東京ガイド

ローカルエキスパートによる都市生活者のためのベストガイド

ブログ

TOKYO MUSIC BOX #21 サッシペレレ

シーズン2として今夏から連載再開となる本企画の1軒目に紹介するのは、四ッ谷のブラジリアンレストラン、サッシペレレ。四ッ谷駅から市ヶ谷駅へと向かう大通り沿いの地下に店を構える同店は、1972年オープンの老舗である。当時はブラジルの料理や音楽が一般的にほとんど認知されていない時代だったため、本格的なブラジル料理と生のサンバ、ボサノバライブが楽しめる初めて店として注目を集めた。毎日生演奏が行われるライブレストランという形態の先駆けともなったが、同店に出入りしていた多くの国内外のミュージシャンによって日本におけるブラジル音楽文化の礎が築かれたといっても過言ではない。何を隠そう同店は、日本におけるボサノバアーティストの代名詞である小野リサの実家であり、彼女のミュージシャンとしてのキャリアの出発点なのだ。小野リサの父であり、日本とブラジルを文化的に結んだ功労者であった小野敏郎(2012年逝去)が開き、現在は小野リサの妹里笑が経営を継いでいる同店の歴史を、小野敏郎の妻 小野和子に聞いた。   ー1958年にご家族でブラジルに渡られたとのことですが。 小野:「ブラジルは(商売をするには)いいぞ」と友人からの進言があり、(敏郎は)決断したようです。住み始めた当時はサンバなどのカーニバルの音楽やボレロ風のものが主流で、ボサノバは少したってから現れました。 ー敏郎さんが開店し、サンパウロで15年間営業したというクラブICHIBANがサッシペレレの原型になっていると伺っていますが、当時、現地でネットワークを作るのは大変なことだったのではないでしょうか。 小野:日系人が多くいましたから、なんとかなったんじゃないですかね。元々、音楽が大好きな人だったのでね。生のバンドを入れた店がやりたいというのが初めからあって。地道に地元のミュージシャンに声をかけていって集めていったんだと思いますよ。日曜日以外は毎日演奏が入っていましたね。料理に関しても、現地でスタッフを雇って。そういえば、渡辺貞夫さんが来てくれたことがあったわね。うちのお店で現地のミュージシャンとセッションするうちにブラジル音楽にハマったみたい。 ライブ盤『ナイト・ウィズ・ストリングス』より、ボサノバに傾倒した渡辺貞夫が1967年に発表し日本のボサノバブームに火をつけた『ジャズ&ボッサ』にも収録されている『イン・ザ・ウィ・スモール・アワーズ 』 ー日本に戻ってもブラジルのお店をやるという敏郎さんの考えに、奥さんも賛成だったのですか。 小野:私は大人しい女でしたから(笑)。四ッ谷を選んだのは、このビルを経営している知り合いから、ここを使っていいよという話が主人に行ったから。元々は穴蔵のバーみたいだった場所で、当時は今の半分くらいの広さだったのを段々広げていったのです。 ー当時はまだ日本人はブラジルの音楽や料理について何も知らない状況だったと思うのですが。 小野:そうですね。ブラジルと言われても、カーニバルがあるらしい、

詳細情報

エディターズ・ピック

映画

ジャングル・ブック

ディズニーによるアニメーション作品『ジャングル・ブック』を実写映画化した作品が完成した。ジョン・ファヴロー監督は、1967年に製作されたアニメーション版に登場するジョークや楽しさ、ラドヤード・キプリングが発表した原作小説に見られるダークさを取り入れ、さらに畏怖と恐怖の念を抱かせる効果を加えている。注意してほしいのは、トラを抱きしめるような可愛らしい作品ではないということだ。『ツイッター』上で本作は、子ども向けの、映画『レヴェナント: 蘇えりし者』だと呼ばれている。 オオカミに育てられた少年モーグリを、2千人以上の子役から選ばれた12歳の新人ニール・セディが演じている。ルピタ・ニョンゴが声を演じる母オオカミのラクシャは、モーグリを自身が産んだオオカミの子と一緒に育て、惜しみない愛を注ぎ、トラのシア・カーンが人間の子どもを餌食にしようとジャングルに現れたときに命懸けで守ろうとする。男性のキャラクターばかりが登場する設定に女性のキャラクターを加えたことで、映画製作チームは評価されるべきだ。 そして、『ライオン・キング』に悪役として登場するスカーに匹敵するシア・カーンは、今年1番の悪役と言っても過言ではないかもしれない。イドリス・エルバがロンドン訛りで演じる捕食動物は、戦いによる傷跡があり、唸声を上げ、卑劣で手段を選ばない、残忍かつ非常に危険な存在だ。 物語が中盤に差し掛かり、観客が「本作には楽曲が唯一欠けている」と思い始めるころに、怠け者で、蜂蜜が大好きなクマのバルー(声の出演はビル・マーレイ)が歩きながら『ザ・ベアー・ネセシティ』を口ずさむ。そして、サルたちの王である巨大類人猿のキング・ルーイ(声の出演はクリストファー・ウォーケン)が、モーグリの心を揺さぶりながら、ブルックリンのギャングをまとめる親分のようにゆっくりと『君のようになりたい』を披露する。 ストーリーやメッセージは少々曖昧で、完璧な作品とは言えないが、子ども時代の終わりについて感動的に描かれていた。バルーがモーグリを人間が住む村に案内しながら、悲しそうに「人間は彼を台無しにする」と語る。本作には生きるために必要な最小限のものと、それ以上にもっと多くのことが描かれていた。 公式サイトはこちら 2016年8月11日(木)全国ロードショー テキスト:CATH CLARKE 翻訳:小山瑠美

