トラベル

タイムアウト東京による国内旅行、海外旅行情報

追悼ムードのタイで、旅行者はどう過ごすべきか
ブログ

追悼ムードのタイで、旅行者はどう過ごすべきか

世界の歴史上で最も統治期間の長い君主のひとりでもあり、国民の団結の象徴とみなされていたプミポン・アドゥンヤデート国王が、2016年10月13日(木)バンコクの病院で88歳の生涯を終えた。国民に敬愛されてきた王の死を悲しみ、追悼ムードが漂うタイで、旅行者が滞在中どう過ごすべきかという記事がタイムアウトバンコクに掲載されたので紹介したい。 この記事は、世界を旅する人々から愛されている都市メディアである『タイムアウト』として、この国を訪れる人々にこの予期せぬ状況のなかでも良い旅ができるようにと作成されている。 尊重の気持ちを持って行動する。 国民から愛された君主の死を受けて、タイ全国では追悼ムードが現在もつづいている。タイの人々は、王族に関する質問やどれほど王様が大切だったかについて喜んで答えるが、質問はふさわしい方法でするべきだ。また、エンターテイメント、観光施設が一時的に閉鎖していたり、行動に制限が生じる場合もあるが、「世界の最も特殊な出来事のひとつを目撃し、その一部になっている」と考えてほしい。 ふさわしい服装をする。 タイ人は喪中に、たいていは黒か白の服装をする。また、貧しいなどの理由で新しい服を買えない人もいることから、政府は手持ちの服を無料で黒く染めるサービスを開始している。観光客も喪服を着るべきということではなく、スカイトレインのプラットフォームで蛍光イエローを着ているのは自分だけという居心地の悪い状況を避けるために、公衆の場では派手な色は避けたほうが良いだろう。 王族を誹謗したり中傷しない。 タイ人は、王や女王や王族に対して名誉や尊厳を害する行為はしない。言うまでもなくタイの国民には不敬罪法があるからだ。国民以外は罪に問われることはないが、法令厳守は高く評価されるだろう。 公衆の場でのパーティー。 国民は喪に服しているから(詳しく説明する必要があるだろうか)。クラブやホテルの部屋でなら楽しむことはできる。  メモ ・祝い事、祭り、コンサートやパーティーはキャンセルか延期になっているものがほとんど。インドアのバーやクラブは通常通り営業している。また、クリスマスや新年のイベントは主催者からの確認待ちの状態だ。 ・パーティーや祭りがなくとも、ビーチや島々のような自然の素晴らしさを楽しむことは、もちろんできる。11月はタイの旅行シーズンの幕開けで、この時期は自然を満喫するのにもうってつけだ。 ・質問があれば、ホテルのコンシェルジェまたはタイ国政府観光庁まで連絡をしてみよう。   原文はこちら  

隠岐でしかできない10のこと
トラベル

隠岐でしかできない10のこと

島根半島の北方、日本海に浮かぶ隠岐は、4つの大きな島と、他の約180の小島からなる諸島。円形で最も大きな島を「島後」と、西ノ島、中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)の3島を「島前」と呼ぶ。ダイナミックな侵食地形と離島独特の文化や歴史、生態系を持ち、世界的に価値のある地質や地形を含む地域として、ユネスコ世界ジオパークに認定されていることでも有名だ。今回は、ローソク島、国賀海岸、乳房杉など、自然豊かな隠岐を10のトピックスで紹介。物に溢れたせわしない都会を抜け出して、美しい隠岐へ旅立とう。

石見でしかできない10のこと
トラベル

石見でしかできない10のこと

島根県西部「石見地域」は、日本の歴史や伝統が感じられる素朴な街だ。この特集では、民泊から、2007年に世界遺産となった石見銀山周辺エリア、豊かな自然に恵まれ日本海の幸が楽しめる石見の食などを紹介する。秋には、豊作を祝う伝統芸能である「石見神楽」も神社などで盛んに行われるので、チャンスがあればこの季節に足を運んでみてほしい。

