ご近所ガイド

東京の注目エリアガイド

神田須田町、ご近所ガイド
Things to do

神田須田町、ご近所ガイド

アニメと電気製品の街・秋葉原から川を渡ると、江戸情緒あふれる神田須田町が広がる。第二次世界大戦の戦火を奇跡的に逃れた木造入母屋造りの老舗が並び、まるで時代劇の世界に入り込んだような感覚になれる地域だ。創業からの味を守る料理店や、職人の手わざが光る専門店が多く、都内の中でも異色を放つ。歴史あふれる神田須田町を紹介する。

夜の門前仲町ガイド
Things to do

夜の門前仲町ガイド

夜の門前仲町は面白い。江戸時代からの情緒が残るこの下町は、富岡八幡宮や深川不動尊など寺社があることから、昼間は家族連れや観光客で賑わっている。一方、夜になれば、小道に並ぶ無数の居酒屋やバー、小料理屋に明かりが灯り、昼とは違う顔を見せる。良心的な価格で旨い酒や料理が味わえる店が多いことが特徴的で、酒やグルメ好きが集っている。特集では、夕方からのはしごに最適なスポットを紹介する。

蔵前、ご近所ガイド
Things to do

蔵前、ご近所ガイド

浅草と浅草橋のほぼ中間にある蔵前は、かつては江戸幕府の御米蔵が並び、吉原や芝居小屋などに通い慣れた粋人が多く住んだ街。隅田川に平行する江戸通りを中心に玩具や花火の問屋が並び、現在は昔ながらの職人や老舗メーカーに加え、多くの若手作家がアトリエとショップを構える。特にここ数年は「丁寧に作られた質の良さ」や「人と人のコミュニケーション」などを重視する若手店主の面白い店も増えてきた。新しいコーヒー文化の息吹も気になるところ。東エリアでコーヒーと言えば、清澄白河を思い浮かべる人が多いだろうが、この街でも上質なエスプレッソとハンドドリップを味わえる場所が増えている。そんな蔵前の今を感じさせる旬の店から、この地で長く愛されてきた老舗まで、散策にぴったりのヴェニューを紹介する。

原宿でしかできない50のこと
Things to do

原宿でしかできない50のこと

ロリータからきゃりーぱみゅぱみゅ、パンケーキブーム(またの名を行列ブーム)まで、ファッションや食べ物などジャンルレスに流行を生み出してきた原宿。巨大ディベロッパーによる開発が嘆かれながらも、相変わらずこの街は個性的なスポットがひしめき合っている。中央を走る明治通りを1本入れば、原宿キッズたちの息遣いが聞こえてくるだろう。古着屋から新進のセレクトショップ、食べ歩きスポット、居酒屋まで。原宿の最先端を紹介する。

高円寺でしかできない50のこと
Things to do

高円寺でしかできない50のこと

東京の23区の中でも特に個性的な区として名高い杉並区。「アニメタウン」としても知られ、ガンダムの生みの親、サンライズ社をはじめとする約70の制作スタジオを有している。杉並アニメーションミュージアムの存在は、アニメ産業が区の経済の柱を担っていることの証だ。また、商店街に活気があるのもこの区の特徴。多くの駅前にそれぞれ独特の色合いと雰囲気を持った商店街が存在している。本ガイドではクールな高円寺を中心に、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪の面白いヴェニューを紹介。まずは各エリアの概要から見てみよう。 高円寺:アングラウンドな音楽シーンとヒップな飲食店やバーが立ち並ぶことで有名なエリア。8月に開催される阿波踊りの祭りは東京一。1年を通して「東京で最もクールな界隈」と自称している。 阿佐ヶ谷:カウンターカルチャーが花開いた60年代以降、様々なサブカルチャーのコミュニティがこの街を本拠地として選んできた。現在は多くのアニメスタジオが集まることで知られる。毎年ジャズフェスティバルが開催されるなど、洗練されたエンターテイメントシーンでも名高いエリア。 荻窪:東京でラーメンツアーをやるなら、このエリアを見落とすわけにはいかない。東京で最高のラーメン店のいくつかがこの街に店を構えている。歴史と文化の街としても知られ、大正から昭和にかけて多くの文化人たちに愛された。 西荻窪:杉並区の西の端に位置するこの静かな街では、風変わりな古道具店やスローな喫茶店、高級マンション、安い居酒屋などが奇妙に同居し、探索に飽きることがない。 