タイムアウトレビュー
  • 4 5 つ星中
詳細情報
ブログ

銭湯にもゴジラが出現、映画シン・ゴジラとコラボレーション

2016年7月29日(金)より公開となる、映画『シン・ゴジラ』とコラボレーションしたイベントが各所で行なわれている。東京23区のなかで最も多くの銭湯があり、黒湯が湧き出る温泉地でもある大田区の「大田黒湯温泉 第二日の出湯」にもゴジラが現れた。  男湯 女湯 このゴジラのペンキ絵を手がけたのは、日本で唯一の女性銭湯ペンキ絵師田中みずき。羽田空港や多摩川、池上本門寺、かまたえんの屋上観覧車など大田区の風景に、赤みを帯びた溶岩のような皮膚が特徴的な迫力満点のゴジラが描かれている。 1954年に1作目が公開されてから、半世紀以上にわたってシリーズ化されている『ゴジラ』。12年ぶりの日本版となり、庵野秀明監督の描くゴジラの世界観にも期待が高まる。なお、同イベントは、2016年7月22日(金)から10月下旬まで。 大田黒湯温泉 第二日の出湯の詳しい情報はこちら 関連記事『ゴジラが破壊した東京のランドマークを訪ねる』『渋谷パルコにゴジラが出現、映画シン・ゴジラとコラボレーション』          

詳細情報
スポーツ

インタビュー:萩野公介

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > インタビュー:萩野公介 五輪の記録を打ち破ってきたアメリカ人競泳選手のマイケル・フェルプスが、リオでその偉業を不動のものにすることを狙う一方、萩野公介は憧れのフェルプス打倒を目指す。4年前、400m個人メドレーで銅メダルを獲得した21歳の萩野。リオでは2つの金に狙いを定めている。 「今回、200mと400mの個人メドレーで勝てると思います。正直4年前は、勝てるとは思っていませんでしたが、今回は言い訳できません」と萩野は我々に語った。また、萩野は同じ「こうすけ」である北島康介の後を継いで日本チームのリーダーも務める。北島は、2004年と2008年の五輪の両方で2つの金を獲得したが、リオへの出場資格は逃した。 「第2の北島にはなれません」と萩野はきっぱりと言う。「いつか子供たちが自分のようになりたいと思ってくれるかもしれないと想像するのは、もちろん励みになります。五輪で泳いで、フェルプスやロクテと金メダルを競い合えるのは大変な名誉です」。 自転車の転倒で肘を骨折し、昨年の世界選手権の出場を逃した萩野であるが、リオ五輪では、200m自由形と800mリレーでもメダルへの期待がかかる。だが、個人メドレーこそが萩野の本命であり、通算メダル獲得数22個(そのうち18個が金)を誇り、五輪の頂点を極めたフェルプス打倒は、萩野が熱望するものだ。 「いつもフェルプスを目標にしてきました。しかし、プールに入ったら、フェルプス打倒に専念するだけです」。リオで大望を成就しても、穏やかな話し方をする萩野が自分を見失うことはないだろう。「フェルプスに勝ったとしても、彼が遠い偉大な存在であることに変わりません、でも勝てたら、より高い所を目指すモチベーションになります」。 話題が北島に戻ったときも、萩野の話し方はもの静かだった。「本当に、北島さんが備えていたような能力も、チームリーダーになる資格も持っていません、学ばなければならないと思います。しかし、もっと立派な日本人水泳選手はたくさんいますが、結果を出して手本となるとうな選手になりたいです」。 弱年にもかかわらず、萩野は、4年後に迫る2020年東京五輪で偉業を残すことをすでに目標に置いている。「次は東京五輪で、とてもやる気をかき立てられ、本当に楽しみです。しかし、その前にすべきことがたくさんあります。まずはリオ五輪です」と述べた。

詳細情報
ブログ

トレインスポッティング2の予告編が公開

今年の5月から撮影を開始した映画『トレインスポッティング(Trainspotting)』の続編『T2(仮名)』の予告編が公開された。予告からは、ストーリーを読み取ることはできないが、イギー・ポップの『ラスト・フォー・ライフ』が流れるなか、20年たった現在のレントン、スパッド、シック・ボーイ、ベグビーと、おなじみの面々が駅のプラットホームに現れる姿を見ることができる。 今作は、『トレインスポッティング』の原作者である、アーヴィン・ウェルシュが2002年に発表した同小説の続編となる『ポルノ』をベースとしたストーリーとなる。以前タイムアウトロンドンのインタビューで、ダニー・ボイル監督は「原作小説の故郷に再び戻ってくるメンバーというアイデアに基づいてはいるが、あくまでもオリジナルの作品になる」と語っていた。 日本での公開も待ち遠しい『T2(仮名)』。イギリスでは2017年1月27日(金)に公開予定。  

