レストラン&カフェ

東京のレストラン、カフェ、グルメ情報

アンソニー・ボーディン、東京を愛した人気フードジャーナリストが死去 彼が訪れた店5軒
ニュース

アンソニー・ボーディン、東京を愛した人気フードジャーナリストが死去 彼が訪れた店5軒

去る6月8日、世界中の人々の憧れの的だったフードジャーナリスト アンソニー・ボーディンが死去した。自殺とみられ、フランスのホテルの客室で発見された時、彼は既に死亡していたと言われる。享年61歳だった。 レストラン業界の裏側を暴露した著書「キッチン・コンフィデンシャル」の発表以来、彼の作品を追い続けてきた多くのファンにとって、ボーディンはただの有名フードライターやシェフ、番組司会者ではなく、フードジャーナリズムの世界に新たなスタイルをもたらした存在だった。 その語り口は、現実的で共感しやすく、断固とした正直さがありながらも軽妙。外食産業の厨房における弱者(部門シェフや皿洗いなど)にスポットライトを当て、外食業界を超える部分にまで人々の注目を広げ、本物の食の世界を紹介してくれた。人々、文化、力関係、臓物、切り落とし部位にまでいたる、真の食の世界を。 テレビ番組の司会者としてのキャリアの中で、ボーディンは何度か日本を訪れた。彼は東京への愛を繰り返し表明しており、2017年のマクシム誌のインタビューでは「もし今後死ぬまで1つの国か1つの都市に住み、そこを離れることができないとしたら、即決で東京を選びます」と語っている。 「ライス ヌードル フィッシュ」という本の序文で、我らが愛すべき東京について、彼は美しくも的を射た見解を述べている。「東京は非常に濃密で、多様なもので満ちあふれています。本当に複雑で、魅惑的で、美味で、知り尽くすことができないように思えます。たった1つのビルの中にも、狂おしいほど興味深い居酒屋が多層的に集まっています。1区画を探索するだけでも一生かかりそうです。最初に東京を訪問した時、私の感覚は輝かしくも永続的に狂わされ、それ以来、元には戻っていません」。 ボーディンに敬意を表し、彼の番組「No Reservations」と「Parts Unknown」の中で取り上げられたレストランとバーをいくつかリストアップした。彼と同じものを食べ、飲み、その足跡をたどってみたいファンにはうってつけのリストだ。   ロボットレストラン 新宿にあるこのディナーショー劇場は、奇妙でやりすぎの感があり、人々が思い浮かべる東京の姿そのものだ。ダンスやロボットの戦い、またたく光、特殊効果や激しい音楽に満ちあふれた90分間の高出力のショーなどを見ることができる。アンソニー・ボーディンは、このショーをジャニス・ジョプリン、デヴィッド・ボウイ、ジミ・ヘンドリクスのライブと比較し、「今までの人生で見た中で、一番のショーです」と熱狂した。   バー・アルバトロス ボーディンは、ロボットレストランのショーを見終えた後、思い出横町にあるこのバーを訪れ、東京のバー文化、特にバーテンダーと客との関係に思いを巡らせた。 スシ バー ヤスダ 東京でも一流のこの寿司屋のシェフ安田直道は、普通は切り落とされる部位に注目し、風味を高めるために身を熟成させることで有名だ。ボーディンと安田は、日本を象徴する料理の寿司の見方を変えるであろう言葉のやりとりを交わしている。 ボーディン:「シャリとネタのどちらがより重要ですか?」 安田:「シャリが(重要性の)9割を占めます。ネタは2番目の食材です。メインの食材はシャリなのです」 更科堀井 このそば屋は1789年から続いており、そばの実の中心部から取れる白いそば粉を使ったそばで知られている。ボーディンは、ここでそば打ちを練習した。 「そばの風味を楽しむには、コシのあるそばを素早くつゆにつけ、音を立てて空気と共

東京、コロンビア料理4選
レストラン

東京、コロンビア料理4選

南米大陸北部に位置するコロンビア。コーヒー豆やジャガイモ、カーネーションの産地として有名だが、近年では、日本サッカー界の宿敵としてのイメージを持つ人も多いのではないだろうか。2014年ブラジルワールドカップでは、日本はコロンビアに1-4で敗れてグループステージ敗退が決まり、2018年ロシアワールドカップでも予選グループで同組となった。これを機に、この国の文化を体験してみてはどうだろう。東京都内で見つけた、コロンビア料理を味わえるレストランを紹介する。

