東京、ブックカフェ20選

阿佐ヶ谷、渋谷、下北沢、千駄木など、ゆったり過ごせるブックカフェ
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

最近東京で支持を集めている、店内の本を読みながら、コーヒーや軽食が楽しめるブックカフェ。書店に飲食スペースを設けたものや、本好きな店主が始めた店など、成り立ちは様々だが、どの店も客の居心地を考えた店作りがなされ、帰りたくなくなるほどの居心地の良さ。ここではタイムアウト編集部がおすすめする20軒を紹介する。

レストラン

book&cafe' phosphorescence

icon-location-pin 三鷹

三鷹通り沿いの赤いレンガ風の外観が目印のブックカフェ。店名は太宰治の短編のタイトルから。街角の古本屋らしい狭めの店内には、純文学をはじめとした様々な古書に加え太宰治関連の切り抜きが並ぶ。辺りは非常に静かで喧噪とは無縁なので、時間を忘れて本と向き合える恰好の読書スポットだ。店の奥のスペースをフォス・ギャラリーと称し、不定期で展示や太宰関連のイベントなども行っている。 東京、ブックカフェ 20選

バー, ワイナリーズ

よるのひるね

icon-location-pin 阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷駅北口を出て、東急ストア手前を左手に曲がりすぐの場所にあるカフェ&バー。昭和情緒溢れる店内では、どこかノスタルジックなレコードや映画が流れ、ガロ系漫画、自然科学図鑑、江戸芸能もの、古い週刊誌、画集などの書籍が並ぶ。アルコールやフードメニューも豊富なので、仕事帰りに立ち寄って一息つくのにもオススメだ。また、トークショーやライブ、占いなどのイベントも頻繁に開催しており、ドープな中央線文化を堪能できる。 東京、ブックカフェ 20選

Advertising
レストラン

イココチ

icon-location-pin 高円寺

東高円寺駅から徒歩1分、青梅街道から少し路地に入った所にある小さなブックカフェ。レトロモダンで落ち着いた雰囲気の店内は、居心地が良く自宅のようにくつろげる。本棚には様々なジャンルの古書が収まっており、気に入った本はその場で購入することもできる。絵本の蔵書も多く、子ども連れでの利用もおすすめ。フード、ドリンクメニューも豊富で、ゆっくりと読書を楽しむのにぴったりだ。 東京、ブックカフェ 20選

ショッピング, 書店

本屋 B&B

icon-location-pin 下北沢

博報堂ケトルの嶋浩一郎と、ブックコーディネーター内沼晋太郎が手がける「街の本屋」。ビールを片手に、文学、アート、デザイン、マンガ、ビジネス、人文科学、社会科学、自然科学などの厳選された良書が楽しめる。この店ではほぼ毎日のようにイベントが開催されており、テーマに応じた作家やクリエイターを招いたユニークな企画を行っている。また、読書用品ブランド『BIBLIOPHILIC』(ビブリオフィリック)や『KONTARST.koncept』のインテリア雑貨なども販売している。24時まで営業しているというのも嬉しい。 特集記事 東京、ブックカフェ 20選 東京、ベストショップ100

Advertising
アート

気流舎

icon-location-pin 下北沢

おしゃれな木の外観が目を惹く下北沢の古書を扱うカフェ。店内を囲む本棚にはカウンターカルチャーを伝える、熱く濃い本が並ぶ。建築家の村山雄一が手掛けた木のぬくもり溢れる空間には、ロフトもあり秘密基地のよう。自分にあった特別な一冊を見つけて、豆乳チャイ(400円)やアブサン(700円〜)を味わうのは贅沢な時間である。自然療法のワークショップやマッサージ、ライブなど、不定期で様々なイベントも行っている。カフェとして利用せず本を見るだけの利用も歓迎とのことなので気軽に立ち寄ってみよう。 東京、ブックカフェ 20選

レストラン, カフェ・喫茶店

Brooklyn Parlor

icon-location-pin 新宿三丁目

新宿マルイアネックスの地下にあるダイニングカフェバー。新宿通りの喧騒から一転、落ち着いた雰囲気が流れる店内には、広々としたダイニングスペースを囲むように書棚が置かれており、アート本や写真集を中心に、和書、洋書問わず約2500冊の書籍や雑誌が並んでいる。もちろん、コーヒーを片手にそれらを閲覧することが可能だ。フードはハンバーガーやパスタ、ピザなどを主に、前菜からメインまで豊富に提供。ドリンクは、ニューヨーカーの間で一番親しまれていると言われる『ブルックリンラガー』が樽生で楽しめる。他に『ストロングボウ』のサイダーやワイン、カクテル、ソフトドリンクの種類も充実している。ランチは1,080円〜数種を用意、平日はコーヒーまたは紅茶が付いて得だ。 特集記事 東京、ブックカフェ 20選 新宿でしかできない101のこと