詳細情報
ブログ

眠らないホステルWISE OWL HOSTELS TOKYOに行ってきた

「フクロウのように賢く東京を夜まで遊びつくす」をコンセプトに掲げるホステル「WISE OWL HOSTELS TOKYO(ワイズ アウル ホステルズ トーキョー)」が2016年7月22日(金)、八丁堀にオープン。ホステルに到着すると、女将を務めるベルギー生まれのユーラシアワシミミズクの「八」が迎えてくれた。    サービスアパートメント  ドミトリールーム。ベッドには、USBジャック、鍵付き収納スペース、換気口が備わっている 同ホステルは、地下1階、地上6階建てになり、6階は豪華な家具付きのサービスアパートメントとなっている。2階から5階には『シモンズ』製のマットレスを備えたドミトリーと、個室タイプの部屋があり1泊3,600円から宿泊することができる。ゆとりあるドミトリールームには、しっかりとした仕切りや、鍵付き収納スペースがありプライバシーも十分に配慮されていた。 地下1階のホステルの象徴となる「SOUND&BAR HOWL」は、ぜひ訪れてほしいバーだ。心地よいサウンドを追究した空間づくりが自慢で、音のスペシャリスト霜田英麿、小松音響研究所、Yosi Horikawaの3名がコラボレーションして造られた。オープニングイベントでは、スピーカー設計を担当したYosi Horikawaがライブを披露し、真鍋大度、Daisuke TanabeらのDJパフォーマンスなどが行なわれた。今後も様々なイベントが予定されており、注目したい新たなナイトスポットでもある。 安眠できるベッド、美味しい日本食、究極の音が楽しめるバーと、宿泊以外にも楽しめる要素が存分に備わったWISE OWL HOSTELS TOKYO。八丁堀の街に溶け込む新たな施設を訪れてみてはいかがだろう。  WISE OWL HOSTELS TOKYOの詳しい情報はこちら   1階にある、おでんと日本酒をメインに、食材に合わせた「だし」を使った日本食が味わえるモダンな居酒屋。外の席でのんびり飲むのもいい 三軒茶屋のスペシャルティコーヒー専門店「OBSCURA COFFEE ROASTERS」の珈琲豆を使用したコーヒースタンドはエントランススペースにある          

詳細情報
映画

ゴジラが破壊した東京のランドマーク

これまでに、映画『ゴジラ』シリーズ28作品を製作してきた東宝が今夏公開する最新作『シン・ゴジラ』で、ついにゴジラが復活を果たす。脚本、総監督は『エヴァンゲリオン』シリーズなどを手がけた、庵野秀明。監督、特技監督は『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が務めた。映画界きっての人気怪獣の復活を祝して、ゴジラが長年にわたり足跡を残してきた東京のランドマークを紹介しよう。最新作『シン・ゴジラ』は、2016年7月29日(金)から劇場公開。 テキスト;Matt Schley

詳細情報

注目イベント

Things to do

YEBISU BAR The GARDEN

霞ヶ関の高層ビルに囲まれたテラスで『ヱビスビール』を存分に楽しめるビアガーデン。メニューは『ヱビスビール』、『ヱビス プレミアムブラック』、『ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)』の飲み放題に、枝豆、ソース焼きそばなどオーソドックスな料理がついたコースなどがある。銀座や新橋からも近いので、仕事帰りに気軽に立ち寄るのもいいだろう。 特集記事『東京、ビアガーデン2016』

詳細情報
Things to do

SINGLE ORIGIN TEA FESTIVAL 2016

世界中の紅茶を飲み比べることのできるイベントが台東区にある東京都立産業貿易センターにて開催される。そもそも、イベントのタイトルにもなっているシングルオリジンティーとは、生産者が明確で、かつブレンドや着香などの加工を施していない茶葉本来の個性を味わうことのできる茶のこと。茶樹の品種や、生育される土壌、気候、製茶の仕方の違いなどにより多種多様な茶が作られ、様々な香りや味わいを楽しむことができるのだ。同イベントでも、気になる紅茶を飲むことのできるテイスティングラリーや、シングルオリジンティーをより深くすることのできるセミナーなどが開催され、厳選された紅茶を堪能することができる。また、気に入った紅茶はその場で購入することも可能。お気に入りの紅茶を見つけるべく、紅茶好きはぜひ足を運んでみてはいかがだろう。なお、紅茶のテイスティングに使用するので、足を運ぶ際はテイスティング用のカップを持参しよう。

