映画

東京の映画情報、映画館ガイド

ラ・ラ・ランド
映画

ラ・ラ・ランド

若き監督デイミアン・チャゼルが、アカデミー賞を受賞した映画『セッション』に続き、『ラ・ラ・ランド』を完成させた。本作は、ロマンチックかつスタイリッシュで、果てしなく独創的な最高傑作だ。大人向けのミュージカル映画とも言える本作は大袈裟に描かれておらず、それどころか、ジャック・ドゥミ監督による映画『シェルブールの雨傘』やスタンリー・ドーネン監督による映画『雨に唄えば』にも通じるような作品が、ロサンゼルスに広がる半分夢のような世界で描かれており、ロマンチックな愛の浮き沈みをいかにもハリウッドらしい陽気な寓話として凝縮させている。恋に落ちる主人公たちを演じるのは、人気俳優の2人。ライアン・ゴズリングはジャズ純粋主義者の売れないピアニストで自分の店を持つことを夢見るセブ、エマ・ストーンは映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指す快活なミアを演じる。冬から秋、そしてまた次の冬を迎えるまでの物語が描かれており、その間に2人は出会い、口論し、戯れ合い、恋に落ち、それぞれの情熱と恋愛の間に生じる葛藤と向き合うことになる。本作で描かれるロサンゼルスの風景は、ジャック・ドゥミ監督と画家エドワード・ホッパーの融合だと表現できるかもしれない。すべてが淡い色調で描かれ、柔らかな光や薄明かり、街灯が映し出される。セットで再現されているが、時代を越えて1950年代の雰囲気がどことなく漂う。まるでミュージカルの黄金期が、独自のタイミングで訪れているようだ。夢心地でありながら横目で劇中劇のように見つめる視点がもたらされており、デヴィッド・リンチ監督が手がけた映画『マルホランド・ドライブ』、あるいはテレンス・マリック監督が手がけた映画『聖杯たちの騎士』のような歪んだ作品に少々通じる。しかし本作は、もっとずっと楽しくて寛大な作品だ。芸術にかける情熱と陶酔するような恋愛は共存が可能であるように描かれ、歌やダンスへの転換が大真面目かつ楽しく描かれている。 公式サイトはこちら 2017年2月24日(金)より全国公開テキスト:DAVE CALHOUN翻訳:小山瑠美© GAGA Corporation. All Rights Reserved.

タイムアウトレビュー
  • 4 5 つ星中
インタビュー:ユアン・マクレガー
映画

インタビュー:ユアン・マクレガー

1990年代ポップカルチャーの代名詞であり、スコットランドのイギリスからの分離独立気運が高まった時代の空気も映し出した『トレインスポッティング』。その続編である、『T2トレインスポッティング』の日本での公開が2017年4月8日(土)に決定した。テーマ曲には、アンダーワールドの『Born Slippy NUXX』が起用されており、リック・スミスが映画全体の音楽も担当している。 今週発行された『タイムアウトロンドン』では表紙に、スパッド(ユエン・ブレムナー)、レントン(ユアン・マクレガー)、ベグビー(ロバート・カーライル)、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)らオリジナルキャストが登場。また、それぞれへのインタビューも行われた。ここでは、レントンを演じたユアン・マクレガーのインタビューを紹介しよう。 Ewan McGregor and Jonny Lee Miller in 'T2 Trainspotting' ー『トレインスポッティング』の続編が作られるのを考えたことがありましたか。 2年くらい前に脚本が届いてからは考えるようになったね。それよりも前はひょっとしたらそんなこともあるかもという感じだったかな。新しい映画は本当に素晴らしい作品だよ。キャラクターたちが当時を懐かしく思う気持ちを強く刺激してくるんだ。前作を思い出させてくれる要素もあって。上手くできてるね。 ーふたたびレントン役を演じることは、そのほかの役と比べてどうですか。 そうだね、続編物はやったことがあるけど、前作と20年も隔てたものはやってないな。もう一度、役になりきれるか不安だったけど、ジョニー、ロバート、ユエン、ダニーとセットに足を踏み入れた瞬間、すべてはそこにあったんだ。まるで古い友だちに再会したみたいだった。 ーレントンはエディンバラを離れ、アムステルダムで暮らしていますが、これは彼の帰郷の話なのでしょうか。 うん、彼はスコットランドに帰ってくるけど、それまでは一度も帰ってなかったんだ。20年の間ね。 ー1作目の『トレインスポッティング』でどのように人生が変わりましたか。  僕にとってとても重要で自分の人生を代表する役だった、ただ好きなんだ。ずっと誇りに思えるほどの記録をイギリス映画界に残した。あの時代について表現している作品だしね。 Ewen Bremner in 'T2 Trainspotting' 僕にとってとても重要で自分の人生を代表する役だった、ただ好きなんだ ー最近、1作目を観ましたか。  前作のスタイル、感覚、役柄についてすべてを思い出すために、リハーサルを始める数日前に観たよ。何年も観てなかったんだけど、説得力があるストーリーだったことに驚いたよ。色褪せてないんだ。記憶のなかにあったのと同じくらい良い作品で嬉しかったよ。 ー新しい映画の撮影で不安になることはありましたか。  僕らはただ成功させたいと思ってた。僕の不安は、レントンがどんな人間かをみんなが知っていて、そのレントンを見つけられるのかってことがあった。20年間レントンを演じることはなかったしね。でも、最終的には簡単に役に入り込めたよ。 ーダニー・ボイルと仕事をすることについてはどうですか。1997年の映画『普通じゃない』以来、一緒に映画を撮ってませんよね。 ダニー・ボイルこそ『トレインスポッティング』さ。あんなに上手くいったのは彼のおかげだよ。彼はいつも頭のなかにいるみたいに僕が何をしているかを正確に知っている感じがするんだ。彼がいなくて本当に寂しかったよ。