注目エリア:西荻窪

えんツコ堂 製パン
ショッピング

えんツコ堂 製パン

西荻窪駅北口から徒歩5分ほどのところに店を構える夫婦で営むベーカリー。『ぶどうパン』や『シナモンロール』、『バゲット』、『はるゆたか食パン』など、店内には北海道小麦100%の様々なパンが並ぶが、なかでも一押しなのが、ハリネズミの姿をした『西荻ハリーくん』だ。生地のなかに包まれているベルギーチョコチップが決して甘すぎず、見た目とは裏腹に意外と大人味の一品。あまりにも愛らしいそのルックスに食べるのをためらってしまうが、一度味わったらきっと虜になってしまうことだろう。また、店内にはソムリエの資格を持つ店主おすすめのワインも並んでいるので、ぜひパンとあわせてチェックしてみてほしい。なお、同店はパンが売り切れ次第クローズ。土曜日、日曜日は15時から16時ごろに売り切れてしまうこともあるので、足を運ぶ際は注意してほしい。 関連記事 『西荻窪、ご近所ガイド』

みずのそら
アート

みずのそら

西荻窪駅北へ、善福寺川を越えて5分ほどの住宅街にひっそりと佇む一軒家を使用したギャラリー。みずのそらという名前の通り、まさにここは水を囲むギャラリーで、庭に設けられている底の浅いプールのような、薄く水が張られたスペースは、同ギャラリーの象徴ともいえよう。また、ここでは「やりたいことをやる」ということをモットーにしているそうで、企画の展示方法もまたユニークだ。この一軒家が現オーナーの曽祖父の家だということを強みに、展示スペースは壁中に穴をあけ、内容に合わせて棚の位置を変えてみたり、床に穴をあけて、その穴に刺した竿のようなものを展示場所として利用してみたりと、場所を自由に使って、自由な発想で作品を展示しているのである。何にもとらわれず、心のままに作品が展示されている様子を見ると、我々もなんだか東京を離れ、地方の芸術祭で作品を見ているときのような開放的な感覚に浸ることができる。ギャラリー内には、カフェスペースや作家作品を販売しているスペースなども設けられているので、都会の騒々しさや忙しさから離れた空間で、ゆったりとアート作品に触れてみてほしい。なお、展示期間中のみの営業となるので、足を運ぶ際は注意してほしい。 関連記事『西荻窪、ご近所ガイド』 『高円寺でしかできない50のこと』

cikolata
ショッピング

cikolata

西荻窪駅から徒歩6分ほどのところにある、茶色いストライプの屋根が目印のショップ。店内には、オーナーの大石自身が手がける洋服やぬいぐるみ、アクセサリーを中心に、国内外問わず彼女が本当に良いと思った商品だけが展開されている。店のどこを切り取っても心が弾むようなアイテムばかりが並んでいるが、店に入ってすぐのところに展開されているアクセサリーコーナーは特に必見。ポップさと愛らしさ、そして若干のシュールさをあわせ持った秀逸なデザインのアクセサリーたちが並んでおり、スタイリングのアクセントとして活躍してくれるであろうアイテムを手に入れることができるはずだ。そのほか、子供用の洋服やソックスも揃えられているので、出産祝いを探しに行くにもおすすめ。ずっと大切に身につけたくなるような相棒に出会うべく、ぜひ足を運んでみてほしい。なお、店は毎週末のみのオープンとなるので注意してほしい。 関連記事『西荻窪、ご近所ガイド』