詳細情報
アート

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

アーティスト、しりあがり寿の自身初となる美術館での個展。漫画『時事おやじ2000』や『弥次喜多 in Deep』の作者として知られるしりあがり寿だが、今回の展覧会では彼のインスタレーション作品を中心に展示される。近年多く発表してる身の回りのあらゆるものを回転させるインスタレーションは、漫画作品に通じるアイロニーや素朴な疑問を見る側に投げかける。これまでの作品を振り返りつつ、アーティストとしてのしりあがり寿ワールドを堪能できるだろう。しりあがり寿とデザイナー祖父江慎の対談や、子ども向けのワークショップなど関連イベントも充実しているので、あわせて楽しみたい。

詳細情報
Things to do

ベイサイドビアガーデン

世界の屋台料理をテーマに開催される、横浜ベイクォーターの広々としたビアガーデン。ポートランドのフードトラックをイメージした雰囲気のなか、アジア、ヨーロッパ、アメリカ料理を味わえる。また、会期を4つのシーズンに分け、それぞれのシーズンごとにメニューが変わるのも要チェック。期間中には、フラダンス、タヒチアン、ベリーダンス、ラテンバンドなどのパフォーマンスが会場で行われる。 特集記事『東京、ビアガーデン2016』

詳細情報

世界目線で考える。

Things to do

ナイトエンターテインメントと考えるこれからの街づくり

2016年4月で7周年を迎えたタイムアウトカフェ&ダイナー。4月はアニバーサリーマンスとして期間限定で伊勢うどんを提供したり、新世代のキーパーソンとなるアーティストたちが多く出演したイベント『Song For A Future Generation』や、寺社フェス『向源』とのコラボレーションイベントなど、様々なイベントが開催されてきた。タイムアウト東京が主催し、毎回様々な分野のエキスパートを招くトークイベント『世界目線で考える。』のスペシャルバージョン、『世界目線ラウンジ』もその一つだ。全3回開催された『世界目線ラウンジ』の最終回、そして7周年スペシャルイベントのラストを飾る『世界目線ラウンジナイトエンターテイメントの未来』が2016年4月26日に開催された。風営法改正をリードし、ナイトカルチャーやナイトエコノミーの持つポテンシャルをいかした魅力ある都市づくりに取り組み続ける弁護士の斉藤貴弘と、2015年に『Sensuous City [官能都市]』を発表し、都市の魅力を測る新たな定義と尺度を提案し注目されるHOME’S総研所長の島原万丈をパネラーとして迎えた同イベント。実際に住む人の目線から考える住み良い街や、夜をいかした街づくりや観光、これからの新たな夜の遊び場の形についてなど、それぞれに持つ観点から存分に語ってもらった。

詳細情報
ブログ

ネットとメディアの未来を考える、動画サイトPLAY▶TOKYOが始動

2016年4月で7周年を迎えたタイムアウトカフェ&ダイナー。そのスペシャルイベントの一貫として、タイムアウト東京が主催し、毎回様々な分野のエキスパートを招くトークイベント『世界目線で考える。』のスペシャルバージョン、『世界目線ラウンジ』が開催された。第2弾は、『世界目線ラウンジ ガイドは動画にする。』と題し、2016年2月に動画ガイド『PLAY▶TOKYO』を3社共同で立ち上げた博報堂ケトルの嶋浩一郎、TUGBOATの川口清勝、タイムアウト東京の伏谷博之の3人がパネラーとして登壇した。2020年を見据え、スタートしたプロジェクト『PLAY▶TOKYO』。その立ち上げの背景には、伸び続ける訪日外国人観光客数と、ネット環境のさらなる発展があった。トークはまず、それぞれのインターネットについての考え方を語るところから始まった。   川口はまず、広告代理店のインターネットに対する考え方に問題があると指摘した。インターネットの広告費はラジオ、雑誌を抜き、ついには新聞をも抜いてしまった。にもかかわらず、いまだに広告代理店の営業はテレビコマーシャルを売りたがり、ネット広告は儲からないと考えている。川口は広告代理店を不動産屋にたとえ、高く土地を買ってくれるなら家はサービスで建てる、というシステムで成り立っているビジネスなのだと言う。たとえば多くの人が見る月9のドラマの枠にCMを流すことは、1度で大多数にメッセージを届けることを意味する。同じ時間を共有することに価値を見出し、企業はそれをリーチ数として換金するシステムを採用してきた。それはテレビなら視聴率であり、新聞なら部数、そしてネットならPV(ページビュー)という形で表されてきた。 しかし、今後は「Relevancy」、つまり「適合性」が重要視されると川口はいう。従来の「1 to Many」から、「1 to 1」へ。自分に合った、自分に向けられたコンテンツに課金するシステムが求められる。その例として挙げたのはマガジンハウスの雑誌『BRUTUS』やラジオの投稿など、少数ながらも確実に対象に対して興味を持ち、熱量を持ってコンテンツに向き合っている人々がいるメディアだった。そして、今後のネットはそういう場所になるべきであると語った。   嶋もまた、ネットの問題点として真っ先に価格破壊を挙げた。現状としてデジタルコンテンツは「1PVあたり何円」、という換金システムで扱われる。しかし、インターネットの本質が民主主義にあるとはいえ、たとえば素人ライターの記事と大手新聞社の海外派遣記者が書いた記事が同じ収入システムで扱われるのはおかしいと語る。新聞社のようなコンテンツホルダーが売りにすべきはそのクオリティであり、問題は取材コストの捻出方法にある。適した相手にコンテンツを発信し、ユーザーはそれに見合った対価を払う。世界共通のインターネットの世界に必要なのは新しいマネタイズの発明であると説いた。   そして、 いよいよ話題は『PLAY▶TOKYO』に移る。川口は訪日外国人観光客は2016年4月には2000万人を超え、2020年には4000万人を超えると言われている今、向こう10年のうちに日本国内で経済を回すことのできる「アクティブ」な人の数は、外国人が日本人を上回るだろうと予測する。このまま国内のコミュニケーションにだけ対応していてはまずい。来る逆転に備え、今からやるべきことがあるのではと感じたのが2年前だったという。かねてから嶋の立ち上げたケトルと仕事がしたいと思っていた川口は、『PLAY▶TOKYO

