トラベル

タイムアウト東京による国内外の旅行情報

グランピングにあると便利なグッズ10選
トラベル

グランピングにあると便利なグッズ10選

今回は、初めてのグランピングでぜひ用意しておきたい実用的でおしゃれなアイテム10選を紹介する。ぜひ持ち物チェックリストとして参考にしてほしい。

今だからこそ訪れたい箱根の贅沢温泉宿
ホテル

今だからこそ訪れたい箱根の贅沢温泉宿

カクテルを楽しむための泊まれるバー、本に囲まれたブックホテルなど、ユニークなコンセプトの洗練された宿で過ごせるのも特徴。伝統をアップデートした箱根から目が離せない。

茨城で紅葉を楽しむ5のこと
トラベル

茨城で紅葉を楽しむ5のこと

日本の秋といえば、紅葉だ。11月に入り、関東でも木々の葉の色づきが見頃を迎えている。北東部に位置する茨城では、紅葉だけでなく自然の景観の中でさまざまなアクティビティを体験できるスポットが満載。

神秘の離島、壱岐で過ごすワーケーション72時間
トラベル

神秘の離島、壱岐で過ごすワーケーション72時間

長崎県内にある壱岐は福岡からフェリーで一時間でたどり着ける離島だ。直径17キロメートルの小さな島だが、実はその中に150の神社があり、京都でも有名な月詠神社の総本山があるパワースポットである。  

東京近郊を旅する

熱海、2020年オープンの注目ヴェニュー5選
トラベル

熱海、2020年オープンの注目ヴェニュー5選

東京から気軽に行ける観光地として、若い世代を中心に再び注目を集める熱海には、2020年もニューオープンのお店が続々と登場している。海の幸を味わえる飲食店やリノベーションカフェ、ワッフル専門店まで、その種類はさまざまだ。深まる秋はGo To トラベルキャンペーンを利用して、熱海で注目の新しいショップに訪れてみてはいかがだろうか。

小川町でしかできない10のこと
トラベル

小川町でしかできない10のこと

「小川町」と言っても神田小川町ではない。今回フィーチャーするのは東武東上線の終点、埼玉県の比企郡の小川町だ。もともと和紙の里として、また酒造りの町として知られている。近年は、有機野菜の街としても注目されており、2020年は中止となったが、2014年からは『小川オーガニックフェス』を開催。東京からの移住者も増えている。 野菜だけではなく、無農薬、無化学肥料でワインを醸造するワイナリーや、原材料自給率100%を目指す気鋭のブルワリーもある。街は地元の素材を使った、おいしいものがあふれているのだ。老舗旅館やウナギの名店、連日にぎわいを見せるホルモン屋など、気になるスポットには事欠かない。 駅から少し離れればのどかな田園風景が広がっており、自然を満喫できるハイキングコースが整備されている。特急なら池袋から1時間強。東京メトロ副都心線とも直結しており、思い立ったら足を延ばせる気楽さもいい。 体が喜ぶものを食べに、小川町へ出かけてみてはどうだろうか。

富士山を眺めながら夜のピクニック、星のやのトレッキングツアー
ニュース

富士山を眺めながら夜のピクニック、星のやのトレッキングツアー

今年は富士山の登山道が一部閉鎖となっている。そんな中、グランピングリゾート星のや富士が美しい富士を堪能できるプランを開始した。ツアーは、夕方からトレッキングを行い、月明かりの中に輝く富士山と山中湖の絶景を望む特別席がある山頂でピクニックをするというものだ。   星野リゾート   期間は2020年11月30日(月)までで、半月または満月の日に開催。ツアーでは、まず山麓まで車で移動した後、山中湖畔を経て、鉄砲木ノ頭(約1200メートル)の山頂を目指してトレッキングを行う。車の送迎と食事を含め、全体で約5時間ほどになる。 また、トレッキングシューズやヘッドランプなどの用品がプランに含まれているので、事前に準備せずとも気軽に参加できるのもうれしい。   星野リゾート   そして特に注目したいのは、頂上で味わえるグルメ。秋の食材を使った料理が味わえるものとなっており、アウトドア器具を用いて参加者自身でディナーを仕上げる体験型だ。メニューには、『ブイヤベース』や『鹿肉のロースト』『十六穀の焼きリゾット』、デザートには『オレンジのクレープシュゼット』などが付き、豪華な「ピクニック」が堪能できる。 『富士ムーンナイトピクニック』は1泊2日のプランで、一人7万2,600円(1日1組、二人限定)。悪天候の場合、内容の一部が変更または中止になる可能性もある。詳しくは公式サイトから確認してほしい。 原文はこちら 関連記事 『東京、最高の自然を楽しめるスポット』 『テント内で星空と湖を一望、那須高原の湖畔にグランピング場が誕生』 『東京近郊のグランピング施設12選』 『都心から1時間半、藤野の自然の中で上質なグランピングを体験』 『関東近郊、週末に行けるハイキングスポット10選』  