マリーナベイサンズの人気レストラン「セラヴィ」が日本上陸、ターゲットは都会の大人
ニュース

マリーナベイサンズの人気レストラン「セラヴィ」が日本上陸、ターゲットは都会の大人

東京のナイトライフシーンの象徴になり得る巨人が、日本に初上陸する。 シンガポールの人気観光スポットのマリーナベイサンズに入るレストラン・バーのセラヴィ(CE LA VI)が、2019年開業予定の東急プラザ渋谷に出店することが決まった。開発を進める東急不動産が5月24日に発表した。 セラヴィは、飲食店やバー、クラブなどの要素を併せ持つ総合エンターテインメントレストランとして世界で知られており、マリーナベイサンズ最上階のほか香港やフランスなどにも出店している。 東急プラザ渋谷の17、18階に入居予定。「都会派の感度が成熟した大人たち」をターゲットに、「ファインダイニングからカジュアルダイニングまで、様々な利用シーンに向けたレストラン・バーを計画している。多彩なミュージックに彩られた店舗空間では、渋谷の街に『新たな大人の社交場』を創造する」という。   東急プラザ渋谷のイメージ         東急プラザ渋谷は、東急グループなどが進める渋谷駅周辺の再開発事業の一環として、2019年秋に開業が予定されている。 『東急プラザ渋谷』の詳しい情報はこちら

東京、オムライス14選
レストラン

東京、オムライス14選

昨今、とかくおしゃれなメニューに注目が集まりがちだが、日本に昔からあるオムライスも、れっきとしたそのひとつ。卵の焼き加減はもちろんのこと、中のご飯の味付けや具材、そしてソースにいたるまで、そのひとつひとつの組み合わせがオリジナリティとなって、全く違うオムライスができ上がる。ほっと和むような昔懐かしいものから、驚きの匠の技、有名店の名物メニューまで、今都内で食べたい一皿を、14軒ピックアップし紹介する。

幻のクロナッツが5月12日限定で復活。表参道店、銀座三越店にて販売
ニュース

幻のクロナッツが5月12日限定で復活。表参道店、銀座三越店にて販売

ハイブリッドスイーツブームを巻き起こしたドミニクアンセルベーカリーの『クロナッツ』が、2018年5月10日(木)に生誕5周年を迎える。それを記念し、ドミニクアンセルベーカリー表参道店と銀座三越店では、限定ボックスの『クロナッツ ホールセット』を販売する。価格は2,700円。表参道店では70個、銀座三越店では30個の数量限定だ。

エディターズ・ピック

東京、ベストレストラン100
レストラン

東京、ベストレストラン100

チープイートから高級飲食店まで広い価格帯で、世界各国の料理を含め莫大な種類の料理が不自由なく楽しめる。どの店に入ってもたいてい食べられないほどに不味いものには出会わない。最近ではミシュランのガイドブックの星の数は東京が世界最多、と話題にもなるように、東京は食の天国として胸を張れる都市のひとつだろう。タイムアウト東京は知る人ぞ知る、隠れ家的名店から、昔から地元の人々の空腹を満たしてきた大衆食堂まで、カテゴリーや価格も幅広くカバーし、今の東京を表すにおいて外せない100軒の店を選出した。食事の時間ほど、多くの人を幸せにできるものはない。ぜひこのリストを活用し、シチュエーションに応じた最適な1軒で、楽しい食事の時間を過ごしてほしい。 レビュー:Matthew Lee, Sarah Crago, Dana Macalanda, Carol Akiyama, Yasuhisa Shimbo, Mikako Mochizuki and Mayumi Koyama写真: Keisuke Tanigawa, Kisa Toyoshima, Yasuhisa Shimbo, Manabu Morooka, Yuki Nakamura and Kenichi Inagaki翻訳:Momoko Asai and Rumi Koyama

東京、イチゴスイーツ専門店5選
レストラン

東京、イチゴスイーツ専門店5選

乙女のみならず、多くの人の心を掴(つか)んで離さないイチゴスイーツ。毎年、シーズンの冬から春になると、数々のホテルでストロベリービュッフェが開催されたり、ほとんどのカフェでイチゴスイーツが登場したり、イチゴを使ったスイーツが、どれほど必要とされているかを思い知らされる。東京は、そんなイチゴ好きにとって、とても優しい街と言えるだろう。なぜならば、1年を通して美味しいイチゴスイーツを楽しめる店があるからだ。洋菓子店やカフェ、フルーツパーラーなど、通年でイチゴスイーツを提供している店も多々あるが、ここでは「イチゴスイーツのみ」を扱う専門店に絞り、1年中イチゴ好きの心を満たしてくれるヴェニューを紹介する。