Advertising
レストラン

BUNDAN

icon-location-pin 駒場東大前

駒場東大前の日本近代文学館内にオープンしたブックカフェ。さまざまなクリエイティブワークを手がける「東京ピストル」が手がけており、「新しい文学の道標となるべき場所」をコンセプトに掲げている。マニア垂涎の稀少本から日本文学史を彩る名作、サブカル系まで、店内には約1万冊の書籍が並び、どの本も閲覧が可能。本を片手にゆっくりとお茶が楽しめるスペースになりそうだ。『鴎外』『芥川』『敦』など文豪の名前にちなんだコーヒーなどのドリンク類をはじめ、向田邦子や村上春樹など、世代を越えて愛される作家が好んだ料理や、小説に登場するメニューを再現して提供する。 東京、ブックカフェ 20選

レストラン, カフェ・喫茶店

Anjin

icon-location-pin 代官山

ゆっくり本を選ぶことができる代官山 蔦屋書店の2階にあるラウンジ。ふかふかのソファーのほか、ロングテーブルもあるので、のんびりしたり、打ち合わせをしたり、パソコンを開いて仕事をしたりと、様々な用途で使える。周りの人の声があまり気にならないゆったりとした作りはまさに、ラウンジだ。 東京、ブックカフェ 20選

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

CAFE SEE MORE GLASS

icon-location-pin 原宿

原宿にある絵本が楽しめる喫茶店。絵本作家、荒井良二が看板を手掛けており、店内には同氏の作品の原画が飾られ、グッズを購入することもできる。2500冊をこえる国内外の絵本や児童文学を、コーヒーやキーマカレーなどの食事とともに楽しめる。壁面はギャラリースペースとなっており、荒井良二の作品展示や、空気公団の写真展などが行われている。平日は全席喫煙可能なので、一服しながら童心に返るというのも良いだろう。不定期で休みになることもあるので、twitterやブログなどで確認してから訪れよう。 東京、ブックカフェ 20選

レストラン

Cafe LAX

icon-location-pin 渋谷

円山町7丁目、神泉駅から3分ほど歩いた通りにあるカフェ。自然光のたっぷり入る開放的な店内で、雑誌やコミックを読みながらのんびりと過ごすことができる。フードとドリンクは、『カフェラテ』や『特製タコライス』など、いわゆるカフェらしいスタンダードなメニューだが、特筆すべきは、作りつけの棚に並ぶコミックと雑誌のラインナップ。特にコミックの蔵書は、700冊を超えるというから驚かされる。8割がソファ席なので、ついくつろいで長居してしまうヴェニューだ。 特集記事 渋谷、Wi-Fi・電源スポットリスト 東京、ブックカフェ 20選

Advertising
ショッピング, 書店

Flying Books

icon-location-pin 渋谷

渋谷マークシティの裏、飲食店が立ち並ぶエリアに突然現れるのが渋谷古書センター。1階の渋いセレクトの古書店の上の階にあるのが、このFlying Booksだ。音楽、文学、アート、思想、宗教、民族、などなど国内外から取り寄せた個性的な品揃えが楽しめる。さらに、嬉しいのはコーヒーとアルコールが飲めること。昼間からワインを飲みながらヴィジュアルブックを楽しむ、なんて読書ファンならずともちょっとした贅沢な時間が過ごせる。 東京、ブックカフェ 20選

ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

書斎館

icon-location-pin 青山

青山の骨董通りから路地に入った場所にひっそりと佇む、筆記具の専門店。小さな庭のようなアプローチを抜けると、静かなミュージアムのような非日常の空間が広がっている。美しくディスプレイされた世界各国の万年筆、『アサヒグラフ』『小学一年生』『蛍雪時代』といった昭和の古雑誌が並ぶ書棚と小さなカフェスペース。洗練された雰囲気ながら、古い学習机などが置かれた空間はノスタルジックな空気も漂う。忙しい毎日だからこそ、あえて手間のかかる万年筆を使い、その手入れの時間までをも愛でる。そんな静かな時の流れを楽しむ「大人のゆとり」を提唱する同店。万年筆は、1万円から、10万円を中心価格帯に、愛好家向けの珍しい限定品や蒔絵など、上は250万円までの3000本が揃い、海外からも顧客が足を運ぶ。美しいペンに加え、オリジナル製品も含むインクやペンケースなどが並ぶ棚は、見ているだけでも優雅な気分になる。自分や誰かへのギフトに、あるいはいつか手にしたい1本をゆっくりと探すには最適な店だ。 特集記事 東京、美しい文具に出会える店15選 東京、ブックカフェ20選

Advertising
ショッピング, 書店

マルノウチリーディングスタイル

icon-location-pin 丸の内

KITTE4階にあるブックカフェ。楽しい読書スタイルと暮らしをほんの少しだけ豊かにする本、文具、雑貨が揃ったくつろぎのカフェ空間で過ごすひとときは格別だ。 東京、ブックカフェ 20選

