麺や 維新
麺や 維新

東京、ワンタン麺15選

池尻大橋、西荻窪、渋谷、高円寺......つるんと食べたい名店を紹介

作成者: Hisato Hayashi
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ラーメンガイド > 東京、ワンタン麺15選

テキスト:メンチャック、Time Out Tokyo Editors

「雲を呑(の)む」と書いてワンタン。なめらかな皮の中に肉やエビなどのあんがたっぷりと詰まり、喉越し柔らかな食感が人気だ。単品でもおいしいワンタンをラーメンに乗せて味わう贅沢な一杯は、一説では1950年代に広州から香港に移転した料理店のメニューに人気が高まり、広まったのがきっかけともいわれる。ここでは東京のワンタン麺の基盤とも言える浜田山のたんたん亭から、不動の人気を誇る池尻大橋の八雲をはじめ、東京各地の名店を紹介する。

関連記事

東京、二郎インスパイア系ラーメン20選

東京、昆布水つけ麺 15選

東京、塩ラーメン15選

八雲
八雲
八雲

1. 八雲

レストラン ラーメン 池尻大橋

オープンから移転後も不動の人気を持つ実力店。店主は支那そばの老舗店舗、たんたん亭出身だ。動物系スープにコンブ、干しエビ、サバなどの魚介系を織り交ぜた澄みわたるスープは、濃口しょうゆの黒だし、やや甘めの白だし、ミックスの3種類から選べる。

八雲の魅力は、何といっても絶品のワンタンに尽きる。プリッとした食感のワンタンと黄金スープ、歯切れ良い麺から成る至福の一杯は、都内随一のワンタン麺といっても過言ではない。おすすめはエビと肉のワンタンが半分ずつ堪能できる、黒だし特製ワンタン麺。ハチミツで香ばしく仕上げられた、こだわりのチャーシューの食感もプリプリしている。何度食べても飽きのこない隙がない一杯。

昼時は10人ほどの並びが続き、夕方が狙い目だ。

支那そば たんたん亭
支那そば たんたん亭
支那そば たんたん亭

2. 支那そば たんたん亭

レストラン ラーメン 高井戸

浜田山駅から徒歩1分、駅前の商店街にあるラーメン店。老舗で、昔から地元の住民に愛されている。

提供するのはカツオベースのシンプルなしょうゆラーメンの『支那そば』と、それにワンタンが入った『エビワンタンメン』、肉とエビのワンタンが両方入った『ミックスワンタンメン』や餃子など。細めのストレート麺で、だしのきいたさっぱりしたスープと味わい深いチャーシュー、濃厚なワンタンの組み合わせはとても満足感がある。

カウンター席10席のみの小さな店でピークタイムはすぐ満席になってしまうが、住宅街のためさほど混み合わず、少し待つと入れるだろう。

Advertising

3. キング製麺

レストラン ラーメン 王子

王子駅から徒歩7分ほどの場所にあるラーメン店。入り口のそばには自家製麺の製麺所がある。上北沢のらぁめん小池、本郷の中華蕎麦にし乃などの人気店を系列として、2019年にオープンした。提供しているのは、優しい味わいの『白だしラーメン』、華やかな山椒(さんしょう)の香りが魅力的な『山椒ラーメン』の2種類のみ。

追加トッピングの肉がパンパンに詰まった肉ワンタンと、プリプリ食感の海エビワンタンは一つ一つ店で手作りされたもの。どちらのラーメンにもよく合うのでおすすめだ。

4. 穀雨

レストラン ラーメン 渋谷

渋谷のセルリアンタワー裏手に店を構えるラーメン店。

カウンターのみのひそやかな雰囲気の店内では、しょうゆ、塩ラーメン、坦々麺を提供しているが、特におすすめしたいのは、魚介が香るしょうゆ味の『ワンタンメン』。あっさりと仕上げられたスープに、細めの麺がちょうど良い。食べ応えのあるワンタンが抜群の仕上がりだ。チャーシューも豚と鶏の2種類が付き、満足度を高めている。

