ホテル

東京のホテル、宿泊施設ガイド

新築町家の分散型ホテル「SATOYAMA STAY」が飛騨に開業
ニュース

新築町家の分散型ホテル「SATOYAMA STAY」が飛騨に開業

美ら地球が飛騨古川の歴史的景観地区内で取得した2軒の町家を新築、再生して飛騨地域初の分散型ホテル、SATOYAMA STAYを開業した。3部屋と離れの蔵から成り、18人が収容可能。先行予約をクラウドファンディング、キャンプファイアー(CAMPFIRE)で受け付けている。   メイン棟の弐之町   分散型ホテルとは、地域に点在する古民家や歴史的建造物などを再生して宿泊施設とし、地域全体を一つの宿に見立て、食事や買い物は「町」で楽しむことで、その地域全体を体験できるというものだ。 景観維持のための施設には公的資金が使われることが多いなか、必要資金の97%以上を自社調達して運営するというまれなケースであり、町並みや景観を維持継承しながら投資費用を回収するというモデルへの取り組みとして構想された。   SATOYAMA STAY   2軒のうち、フロントなどを備えるメイン棟であるSATOYAMA STAY弐之町は 、300平方メートルにもわたる木造町家を新築して整備したが、このような大規模な町家の新築は珍しい。飛騨の職人たちの技術が継承される場となるように、このような大規模な新築に踏み切ったという。そのため、建具や畳からのれんに至るまで、地域の職人の手によるものが使われている。   古材などを活用した調度品     持続可能な観光を視野に入れ、今回の事業においては観光分野の国際標準GSTC認証取得を目指した取り組みも実践している。 例えば、すでに述べた域内調達(備品や館内表示など可能な限り地域の事業者に依頼、調達して地域経済への寄与を目指す)のほかにも、大手家具メーカーの廃材、近隣の蔵に眠っていた食器や家具などのリユース、電力は100%自然エネルギーで賄われる電力会社から購入するなどの工夫だ。   SATOYAMA STAY   このようにさまざまな取り組みの成果であるメイン棟1階には、地元の人々にも気軽に入ってもらえるように、大きく開放できる出入り口を作り、開放的な空間を設計した。キッチンスタジオも併設し、住民による料理教室など地域内外の人々が集うコミュニティー拠点となるように、インドアプログラムも充実させる予定だ。 これまでにも美ら地球は、「暮らしを旅する」をコンセプトとしたガイドツアーサービス『SATOYAMA EXPERIENCE』としてサイクリングツアーなどの体験プログラムを提供してきた。今回のSATOYAMA STAYの開業で、日本の田舎の代表的な存在でもある飛騨地域において「暮らしを旅する」滞在のトータルプロデュースがいよいよ実現する。 クラウドファンディングでは、一般予約に先行して予約を受け付けている。 SATOYAMA STAYの詳しい情報はこちら 関連記事 『新幹線が半額に、JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」開始』 『観光庁の「Go To トラベルキャンペーン」の概要が発表』 『「マイナポイントはSuicaで貯めよう!」キャンペーンで最大6,000円還元』 『国内旅行は7月から活発に?「新しい日常」を過ごす外国人の声』 『「里山十帖おうちごはん」の滋味で心と体を癒す』

