ローカルレジェンド#21 暗黒アイドル ネクロノマイドル

アメリカ出身プロデューサーが日本で手がける、暗黒アイドルの全貌

リッキー&NECRONOMIDOL
作成者: Shiho Yagi |
Advertising

タイムアウト東京 > ローカルレジェンド> #21 暗黒アイドル ネクロノマイドル

「サンリオが大好き。サンリオピューロランドの年間パスも持っている!」と、流暢な日本語で話す、アメリカ出身のリッキー・ウィルソン。女性5人のアイドルユニット、ネクロノマイドル(NECRONOMIDOL)、通称「ネクロ魔」のプロデューサーだ。

ネクロノマイドルのテーマは「暗黒」。ブラックメタル、ダークウェイブ、ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘビーメタルなどのハードな音楽を取り入れた楽曲、黒を基調とした衣装、エンターテイメント性の高い振り付けなどで、独自路線をひた走る、今注目のグループである。活動は日本国内にとどまらず、アメリカやヨーロッパでも、ライブを行う。

ところでなぜ、アメリカ出身のリッキーが、日本で日本人のアイドルをプロデュースすることになったのだろうか。 

2018年12月2日、下北沢Shelterでのライブより

リッキーは、高校生の頃からアメリカで日本語や日本文学を学び、大学卒業と同時に来日。当初は熊本県で英会話スクールの講師をしていたが、その後、「活動の幅を広げたい」と上京。東京に来てからは、ホビー用品やフィギュアを扱う通販サイトの仕事をしつつ、バンド活動も行い、パンクやメタルを演奏していたという。その通販サイト会社が企画したイベントで、日本のアイドルと一緒になる機会があった。リッキーが日本のアイドル文化に接触したちょうどその頃は、BiSやでんぱ組.incなど、それまでのアイドルのイメージを覆すグループが、話題となった時期。

「ただ可愛いだけではなく、曲も良い、日本のアイドルに興味を持った」というリッキー。知人の勧めもあって、自身でアイドルグループを立ち上げることになった。

コンセプトである「暗黒」の世界観を表現したステージ

「東京のアイドルシーンははやりものが多く、似たようなグループが乱立していた。絶対にほかのグループとは被らない楽曲で挑戦したかった」という思いから、「暗黒」というコンセプトや、ブラックメタルを押し出した曲を作り上げていった。

オーディションにて、現在もリーダーとして活躍する柿崎李咲(かきざきりさき)や、「元々、ファッションとして白塗りをしていた」という瑳里(さり)などのメンバーが集まり、2014年3月に結成。数回のメンバーチェンジを経て、現在は、柿崎李咲、瑳里、夜露(よつゆ)ひな、今泉怜(いまいずみれい)、月城(つきしろ)ひまりの5人で活動している。

Photo by Kisa Toyoshima

 

東京での活動を中心にスタートしたが、ここ数年は、海外での公演にも力を入れ、現地での評価も高い。「YouTubeで私たちの楽曲を知っている人も、生のライブでは、すごく新鮮な反応をしてくれる(月城)」、「現地のファンが本当に喜んでくれて、オリジナルの振り付けで踊って、楽しんでくれる人もいる(柿崎)」と、メンバーも海外公演の手応えを感じているようだ。

海外での活躍には、もちろん、プロデューサーであるリッキーの存在が大きい。

「もしリッキーさんが日本人だったら、同じようなコンセプトだったとしても、私たちは全く違う道を歩んでいたし、海外にも行けなかったと思う(今泉)」

 

2019年1月7日でメンバーの瑳里と夜露ひなの2名が卒業し、新メンバーの加入も決定している。さらに新たなステージへと向かうネクロノマイドル。リッキーは「ネクロノマイドルは歩みを止めずに、突き進んでいきたい。まだまだネクロ魔で、出来ていないことが沢山ある。僕自身は元々、映画が好きだったので、将来的には、ネクロ魔出演の映画を作りたい」と夢を語っていた。

 

NECRONOMIDOL

ネクロノマイドル(NECRONOMIDOL)

東京を中心に活動する暗黒をテーマとしたアイドルユニット。  通称、ネクロ魔。ブラックメタル、ダークウェイブ、NWOBHMなどの楽曲と、異次元な振付でファンを魅了している。 2017年9月には恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブを成功させた。現在は国内だけではなく海外公演も積極的に行っている。2019年1月7日(月)渋谷WWW Xにて、現メンバー二人の卒業ライブ『瑳里・夜露ひなラストライブ「未来へ」』が行われる。

公式サイト:http://necronomidol.com/

Facebook:https://www.facebook.com/necronomidol

Twitter:https://twitter.com/NECRONOMIDOL

八木プロフィール

ライター プロフィール

八木志芳

大学卒業後、IT企業・レコード会社を経て、福島県のラジオ局にてアナウンサー・ディレクターとしてのキャリアをスタート。2017年11月にフリーのラジオパーソナリティー・ナレーターとなる。FM FUJI「SUNDAY PUNCH」レポーター、千葉テレビ ナレーションなどを担当。 F.Factory Japan所属。

Twitter:https://twitter.com/ShihoYagi

Instagram: https://www.instagram.com/yagishiho/

ロカビリーレジェンドと出会う…

ニュース, シティライフ

ローカルレジェンド#20 ロカビリーショップオーナー エロヴィス佐藤

「ロカビリーは、自分の生き様」と話すのは、1950年代の音楽とカルチャーに深く魅了されたエロヴィス佐藤。原宿で25年以上続くロカビリーショップ原宿ジャックス(Jack's)のオーナーであるほか、バンドのボーカルや音楽プロデューサーとしても活躍している人物だ。

Advertising