箱根でしかできない15のこと
トラベル

箱根でしかできない15のこと

都心から1時間30分ほどで気軽に行ける箱根は、週末の小旅行にぴったりの場所だ。温泉に加え、桜の名所や美しい紅葉スポットなど、季節によっての見どころも多い。ここでは、定番スポットと、その近辺にひっそりと店を構えるディープなレストランやスナック、モダンな寄木細工が手に入るショップなど、箱根の隠れた名店もあわせて紹介する。また、ここ数年にオープンした注目の宿泊施設もリストアップしているので、参考にしてほしい。

大自然を感じる

秋に旅すべき美しい紅葉スポット8選
トラベル

秋に旅すべき美しい紅葉スポット8選

日本の秋は旅行をするのに良い季節の一つだ。日本では紅葉が人気があり、緑の葉がいつ黄や金や赤といった美しい色合いに変わるのか、ということを毎年予測する紅葉情報さえ存在する。

日本で行くべき美しい世界遺産
トラベル

日本で行くべき美しい世界遺産

美しい観光地が日本に数多くあることは周知の事実だ。日本の史跡の多くは、自然災害や戦争で損傷や破壊されているため、今でも残っているものは希少で特別なものとされている。

東京近郊のグランピング施設12選
トラベル

東京近郊のグランピング施設12選

外出自粛が緩和され遠出への機運が高まるなか、「3密」を避ける意識からアウトドアアクティビティに注目が集まっている。しかしアウトドア初心者には、移動手段が限られたりテントやウエアなど専用ギアを集めたりと、少々ハードルが高いのが難点。大自然の中での宿泊には抵抗もある人も多いだろう。 そこで注目したいのがグランピングだ。「グラマラス」と「キャンプ」を掛け合わせた造語からできた、近年注目を浴びるこのスタイルでは、設備が整っているためホテル感覚でアウトドアを楽しむことができる。ここでは、ギア収集も技術習得も必要のないグランピングを楽しめる都内近郊のスポットを紹介。家族や友人、恋人との夏の旅行計画にも、グランピングを提案してみてはいかがだろうか。 関連記事『東京、自然を楽しむレジャー6選』

関東近郊、週末に行けるハイキングスポット10選
Things to do

関東近郊、週末に行けるハイキングスポット10選

日本の国土は約7割が森林に恵まれた山地でできている。東京で過ごしているとそのことを忘れがちだが、東京周辺にも自然に癒されるハイキングスポットがたくさんある。ここでは、日帰りと宿泊で楽しめる場所を紹介。各登山道には難易度から五つ星の評価と情報を記載している。 ハイキングのおすすめシーズンは秋。気温が低く空気が乾燥し、芸術作品のような紅葉が楽しめるからだ。また、春と初夏も快適。季節の花を鑑賞しよう。 関連記事 『東京、自然を楽しむレジャー6選』

旅関連のキャンペーン

コロナビールが沖縄のホテル客室を買取、旅行業界をサポート
ニュース

コロナビールが沖縄のホテル客室を買取、旅行業界をサポート

ビールブランドの『コロナ エキストラ』が、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により経済的に打撃を受けた観光と旅行業界のサポートを行う取り組み『Rediscover Paradise(リディスカバー パラダイス)』プロジェクトを始動した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがGo To Eat キャンペーン対象に
ニュース

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがGo To Eat キャンペーン対象に

大阪の人気テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、2020年10月14日(水)からGo To Eat キャンペーンの利用対象施設に対応する。

Go To Eat キャンペーンについて知っておくべき5のこと
レストラン

Go To Eat キャンペーンについて知っておくべき5のこと

新型コロナウイルス(COVID-19)により、打撃を受けた経済の活性化を促すため「Go To キャンペーン」が行われている。ここでは、Go to Eat キャンペーンについて抑えておくべき5のことを紹介したい。