東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編
ニュース

東京、ホテルのワーケーション4選 ラグジュアリー編

コロナ禍において広がりつつある、ワーケーション(Workation)という言葉を知っているだろうか。「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語で、オフィスを離れて普段とは違う環境で働くという新しい働き方の一つだ。 都内にいながらにして、非日常な空間で豊かなひとときを過ごし、仕事にも集中することがラグジュアリーホテルはワーケーションとして最適。ここでは都内のハイエンドなホテルが提案する、魅力的なリモートワークプランを紹介したい。 海外や遠方への旅がなかなかできない今、都内で究極のワーケーションを試すのはスマートな選択と言えるかもしれない。都心のホテルで過ごすことで、今まで気付かなかった東京を再発見してほしい。 1. パノラマビューを独り占めする。   ヒルトンお台場   レインボーブリッジを一望できるパノラマビューが素晴らしいヒルトン東京 お台場。2020年7月31日(金)まで実施する、7泊のワーケーションプランでは、Wi-Fiはもちろん、滞在期間中の駐車場、ジムも24時間無料で使用できる。1000円追加で朝食をとれたり、館内レストランが30%割引になる特典も。全室にプライベートバルコニーがあり、心地よい潮風を感じられる。プリンターやパソコンの貸し出しなどに対応するビジネスコネクティビティステーションも、リモートワークには心強い存在だ。 公式サイトはこちら 2. 日本庭園を眺める。   ホテルニューオータニ   9時からチェックインでき、18時までのデイユースをファーストクラス気分で体験できるのがニューオータ二。6メートルの大滝や350匹もの錦鯉が泳ぐ清泉池が壮観な日本庭園を散策し、気分転換したら、きっと新しいアイデアが湧いてくる。ラグジュアリーホテルだけに、郵便局やATM、コンビニエンスストアなども館内にあるのがうれしい。1万6,000円の滞在費にはサンドイッチやおにぎり、乾杯セットなどの6種類から選べるルームサービスも含まれている。 公式サイトはこちら 3. 東京の波を五感で感じる。   メズム東京   今年6月に開業したウォーターズ竹芝の一角にある、メズム東京、オートグラフ コレクションは「TOKYO WAVES」がコンセプト。全265室にカシオのデジタルピアノが設置されるなど、五感を魅了するホテルだ。広々としたバルコニーのある部屋も多く、浜離宮恩賜庭園と東京のウォーターフロントを臨む絶景を味わうことができる。 ワーケーションにぴったりなショートステイプラン『ザ・ワークプレイス』は9〜17時の利用で3万円から(13時まで利用の場合は2万5,000円から)。猿田彦珈琲のオリジナルブレンドや不二家の「ペコちゃん」とコラボレーションしたアメニティ、冷蔵庫のハートランドのビールなどは無料。プランは9月30日(水)まで。 なお、6月にはウォーターズ竹芝の敷地前面に新たに船着場が誕生し、浅草や両国、お台場などへアクセスできる水上バスの定期運航が始まったほか、7月13日からは、竹芝と羽田空港を結ぶリムジンボートの運航も始まるため、船でのアクセスもおすすめ。   公式サイトはこちら 4. 和の芸術空間で過ごす。   ホテル雅叙園東京   日本美のミュージアムホテルと呼ばれるホテル雅叙園東京で、ワーケーションとは贅沢な体験だ。チェックイン9時、チェックアウトは翌日の18時という最大33時間滞在できるリモートワークプラン(5万8,000円から)もある。滞在中は朝食、インルームダイニングにてランチ2回も付き、室内のミ

