ローカルレジェンドシリーズ

東京のレジェンドと出会う

タイムアウト東京マガジン1号から連載しているローカルレジェンド企画。連載では、渋谷の絶滅危惧種ガングロギャルや、102歳のコーヒーレジェンド関口一郎など東京の街で活躍する個性的な人物にスポットを当てて紹介している。

ローカルレジェンド#20 ロカビリーショップオーナー エロヴィス佐藤
ニュース

ローカルレジェンド#20 ロカビリーショップオーナー エロヴィス佐藤

「ロカビリーは、自分の生き様」と話すのは、1950年代の音楽とカルチャーに深く魅了されたエロヴィス佐藤。原宿で25年以上続くロカビリーショップ原宿ジャックス(Jack's)のオーナーであるほか、バンドのボーカルや音楽プロデューサーとしても活躍している人物だ。 エロヴィスは、中学校の入学式で「長ラン」を着たリーゼント姿の先輩と出会い、上着に施された竜と虎の刺繍(ししゅう)に感銘を受けた。その後、当時不良たちの心を掴んだクールスや、矢沢永吉がメインボーカルを務めていたキャロルなど、ロックンロールを聴くように。1950年代を舞台にした青春映画『グローイング・アップ』にも影響を受け、その後40年にわたり「50'sロカビリーカルチャー」にさらにのめり込んでいった。 ある日のエロヴィス。原宿ジャックスにて 1980年代になると、ロックンロールスタイルで踊る若者「ローラー族」の全盛期がやってくる。毎週日曜日になるとローラー族が、歩行者天国になった代々木公園の並木道に集結し、原宿では様々な種類のロカビリーショップが急速に成長し始めた。エロヴィスは、ブームの中心であったクリームソーダ(現ピンクドラゴン)などの伝説的な店を訪れ、原宿の街そのものに恋に落ちた。 ローラー族が集まっていた歩行者天国  そして1994年に、ロカビリーファッションやアクセサリー、ライフスタイルグッズを販売する原宿ジャックスをオープンさせる。クリームソーダのオーナー山崎眞行(やまざきまさゆき)の「人と違うことをやれ」という言葉を胸に、遊び心溢れる店を目指した。「店は分かりづらい場所にあるんだけど、この文化に対して本当の愛を持つ人が日本全国、海外からも来てくれる。良いクオリティの服はここに集まってるよ」とエロヴィス。 店にはアメリカンジョークが利いた雑貨や、ジャックスオリジナルのポマードなどもある アタリを探しに……  エロヴィスは自身の店を「ひとつのアトラクション」と言う。「ただ商品を売るという感覚で商売はしてないんだ。たとえば、棚のどこかにアタリを隠すこともある。よく探すと、驚くほど安いものや、あまりにも高すぎるものを発見できるかもしれない」と遊び心を明かした。 今後の目標を尋ねると、「東京のロカビリーシーンを活性化し、若い世代と繋がっていくこと」というエロヴィス。「ゆくゆくは、私の娘たちが店を引き継いでくれるといいな」と笑顔で付け加えた。 原宿ジャックスの詳細はこちら 公式サイトはこちら 関連記事『竹下通り、秘密のスポット10選』

ローカルレジェンド#19 スナックよーかんちゃんオーナー 宮田羊かん
ニュース

ローカルレジェンド#19 スナックよーかんちゃんオーナー 宮田羊かん

「僕がいなくなったら終わる、跡継ぎがいないからね。この店は永遠にあるわけじゃないんだ。クールな話だろ」と、鴬谷のラブホテル街にある会員制のスナックを営むよーかんちゃんこと、宮田羊かんは話し出した。 今年79歳になったよーかんちゃんは、1953年にバックバンドをつけた「音漫才」で知られる宮田洋容(みやたようよう)に弟子入り。その後、松鶴家千とせとコンビを組み、漫才師として活動していた。40歳になった時、表舞台からは遠ざかり、鴬谷に現在のスナックを開いた。「漫才師を辞めたのは、ある意味逃げたんだね。もっと自由にお客さんを楽しませたくなってね」と当時を振り返る。   よーかんちゃんの店内 店に入ると、サイケデリックな内装に圧倒される。壁には数え切れないほどのCDが貼付けられ、輝く人形や置物などが所狭しと飾られているのだ。よーかんちゃんは、「漫才師時代は、暗い劇場で目立つ様にいつもペンダントを付けてたんだ。店をはじめてからは、お客さんも持ってきてくれて、自分でもつい買っちゃうんだよ。店にあるのはほんの一部。内装や衣装は良く変えてるよ」と教えてくれた。 よーかんちゃんがオリジナル曲を披露するショータイムが、店の見どころ。歌い踊りながらもよーかんちゃんは、客への気配りを忘れない。客と同じ席に座り、下ネタを含んだジョークを交えて、場を和ませてくれる。そんな彼の人柄からか、「会員制」「一見さんお断り」を掲げているのだが、常連客は多く、歌舞伎役者で俳優の中村勘三郎がひいきにしていた店としても知られている。唯一無二のエンターテインメントと、もてなしの神髄を目にしたいのなら夜の鴬谷へ。 よーかんちゃんの詳しい情報はこちら 関連記事『ローカルレジェンド シリーズ』