東北アップデート:釜石とラグビー
トラベル

東北アップデート:釜石とラグビー

2011年3月11日に発生した津波と地震の2週間後、石山次郎は食料やガソリンなどの必需品を釜石に届けるため、静岡の自宅から10時間以上車を走らせていた。 石山はそこで見たものに衝撃を受けることとなる。石山がかつてラグビー界のヒーローとなった街は、押し寄せる海によって破壊され、人口の約2.5%にあたる1200人以上もの人たちが死亡、あるいは行方不明になっていたのだ。「以前のように、釜石で生活をしていたら津波と地震の被害を受けていただろうという考えが止まりませんでした。だから私は、釜石の人たちを助ける方法はないだろうか?彼らのために何ができるだろうか?と自問しました」。 2011年5月、石山は同志のラグビーファンとともに、地元ラグビーチームを支援するために「スクラム釜石」というNPOを発足させた。彼らの働きにより、2019年のラグビーワールドカップをブルーカラー地区の漁村で開催させることに成功したのだ。「私が秋田から釜石に来たとき、18歳の無名ラグビープレイヤーでした、国を代表するプレイヤーとなり多くの試合で勝てるようになるまで成長したのも釜石でした。だから恩返しをするときが来たと思ったのです」。 新日鉄のクラブチームが1978年から1985年の『ジャパンカップ』で前代未聞の7年連続優勝するまで、釜石でラグビーはマイナースポーツだった。ラグビージャーナリストでスクラム釜石理事の永田洋光は、1981年に行われたニュージーランド ポンソンビークラブとの試合でラグビーの人気に火がついたと言う。観客は近隣住宅の屋根に登って観戦していたほどである。 石山を含む釜石のプレイヤー5人は、日本で有名な「1983ナショナルチーム」でプレイし、ウェールズチームを相手に善戦した。しかし、日本経済のバブルがはじけた1988年に新日鉄は溶鉱炉を閉鎖し、2000年にはラグビーチームへの財政的支援も中止された。シーウェイブスは2001年に一般支援を受けて結成されたが、日本のトップリーグ入りすることはなかった。 2011年の津波は、家だけではなく釜石の生活までも奪い去った。2015年までには、2001年に50000人だった人口が36000人まで減少したのだ。2011年の災害から数ヶ月後、スクラム釜石の幹部らが釜石市に書類を提出し、新ラグビースタジアムを建設して、ラグビーワールドカップを釜石で開催するよう提案した。 約600世帯が仮設住宅で生活する釜石にとって、それは難しい提案だった。「釜石市が最優先にしていたのは、ワールドカップではなく街を再建することでした」と永田は言う。「しかしその一方、お金を得るための手段、あるいは影響力が必要でした。私たちは、日本政府が釜石に注目するようになり、ワールドカップを開催することが利益になると伝えました」。 さらに永田は、スタジアムプロジェクトとイベントそのものが雇用機会が生み出し、釜石の将来の労働力を強化すると説明した。「開催都市になることが釜石の最終目標ではないことを強調しました」と永田は言う。 2015年、釜石が2019年ラグビーワールドカップで日本最小の開催都市として選ばれたことが発表された。16000席を持つ釜石鵜住居復興スタジアムが建設予定である。街の再建を支援するため、スクラム釜石は福島から釜石へのチャリティーサイクリングを毎年実施しており、さらに『ともだちカップ』も毎年開催している。『ともだちカップ』では子どもたちが地元のヒーローや、イン

エディターズ・ピック

北朝鮮スペシャル
トラベル

北朝鮮スペシャル

私の祖父はたった一度だけ子どもたちと孫たちに、自分の両親が朝鮮戦争で亡くなったことについて話してくれた。それは私が17年離れていた韓国に戻ってきたときだった。優しくもストイックな人であった祖父が、話をするうちに目に涙を溜めていく。祖父の両親が彼に「荷物をまとめ逃げるように、自分たちはすぐに追いつくから」と言ったとき、祖父はたったの13歳だった。家から数分の所で祖父が家を振り返って見ると、両親が中にいるまま家には火がついていた。この話を私にすることによって祖父は、故郷であると考えるべきだと彼自身が信じるこの地の重要性を、私に知ってほしかったのだと思う。 私の話は特別なものではない。多くの韓国人が、両親や、さらにその両親たちの似たような話を連想することができるだろう。ソウルは花開く街だが、私たちの首都の色はほんの少しここから車で離れた戦争と対比されるとき、よりいっそう明るくなる。休戦協定が1953年に調印されたが、厳密に言うと2つの朝鮮はいまだに戦争状態だ。人によって兄弟や敵とみなす彼らの、食べ物や文化や物語は、ここソウルではいまだに大変な意味を持つ。歴史はいやが応にも絡み合い、彼らは少なくとも私たちの隣人なのだ。 Hahna Yoon ※タイムアウトソウルの記事を転載