「本場の味を届けたい」。中国屈指の老舗「馬子禄」 に認められた男の熱意
レストラン

「本場の味を届けたい」。中国屈指の老舗「馬子禄」 に認められた男の熱意

昼時の神保町。古本屋が立ち並ぶ靖国通りに行列が見えたら、そこが蘭州ラーメンの人気店の馬子禄 牛肉面(マーズールー ギュウニクメン)だとわかる。2017年8月の開業時は、中国の甘粛省蘭州で100年以上の歴史をもつ老舗「馬子禄」の味を日本で唯一引き継ぐ店として注目を集めた。盛況ぶりに続けとばかりに、その後、蘭州ラーメン専門店が都内各所にオープンするなど、「蘭州ラーメンブーム」の火付け役としても知られる。 しかし、歴史深い本家からのれんわけの承諾を得るまでには、店主である清野烈(せいのたける)の「本場の味」にかける並々ならぬ熱意と行動力があったことを知る人は少ない。現地出身者も「故郷の味」と慕うラーメンを東京に届けた清野に、開店までの舞台裏を聞いた。

車いす対応トイレや車いすのまま利用できる席があるレストラン
レストラン

車いす対応トイレや車いすのまま利用できる席があるレストラン

タイムアウト東京 > Open Tokyo > 車いす対応トイレや車いすのまま利用できる席があるレストラン in collaboration with 日経マガジンFUTURECITY 健常者と車いす利用者の目線は大きく違う。飲食店でおいしいものを食べようとしても、「入り口に段差はあるか」「店内は車いすが通れる広さか」など、車いす利用者には前もって知っておきたい情報がたくさんある。車いすでもトイレを使えたり、そのまま着席できたりするレストランを紹介しよう。

東京、注目の若手シェフの店10選
レストラン

東京、注目の若手シェフの店10選

世界一ミシュランの星を多く獲得し、世界一多くの飲食店を擁し、世界一多様な国の料理を堪能でき、おそらく世界一、食への関心が高い都市、東京。そんな美食都市には、海を超えてその名を轟かすシェフも多数存在する。しかし今回紹介するのは、まだ海外ではあまり知られていないが、食通たちがこぞって称賛するとっておきのシェフたちだ。確かな技術と経験、豊かで自由な発想を持つ彼らが今、次のレストランシーン、さらには新しい食に対する価値観を形作りつつある。彼らは、食と人への愛情に溢れ、肩肘張らずに自然体で、食を通して周りの人を幸せにしたいと強く願っている。若い人にも食の魅力を知ってほしいと、価格はできるだけ抑える。これまで一部の人たちに限られた美食体験を、もっと日常にカジュアルに。新世代シェフたちが拓くレストラン最前線へと誘う。

東京、焼き鳥 10選
レストラン

東京、焼き鳥 10選

居酒屋の定番メニューながら、ミシュランガイドで星が付く店も登場し、日本料理として確固たる地位を築いた焼き鳥。日本人が愛してやまない料理だけに、焼き鳥を提供する店舗は星の数ほどもある。いざ美味しいものを食べたいと思っても、店選びに苦労する人も多いのではないだろうか。気軽にぷらっと入れる下町の居酒屋から、デートにも使える洒落たダイニングまで、タイムアウト東京が自信をもって勧める、東京の焼き鳥の名店10軒を紹介する。

東京、エリア別レストラン&カフェ

銀座、ベストレストラン
レストラン

銀座、ベストレストラン

歴史と最先端が融合する街、銀座は買い物天国なだけでなく美食家の集う街でもある。碁盤の目のような街の、どの通りに目当てのレストランが位置しているのか。それが分かるようになればあなたも銀座通だ。

青山、ベストレストラン
レストラン

青山、ベストレストラン

トレンドの発信地、表参道や青山は多くの人がショッピングに繰り出すエリアだ。ただ、ショッピングで歩き回ると必ず空腹に襲われるという事実を念頭に置いておかないと、荷物を抱えながらレストラン難民になりかねない。ここでは都内有数のショッピング地区に佇(たたず)み、この街を物欲だけでなく食欲も満たせる最高の街にしてくれる立役者たちを紹介する。