ローカルレジェンド#18 宇宙村オーナー 景山八郎
ニュース

ローカルレジェンド#18 宇宙村オーナー 景山八郎

「私は宇宙人とのハーフなんです」と、隕石ショップ宇宙村のオーナー景山八郎(かげやまはちろう)は話し始めた。景山は6歳のころ、天の川が無数の星からできているということに感銘を受け、星と宇宙の神秘に引き込まれる。それ以来、宇宙に関する数多くの功績を残してきた。 18歳でロケットを自作し、鳥取県栄港市で天文学者として、天体の発見、天文教室の開催など、活動的な日々を過ごしてきた。数々の国際イベントにも参加し、22歳の時、国際地球観測年(1957年1月1日から1958年12月31日まで続いた、国際科学研究プロジェクト)の人工衛星観測班主任を務め、翌年に功績が称えられ、当時のアメリカ大統領ドワイト・D・アイゼンハワーから表彰を受けている。  宇宙村の店内 店に足を踏み入れると、水晶や隕石、菩薩(ぼさつ)像などが所狭しと並べられたカオスな光景を目の当たりにするだろう。そして、景山の隣の席をすすめられ、隕石を持たされ、隕石にどれだけパワーがあるのかに耳を傾けることになる。 メディアにもしばしば登場し、変わり者として紹介されている景山。宇宙村を設立したきっかけを尋ねると、「58歳のときに、隕石に人間の望みをかなえる力があるのを発見したから」だという。以降、世界中で発見された隕石を収集し、店を営むかたわら、研究を続けている。 静岡県下田市に城を所有し(隕石をテーマにした美術館として営業していた)、弟子が横浜中華街や東京スカイツリーの近くで支店を営業しているなど、隕石ビジネスでも成功している景山。成功の秘訣を尋ねると、落ち着きのある口調で「諦めないで努力することだよ。怠けちゃいけないよ」と力をこめた。 宇宙村の詳しい情報はこちら

ローカルレジェンド#17 スミロック
ニュース

ローカルレジェンド#17 スミロック

「DJブースで死ぬか、厨房で死ぬことができたら本望です」と、82歳の世界最年長DJ、スミロックこと岩室純子(いわむろ すみこ)は話す。岩室は、戦後に父が始めた高田馬場の老舗餃子店、餃子荘ムロの店主として厨房に立ち、イベントがある日はその足で現場に駆けつける。 DJを始めたのは、岩室が65歳のときに自宅に下宿していたフランス人のエイドリアン(音楽イベント『Tokyo decadance』などを主催する人物)との出会いがきっかけ。エイドリアンと何度か音楽イベントに遊びに行ったとき、自分もプレイしたいとDJに興味をもつようになった。「父親はジャズミュージシャンでした。血筋なのかもしれないです」。その後、自宅で練習をするだけでは満足せず、腕を磨くため2012年よりDJスクールの「IDPS」に通い、今では月に1、2回イベントでプレイするようになった。 高田馬場出身ということで、岩室が登場するときの曲は決まって『鉄腕アトム』のテーマ。ダンスミュージックを中心にテクノやEDMまでを自在に操り、年齢を感じさせないパワフルなプレイを繰り広げる。「まだまだミックスは難しいので、もっと上手になりたいです」と意欲を覗かせる。現場に到着するとファンや知り合いが周りに集まり、抱擁を交わしたり、岩室の写真をズボンに貼ったファンが現れたりと温かい歓迎を受けていた。 2017年9月には寿司チェーン、St. Pierre’sのイベントに出演するためにニュージランドへ。DJパフォーマンスを通じてオーディエンスを沸かせた。最後にこれからの目標を尋ねると、「夢はニューヨークでプレイすること」と話した。