詳細情報
ブログ

インバウンドから考える、ガイドブックの未来

2016年4月で7周年を迎えたタイムアウトカフェ&ダイナー。そのスペシャルイベントの一貫として、タイムアウト東京が主催し、毎回様々な分野のエキスパートを招くトークイベント『世界目線で考える。』のスペシャルバージョン、『世界目線ラウンジ』が開催。初回は、『世界目線ラウンジベストガイドサミット vol.1』と題し、『地球の歩き方』を発行するダイヤモンド・ビッグ社代表取締役社長の藤岡比左志と、KADOKAWA『ウォーカー』総編集長でエリアウォーカー部部長、ウォーカー街づくり総研理事長を兼ねる玉置泰紀、タイムアウト東京代表取締役の伏谷博之の3名が登壇。個性豊かなガイドブランドを展開する3者のトークは玉置の乾杯の音頭から始まった。   国民性にあったガイドブックを作る 1979年に創刊された『地球の歩き方』。その誕生までの流れは、まさに今日のメディアが目指すものと言える。当時就活情報誌を出版していたダイヤモンド・ビック社。そこへ、就活を終えた大学4年生を飛行機代が安い1~3月ごろに海外へ行かせようというプロジェクトが持ち込まれる。今日の「卒業旅行」の萌芽だ。「ダイヤモンドステューデントツアー」と銘打たれてスタートし、参加者にはインセンティブとして前年の参加者の体験談が載ったガリ版刷りのガイドが配られた。学生だけで海外旅行に行くことは珍しかった当時は、ガイドブックといえば出張やツアー用しかなかったのだ。その後、そのガイドは『地球の歩き方』として市販されるようになる。「世の中にない情報を形にする」ことが、日本を代表するガイドブック『地球の歩き方』の原点だと藤岡は語った。 「飛行場から市内へ無事たどり着けるか」「時期的に何を着ていけばいいか」など、『地球の歩き方』の編集部には読者から多くの相談が寄せられるという。天気、簡単なフレーズ、交通手段などありとあらゆる情報を掲載し、時に「過保護なガイドブック」と称されることも。しかし藤岡は「国民性に合ったガイドブック」を作っているのだという。それは「分からなければ聞けばいい」と考えている外国人に対し、心配性の日本人には需要があるのだ。 国民性という話題のなかでもう1つ日本人の特徴としてあげられたのが「選択が苦手」ということだった。タイムアウト東京では、「東京、ナポリタン5選」といったまとめ記事が人気だ。しかし、他の都市では50選、100選などが上位になる。レストランでいえば、膨大なメニューのなかから選択するフレンチや中華に対し、鮨屋では「おまかせ」こそが一流と考える。ランキング好きと言われる日本人だが、あまりに選択肢が多過ぎても選べなくなってしまう、取捨選択が苦手な国民性なのだ。  アジアを呼び込む 日本の特集記事が別冊として付録になり、さらに独立し月刊誌として創刊するにいたるほど、日本ファンが多い台湾。しかし、尖閣諸島問題や3.11の時の日本離れは顕著だった。1999年に創刊された『台北ウォーカー』など多言語化する『ウォーカー』ブランドを手がける玉置は事態を冷静に見つめ、インバウンドの話が盛んにされるようになったときもあまり期待していなかったという。しかし、日本とアジア諸国との政治的関係が冷え込んでいる間にも、円安、SNSの普及、アジア諸国の経済成長、ビザの緩和などインバウンドにつながる様々なことが起きていた。次第にアジアの人々の「日本=物価が高い」というイメージが「日本=安い、安全、行きやすい」に変わっていったのだ。 インバウンドを考えるうえで、日本が手本にすべきはフランスだと藤岡は言う。人口