なんでもリサイクルショップ ジェット
ショッピング

なんでもリサイクルショップ ジェット

西荻窪駅北口に伸びる商店街に店を構えるジェットは、開店時間が21時という風変わりなリサイクルショップだ。しかし、ここをただのリサイクルショップだと思って足を運んだ人は、きっとすぐに度肝を抜かれることになるだろう。そう、ここはリサイクルショップという親しみやすい名を持ちつつも、質の良い年代物のアイテムをバラエティ豊かに取り揃えるヴィンテージアイテムの宝庫なのだ。人がすれ違うのも難しいほどに狭い店内には、ヴィンテージのバッグやアクセサリー、洋服、食器、雑貨など、なかなか目にかかれないような貴重なアイテムたちがぎっしりと並んでいる。同店では、そんなアイテムを良心的な価格で販売しているので、一般客はもちろん、商品を買い付けるためにやってくる人も多いそうだ。商品は、ほとんどが1点物、かつ独り占めしたくなるようなものばかりなので、友人との関係を壊さないためにも、ここへは1人で足を運ぶのがおすすめだ。 関連記事『西荻窪、ご近所ガイド』

赤い鼻
バー

赤い鼻

西荻窪駅南口を出てすぐ、個性的な酒場が集まる柳小路に店を構える沖縄居酒屋。沖縄料理を中心に台湾料理も提供している。また、定番のビールやサワーに加え、泡盛からハブ酒、紅芋梅酒など、沖縄を感じられるアルコールのラインナップにも注目だ。また、同店で10年ほど看板猫として働くミュウへの挨拶も忘れずに。初めて訪れても不思議と居心地の良い同店は常連客も多く、つい時間を忘れて飲んでしまう店である。 関連記事『西荻窪、ご近所ガイド』

をかしや
レストラン

をかしや

西荻窪駅南口から徒歩3分ほどのところにある居酒屋。居酒屋といえど、和菓子やフクロウと、色々なものがぎゅっと詰まっている不思議な店だ。まず、出迎えてくれるのが生後8ヶ月のコノハズク、チョビ。掌に乗ってしまうほど小さいチョビは外からも見える位置に居るので、店の前を通りかかる小学生たちからも愛されている存在である。そんなチョビに釘付けになってしまうのも分かるが、一通りチョビの接客を受けたら席について早速料理を注文をしよう。『鴨の燻製』や『手作り水餃子』など、酒飲みにはたまらないメニューが多く用意されているが、メニューボードを順に読んでいくと『苺大福』に『季節の練切』、『みたらし団子』などといった和菓子のメニューが。そう、ここは10年ほど和菓子作りを仕事としてきた店主が営んでいる店のため、通常の居酒屋メニューに加え、作りたての和菓子も味わうことができるのだ。しかも、練切に関しては、技法などを説明しながら目の前で作り上げてくれるので、繊細な職人技を間近で、しかも居酒屋で見られるというのは、なかなか貴重な体験だ。和菓子に合う日本酒なども教えてくれるので、ときには日本酒と一緒に和菓子を味わってみるというのも良いだろう。なお、チョビに触れることはできないが、数枚であれば写真を撮ることは可能だそうだ。しかし、耳が立っているときは警戒している合図なので、チョビに話しかける際はあまりしつこくし過ぎないように気をつけてほしい。 関連記事『西荻窪、ご近所ガイド』

注目エリア:銀座

HIGASHIYA GINZA
レストラン

HIGASHIYA GINZA

伝統的な和菓子を新しいスタイルで提案する和菓子屋。併設の茶房では季節のハーブや果実を使ったオリジナルブレントティーをはじめ、30種以上の日本茶が愉しめる。生菓子や葛きりなどの甘味メニューと日本茶の組み合わせは定番だが、ここではさらに和菓子に酒を合わせた『酒果』などのコースもある。食事メニューもあり、玉露、番茶、抹茶といった代表的な日本茶と料理を合わせ、それぞれのお茶がもつ特徴を活かした会席『茶食会(さじきえ)』はおすすめ。現代的な和の空間は落ち着きがあって、つい長居してしまう心地よさだ。 関連記事『東京、ベストカフェ50』