ローカルレジェンド#16 特殊メイク・特殊造形アーティスト百武朋
ニュース

ローカルレジェンド#16 特殊メイク・特殊造形アーティスト百武朋

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド企画。連載では、コーヒーレジェンド関口一郎や、夜な夜な都内をさまようバー Twillo(トワイロ)のオーナーなど東京で活躍する人物を紹介している。今回は、特殊メイク、特殊造形アーティストの百武朋(ひゃくたけとも)に話を聞いた。 タイムアウト東京編集部は阿佐ヶ谷にあるアトリエを訪れ、百武がこの世界に足を踏み入れたきっかけや仕事への情熱を尋ねた。アトリエには、ミシェルゴンドリー監督の『TOKYO! インテリア・デザイン』や、堤幸彦監督の『20世紀少年』、『伽倻子VS貞子』で使われたマスクや造形物が飾られており、映画ファンには夢のような空間である。 百武は映画の世界に魔法をかける魔術師だ。百武が造形物に興味を持ったのは、小学生のときに観た『ゴジラ』や『ウルトラマン』がきっかけ。当時、日本のフィギュア産業があまり発展していなかったため、そのころから怪獣を手作りするようになったそうだ。アトリエに置かれた作品は完成度が高く才能がうかがえた。   「特殊メイクの仕事は現場で学ぶことがほとんど」と百武は話す。高校卒業後に、造形や特殊メイクについて学ぶため専門学校へ。在学中には、映画『ゴースト・バスターズ』などハリウッド映画の特殊メイクに携わってきたスクリーミング・マッド・ジョージこと谷譲治らに師事し、大御所たちのアシスタントとして現場での経験を積んでいった。卒業後、アシスタントや様々な仕事をこなしていた百武に転機が訪れることになる。2004年に公開された映画『CASSHERN』のキャラクターデザインと特殊メイク、造形を自らのチームですべて任されることになったのだ。 「造形やメイクの技術を生かせる仕事はすべて楽しんでいます」。映画『CASSHERN』をへて独立した百武は、映画以外にもミュージックビデオやCM、お化け屋敷など様々な仕事に取り組んでいる。今年から来年にかけても、百武が参加した作品が続々と上映される。現在上映中の寺山修司の映画『あゝ、荒野』や、2018年には山下敦弘が監督した映画『ハード・コア』など。劇場で百武の技術を眺めてほしい。

ローカルレジェンド#15 Twilloオーナー 神条昭太郎
ニュース

ローカルレジェンド#15 Twilloオーナー 神条昭太郎

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド。この連載では、渋谷の絶滅危惧種ガングロギャルや、102歳のコーヒーレジェンド関口一郎など東京の街で活躍する人にスポットを当てて紹介している。今回は、夜な夜な都内をさまようバー Twillo(トワイロ)のオーナー、神条昭太郎に話を聞いた。 東京の街角に夜な夜な現れては消えるバーがある。白い屋台を引いて現れたのは、モバイルサロンTwilloのオーナー神条昭太郎。ロウソクの火を灯し、輝くバカラのグラスを用意すれば、街の一角がバーへと変貌する。神条がTwilloを始めたのは2006年。銀行員、フリーター、衆議院議員公設秘書という職歴を経て、彼が選んだのは屋台バーだった。神条は、「感性が表現できる、自由度が高い、食べていける。この3つの条件を満たした仕事をしていきたいと考えていたんです」と話す。 当初は明治神宮外苑のイチョウ並木で365日、雨の日も雪の日も、台風の日も休まず出店していた。その後、2年間の休業の後再開。この頃から出店場所をツイッターで発信し都内を巡るようになり、現在まで毎夜冒険の旅を続けている。 出店情報を手に入れるのはTwitter上のつぶやきのみ。詩のようなメッセージを頼りに店にたどりつけば、とっておきの時間が過ごせる。屋台といえどドリンクは、神条の選んだバカラグラスで提供され、ビールやワインのほかにもカルバトスや葉巻なども用意している。場所が変わることで初めて来店する客も多い一方、常連がとっておきの場所として友人や同僚を喜ばせるために連れてくることも。筆者が訪れた夜にはバーの前をふらりと通りかかった人が参加したり、人と人との出会いがうまれていた。ある客が「後ろは道路なのに、前を見れば異空間」と話していたとおり、なんとも不思議な空間なのだ。 毎回新しい場所でのスタートと言えるこの仕事だが、神条は「毎回、場所を変えると慣れない土地で寂しいし、客を待つ間にエネルギーも使います。しかし様々なお客さんに出会えることが楽しい」と教えてくれた。 Twilloの詳しい情報はこちら  