Camera

【閉店】ブックオフカフェ

ブックオフ白金台店に併設されたカフェ。店内はシックなインテリアでまとめられており、ブックオフの中とは思えないほど。1階の本は全て持ち込み可能。大型書店並みの品揃えなので、気になる本がきっと見つかるはずだ。フードはパスタ、丼ものなど充実。コーヒー、スムージーなどのドリンクもたっぷりサイズなので、ついつい長居してしまいそうだ。
Advertising
レストラン

BOOKSHELF CAFE

icon-location-pin 浜町

都営新宿線、浜町駅から程近い久松町交差点にある、電子書籍が読めるブックカフェ。明るく清潔感のある店内にはiPadをはじめとしたタブレット端末がずらりと並び、電子書籍やインターネットが気軽に楽しめる。Wi-Fi環境に加え、PC電源、LANケーブル差込口も完備しており、ノマドワーキングにもうってつけだ。堀口珈琲の珈琲豆を使用したコーヒーや、木内酒造の常陸野ネストビールなど、こだわりのあるメニューも嬉しい。 東京、ブックカフェ 20選

レストラン, カフェ・喫茶店

Paper Back Cafe 東京堂本店

icon-location-pin 神保町

神田南町郵便局横の通りを入ったところにある、東京堂書店内のカフェ。「本をゆっくり楽しんで頂きたい」という想いから、“自分らしく本と向き合える場所”をコンセプトにオープンした。店内には小説家・中村文則が選んだおすすめの本50冊が並ぶ本棚が設置してある。ドリンクは160円~とリーズナブル。フードはスープやサンドウィッチなどの軽食から、カレーやタコライスなどのボリュームのあるメニューまで豊富に揃う。お気に入りの一冊を見つけて、カフェでじっくり読んでみてはいかがだろうか。

Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

books&cafe BOUSINGOT

icon-location-pin 千駄木

千駄木駅近く、不忍通り沿いにあるブックカフェ。落ち着いた雰囲気の店内には選りすぐりの良書が並ぶ。蔵書は文学を中心に美術、音楽、歴史に関するものがセレクトされており、店内の本は購入する事も可能。コーヒーは、カフェ クレーム、カプチーノ、カフェ ノワゼットなどエスプレッソ メニューが中心。ビール、ワインなどもアルコールも豊富で、一人呑みにもおすすめだ。開店時間が不定なのでTwitterをチェックして足を運ぼう。 東京、ブックカフェ 20選

レストラン, ティールーム

結構人 ミルクホール

icon-location-pin 千駄木

千駄木のコーヒー専門店、結構人 ミルクホールは、一人で読書を楽しみたい客のニーズに合わせ、全席が一人がけ。店内では、付き合いのあるアーティストによるTシャツや人形が販売され、食べ歩きが趣味の店主が執筆された自主制作のグルメ情報誌も購入することができる。本棚には、数は多くないがグルメ雑誌や街歩き、旅にまつわる本が並び、自由に読むことができる。フード、ドリンクは雑焙煎する分しか入荷しない厳選のコーヒー豆で挽いたコーヒー(800円)や、日本唯一の無殺菌生乳『想いやり生乳』(900円)、チーズケーキ(800円)など、シンプルながら、店主のこだわりを感じさせる。食べ歩きを通じて出会った越谷のラーメン店、へーちゃんラーメンの煮豚を使用した『チャーシュータマゴザンド』(飲み物とセットで400円※豚肉仕入れ価格高騰のためお休み中)も必食。お気に入りの本を持ってぜひ出かけたい。 東京、ブックカフェ 20選

Advertising
ショッピング

イズマイ

icon-location-pin 馬喰町

馬喰横山駅から歩いて2分ほど、清洲橋通り沿いにあるライフスタイルショップ。同じ馬喰町エリアに2009年にオープンした、カフェ兼定食屋のフクモリの姉妹店だ。店内の半分はブックストアになっており、文庫本、絵本、料理本や雑誌などを揃えている。それらの本を手に取りながらくつろげるカフェスペースでは、コーヒーのほか、アルコールや軽食も提供。中でもアツアツサクサクの『ミートパイ』はこの店の看板メニューとなっており、ランチタイムにはサラダとスープ、ドリンクが付いた『ランチプレート』で味わえる。『アップルパイ』や『カスタードパイ』など、スイーツ系パイも人気。 特集記事 馬喰町、ご近所ガイド 東京、ブックカフェ 20選

バー, ワイナリーズ

ハイマットカフェ

icon-location-pin 武蔵小山

武蔵小山駅から徒歩2分の場所にあるブックカフェ。店内に置かれている約1000冊の本は、学芸大学にある古書店SUNNY BOY BOOKSのセレクトによるもの。店名になっている「HEIMAT=心の郷愁」をテーマに、文学、絵本、写真集など、故郷を感じさせる本が並ぶ。棚の入れ替えのため、定期的に行われるガレージセールにも注目。可愛らしいラテアートを施したドリンクや、8種ほど用意されているデリの中から好きな3品を選ぶことができる『デリプレート』(980円)など、ボリュームたっぷりのランチもおすすめだ。 東京、ブックカフェ 20選

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com