東京、ホテルのワーケーション4選 リーズナブル編
ニュース

東京、ホテルのワーケーション4選 リーズナブル編

都内の機能的なホテルもリモートワークに対応している。オフィスへも徒歩圏内でアクセスでき、仕事に集中できる環境ということで、平日だけ滞在するパターンも増えているのだとか。しかも仕事以外の時間も楽しめる設備があるビジネスホテルも多く、気分転換としてのプチワーケーションに最適。1カ月の長期滞在を試みるもよし、隙間時間に立ち寄るもよし、毎日をより心地よく過ごす選択肢として、知っておくと便利な施設をピックアップした。 1. コーヒーの香りに包まれる。   シタン(CITAN)   日本橋、馬喰町にあるヒップなホステル、シタン(CHITAN)。1泊2,500円のドミトリーから、広々としたキングサイズダブルの部屋まで、選択肢があるのがうれしい。特にリモートワークのためのプランは設定されていないが、エントランスにはテラス席もあるコーヒースタンドや宿泊者専用ライブラリーがあるなど、作業しやすい環境だ。 8時からオープンしているスタンドからは珈琲の香りが漂い、夜はDJラウンジがにぎわう、充実した1日が過ごせるだろう。 公式サイトはこちら 2. 本に囲まれ知のチャージをする。   ブック アンド ベッド トウキョウ 新宿店   本に囲まれて宿泊できるホステル、ブック アンド ベッド トウキョウ(Book and Bed Tokyo)。書棚に囲まれた環境で本が読み放題なのはもちろん、Wi-Fiも無料で使用できる。資料の読み込みに没頭したいとき、調べものをしたいときに最適だ。1泊5,000円からの部屋はコンパクトで、とにかく集中し、仮眠程度にとどめたときにはかえって好都合だろう。 平日は1時間500円からデイユースできるので、隙間時間を利用してのリモートワークスポットとしても知っていると便利。新宿のほか、池袋、浅草にも店舗がある。 公式サイトはこちら 3. 文豪気分で机に向かう。 <写真待ち> 風情あるレトロ旅館、鳳明館もリモートワークのプランを開始。東京大学の本郷キャンパスに近く、執筆目的などでこもるのにいいと評判だ。『文豪缶詰プラン』の開催日にはチェックインからアウトまで外出禁止。どれくらい進んでいるかをチェックする進捗コールサービスや、有料でで専任の編集者が校正したり、差し入れ、要望があれば借金取りがくる修羅場の寸劇などにも対応。 通常でも4時間で3,300円、8時間で4,500円でデイユースでき、文豪気分を味わえる。 公式サイトはこちら 4. 露天風呂で気分転換する。   明神の湯 ドーミーインPREMIUM神田   東京駅のすぐ隣の神田駅に位置する、明神の湯 ドーミーインPREMIUM神田。7泊3万5,000円で朝食と夕食が付くというウィークリープラン。30泊以上の『街のスモールオフィスプラン』(1泊6,500円から)もあり、さらにリーズナブルな料金設定になっている。 街の中心のロケーションでありながら大浴場が充実しているドーミーインだが、神田にもサウナも完備の超軟水風呂があり、疲れを癒せる。この街のスモールオフィスプランは八丁堀や後楽園のドーミーホテルでも実施されているので、アクセスのいいところを選んで。 公式サイトはこちら 5. 都心の9時間を有効に使う。   Photo: Nacasa & Partners   都内で10軒近く展開するスタイリッシュなカプセルホテル、ナインアワーズ。今年7月半蔵門に開業した施設は、作業に没頭できる機能を極めたミニマムな空間で、1泊4,900円から利用できる。また、滞在1時間(14〜21時の間)1,000円か

東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選
レストラン

東京、ホテルで楽しむビアガーデン10選

数多くあるビアガーデンのなかからどこへ訪れるかを選ぶ基準は人それぞれだが、ビールの種類の豊富さ、料理、ロケーション、いずれをとっても都内の有名ホテルは高い質を約束してくれる。 今回は少し背伸びをした、おしゃれなホテルのビアガーデンを紹介。プールサイドでリゾート気分が味わえるものから、普段目にしないギリシャの酒、帝国ホテルの人気メニューが楽しめるものまで、しばし日常を忘れてリラックスしてほしい。    

エディターズ・ピック

東京、ホテルで楽しむ飲み放題プラン
ナイトライフ

東京、ホテルで楽しむ飲み放題プラン

東京の多くの飲食店で提供されている「飲み放題プラン」は、海外ではまず見かけないこの国特有のサービス。しかも、最高級ホテルでも手の届く価格で提供されているとなると、外国人だけでなく、日本人にとっても垂ぜんものだ。 ここでは、近年増えているホテルのシャンパンフリーフロープラン(飲み放題)を紹介する。都内のホテルはこぞって趣向を凝らしたプランを展開しており、さまざまなプランが百花繚乱(ひゃっかりょうらん)。それぞれに特徴が異なり、用途によって使い分けられるのもいい。洗練されたサービスとともに、心地よくラグジュアリーにシャンパンの「泡」を楽しんでみてはいかがだろう。