ローカルレジェンド#14 夜のケーキ屋さん Juli
ニュース

ローカルレジェンド#14 夜のケーキ屋さん Juli

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド。この連載では、渋谷の絶滅危惧種ガングロギャルや、102歳のコーヒーレジェンド関口一郎など東京の街で活躍する人にスポットを当てて紹介している。今回は、歌舞伎町で深夜まで営業しているケーキ屋のJuliに話を聞いた。 カラフルなネオンきらめく歌舞伎町のさくら通りに、深夜の3時までオープンしているケーキ屋がある。この店をオープンさせたのは、ケーキ職人のJuli。もともとは、老舗果物店の高野フルーツパーラーで、フルーツカットの仕事をしていたのだが、ある時フルーツアレルギーになってしまったJuliは、この仕事を辞めざるを得なくなった。それでも、フルーツ好きなJuliはフルーツカットの技術をいかした仕事を続けたく、自身で店をオープンすることを決意した。 Juliの作るオーダーケーキは華やかで、個性的なドールケーキやキャラクターケーキなどのデコレーションにはわくわくさせられ、見入ってしまう。ケーキには飴細工、繊細にカットされたフルーツが飾りつけられており、食べられる花として日本でも注目されている「エディブルフラワー」を使用しているのが特徴だ。この「エディブルフラワー」を使い出したのは、ほかの食材にない色合いが出せることや、花言葉に惹かれたからだそう。「最初に使ったというピンク色のミニバラには「幸せと感謝」という花言葉がありました。なので、お客さんへのサービスに付けるのにぴったりだと思い、ミニバラを飾ったケーキをSNSで発信したところ、エディブルフラワーを使ったケーキの要望をもらうことが多くなりました」とJuliは言う。 ホストクラブやホステスクラブが多い歌舞伎町という街柄、祝事も盛んに行われるため、デコラティブな『フルーツ盛りシャンパンタワー』や、サイズが選べる『フルーツ盛り』なども用意している。ちょうどこの日もオーダーケーキを注文するホストがオープン間もなく店を訪ねる姿を見かけた。 オーダーケーキやフルーツ盛りのほかにも、当日に買えるシンプルなケーキの販売もしており、ほかのケーキ屋が終わってしまい困った仕事帰りのサラリーマンが駆け込みで買いにくることも多々あるそうだ。オーダーケーキを注文する際は、専用のラインか電話で前日までの注文が必須。大切な日のサプライズには思わず笑顔になってしまう、Juliの愛が詰まったケーキを贈ってみては。 夜のケーキ屋さんの詳細はこちらJuliの公式インスタグラムはこちら  関連記事 『東京、深夜営業の店』  

ローカルレジェンド#13 テンナイン
ニュース

ローカルレジェンド#13 テンナイン

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド。この連載では、渋谷の絶滅危惧種ガングロギャルや、102歳のコーヒーレジェンド関口一郎など東京の街で活躍する人にスポットを当てて紹介している。今回は、和やかな雰囲気が流れる稽古場で、映画の名シーンをパントマイムで演じるテンナインのメンバーに話を聞いた。 彼らが演じる「シネマイム」とは、もとは1人で行う演技訓練方法のひとつ。これを集団でやったら面白くなるのではないかと主宰の関谷が思いつき、ある舞台の前座を務めたときに初めて披露した。関谷はこのパフォーマンスを俳優業の宣伝に使おうと考えていたのだが、今ではシネマイムの活動の方がメインになっているそうだ。     マイムのレパートリーには、『スターウォーズ』や『E.T.』、ジブリ作品など誰でも知っている名作から、邦画では『リング』、インド映画の『きっと、うまくいく』などバラエティ豊かに、合わせて30以上ある。そのなかから実際に『風の谷のナウシカ』と『魔女の宅急便』を披露してもらった。マイムは演者と活弁師に分かれ展開し、無声映画を観ているかのような気分になる。活弁師が、シーンの説明や役者に早口で的確な突っ込みを入れていくため、思わず笑ってしまう。 作品づくりについて尋ねると関谷は、「ジブリなどの作品は、子どものころから数えたら観ている回数が10回は超えている人が多いですよね。なので、シーンを演じたらだいたい皆さん分かってくれます。シーン自体が分かりづらいものでも、たとえば、ジャッキー・チェンってこうだよねという共通認識に訴えられるような、楽しめるものを意識して作っています」と教えてくれた。 また、今後の活動について関谷は、「2年後をめどにヨーロッパに行こうと考えています。『JAPAN EXPO』に呼ばれたいなと、そのためにシネマイムを色々な人に観てもらって、知ってもらえたらと思いながら活動をしています。また、海外で演じることを考えて、字幕を取り入れたパフォーマンスも検討中です」と語った。 テンナインのパフォーマンスは、早稲田松竹前で月に3、4回と、浅草橋の有鳥天酒場で月に1度行われている。スクリーンから飛び出して繰り広げられる名シーンの数々を見に行ってみては。 テンナイン公式サイトはこちら