無料でワーケーション、四ツ谷のホテルが驚きのキャンペーンを開始
ニュース

無料でワーケーション、四ツ谷のホテルが驚きのキャンペーンを開始

Go To キャンペーンの対象外となったこともあり、東京に住む私たちの夏休みは旅行を我慢したまま過ぎていってしまった。今、秋のレジャーシーズンに向けて東京がGo To キャンペーンに追加されるかということに注目が集まっており、今後状況が好転する可能性も出てきた。実際どうなるのかは9月の感染状況にもよるが、都内各地のホテルでは、宿泊料金が割引される都民優遇キャンペーンを引き続き実行しており、今後もホテル業界の試行錯誤は続きそうだ。   Photo: Hotel New Shohei   四谷にあるビジネスホテルニューショーヘイは、「宿泊体験をSNSでアップしてくれる方は宿泊無料」というほかのホテルに負けない驚きのキャンペーンを開始した。キャンペーンは平日のシングルルームのみ適用されるが、宿泊料だけでなくコーヒーや紅茶などのソフトドリンク、17時以降は併設されたバーでビールやワインのアルコール類も無料で楽しむことができるという。 さらに1階にある海鮮レストランの源やでは、ビール1杯と『アジの刺身』を無料提供するなど、太っ腹なサービスを実施。     Photo: Hotel New Shohei   観光客だけでなく東京への出張者も激減した今、ビジネスホテルも大きな打撃を受けているのが現状だ。今回、こういったサービスを開始することになったのは「これまでホテル ニューショーヘイにお泊りいただいたことがない方に、まずはホテルの魅力を体感いただくよりほかxない」という結論からだという。 無料宿泊サービスの受け取り方はシンプルで、唯一求められるのは「SNSを使って宿泊体験に関する記事を写真付きでアップする」という条件のみ。長々とレビューやレポートを書く必要もなく、SNSのアカウントを持ってない人には別の方法を掲示してくれるという。   Photo: Hotel New Shohei   ホテルニューショーヘイには高速インターネットアクセスや豊富なコンセント、ラウンジなどが完備されており、ちょっとしたワーケーションにもぴったりの環境だ。自宅でずっと働き続けているという人は、自分へのご褒美にするのもいいかもしれない。 キャンペーンは2020年9月30日(木)までの実施を予定している。興味がある人はホテルに直接問い合わせてほしい(0120-962-216)。   関連記事 『旅気分で働けるリモートワークフレンドリーな宿4選』 『東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編』 『東京、ホテルの都民優遇キャンペーン』 『プリンスホテルが都民を応援、Go Toトラベルの東京除外解除まで5,000円還元』 『都内で温泉旅行気分、OMO5東京大塚が銭湯プランを開始』  

ホテル新着ニュース

今だからこそ訪れたい箱根の贅沢温泉宿
ホテル

今だからこそ訪れたい箱根の贅沢温泉宿

カクテルを楽しむための泊まれるバー、本に囲まれたブックホテルなど、ユニークなコンセプトの洗練された宿で過ごせるのも特徴。伝統をアップデートした箱根から目が離せない。

日光、ベスト宿泊施設7選
ホテル

日光、ベスト宿泊施設7選

秋も深まり各地では、紅葉の見頃を迎えている。東京からアクセスの良い日光はこのシーズン多くの人が足を運ぶ人気のエリアだ。

東京、2020年オープンのベストホテル15選
ホテル

東京、2020年オープンのベストホテル15選

2020年に東京近郊に誕生したホテルから、さまざまな魅力を持った15の施設を紹介する。人気の『Go To トラベルキャンペーン』をはじめ、都民の場合は『もっと楽しもう!TokyoTokyo』を併用すれば特別割引を受けられる。  