中目黒&代官山、ベストレストラン
レストラン

中目黒&代官山、ベストレストラン

ファッションやアンティーク家具などの店が多く、ライフスタイルに敏感な人々が集まるこのエリアには、絶品レストランも多数点在している。ここではタイムアウト東京が厳選した注目レストランを紹介する。ショッピングの合間や仕事後、特別な日の食事まであらゆるシチュエーションにぴったりの店が見つかるはずだ。

渋谷&表参道、ベストカフェ
レストラン

渋谷&表参道、ベストカフェ

街を散策する際、あらかじめ見つけておきたいのがお気に入りのカフェだ。いざ、どこかで休憩をしようと思っても、カフェの定番となったスターバックスや、目につきやすいカフェは多くの人で混み合い、コーヒー一杯であっても、なかなか思い通りに飲むことができないからだ。ここでは渋谷、表参道エリアでおすすめのカフェを紹介する。散策前にぜひチェックしてほしい。

浅草&蔵前、ベストカフェ
レストラン

浅草&蔵前、ベストカフェ

東京観光の定番スポット浅草と、下町ならではの街並みと注目の最新ショップが混在する蔵前。まったく雰囲気の異なる2つの街だが、共通するのは面白いカフェが多いということだ。倉庫をリノベーションしたカフェや、DIYでイメージ通りの空間を作り上げてしまったカフェなども多く、モノづくりの街であることをひしひしと感じさせてくれる。浅草と蔵前は、徒歩10分ほどで互いの街へ行くことができるので、様々なカフェを巡ってみてほしい。

吉祥寺&西荻窪、ベストカフェ
レストラン

吉祥寺&西荻窪、ベストカフェ

吉祥寺と西荻窪は、のんびりとした時間が流れる落ち着いた街だ。どちらにも公園があるので、子ども連れにもおすすめである。ここでは、2つの街の一押しカフェを紹介する。緑に囲まれた可愛らしいカフェから、背伸びをしてコーヒーを注文したくなるような喫茶店まで様々なジャンルで紹介するので、その日の気分にあわせて足を運んでみてほしい。

定番ヴェニュー

カフェ・ド・ランブル
レストラン

カフェ・ド・ランブル

騒がしい店外には「コーヒーのみ」という看板が掲げられている。この店は1948年以来、銀座のコーヒー好きを魅了し続けてきた。驚くことに創業時の店主である関口一郎が、いまだに切り盛りしている。日々の雑務は若い者に任せている。一部の小うるさいカフェでは人目を気にするように小声で会話をし、秘密の暗号を知らなければ店にさえ入れてもらえないが(多少の脚色はあるものの全てがうそではない)、同じ真剣さでコーヒーと向き合っていても、カフェ・ド・ランブルは全く違う。我々が訪問したある平日の午後、店内は満員で、少し静かなものの居酒屋であるかのような賑わいだった。どのテーブルも先客がおり、カウンターに数席のみが空いていた。内装は1980年代初頭にリフォームされたように見える。なかには、リフォーム前より使われていたと思われる機材も。我々が訪問した中でも唯一、カウンター奥に洗濯機が置かれていた。布のフィルターでコーヒーを入れているため、それを洗うのだという。メニューはブレンドコーヒーから30年物の単一豆のコーヒーまでさまざまで、オールドコーヒー好きにもおすすめだ。

フグレン トウキョウ
バー

フグレン トウキョウ

ノルウェーの首都オスロで1963年に創業し、現地では定番の人気スポットになっているカフェ&バー、FUGLENの海外進出第1号店。古民家を改装した店内にはノルウェーのヴィンテージ家具や陶器が置かれ、シンプルでありながらも木のぬくもりが感じられる落ち着いた空間。平日は朝8時からエスプレッソバーがオープンし、爽やかな酸味が印象的なコーヒーのほか、玉露やそば茶などが提供される。また、夜は雰囲気をがらりと変え都会的なカクテルバーとして営業。ノルディックカクテルチャンピオンシップ(アクアビット部門)で優勝した実力を持つバーマネジャーの一杯を楽しんでみてほしい。いずれの駅からも少し離れておりアクセスは少々不便だが、落ち着いた環境に店を構えているので食後のひとときをゆっくりと楽しみたいときにぜひ。 

東向島珈琲店
レストラン

東向島珈琲店

曳舟駅、東向島駅から徒歩5分の大通り沿いに位置するカフェ。マスターの人柄や落ち着いた雰囲気から、老若男女問わず多くの人が訪れ、墨田区のカルチャーハブとなっている。珈琲はもちろんのこと、手作りにこだわったスイーツや軽食も人気。なかでも、墨田モダンに選ばれている『レアチーズケーキ』がおすすめ。店内は広く、カウンターで珈琲片手に気さくなマスターと話したり、窓に面する明るいテーブル席でゆっくり食事を取ったりと、その日の気分に合わせて使い分けられる。店内の一角はギャラリーとしても貸し出されている。