詳細情報
Things to do

共感で人を集める

2016年2月17日(水)、タイムアウト東京が主催するトークイベント『世界目線で考える。「場」をつくる編』が開催された。今回は、東京を中心に約100店舗の飲食店を経営するカフェ・カンパニー代表取締役社長の楠本修二郎と、雑誌『自遊人』を発行し、宿「里山十帖」を経営する自遊人代表取締役、クリエイティブ・ディレクターの岩佐十良の2名が登壇。第1部では、今まで取り組んできたプロジェクトをそれぞれが発表し、第2部では、タイムアウト東京代表の伏谷博之が聞き手として参加し、2人が考える人が集まる仕組み、データの必要性、地方創生、インバウンドなど、多岐にわたる話題で熱いトークセッションが行われた。

詳細情報
世界目線で考える。最新情報へ

TOKYO MUSIC BOX

ブログ

TOKYO MUSIC BOX #21 サッシペレレ

    in collaboration with KKBOX                  サッシペレレ 値段:¥¥¥ 音量:★★  照度:★★★ ポイント:毎日開催されているサンバ、ボサノバ、MPBのライブ この一杯:カピリーニャ     定番スポットや老舗バー、注目の新店まで、魅力的なミュージックスポットを、店主、スタッフ、常連客がセレクトしたミュージックプレイリストとともに紹介する連載企画『TOKYO MUSIC BOX』。 シーズン2として今夏から連載再開となる本企画の1軒目に紹介するのは、四ッ谷のブラジリアンレストラン、サッシペレレ。四ッ谷駅から市ヶ谷駅へと向かう大通り沿いの地下に店を構える同店は、1972年オープンの老舗である。当時はブラジルの料理や音楽が一般的にほとんど認知されていない時代だったため、本格的なブラジル料理と生のサンバ、ボサノバライブが楽しめる初めて店として注目を集めた。毎日生演奏が行われるライブレストランという形態の先駆けともなったが、同店に出入りしていた多くの国内外のミュージシャンによって日本におけるブラジル音楽文化の礎が築かれたといっても過言ではない。何を隠そう同店は、日本におけるボサノバアーティストの代名詞である小野リサの実家であり、彼女のミュージシャンとしてのキャリアの出発点なのだ。小野リサの父であり、日本とブラジルを文化的に結んだ功労者であった小野敏郎(2012年逝去)が開き、現在は小野リサの妹里笑が経営を継いでいる同店の歴史を、小野敏郎の妻 小野和子に聞いた。   ー1958年にご家族でブラジルに渡られたとのことですが。 小野:「ブラジルは(商売をするには)いいぞ」と友人からの進言があり、(敏郎は)決断したようです。住み始めた当時はサンバなどのカーニバルの音楽やボレロ風のものが主流で、ボサノバは少したってから現れました。 ー敏郎さんが開店し、サンパウロで15年間営業したというクラブICHIBANがサッシペレレの原型になっていると伺っていますが、当時、現地でネットワークを作るのは大変なことだったのではないでしょうか。 小野:日系人が多くいましたから、なんとかなったんじゃないですかね。元々、音楽が大好きな人だったのでね。生のバンドを入れた店がやりたいというのが初めからあって。地道に地元のミュージシャンに声をかけていって集めていったんだと思いますよ。日曜日以外は毎日演奏が入っていましたね。料理に関しても、現地でスタッフを雇って。そういえば、渡辺貞夫さんが来てくれたことがあったわね。うちのお店で現地のミュージシャンとセッションするうちにブラジル音楽にハマったみたい。 ライブ盤『ナイト・ウィズ・ストリングス』より、ボサノバに傾倒した渡辺貞夫が1967年に発表し日本のボサノバブームに火をつけた『ジャズ&ボッサ』にも収録されている『イン・ザ・ウィ・スモール・アワーズ 』 ー日本に戻ってもブラジルのお店をやるという敏郎さんの考えに、奥さんも賛成だったのですか。 小野:私は大人しい女でしたから(笑)。四ッ谷を選んだのは、このビルを経営している知り合いから、ここを使っていいよという話が主人に行ったから。元々は穴蔵のバーみたいだった場所で、当時は今の半分くらいの広さだったのを段々広げていったのです。 ー当時はまだ日本人はブラジルの音楽や料理について何も知らない状況だったと思うのですが。 小野:そうですね。ブラジルと言われても、カーニバルがあるらしい、