東京、著名人ゆかりのホテル5選
トラベル

東京、著名人ゆかりのホテル5選

東京都を中心にして、美食で知られる池波正太郎、新婚旅行で来日したマリリン・モンロー、映画人で没するまでホテル暮らしを続けた淀川長治らが愛したホテルを紹介する。  

下北沢に日帰り入浴もできる温泉旅館、由縁別邸 代田が開業
ニュース

下北沢に日帰り入浴もできる温泉旅館、由縁別邸 代田が開業

小田急線の世田谷代田駅から徒歩1分、下北沢駅からも徒歩圏内という立地に、温泉旅館由縁別邸 代田(ゆえん べってい だいた)がオープン。

もっとみる

東京で旅気分

東京、プチ沖縄旅行ガイド
Things to do

東京、プチ沖縄旅行ガイド

美しいビーチに、冬も温暖な気候、そして独特の食文化を持つ沖縄は、日本屈指の観光地。すっかりその魅力にとりつかれ、定期的に足を運ぶフリークも少なくない。とはいえ、東京から沖縄は物理的に遠く、思い立ったら気軽に足を運べる場所ではなかったりする。さらに、Go To トラベル キャンペーンに東京発着が追加され、旅モードは高まってきたが、まだ遠出を控えている人もいるだろう。 ここでは、飛行機に乗らずとも行ける、都内で沖縄を感じられるスポットを紹介。沖縄が足りていない人も、恋しい人、ほんの少し沖縄気分が味わいたい人に、濃密に沖縄が体験できる場所を紹介する。

東京、ベトナムレストラン5選
レストラン

東京、ベトナムレストラン5選

首都のハノイをはじめ、しゃれたカフェやショップが立ち並ぶホーチミン、街全体が世界遺産に登録されているホイアン、そしてベトナム中部にあるビーチリゾートのダナンなど、エリアごとに違った魅力を持つベトナムは、食の面でも多彩な国だ。 米粉を使った麺料理『フォー』に、ベトナム流のオムレツ『バインセオ』、柔らかめのフランスパンに肉やパテ、なます、香草などを挟む『バインミー』、寒天や果物、タピオカなど複数の具材を合わせて食べる伝統的なデザート『チェー』……。ここでは、都内で楽しめるベトナム料理の店を5つ厳選して紹介する。 

東京、走らない列車レストラン5選
レストラン

東京、走らない列車レストラン5選

東京には、コンセプトが強烈なバーや奇妙なレストランなど、店主のこだわりと個性あふれる様々な店がある。ここでは、「列車」をテーマとする店を紹介したい。北斗星の車両を改造したレストランや、オリエント急行でシェフを務めていた店主の料理が楽しめる名店、まるで電車の中にいるような内装のバーなどだ。旅気分を味わいたいのなら、列車レストランで過ごしてみるのもいいかもしれない。

西葛西、プチインド旅行ガイド
レストラン

西葛西、プチインド旅行ガイド

大手町からわずか15分。西葛西は、IT系技術者のインド人のビジネスマンが多く住むエリアだ。ほかのエスニックコミュニティーと違い、ヒンドゥ語の看板も目立たず、観光的な要素はなく、街に自然となじんでいる。本格的なインディアンレストランが点在し、インド系ファミリーの日常に寄り添った店が多い。東京では珍しい家庭料理やスイーツ、食材店などもあるので、旅する気分で散策したい。インド料理がカレーとナンだけでないことに驚くはず。

海外情報

ノルウェー北部に電力を生み出すホテルが誕生
ニュース

ノルウェー北部に電力を生み出すホテルが誕生

二酸化炭素の排出量と吸収量を同じにする「カーボンニュートラル」という言葉は聞いたことがあると思うが、必要以上のエネルギーを生み出す「エナジーポジティブ」はどうだろうか? 

アメリカの大手辞書サービスが選んだ今年の単語は「pandemic」
ニュース

アメリカの大手辞書サービスが選んだ今年の単語は「pandemic」

「pandemic(パンデミック)」という英単語が、辞書関連サービス大手であるメリアム=ウェブスターとDictionary.comの両方に「今年の単語」として選ばれた。

タイムアウトマーケットがドバイにオープン
ニュース

タイムアウトマーケットがドバイにオープン

エディトリアルキュレーションを原点にした世界初の「フード&カルチャーマーケット」であるタイムアウトマーケットが、2021年第1四半期、エマール・モールとの提携により、ドバイにオープンする。

ドリトスやチートスをフィーチャーしたアパレルが発売
ニュース

ドリトスやチートスをフィーチャーしたアパレルが発売

セーターやスウェットが着られる時期が到来した。これ以上うれしいことがあるだろうか。これからのホリデーシーズンは、着るものがキッチュであればあるほど楽しめるというものだ。

夢の旅プラン#1 ユキミ・ナガノ(リトル・ドラゴン)
トラベル

夢の旅プラン#1 ユキミ・ナガノ(リトル・ドラゴン)