Advertising
広州市場 五反田店
広州市場 五反田店
広州市場 五反田店

5. 広州市場 五反田店

レストラン ラーメン 五反田

五反田駅から徒歩3分、駅の東側にある深夜まで営業している本格的なワンタン麺の店。

メニューの定番は、大ぶりなワンタンが10個も入った『広州雲吞麺』や、鶏白湯(パイタン)と魚介スープで作る濃厚スープとプリプリのエビワンタンがおいしい『濃厚海老雲吞麺』。肉とエビの両方が楽しめる『二種盛り雲吞麺』、粗びき肉の『粗びき旨味雲吞麺』、ピリッときいた花椒(ホアジャオ)が決め手の『雲吞担々麺』など、ラーメンのメニューだけでもたくさんそろう。

麺が見えないほどボリューム満点のワンタンは、豚肉とネギが詰まっていて、つるっとジューシーな仕上がりだ。皮からはみ出るほどに具材のボリュームが贅沢で、あっさりとした清湯スープはワンタンとの相性も抜群。

中華そば こてつ
中華そば こてつ
中華そば こてつ

6. 中華そば こてつ

レストラン ラーメン 下北沢

下北沢駅から徒歩7分ほど、商店街と住宅街の境目くらいの場所にあるラーメン店。ミシュランガイド2020のビブグルマンを獲得した話題店だが、少し喧騒(けんそう)から離れた立地のためか地元の人を中心に人気だ。

定番の『中華そば』のほか、『ワンタン麺』も人気が高い。ワンタンは肉が詰まっていて、薬味のうま味と肉汁があふれ出る手の込んだ一品。ワンタンはサイドメニューとして『皿ワンタン』でも注文可能だ。

Advertising

7. 麺屋はやしまる

レストラン ラーメン 高円寺

高円寺駅北口を降り、純情商店街から路地に進むと現れるラーメン店。店のいちおしである『つけめん(醤油)』をはじめ、絶妙な歯応えの自家製麺に定評がある。

厚みのあるしっかりした皮に包まれた『わんたんめん』も常連客に人気の定番メニューだ。『ミックスわんたんつけめん』はエビワンタン2個、肉ワンタン2個が乗っており、食べ応えのある一杯に仕上がっている。暑い時期に登場する『冷やしわんたんめん』もおすすめ。

中華soba いそべ
中華soba いそべ
中華soba いそべ

8. 中華soba いそべ

レストラン ラーメン 武蔵新田

矢口渡駅すぐ目の前にある、池尻大橋の人気店、八雲出身の店主が手がけるラーメン店

店内には製麺機があり、出来立ての自家製麺を味わえる。ラーメンは、白しょうゆベースの『白旨』、濃口しょうゆベースの『黒旨』、『つけそば』があり、ごはんメニューや皿盛りのワンタンやチャーシューなどもそろう。

おすすめはプリプリのエビワンタン2個、肉ワンタン2個が乗った『白旨 にこにこワンタン麺』だ。えぐみのない上品ないりこだしとまろやかな鶏スープがよく合い、ワンタンとよく合う。

Advertising

9. 麺や 維新

レストラン ラーメン 目黒

目黒駅東口から歩いてすぐのラーメン店。食材へのこだわりが生み出した唯一無二の一杯を提供している。

もち豚のゲンコツ、名古屋と秋田のブランド鶏、北海道の羅臼コンブを使用している。麺は国産小麦を使用した自家製麺。さっぱりと爽やかな『柚子塩らぁ麺』は特におすすめだ。