インタビュー:塚本晋也
映画

インタビュー:塚本晋也

マーティン・スコセッシ監督の新作『沈黙-サイレンス-』が完成した。遠藤周作のキリスト教文学を原作とする同作品は、江戸時代初期に日本を訪れたポルトガル人宣教師たちの視点から、キリスト教弾圧の内面を、文化の衝突や信仰のあり方の違いを交えて描かれた作品だ。本作で、敬虔なカトリック信徒のモキチ役を演じた、映画『鉄男 TETSUO』や、『東京フィスト』、『野火』などの監督としても知られる塚本晋也に本作への思いを聞いた。

2017年に公開が待ちきれない映画20
映画

2017年に公開が待ちきれない映画20

タイムアウトロンドンにて、2017年に公開される映画50本が紹介された。タイムアウト東京ではそのなかから注目の作品を、邦画も加えて20本紹介する。今年も、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編や、マーティン・スコセッシが20年以上の構想を経て完成させた『沈黙』、オリジナルキャストが再集結する『トレインスポッティング2』など見逃せない作品が揃う。リストをチェックしながら公開を待とう。  

エディターズ・ピック

一度は行きたいミニシアター5選
映画館

一度は行きたいミニシアター5選

映画を観たいときは、作品ありきで近所の上映館を探す。目当ての作品を観終えたら、劇場を後にする。しかし、映画館だって、DJバーやブックカフェのように、なんとなく居座ってみたり、訪れることそのものを目的にしたり、仲間と入り浸る口実に使えてもいいはずだ。  本記事では、東京近郊に点在する個性際立つミニシアター5軒を紹介。いずれも、プログラムから上映スタイル、内装まで、独自の営業方針でメッセージを発し、映画を通した人々の交流空間として、新しい映画鑑賞の形を提示している劇場だ。地元住民でない限り行きつけにするには少々遠方だが、小旅行の目的地と思って訪ねてみれば、素敵な出会いが待っているに違いない。

ベストLGBT映画 50選
映画

ベストLGBT映画 50選

『The 50 best gay movies: the best in LGBT film-making』と題して、タイムアウトロンドンでLGBT映画のベスト50が紹介された。同ランキングは、LGBT文化のパイオニアであるグザヴィエ・ドラン、キンバリー・ピアース、ブルース・ラ・ブルース、トッド・ヘインズ、ジョン・ウォーターズらが挙げたベスト10をもとに作成された。 1位に選ばれたのは、カウボーイ同士の悲恋を描いた名作名作『ブロークバック・マウンテン』。そのほかにも、2013年にカンヌの最高賞パルムドールを獲得したことでも話題になった『アデル、ブルーは熱い色』、「ドロシーの友達?(彼はゲイ?)」という言葉も生み出したLGBT映画の古典『オズの魔法使』などがランクイン。LGBTとくくらずとも映画として素晴らしい作品が数多く選ばれているので、何を観るか迷った時の参考にしてほしい。

心に残る青春映画 50
映画

心に残る青春映画 50

あの時代を振り返る。さらば青春の光、ランブルフィッシュ、KIDS/キッズ、ドニー・ダーコなど青春を感じる映画を紹介

個性が光る東京映画館
映画館

個性が光る東京映画館

東京の映画館は個性的な映画館づくりに力をいれている。新宿ピカデリーは『プラチナシート』と『プラチナルーム』というサービスを導入。大スクリーンをベストポジションで見られるようバルコニーを設け、中央にプラチナシート、その両サイドにプラチナルームを配置した。プラチナシートは、カッシーナ・イクスシー社が初めてデザインした劇場用オリジナルソファシートで、足を伸ばしながら映画を鑑賞することができるのが特徴。一方のプラチナルームは、2人だけで大型スクリーンを独占しているような気分になれる、プライベートタイプの空間に仕上げてある。このほかにも、東京には個性派の映画館が多い。自分好みの映画館が見つかれば、鑑賞はいっそう楽しくなるだろう。