もし時間やスペースの制約なしに、一日の旅行プランを作れるとしたらどこへ行くだろうか。これはタイムアウトワールドワイドが、シンセポップバンド、リトル・ドラゴン(Little Dragon)のボーカルを務めるユキミ・ナガノに聞いたことだ。 日系スウェーデン人のナガノ率いるリトル・ドラゴンは、1996年にスウェーデンのヨーテボリで結成。世界中を飛び回りながら活躍し、2020年3月に6作目のアルバム『New Me, Same Us』をリリースした。2018年にはNinjaTunesと契約を果たすなど、ポップやR&B、エレクトロニクスの要素などを取り入れながら常に進化し続けているバンドだ。 スウェーデンからメキシコシティ経由で日本へ。そんな夢の旅プランの詳細を紹介しよう。 原文はこちら

今すぐメキシコシティを訪れるべき10の理由
トラベル

今すぐメキシコシティを訪れるべき10の理由

次の休暇にどこへ行こうかと考えているならメキシコシティはどうだろう。メキシコシティには、先住民の文化の痕跡や、盛大な死者の日の祭り、おいしい料理など見どころが満載だ。   地球の裏側に位置していながら、日本とメキシコの文化は近い部分が数多くある。例えば、それぞれの国を代表する飲み物、テキーラと日本酒に対するプライドや、体と体だけで闘うプロレスと相撲の熱烈さ、そして、先祖の文化などだ。 2つの国には大きな違いもあるが、世界有数の大都市である東京とメキシコシティに共通する文化を楽しんでほしい。

海外旅行で行くべき100の場所
トラベル

海外旅行で行くべき100の場所

ロンドンやロサンゼルス、香港、メルボルンなど、108都市39カ国で展開するタイムアウト。ここでは海外のタイムアウトの記事を日本語で紹介するウェブサイト、アラウンド ザ ワールドから、2019年のニューオープンや注目のレストラン、レコードショップ、珍スポットなど、ジャンルを絞り、100カ所をピックアップした。 記事末尾の特集名(例:『シンガポールのベストデザインホテル5選』)をクリックすると、さらに多くの情報がチェックできるので、気になる場所があったら併せて見てみよう。

テルアビブでしかできない10のこと
トラベル

テルアビブでしかできない10のこと

In association with イスラエル大使館 地中海に面したリゾート地にして、イスラエルの経済や文化を牽引する、中東でも有数の国際都市、テルアビブ(Tel Aviv)。先進的な文化都市の例に漏れず、ゲイフレンドリーな街としても有名な同地は、イスラエル内の他都市と比べて宗教色も薄く、様々な観光客が訪れる観光地になっている。 2月の終わりごろにもなれば雨季も終わりを告げ、10月ごろまではほとんど雨も降らず、過ごしやすい晴天が続く。夏場は気温や湿度の高さが気になることもあるが、歩けばすぐに海へ出られるテルアビブの環境ならば、大きな不満にはならないだろう。 ここではそんなテルアビブの魅力を、食文化やファッション、建築に音楽など、文化的な側面から紹介する。あわせてイスラエルならではのダンスや寿司にまつわる情報も掲載しているので、ぜひテルアビブ探索に役立ててほしい。  

東北アップデート

東北アップデート:希望とともに走る
スポーツ

東北アップデート:希望とともに走る

2011年の東日本大震災後、ニューヨークにいた竹川隆司は、同僚やタクシー運転手から寄せられる、あり余る共感に心を動かされた。これに影響を受け、行動を起こすことを思い立ったこのベテランランナーは、宮城県の津波被災地域で『東北風土マラソン&フェスティバル』を立ち上げた。「マラソンは、東北地方以外や世界全土から人を集めるツールに過ぎません。レースだけでなく、食べ物やお酒なども楽しむのも目的です」と、竹川は語る。 しかし同フェスティバルは、政府が6兆5,000億円の拠出を約束した自立支援計画の一部として開催される数多くのイベントのひとつでしかない。マラソンから自転車ツアーまで、ボランティア団体はそれぞれの役割を担い、地元産業を活性化するために、持久力に優れたアスリートや観客を数多く東北に呼び集めている。ここで、観光客のお金が復興につながるイベントをいくつか紹介しよう。 特集『東北アップデート』のアーカイブはこちら