東京、ホテルのアフタヌーンティー20選
レストラン

東京、ホテルのアフタヌーンティー20選

840年代にイギリスで生まれたアフタヌーンティーの文化。伝統的な3段重ねのティースタンドが主流だが、最近では、和の要素を取り入れたものからワンプレートのスタイリッシュなものまで、様々なアフタヌーンティーが登場している。ここでは、ちょっとしたおもてなしにも使える、都内ホテルのアフタヌーンティー20選を紹介する。好きなホテル、見える景色や雰囲気、紅茶、スコーンとクロテッドクリームなど、注目するポイントによって評価は様々だろう。家族や友人、大切な人との会話に花を咲かせ楽しい午後を過ごすもよし、英国の上流階級よろしく、優雅に気取った気分に浸るもよし、楽しみ方もそれぞれだ。あなたのお気に入りアフタヌーンティーはどこのホテルのものだろうか。

東京、2,000円台で泊まれる宿
ホテル

東京、2,000円台で泊まれる宿

物価が高いと有名な東京だが、探せば2,000円台で快適に泊まれる宿がある。小さな宿ならではのアットホームな接客や、外国からの旅行客との国際交流など、普通のホテルにはない魅力を楽しんでほしい。ここでは、外国人に人気のホステル、古い物件を改装したユニークな宿などを紹介する。

東京、DJイベントが楽しめるホテル&ホステル5選
ナイトライフ

東京、DJイベントが楽しめるホテル&ホステル5選

最近の宿泊施設のパブリックスペースの充実ぶりは見逃せないが、なかでも音楽を楽しみたい人にすすめたいスポットが増えている。ホテルやホステルの雰囲気に合わせた音楽に加え、アルコールやフードが豊富だったり、ゆったりと座れるスペースがあったりと、宿泊施設ならではのおまけ付きだ。

ホステル

リソルポシュテル東京浅草
ホテル

リソルポシュテル東京浅草

※2020年1月22日オープン リソルグループによる、新形態のキャビン型宿泊施設が浅草に開業。 「ポシュテル」とは、ドミトリー(相部屋)中心のホステルに、「上品な、洗練された」という意味の「ポッシュ」をかけ合せた言葉で、海外では広く知られている。シングル専用キャビンの利用はもちろん、家族での利用に最適なグループ貸切エリアや、女性専用フロアもあり、宿泊スタイルに合わせての利用が可能だ。

BUNKA HOSTEL TOKYO

BUNKA HOSTEL TOKYO

浅草の商店街の一角に位置する築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。客室は、プライベート性を重視しながらもリーズナブルに宿泊できるバンクベッド(3,000円〜)を中心に、シングルタイプのドミトリー(5,000円~)やファミリーでも利用しやすいファミリールーム(16,000円~、最大4人まで)と、様々な部屋が用意されている。1階には、宿泊者だけでなく地域の人々や旅行者など、誰でも気軽に立ち寄ることのできる居酒屋BUNKAを併設。 関連記事『東京、泊まりたいホステル2016』

Check prices
Citan

Citan

築90年の古民家をモダンに改築したゲストハウスtoco.や、2号店Nui.の系列となる、ホステルCitanが大伝馬町にオープン。一見、レストランのように見える建物の入り口には、コーヒースタンドが設置され、宿泊者のみならず近隣で働く人々や住人の憩いの場にもなっている。地下には、広々としたダイニングバースペースがあり、スタンドで購入したコーヒーをここで飲むこともでき、夜18時からは、バータイムがスタート。豊富な種類のワインに合う食事を中心に、軽いつまみなども用意している。部屋は、ドミトリーとプライベートルーム(ツイン、ダブル)があり、ドミトリーは3,000円から宿泊可能だ。また、アメニティにこだわりをもち、同じ東日本橋に拠点を構える『OSAJI(オサジ)』というオーガニックコスメを提案するブランドのシャンプーやコンディショナーを用意しているのも見逃せないポイントだ。 関連記事『東京、泊まりたいホテル&ホステル2017』

Check prices
Train Hostel 北斗星

Train Hostel 北斗星

運行廃止となった寝台特急「北斗星」の車内備品を取り付けたホステルが馬喰町駅直結のビルにオープン。北斗星の2段ベッドや、個室寝台の一部実車パーツを内装に再利用し、細部までこだわった寝台列車の空間づくりを取り入れる。部屋はドミトリーと半個室の2種類。列車の旅気分が味わえることだろう。 関連記事『東京、泊まりたいホテル&ホステル2017』

Check prices
もっとみる