2016年、行っておきたい芸術祭
アート

2016年、行っておきたい芸術祭

近年、国際芸術祭への関心がますます高まっている。『大地の芸術祭』のように地方創生の成功例と目されるアートフェスが呼び水となり、2016年には新たに開始されるものも増え、数多くの芸術祭が企画されている。2年に1度のビエンナーレ、3年に1度のトリエンナーレなど、雨後の筍のように乱立しているが、もちろんそのすべてが思わしい結果をもたらすわけではないだろう。ここでは、もはや定番の『瀬戸内芸術祭』から、初開催の『さいたまトリエンナーレ』や『茨城県北芸術祭』、また比較的小規模ながら長く続いてきたビエンナーレまで、2016年に訪れておきたい国際芸術祭を紹介する。夏から秋にかけて開催されるものが多いので、今年の旅行の計画にも役立ててほしい。

沖縄で過ごす、いつもと違う週末
トラベル

沖縄で過ごす、いつもと違う週末

沖縄は、1年を通じて太陽とビーチ、熱帯のリラクゼーションを求める東京人が好む旅行先の1つだが、多くの旅行者は沖縄北部にある華やかながらも他所からは孤立したリゾート施設に向かうか、賑やかで、しかしやや刺激に欠ける中心地の那覇を歩き回るかのどちらかだ。単調な日常から逃れ、沖縄で週末を過ごしたい人にとって、この2つはどちらも理想的な選択肢とはいえないかもしれない。那覇は1日あれば見て回ることができるし、北部のリゾートは主に長期休暇を過ごす人向けだからだ。これら2つの中間的な目的地を探しているならば、そして、自分だけで沖縄を探索してみたいと考えるならば、北谷(ちゃたん)町周辺に滞在することをおすすめする。北谷町は、那覇の喧騒から遠く離れた魅力的なスポットだ。アクティブな旅行者にとって、どの季節に訪れても見どころがたくさんある。 北谷は、ショップやレストラン、複合型映画館が立ち並ぶアメリカンビレッジで良く知られているが、比較的開発が進んでおらず静かな海岸線が非常に大きな特徴。小規模ながら楽しいサンセットビーチに加え、海岸には新しく建設されたマリーナやいくつかの自然公園があり、町の中心から北に歩いて数分の長閑な砂辺(すなべ)エリアは、サーファーやドライブを楽しむ人々のメッカとなっている。砂辺は、海岸からサンゴ礁がよく見え、お洒落なカフェや路地裏の軽食店、ビーチバーもあり、その多くはこの地に住むアメリカ人が経営している。 東京から那覇までは、飛行機で2時間半足らず、北谷は空港から車で約45分なので、1泊2日の小旅行に便利だ。那覇市外では公共の交通機関がほとんどないため、レンタカーを借りることを強く推奨する。空港にはレンタカーサービスが充実しており、つねに需要があるため料金も手頃だ。