詳細情報
ブログ

TOKYO MUSIC BOX #20 POINT・66

    in collaboration with KKBOX                  Point・66 値段:¥¥¥ 音量:★★★ 照度:★★ 出会い:★★★★★ この一杯:本格麦焼酎 O.Henry       ※プレイリストは記事下部 定番スポットや老舗バー、注目の新店まで、魅力的なミュージックスポットを、店主、スタッフ、常連客がセレクトしたミュージックプレイリストとともに紹介する連載企画『TOKYO MUSIC BOX』。  第20回に紹介するのは、渋谷のPOINT・66。2015年10月にオープンした同店は、ロケーションこそ夜間は閑散としている並木橋エリアにある雑居ビルの4階という目立たないものだが、店内の活気は凄まじい。客の輪の中心にいるのは、西麻布で36年にわたって多くのミュージシャンや著名人に愛されたクラブ、328の元オーナー前園勝次。2015年6月に惜しまれつつ328を閉めた彼が、次に拠点として構えたのがこのPOINT・66だ。年齢や職業を問わず、時にビッグアーティストと学生が肩を並べて飲むことさえある気さくで温かな雰囲気は、328時代から変わらないものだ。   日本にまだクラブカルチャーの影も形もなかった1979年にオープンした328、そしてこのPOINT・66の魅力は、「可も不可もないものは犯罪だよ!」という前園のロックスピリットなくして語れない。       同店は店長の春木をはじめ、スタッフが若い。客層はやはり328からの常連客が多いが、前園はここが同窓会的な場所とならないよう心がけている。 「うちにきて知ってる顔がいないとがっかりする人がいるけど、昔なじみに会うのではなくて今友達を作れ!ってね。音楽も、もちろんクラシックなものも好きだけど、常に新しいものを取り入れてる。最近だとSOPHIEとか、アンドリュー・ウェザーオールの新譜もよくかけてるよ。昔の人は過去の音楽で止まっていたりするけど、それはなんとかしたいよね。だから、僕は引っかけ役、場を引っ掻き回す人なの。人や音楽との新しい出会いを生むためにピエロになる勇気を持つってこと(笑)。お客さんをオープンにするためには自分がオープンにならなくちゃ」。 バーのような雰囲気の同店だが、もちろんDJブースもある。週末を中心に色々なジャンルのDJが入ってプレイしており、DJ NORIなど大物DJがふらっと登場することもある。前園が持つDJ観も独特だ。 「良いDJっていうのは、今誰がやっているのか、ブースを見なくても音だけで分かるような人だよね。僕は80年代のディスコみたいなチクっとこない音楽は嫌いなんだけど、良いDJがかけると苦手な曲でも踊らされている自分がいる。そういうものだよね。『音楽離れ』って言葉を聞くことがあるけど、好きなアーティストのライブに行ってじっとステージを見つめているだけじゃ、そりゃだめだよ」。       店長「春ちゃん」はムードメーカー。前園に負けず劣らずの明るさで愛されている   同店の特等席はこのベランダ席   先日67歳の誕生日を迎えたばかりの前園だが、さらなるプランを思案しているという。 「パリのムーランルージュってあるでしょ。あれの東京版を青山に作りたいんだ。青山って遊び場がないでしょ。音楽とダンスと人が溢れていてカルチャーが生まれる、東京のエンターテインメントの目玉になる場所を作りたい。たとえばトランぺッターの近藤等則とゴールデンボン

詳細情報
ブログ

TOKYO MUSIC BOX #19 Rock Bar REDSHOES

    in collaboration with KKBOX                  Rock Bar REDSHOES 値段:¥¥¥ 音量:★★★ 照度:★★ 出会い:★★★★ ポイント:ジム・ランビーのアート、奥田民生とNaoki Satoのアンプ、池畑潤二のドラムセット この一杯:ドラゴンマティーニ       ※プレイリストは記事下部 定番スポットや老舗バー、注目の新店まで、魅力的なミュージックスポットを、店主、スタッフ、常連客がセレクトしたミュージックプレイリストとともに紹介する連載企画『TOKYO MUSIC BOX』。  第18回に紹介するのは、言わずと知れたロックバーの名店、Rock Bar REDSHOES。ロックを共通言語に様々な交流が生まれるこの店は、国内外の多くの著名ロックアーティストに愛されている店としても知られる。80年代にオープンした西麻布の初代店舗から現在の南青山店まで、30年以上におよぶ紆余曲折の歴史には、まさに伝説と呼べるようなエピソードが数多ある。「今夜は、誰がいるか。何が起こるのか」。レッドシューズを訪れる客は、みんなそんなドキドキを胸に、店の扉を開けてきた。   かの有名なライブハウスグループ、インクスティックのオーナーでもあった松山勲が1981年に初代レッドシューズをオープンしたことが、歴史の始まり。当時の西麻布はまだ閑散としたエリアだったが、松山は風営法改正によってディスコが締め出しを食らっていた時代に、レッドシューズから「カフェバー」という業態を展開し、一大ブームを巻き起こした。間もなくロックミュージシャンたちが集まりだし、ローリング・ストーンズやデヴィッド・ボウイ、ジョー・ストラマー、ブライアン・フェリー、トッド・ラングレン、矢沢永吉、X JAPANなど、国内外のアーティストが現れるようになった。そのころに同店で働き始めたのが、現オーナーの門野久志だ。 「福井県から上京してきたのは、ロックが大好きで、そういうお店を自分でやりたかったから。人づてにレッドシューズを紹介されて、働き始めました。その後、僕が店長になるわけですが、1995年に初代レッドシューズは閉店します。南青山で現在のレッドシューズを再開させたのが2002年。この狭間の時期に僕が始めたラリーというバーに、X JAPANのhideがよく来ていたんですよ。オープンの噂を聞きつけて、ネットも携帯もない時代にわざわざ探してやってきてくれたんです。以来、自宅よりラリーにいることのほうが多いくらい、来てくれてましたね。寡黙に飲んでる時もあれば、暴れるときもあったな(笑)。今のレッドシューズのスタッフや常連客にはhideのファンが結構いますよ」。        キャンドル・ジュンが置いていってくれたという巨大キャンドル     先代から引き継いだ風神雷神が奥でにらみをきかせる現レッドシューズの店内には、ルースターズの池畑潤二が寄贈したドラムセットや、奥田民生やラブ・サイケデリコのNaoki Satoの私物だったアンプが設置されており、いつでもライブやジャムセッションが行えるようになっている。ここで繰り広げられた数々のサプライズな出来事のなかでも、ジャック・ホワイトがシーナ&ザ・ロケッツらとセッションした夜は特に印象的だったと門野は語る。 「その日は夜にシーナ&ザ・ロケッツのシーナさんのイベントが入っていたんだけど、昼間には店でジャック・ホワイトのインタ

