東京、ブックカフェ25選

渋谷、下北沢、丸の内など、ゆったり過ごせるブックカフェ
Kaido Books & Coffee
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

暖かいコーヒーを片手に、お気に入りの本と向き合う時間ほど、心安らぐものはない。慌ただしく時間が過ぎていく東京だからこそ、ときには静かに本の世界に没頭できる、ブックカフェに出かけてみよう。どの店も、本のセレクトから、メニューの質、空間のあり方まで、それぞれに工夫が凝らされている。客の居心地を考えた店作りがなされ、帰りたくなくなるほどの居心地の良さだ。タイムアウト編集部がセレクトした25軒から、お気に入りを見つけてほしい。

1
ブンキツ
HIROKO MURAYAMA
レストラン, カフェ・喫茶店

文喫

icon-location-pin 六本木

六本木交差点からすぐの場所に開店した「入場料付きの本屋」。入店料金が1,500円かかるという、書店業界ではかつてない利用システムだが、その価値はあるかもしれない。店内ではコーヒーと煎茶が飲み放題のほか、選んだ本を静かにゆっくりと読める閲覧室や、グループでの打ち合わせなどに使える研究室、軽食を摂れる喫茶室などが利用できる。どのコーナーも、好きな本を携え、自由に移動が可能だ。特に、静かで自然光が豊かに差し込む閲覧室では、心ゆくまで読書に没頭することができるだろう。本棚に並ぶのはアート画集や、ビジネス、食などをテーマにした書籍など、合計3万冊。スタッフが自分の求める本を選んでくれるサービスも展開予定とのことなので、新たな本との出会いを求めて覗いてみたい。

2
ショッピング

神保町ブックセンター with Iwanami Books

icon-location-pin 神保町

2016年に閉店した岩波ブックセンター跡地にできた、書店と喫茶店、コワーキングスペースからなる複合施設。1階の「本喫茶」には、岩波書店の主要出版物が揃う。本棚に囲まれるようできた空間では、カフェオレなどのドリンクのほか、簡単な軽食も提供。日中は本が読めて買える喫茶店として営業している。

Advertising
3
ツタヤ ブック アパートメント
Things to do

ツタヤ ブック アパートメント

icon-location-pin 新宿

本を軸とした、24時間営業のくつろぎ空間。4階がコワーキングスペース、5階と6階がリラックススペースとなっており、1時間500円〜利用が可能だ。本に囲まれたコワーキングスペースには、電源、プリンタ、iMac、iPadが完備されているので、集中して仕事に取り組むこともできる。5階と6階には、靴を脱いでゆったりできる共有スペースと、本や漫画をじっくり読める個室ブースを設置。6階は女性専用フロアとして営業しているので、夜が遅くても、安心して女性もくつろげる。

4
Kaido Books & Coffee
ショッピング, 書店

KAIDO books & coffee

icon-location-pin 品川

北品川の旧東海道沿いにある、旅と街道をテーマにしたブックカフェ。店主が、「旅好きな人に、旅先のローカルな魅力や、土地ごとの風土を楽しんでほしい」との思いから、商店街の空き店舗をリノベーションして開店した。本棚には、約1万5000冊が並び、そのラインナップは、旅のガイド本から、地域風土や、地場産業、郷土史を紐解く歴史書など、ディープなものも多い。カフェでは、全国各地から豆を選りすぐったコーヒーのほか、国産クラフトビール、焼き菓子などが楽しめる。次の旅のヒントを探しに訪ねてみるといいかもしれない。

Advertising
5
ハマハウス
レストラン

ハマハウス

icon-location-pin 人形町

水天宮前駅近くにある「街のリビング」をコンセプトにした複合ビル。1階がブックカフェ、2階と3階がオフィス、屋上が会議も可能なルーフテラスとなっている。1階のブックカフェは、天井が高く開放的な雰囲気。コーヒーやランチボックス、スムージーのほか、ソムリエの店長が選んだ自然派ワインなどを提供。定期的にイベントも開催している。

6
レストラン

古本カフェ フォスフォレッセンス

icon-location-pin 三鷹

三鷹通り沿いで、開業17年を迎える古本カフェ。赤いレンガ風の外観が目印だ。店名は太宰治の短編のタイトルから。街角の古本屋らしい狭めの店内には、純文学をはじめとした様々な古書に加え、太宰治関連の切り抜きが並ぶ。カフェ周辺は非常に静かで喧噪とは無縁なので、時間を忘れて本と向き合える。店の奥のスペースをフォス・ギャラリーと称し、不定期で展示や太宰関連のイベントなども行っている。 

Advertising
7
バー, ワイナリーズ

よるのひるね

icon-location-pin 阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷駅北口から近いカフェ&バー。東急ストア手前を左手に曲がった場所にある。昭和情緒溢れる店内では、どこかノスタルジックなレコードや映画が流れ、本棚には、ガロ系漫画、自然科学図鑑、江戸芸能もの、古い週刊誌、画集などの多様な書籍が並ぶ。夜遅くまで営業し、アルコールやフードメニューも豊富なので、仕事帰りに立ち寄って一息つくのにもオススメだ。トークショーやライブ、占いなどのイベントも頻繁に開催しており、ディープな中央線文化を堪能できる。 

8
オカマルト
レストラン, カフェ・喫茶店

オカマルト

icon-location-pin 新宿二丁目

日本最大のゲイタウン、新宿二丁目の中でもとりわけディープな一角、新千鳥街にあるブックカフェ。ドラァグクイーンのマーガレットとして知られる小倉東(おぐら とう)が運営しており、ゲイ雑誌や同性愛の研究書など、ゲイやクィアカルチャーの資料を集めた膨大なコレクションの一部が公開されている。常時500〜600冊が書棚に並び、不定期的に入れ替えられる。1時間半1,500円の時間制で、料金にはワンドリンクと茶菓子が含まれている。 

Advertising
9
ショッピング

HINT INDEX BOOK エキュート東京店

icon-location-pin 丸の内

東京駅の近くに位置する、静かなカフェ併設書店。「ニッポンの現在」を発信することを目的に、文学、音楽、伝統芸能などさまざまな分野にわたる豪華な顔ぶれのクリエーターが参画している。カフェでは、全国の自家焙煎珈琲店のコーヒーが楽しめ、それだけでも訪れる価値があるだろう。朝7時から営業しているので、出勤前に静かな読書時間を確保するのにもうってつけだ。

10
レストラン

イココチ

icon-location-pin 高円寺

東高円寺駅から徒歩1分、青梅街道から少し路地に入った所にある小さなブックカフェ。レトロモダンで落ち着いた雰囲気の店内は、居心地が良く自宅のようにくつろげる。本棚には様々なジャンルの古書が収まっており、気に入った本はその場で購入も可能。絵本の蔵書も多く、子ども連れでの利用もおすすめだ。フード、ドリンクメニューも豊富なのも嬉しいポイント。朝8時半から営業しているので、朝食とセットで読書を楽しむのも良い。

もっとみる
Advertising