伊勢 すえよし
レストラン

伊勢 すえよし

シェフ、田中佑樹の懐石料理店、割烹伊勢すえよし。そこは、東京にいながら美味しい日本の四季の味を堪能できる場所である。カウンター5席、テーブル6席だけの小さな店に、海外からの客も我先にと予約を入れる。田中の経歴は少し異色だ。専門学校卒業後、日本を代表する高級料亭、菊乃井で4年間、日本食を身体に叩き込んだ。その後、醤油と昆布を携えて料理を学ぶ旅に出て、15ヶ国以上を巡った。旅の途上で痛感したのが、その土地が育んだ食材がその土地の食文化を作るということ。「和食を日本文化としてもっと発信していきたい」という思いとともに帰国した田中は、地元の三重県に戻り生産者たちとの交流を深めていった。海山の自然に恵まれ、古くから「美し国(うましくに)」と呼ばれ食材の宝庫として知られる三重県で、2015年に自身の店を構え、伊勢の食材を多用する。土地の食材を深く知り、体験した上で作り上げる彼の一皿は、その時々の季節だけでなく、古来から伝わる日本の景色、味わいを語りかけてくる。 

銀座 きた福
レストラン

銀座 きた福

靴を脱いで畳に上がった瞬間からぷりぷりの蟹の最後の一口を食べ終わるまで、きた福での経験はすべてが格別だ。食事に少なくとも2時間かかるのは、4〜5kgある大きなたらば蟹の甲羅を生きたままはがし、足とはさみを順序よく一本一本さばくには最低でもそれくらい必要だからだ。取り出された蟹の身は、ゆで、炭火焼、刺身などいろいろに調理されて出てくる。ただし、すぐ気分が悪くなる人には警告しておく。蟹は食べられる直前まであなたの目の前で生きている。 まるで儀式のようなきた福の蟹のコースの最初に出てくるのは、もちろん刺身だ。北海道で蟹のさばき方を修業してきた店の料理人たちは、もいだ蟹の足を冷水に入れ、新鮮なまま出してくれる。残りの身は、しゃぶしゃぶや炭火焼きなどいろいろな調理法で提供されるので、それぞれ異なる風味や歯触りを堪能することができる。蟹の絵が描かれた陶器の皿や、炭焼きのコンロを飾る美しい書など、店の細かいこだわりも素晴らしい。そして、料理人が客の待ちわびていた蟹の心臓を差し出すとき、客は感動で沸き立つ。きた福の食事は決して安くない。しかし、ほかでは味わえない特別な体験ができることを考えたら、値段の価値は十分にある。 

聖林館
レストラン

聖林館

東京にピッツァブームが起こる遥か前から、柿沼進は見事な『マルゲリータ』と『マリナーラ』を次々と生み出してきた。決して若くはないこのシェフは、22年前におよそ一年をかけてイタリア国内のあらゆるピッツェリアを食べ歩き、帰国後に中目黒にサヴォイをオープン。姉妹店をオープンさせる一方、同店は聖林館と名前を改め、新しく生まれ変わった。東京最高峰のピッツァはもちろん、内装のユニークさも特筆に値する。鍛鉄製の階段、ベルベットのカーテンと黒い床板が、壁に埋め込まれた焼却炉のようなオーブンの存在感をより強調させており、まるでスチームパンクなSFの世界に入り込んだような気分が味わえる。 アンティークのサウンドシステムからクラシックが流れる店内では、ピッツァは1枚きっかり60秒で焼き上げられる。だが、ここには教科書通りのマルゲリータはない。絶妙な味加減のトマトソース、モッツァレッラ、色鮮やかなフレッシュトマト、バジルとたっぷりのオリーブオイルが乗せられ、塩が均等に振りかけらている。生地は軽やかで、焼きたてのチャバタを思わせるようなテクスチャーで、噛みしめるたびに鮮やかな味が口に広がっていく。もちろん『マリナーラ』も絶品で、過剰なトッピングでごまかすことなく、限られた食材だけで勝負している。ピッツァメニューはこの2種のみ。しかし、よりバラエティに富んだ食事をしたいのならば、パスタも試してほしい。  

タイムアウトレビュー
4 5 つ星中