詳細情報
ブログ

TOKYO MUSIC BOX #18 THE GUINGUETTE by MOJA

    in collaboration with KKBOX                  THE GUINGUETTE by MOJA 値段:¥¥¥ 音量:★★★ 照度:★★ 出会い:★★★ この一杯:メーカーズマーク オレンジソーダ       ※プレイリストは記事下部 定番スポットや老舗バー、注目の新店まで、魅力的なミュージックスポットを、店主、スタッフ、常連客がセレクトしたミュージックプレイリストとともに紹介する連載企画『TOKYO MUSIC BOX』。  第18回に紹介するのは、渋谷宮益坂の上、ハイレベルなカフェが立ち並ぶ美竹通り沿いの一軒、THE GUINGUETTE by MOJA。人気のダイナーMOJA in the Houseの地下階にある同店は、内装やメニュー、ライブイベントにいたるまで徹底したコンセプトを貫いており、普通のライブバーやDJバーでは味わえないエンターテインメント空間を楽しむことができる。               フレンチポップスのアンニュイなメロディーが聴こえてきそうな華やかな内装は、「禁酒法時代のアメリカにあったフレンチビアホール」がコンセプト。照明やステージ、バーカウンターはもちろんだが、壁や通路に配されている飾り物など、店内の細かな部分を見て回るだけでも楽しい。           不思議の国にでも繋がっていそうなこの扉の向こうは、宴会予約も可能な大部屋。イベント時はVIPルームとして使われる               同店は週末の夜を中心にライブイベントを開催している。マンスリーまたは隔月で行われているレギュラーイベントもあり、ニューオーリンズテイストなファンクセッションや、ジプシーやカントリー、ブルースなどをテーマにしたライブ、はたまたバーレスクダンサーをフィーチャーしたイベントなど、音楽を聴きながらシネマティックな気分に浸ることができる。バーレスクダンスを見ながらバーボンを傾ける……となれば、多少の正装もしてみたい。たまにはちょっと粋で気張った音楽の楽しみ方をしてみるのも新鮮かもしれない。   店の雰囲気と見事にマッチするのがこの『メーカーズマーク オレンジソーダ』。ハイボールにレモンでは、キマらない           取材時には、三浦拓也(depapepe)やアントン(BlackBottomBrassBand)らによるファンクセッションが行われていたのだが、後半にはトロンボーンプレイヤーやボーカリスト、ラッパーが乱入して白熱のジャムを展開。どこからともなく現れて飛び入りで参加した彼らは、実は全員この店のスタッフだという。ニューヨークならまだしも日本ではなかなか見かけない光景だが、ほとんどのスタッフが楽器や歌などの一芸を持っているため、こうしたことも日常茶飯事だ。 店長を務める臼井俊輔も、Shadeの名で1MCのスタイルからバンドスタイル、フリースタイルセッションまで、幅広い形態で活躍するラッパーなのだが、同店が作成するプレイリストは彼を中心にほかのスタッフも交え、THE GUINGUETTE by MOJAのルーツとなる曲をセレクトする。 第1弾の10曲がこちら。いきなりヴィンテージ感全開の1曲目、ハバナのマンボアレンジャーでピアニストのレネ・トゥーゼ率いるRene Touzet and His Orchestra『La Bella C

詳細情報
TOKYO MUSIC BOXページへ

パブリックキャットシリーズ

Things to do

パブリックキャット 第24回

テキスト:Shiori Kotaki、写真:Kisa Toyoshima

詳細情報
Things to do

パブリックキャット 第23回

テキスト:Shiori Kotaki、写真:Kisa Toyoshima

詳細情報
Things to do

パブリックキャット 第22回

テキスト:Shiori Kotaki、写真:Kisa Toyoshima

詳細情報
Things to do

パブリックキャット 第21回

テキスト:Shiori Kotaki、写真:Kisa Toyoshima

詳細情報
パブリックキャットシリーズページへ

イベントカレンダー