ニューヨークに関して誤解している11のこと
ブログ

ニューヨークに関して誤解している11のこと

春の訪れを感じるニューヨーク。この時期には、たくさんの旅行者がこの街を訪れる。「ビッグアップル」という愛称を持つニューヨークについて、旅行者が抱いている誤解をここで明らかにしよう。言いたい人たちには言わせておこうと思うが、ニューヨークの都市伝説については、誤解を解いておく必要がある。 ニューヨークは危ない誰からこの情報を聞いたのだろう。刑事ドラマ「SUV」こと『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のエリオット・ステイブラーやオリビア・ベンソンからだろうか。ニューヨークはこの国の安全な大都市のひとつであるだけでなく、世界の中でも安全な都市に挙げられている。 独身女性はマンハッタンの素敵なワンルームマンションに住んでいるはい。そして多くのニューヨーカーは、普段着にチュチュを履いている。     ブロードウェイのショーを定期的に見に行くもし、100ドル以上するチケットを定期的に買えるなら、素敵なワンルームマンションに住んで、チュチュを履くような暮らしをしているだろう。 みんな不作法だ私のことだろうか……。急いでいても困っている人に道を教えたり、メトロカードの券売機の使い方を喜んで教えている。 流行の先端を行く人たちだけがブルックリンに住んでいるブルックリンには、250万人が暮らしている。マンションに戻る間、誰もが地ビールを飲んでいると本当に思うだろうか。   ニュージャージーを嫌っているいいえ。親しい友人の数人は「庭園の州」とも呼ばれるニュージャージー出身だ。なぜ、活気のある素敵なジャージーシティとホーボーケンに度々訪れないのかを彼らは理解している。なぜなら、深夜0時を過ぎるとパストレインが来るのを長い間待つことになるからだ。 公園が汚い確かに70年代には公園が汚れていて、ブライアントパークは麻薬常習者がたむろする場所と言われていた。しかし、今はこんな感じだ。 みんな健康オタクだベジタリアン、ビーガン、オーガニックやグルテンフリーの素晴らしいレストランがこの街にはたくさんある。しかし、旅行者と同じようにニューヨーカーもドーナツ、ピザ、デザートなどが大好きだ。 若者たちは親からの援助を受けている実際、本当は裕福なのに反体制を気取っているような人たちが20%ニューヨークには住んでいる。そして、大半の若者たちは、家賃を払ったり学生ローンを返したりと苦労している。 どこもとても混雑しているクリスマスや春の終わりごろに、ミッドタウンにずっといるなら押しつぶされるだろう。ミッドタウン近辺なら、歩いたり手をつないだりするスペースが充分にあり、学生たちに邪魔されることもない。 子どもが産まれるとニューヨークから離れるパークスロープ(ブルックリン内にある閑静なエリア)で赤ちゃんを5人見ないで、バーへ行くことはできない。ニューヨークで暮らす人々は、ここでの生活を誇りに思っている。 『11 myths about New York that are totally untrue』の原文はこちら

東北探索

東北探索 第1回『武士の歴史を追って 福島県西部』
トラベル

東北探索 第1回『武士の歴史を追って 福島県西部』

今年で東日本大震災から5年が経つことを受け、タイムアウトニューヨークの記者が東北地方を巡り、現在の東北をレポートする記事をタイムアウトニューヨークのウェブサイト、タイムアウト東京の英語サイトで連載している。全4回の連載の第1回目は、『Following the samurai in western Fukushima』と題し、会津若松の名物を紹介。 第2回『東北で見つけた海の生き物たちとフラダンス』

東北探索 第2回『東北で見つけた海の生き物たちとフラダンス』
トラベル

東北探索 第2回『東北で見つけた海の生き物たちとフラダンス』

東北運輸局が今月発表した、27年宿泊旅行統計調査では、東北地方への外国人観光客が東日本大震災前の水準を上回った。しかし、原発事故が発生した福島では、観光客が半減してしまっているのが現状だ。この連載では、東北地方の様々な見どころを伝えるべく、タイムアウトニューヨークの記者が現在の東北で訪れるべきスポットを紹介する。全4回の連載の第2回目はいわき市。『Sea life and hula on Japan’s north coast』と題し、愛らしいアザラシがいるアクアマリンふくしま、スパリゾートハワイアンズなどを巡る。 第1回『武士の歴史を追って 福島県西部』

東北探索 第3回『宮城で島めぐりと人間観察』
トラベル

東北探索 第3回『宮城で島めぐりと人間観察』

今年で東日本大震災から5年が経つ。タイムアウトニューヨークの記者が現在の東北で訪れるべきスポットを紹介する連載の3回目では、巨大な津波が沿岸市町に押し寄せるなど甚大な被害を受けた宮城県を訪れた。昼間は浮世絵のように美しく、夜はネオンがきらめく日本で最も美しい地域である。『Island-hopping and people-watching in Miyagi』と題し、日本三景のひとつである松島を巡り、昭和の雰囲気漂う仙台の元祖炉ばたで味わう。

グアムガイド

グアムでしかできない50のこと
トラベル

グアムでしかできない50のこと

グアムで買うお土産10選
トラベル

グアムで買うお土産10選

グアムについてあなたが知らなかった10のこと
トラベル

グアムについてあなたが知らなかった10のこと

グアムについてあなたが知っておきたい10のこと
トラベル

グアムについてあなたが知っておきたい10のこと