GINZA SIX
ショッピング

GINZA SIX

松坂屋銀座店跡地にオープンした、銀座エリア最大級の商業施設。「ワールドクラス」をコンセプトに上質なサービスの提供を目指す。中央通りの路面を彩るのは、『セリーヌ』、『クリスチャンディオール』、『フェンディ』などの海外高級ブランド。また、世界一のアートショップとして蔦屋書店が入居するほか、ブティック形式のコスメフロア、大型のフードモールなども展開する。さらに、観光バス乗り場や、地下には能楽堂が併設される。 関連記事『銀座エリア最大級、GINZA SIXの注目ポイント』『GINZA SIX、地下2階で立ち寄りたい注目ショップ』

G.Itoya
ショッピング

G.Itoya

銀座で100年以上の歴史を持つ老舗文房具店の伊東屋が銀座中央通りに建つ本店ビルを建て替え、リニューアルオープン。「SENSE」、「SHARE」、「DESK」、「MEETING」、「TRAVEL」など、フロアごとにコンセプトを分け、クリエイティブな時間をサポートする新しいスタイルの文房具店として生まれ変わった。11階には「FARM」と名付けられたの野菜工場を備え、毎日収穫される新鮮なレタスやルッコラといった野菜を12階のカフェレストランで味わうことができる。

ルパン
バー

ルパン

1928年に開店、昭和の文豪たちが愛した老舗バー。泉鏡花や菊池寛といった文豪が開店を支援したことから、その後も永井荷風、直木三十五、川端康成、林芙美子、坂口安吾、太宰治など多くの作家や、画家、俳優、写真家などが常連となったことで知られる。ウイスキーやバーボン、カクテルなど、種類はさほど多くないが、店内には写真家が撮った文豪の写真が飾られているので、軽く飲みながらファン同士語り合うには格好の場所だ。 関連記事『世界に誇る銀座のバー10選』

銀座 久兵衛
レストラン

銀座 久兵衛

手際よくおろされた生き海老の鮨は、その体の一部がまだ動いているほど新鮮で、灰色がかった胴体は温かいシャリの上で光っている。 高級鮨店、銀座 久兵衛の15席あるカウンターでは、4人の板前が目の前で外科医の手術のような精度で働いている。板前が、各ネタの説明をしてくれる。ランチでは価格別の握りセットが提供され、おろした柚子の皮を小さな竹の刷毛で鰻の握りの上に散らす様子など、すべての握りが作られる光景を目の前で見ることができる。 和食を知り尽くしたであろう年配の顧客の中で味わう江戸前鮨の味は格別だ。新鮮な魚介の味を楽しむのに装飾はほとんど必要ない。研ぎ澄まされた板前の職人技に並ぶ、鮨屋の不思議のひとつだ。 他を寄せ付けない特別な雰囲気の中で、この申し分のない味のランチセットが6,000円以下なのには驚きだ。   

タイムアウトレビュー
5 5 つ星中
銀座 和光
ショッピング

銀座 和光

「三越」の向かい、銀座四丁目の角に位置する一流デパート。ランドマークともなっている時計台のある荘厳な外観は、中の静かな雰囲気にピッタリと合う。高級ジュエリーに磁器、クリスタルだけでなく、「和光」ではデザイナーファッションも扱う。 関連記事『ゴジラが破壊した東京のランドマークを訪ねる』

THINGS TO DO

渋谷でしかできない101のこと
Things to do

渋谷でしかできない101のこと

新宿でしかできない101のこと
Things to do

新宿でしかできない101のこと

六本木でしかできない101のこと
Things to do

六本木でしかできない101のこと

東京でしかできない88のこと
Things to do

東京でしかできない88のこと

横浜でしかできない50のこと
Things to do

横浜でしかできない50のこと

池袋でしかできない50のこと
Things to do

池袋でしかできない50のこと

もっとみる