週末、自然に癒される5のこと

奥多摩や飯能、吉祥寺などで心を解放する

作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

自然に触れられる場所は、東京にも意外とある。今週末は、都内や東京近郊にある自然スポットで、思いっきり深呼吸してみよう。奥多摩で美味いビールを飲んだり、北欧のライフスタイルを体験できる施設に行ってみたり......。大自然の中に身をおけば、ちょっとした悩みくらいは忘れてしまうだろう。

Things to do

東京、秋の紅葉イベント

11月頃からだんだんと見頃を迎える紅葉。美しく色づいた木々を眺めるのも、秋の楽しみの一つだ。ここでは、都内で開催される紅葉イベントを紹介する。イチョウ並木の散策から夜のライトアップイベントまで、紅葉の楽しみ方も様々。今の季節ならではの紅葉を見に出かけよう。

アトラクション, テーマパーク

メッツァ ビレッジ

icon-location-pin 埼玉

せっかくの週末なのだから、ちょっと足を伸ばしてみるのも悪くない。11月9日、埼玉県飯能市にオープンしたメッツァ ビレッジは、北欧のライフスタイルを体験できる入場無料の施設。豊かな緑に囲まれた宮沢湖畔に沿って位置しており、カヌーで水上散歩を楽しむこともできる。マーケットホールには、『マリメッコ』『イッタラ』『ロイヤルコペンハーゲン』など北欧発の人気ブランドから、日本初上陸となるライフスタイルショップ『トレ』『ソピバ』など、約100ブランドの魅力的な雑貨と家具がずらりと並んでいるので、ショッピングを楽しむのも忘れずに。

Advertising
バー

ビアカフェ バテレ

icon-location-pin 多摩地域

奥多摩の大自然に癒された後は、美味いビールを飲んで帰ろう。ビアカフェ バテレは、奥多摩駅の目の前の道路をわたり、柳小路を入ったすぐの場所にたたずむビアホール。古民家を改装した店舗で、落ち着いた雰囲気が心地よい。クラフトビールは、店の裏で醸造しているオリジナルも含め約10種類用意。つまみや一品料理などのフードも充実している。

ミュージアム

東京都夢の島熱帯植物館

icon-location-pin 新木場

夢の島公園内にある植物園。熱帯雨林の環境をモデルに作られた大温室には、様々な熱帯植物が植えられ、冬でも暖かい。同館は新江東清掃工場から送られてくる高温水とエネルギーを利用することで、1年を通じて気温が高く雨の多い熱帯雨林のような環境を保っている。週末には子ども向けのワークショップが開催されているので、家族連れにもおすすめだ。

Advertising
アトラクション, 動物園&水族館

井の頭自然文化園

icon-location-pin 吉祥寺

井の頭自然文化園は、広大な井の頭公園内にある動物園。同園の魅力は、愛らしい動物を間近で眺められることだ。たとえば『リスの小怪』では、9時30分〜16時30分の間、ニホンリスが暮らす空間に入って、リスの行動を目の前で観察することができる。また、『モルモットふれあいコーナー』では、10時30分〜11時30分と、13時30分〜15時の2回、モルモットを抱っこすることが可能だ。遊び疲れたら、はな子カフェで一休みしよう。

Advertising