ローカルレジェンド#12 関口一郎
ニュース

ローカルレジェンド#12 関口一郎

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド。この連載では、渋谷の絶滅危惧種「ガングロギャル」など東京の街で活躍するレジェンドたちを紹介している。今回は、2016年5月に102歳を迎えた、カフェ ド ランブルのオーナー関口一郎に話を聞いた。 銀座の路地裏に、意思表示ともとれる「コーヒーだけのお店」と書かれたオレンジ色の看板を見つけ扉を開けると、関口は焙煎作業の最中であった。 カフェ ド ランブルは、1948年に創業したコーヒーの老舗だ。店名になっているフランス語「ランブル」は、関口の理想とするコーヒーの色「琥珀色」を意味する。オープンのきっかけは、戦前に映画関係の音響のエンジニアをしていた際に、客にコーヒーを振る舞っていたところ、評判が良く、口々に「コーヒー屋を開いた方がいい」と言われ、決意した。元々コーヒーに興味を持ったのは学生時代で、コーヒー豆の問屋などに通い、関口の基礎となる様々な知識をこのころに学んだそうだ。そして戦後、営業許可を取得するために四苦八苦しつつも、「アルカロイド研究所」という名目でランブルの前進となるカフェを銀座でスタートさせた。 カフェドランブルのメニューには50種近くのコーヒーがある。そのなかでも10年以上熟成させたオールドコーヒーは、ランブルのキーとなるメニューで唯一無二のものだ。さらに、焙煎機、ミル、ポット、カップにいたるまで、関口が考案、設計しており、美味しい一杯への探究心は半端なものではない。「豆と焙煎はコーヒーの味を左右する」と関口は語り、現在も焙煎作業をできるだけ自身で行っている。   関口の悩みは、1970年代以前に涙が出るほど美味しいと感じたコーヒーをそれ以降味わえなくなったことだ。「大量生産の方向に向かってしまった市場からは、いい豆がなかなか入らなくなってしまいました。しかし、近年少しずつですが市場での価値が見直されており、希望を持っています」と語る。 また、最後にコーヒーとパイプタバコを愛する関口に長生きの秘訣を尋ねると、「ストレスを溜めないことではないでしょうか、コーヒーにはストレスの解消にも効果があることも発見されています」と教えてくれた。 カフェ ド ランブルの詳しい情報はこちら 関連記事『東京、ベストカフェ50』

ローカルレジェンド#11 チョークボーイ
ニュース

ローカルレジェンド#11 チョークボーイ

タイムアウト東京マガジンにて連載中のローカルレジェンド。この連載では、デコラティブな帽子を被ったアウトサイダーアーティスト「帽子おじさん」や、渋谷の絶滅危惧種「ガングロギャル」など東京の街にいるレジェンドたちを紹介している。今回は、レストランの黒板に美しいメニューを描いているチョークボーイに話を聞いてきた。 チョークボーイが黒板アーティストになったきっかけは、ウェイターとして働いていたときのことだ。彼の働いていたカフェでは、スタッフが交代で黒板にメニューを描いていた。時間は30分与えられ、ほかのスタッフは10分以内に簡単に仕上げることもあったが、チョークボーイは与えられた時間を活用し、ビールやワインのラベルの書体を参考に美しいメニューを描いた。その素晴らしいメニューが多くの客の目に留まり、チョークボーイは、カフェや古着屋などの黒板アートを手がけるようになった。   現在チョークボーイは、ワークショップや本(『すばらしき手描きの世界』)を通して自身の技術を共有するほか、食事と料理の音を録音して音楽にする「EATBEAT!」という活動も行っている。インクやペンキも巧みに使いこなすチョークボーイだが、チョークが彼の主要画材だ。 「チョークの独特な部分が好きです。チョークは、濃く書くことも薄く書くこともでき、消せますが、完全に消えることはなく白い染みが残ります。欠点に聞こえるかもしれませんが、これは他の画材にない魅力です」と語っていた。 今回、Bird 代官山カフェにある新作のそばで話を聞いた。新作は、巨大な鳥をモチーフにしたもので、仕上げるのに2時間かかったという。チョークボーイはこの仕事を初めて5年たつが、今だに時間をかけることを惜しんでいないのだ。 チョークボーイの公式サイトはこちら    

もっとみる

コメント

0 comments