東北アップデート:アートが進める変化
トラベル

東北アップデート:アートが進める変化

宮島達男にとって、その日は人生で最も長い4日間だった。東北芸術工科大学の副学長だった宮島は、地震と津波が東日本を襲った2011年3月11日の震災当日は関東にいた。山形キャンパスへと戻り、学生たちの無事を確認するのに、4日を要した。 日本でもっとも著名な現代芸術家のひとりである宮島は、東北へ着くとすぐに行動を起こした。近くの石巻市で津波の被害に遭った家々から、泥土をかき出す作業に取りかかったのだ。緊急を要する仕事が一段落したところで、60歳の宮島は、東北の復興のために自らの能力をどのようにいかせるだろうかと考え始めた。 「私は常々、芸術家として東北地方に何らかの貢献をしたいと考えてきました」と宮島は言う。「人々を勇気づけ、また癒やせるようなアートワークを製作しようと思うようになりました」。そう考えていたのは宮島だけではなかった。かくして復興を支援する芸術祭『リボーンアートフェスティバル』が生まれた。 2017年7月22日(土)から2017年9月10日(日)までの51日間にわたって開催される同フェスティバルには、約20万人の参加が予想されている。開催地の牡鹿半島は、震源地に最も近い景勝地だ。フェスティバルでは、宮島を含む世界トップクラスのアーティストの作品が、国内トップクラスのシェフや地元の職人らの作品とともに展示され、すべてに日本を代表するバンドが演奏するサウンドトラックが付く。

東北アップデート:風力発電から考える
Things to do

東北アップデート:風力発電から考える

秋田県の海岸に設置された3基の風力タービンは、今日も日本海から吹きつける風を利用して電力を生み出している。2016年10月に稼働を開始したコープ東北羽川風力発電所は、約4500世帯分に相当する電力を年間でうみ出し、火力発電と比べて約9000tもの二酸化炭素を削減することができる。 発電した電力は東北電力に売電され、風力発電所に出資した宮城県、岩手県、秋田県の生活協同組合に年間で計約3億3千万円の売上をもたらすことが見込まれている。みやぎ生活協同組合の宮本弘理事長は、「福島第一原発事故を受け、再生可能エネルギーの普及を目指し、東北地方でこの動きを推進していきたい」と語った。 2011年に起きた大地震と津波によって、東北は家庭や経済に大きなダメージを受け、原子力発電所は制御不能に陥った。しかし、震災からの復興を促進するためには、再生可能エネルギーは重要な成長産業になりうると組合は考えている。みやぎ生活協同組合の環境管理室長である大原英範は、「我々は原子力発電に頼らない社会を目指しており、約30億円かけて風力発電所を建設することで着実な第1歩を踏み出した」と話す。 上記の3つの組合が出資するコープ東北グリーンエネルギーは、将来的には太陽光やバイオマスによる発電も導入する予定だという。「再生可能エネルギーの導入拡大は、東北だけでなく日本にとって重要だ」と信じているからだ。

東北アップデート:希望のブランコ
トラベル

東北アップデート:希望のブランコ

マイケル・アノップが、宮城県気仙沼市のとある公園で遊具を修理していると、近くのガソリンスタンドで給油をしていた男性がポンプを止めて彼に歩み寄り、握手を求めてきた。「彼は、この辺りには子どもたちが遊べる場所が全然ないんだと言っていた」と語るアノップはマサチューセッツ生まれのアメリカ人。NPOのプレイグラウンド オブ ホープを主宰し、2011年の東日本大震災で被災した町に子どもたちが遊べる公園を作る活動を続けている。「本当に何もないところへあなたが来てくれ、こうして遊具を直してくれる。感謝の気持ちでいっぱいです」と彼は語ったそうだ。 1989年から東京で暮らすアノップは、3.11の大震災の直後にSAVE南相馬プロジェクトに参加。その翌年には、事故を起こした福島原発周辺の放射線避難指示区域と隣接する町々へ、定期的に新鮮な食材や飲料水を届けた。 アノップはそこで、仮設住宅で暮らす人々が近所付き合いをする機会が、食料を積んだトラックが到着する日しかないようだと気が付いた。男たちは並んでたばこをふかし、女たちがおしゃべりをしている。その間、子どもたちはコンクリートで固めただけの駐車場を走り回っていた。 母親が「危ないから駐車場で遊ぶのは止めなさい」と叫ぶ声を何度も聞いたという。「そこで、ここに仮設ブランコを作ってあげられないだろうかと考えたんだ」。そしてすぐにアメリカのレインボープレイシステムズという会社に木製の遊具セットを納めている知り合いに連絡をとったところ、破格の条件でアノップに日本での販売権を与えることを承諾してくれたそうだ。