、妥協のない靴を販売している。同店には、子どもの足や動作についての研修を受けた専門スタッフが常駐しているほか、独自開発の足形計測システムも導入(予約制)。それぞれの足の形や成長に合わせた、ベストな一足に出会えることだろう。取り扱うサイズは、歩き始めの赤ちゃんから小学生高学年あたりまで。

ヤマシロヤ
ショッピング

ヤマシロヤ

上野駅中央口すぐの場所にある大型玩具店。『ナノブロックプラス』などの子ども向けの玩具はもちろん、iPhoneアクセサリーや話題の雑貨も取り扱っており、大人も楽しめるヴェニューとなっている。1階にあるパンダコーナーも充実してるので、土産探しのコースに加えてみるのもいいだろう。 特集記事 上野で買う、パンダ土産 15選

三鷹市 星と森と絵本の家
子どもと一緒に

三鷹市 星と森と絵本の家

国立天文台にある、無料のコミュニティ施設。敷地の森に佇む、大正時代に天文台高官の官舎として建てられた趣ある家屋を利用し、絵本の展示や絵本を楽しめるスペースとして開放されている。館内では子ども向けに様々なものづくりや絵本にまつわるワークショップ企画が催されているので、こちらも要チェックだ。大人は敷地内に点在する展望台や望遠鏡、歴史館などを散歩しながら、宇宙の彼方に思いを馳せてみるも良い。

その他の子どもと一緒に行きたいイベントはこちら

世界目線で考える。アーカイブス

恵比寿の夜を巡るツアーをレポート。世界目線で考える。#アタラシイ時間編
ニュース

恵比寿の夜を巡るツアーをレポート。世界目線で考える。#アタラシイ時間編

タイムアウト東京のトークイベント『世界目線で考える。』が7月24日(火)、タイムアウトカフェ&ダイナーで、ハフポスト日本版との共催で開催された。今回は、夜の恵比寿を巡ったのちに、トークイベントが行われた。ここでは、ナイトツアーの様子を写真とともに振り返る。 ナイトツアーは、クラブ文化やナイトライフなどについて考えるという目的で開催。当日は、事前の抽選で選ばれた来場者と、登壇者のソニー・ミュージックエンタテインメントのローレン・ローズ・コーカー、弁護士の齋藤貴弘、ハフポスト学生記者の浅田奈穂、タイムアウト東京代表の伏谷博之とともに、恵比寿にあるバーとスナックを巡った。   店へと向かう参加者たち まず最初に向かったのは、恵比寿の明治通り沿いにあるオリエンタルダイナーイガオ。種類豊富な薬膳酒が揃い、夜遊び開始前にぴったりの店。店主の友人や知り合いのローカルアーティストの作品が並び、不定期に展示のオープニングやDJイベントなども行われている、カジュアルに使え、刺激ももらえる店だ。 今年も野外フェスティバル『rural(ルーラル)』で、メインバーに出店していたイガオ。「すっかり焼けた」と、店主の功 イガオのおすすめは薬膳酒。生薬を酒に漬け込んでおり、エナジードリンク的な作用もあるので1杯目にぴったり。 次に向かったのは、恵比寿で40年以上営業する老舗スナックのミッキー。入り口に到着すると参加者からは「初めてだったら入りづらい」「スナックは初めて!」などの声が挙がった。  ミッキーに到着。雑居ビルの2階に位置し、広々とした店だ。外国人や若者の客も多く、週末は遅い時間から混み始める。 店主のミッキー。最近、Instagramを始めたそう。@micky_ebisu でチェック 酒も入り、盛り上がってきたところでカラオケタイムがスタートした。シャボン玉が自動で飛び出す仕掛けに一同感動。「インスタ映えする!」 「スナックははじめてだったけど、また来たい」と和やかな雰囲気でツアーは締めくくられた。 シャボン玉が飛び交う店内  

若者はクラブに行きづらい?東京の夜遊び方法を考える
ナイトライフ

若者はクラブに行きづらい?東京の夜遊び方法を考える

夜の遊び方が分からない…。 深夜12時以降のクラブ営業を禁止していた風営法が改正され、ナイトタイムエコノミー(夜の経済)の可能性にも注目が集まるようになった一方で、そんな戸惑いの声が若い世代を中心に上がっている。 クラブ文化やナイトライフのあり方について再考するイベント『世界目線で考える。#アタラシイ時間編』がこのほど、恵比寿で開かれた。トークイベント『世界目線で考える。』を定期開催するタイムアウト東京と、新たなライフスタイルの啓蒙キャンペーン『アタラシイ時間』を行なっているハフポスト日本版が共同で開催した。 ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎が司会を務め、ソニー・ミュージックエンタテインメントのローレン・ローズ・コーカー、弁護士の齋藤貴弘、タイムアウト東京代表の伏谷博之が登壇。ハフポスト学生記者の浅田奈穂が若者世代を代表し、登壇者にナイトカルチャーに関する様々な疑問を投げかける形で行われた。

多様性時代の新潮流、メタ観光について考える
トラベル

多様性時代の新潮流、メタ観光について考える

毎回多彩なゲストを迎え、様々なテーマで意見を交わすタイムアウト東京主催のトークイベント『世界目線で考える』がこのほど、恵比寿のタイムアウトカフェ&ダイナーで開催された。今回は、映画やアニメなど現実にはないものを観光のひとつの目的とする「メタ観光」がテーマ。登壇したのは、メタ観光の提唱者であるトリップアドバイザー代表取締役の牧野友衛、KADOKAWA 2021年室エグゼクティブプロデューサー担当部長の玉置泰紀、タイムアウト東京代表取締役の伏谷博之の3人と、スペシャルゲストにアソビジョン代表取締役で慶應義塾大学研究員の國友尚だ。

リアルな声と考える台湾進出の鍵
Things to do

リアルな声と考える台湾進出の鍵

毎回多彩なゲストを迎え、様々なテーマで意見を交わすタイムアウト東京主催のトークイベント『世界目線で考える』。過去3回の開催も大好評だった台湾編の第4弾が2月28日、恵比寿のタイムアウトカフェ&ダイナーで開催された。今回は、FUJIN TREE GROUPのCEO(執行長)の小路輔を講師に迎え、「台湾進出で失敗しないためにはどうすれば良いのか」というテーマで、熱いトークが繰り広げられた。小路輔(こうじ たすく) プロフィールFUJIN TREE GROUP CEO / 執行長1979年埼玉県生まれ。2002年よりJTBグループでインバウンドやビジットジャパン関連の業務に従事する。2012年よりスタートトゥデイにてZOZOTOWN・WEARの海外事業を手掛ける。観光庁「VISIT JAPAN! VISIT ZOZOTOWN!(官民連携事業)」などを実施。経産省「越境電子商取引(越境EC)連絡会議」などに参画する。2014年にFUJIN TREE TOKYOを設立するともに、FUJIN TREE GROUPのCEO(執行長)に就任。台湾最大級の台日カルチャーイベント『Culture & Art Book Fair』『Culture & Coffee Festival』をオーガナイズするなど、日本と台湾のカルチャーやライフスタイルの交流をテーマに活動中。2016年、台北市富錦街における「地域・コミュニティづくり」でグッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」を受賞

世界目線で考える。レトロスペクティブ