『特柚子塩らぁ麺』にアップグレードすると、ワンタン3個、鶏肉3枚、甘辛しょうゆが染み込んだゆで卵が乗る。ほんの少しの鶏油が麺とスープの風味を豊かにしている。

らーめん 茂木
らーめん 茂木
らーめん 茂木

10. らーめん 茂木

レストラン ラーメン 三軒茶屋

三軒茶屋駅から徒歩6分ほど、国道246号線沿いにあるワンタン麺が有名な人気店。

一番人気は『雲吞麺』で、ほとんどの客が注文している。看板商品でもあるワンタンは、肉がこれでもかとギッシリと詰まり、皮までしっかりとしていて食べ応え満点。スープとともに熱々の状態で提供されるため、ふうふうと吹きながら食べてもらいたい。

スープは鶏豚骨の白濁スープで、鶏と野菜のうま味が詰まったヘルシーな飲み口だ。麺は加水低めの中細の縮れ麺でスープによく合っている。チャーシューは歯切れの良い柔らかい食感で、実はワンタンに負けないくらいおいしい。クラシカルで素朴だが、インパクトのあるワンタンにより絶品の一杯となっている。

Advertising
支那そば いしはら
支那そば いしはら
支那そば いしはら

11. 支那そば いしはら

レストラン ラーメン 西荻窪

浜田山にある有名店、たんたん亭の創業者である石原敏が、西荻窪にオープンしたラーメン店。

人気メニューはエビワンタンと肉ワンタンの2種類が乗った『ミックスワンタンメン』だ。エビワンタンはぷりぷりとしたエビの食感と甘みが強く、肉ワンタンはかむたびに肉自身のうま味が広がるが、ショウガがきいた爽やかな後味になっている。

ラーメン以外にも居酒屋メニューが豊富で、酒も瓶ビールからこだわりの焼酎までそろっている。しばらく酒を楽しんだ後、締めの一杯でラーメンをすするのがおすすめだ。

12. 松波ラーメン店

レストラン ラーメン 世田谷区

松陰神社駅近くの線路沿いにあるラーメン店。一見するとカフェのような外観、内装で女性の一人客の姿も多い。

おすすめは、団子が六つ入った『ワンタン麺』。肉、野菜、煮干しで取られたスープはあっさりとしているがコクがあり、縮れ細麺との相性も良い。餃子(ギョーザ)にも似た味のワンタンはしっかりとあんが詰まっており、食べごたえ十分。テーブルに置かれた揚げた玉ネギフレークを一振りして味を変えるのもいいだろう。サービスでかやくご飯が付くのもうれしい。

Advertising

13. 麺壱 吉兆

レストラン ラーメン 大井町

大井町駅から徒歩5分ほどの場所にある店。福島県白河市のご当地ラーメンである白河ラーメン系の味を楽しむことができる。

メインの『中華そば』は、昔懐かしいしょうゆラーメン。鶏のだしがしっかりときいたコクと甘みのあるまろやかなスープと、少し縮れた青竹平打ち麺はほっとする味。スープは脂が浮いた濃い味だが、後味がすっきりしているので最後まで楽しめる。『中華そば』に魚介系のだしを加えた『支那そば』も人気だ。

中華そば 二階堂
中華そば 二階堂
中華そば 二階堂

14. 中華そば 二階堂

レストラン ラーメン 飯田橋

九段下駅、飯田橋駅、水道橋駅の中心辺り、オフィス街の中にある人気店。丸鶏しょうゆの『中華そば』、煮干しの風味がきいた『手もみイリコそば』、人気の『つけそば』の定番メニューに加え、季節限定メニューも積極的に展開されている。

『中華そば』は大山鶏ガラ、ゲンコツ、豚足などを炊き上げ、コンブ、カツオ、煮干しなどの乾物と、貝だしを合わせた清湯(ちんたん)スープ。とても優しい味わいだが、飲めば飲むほどうま味が深まる。麺は国産小麦を複数融合したストレートな細麺で、ツルツルとした食感に仕上がっている。

甘味のある脂身と低温調理で丁寧に仕上げられたチャーシューや、柔らかいメンマや白ネギなどのトッピングが程よいアクセントになり、全体的に優しい味わいだ。『わんたんめん』のワンタンも、とても上品でおすすめ。

Advertising
支那そば屋 こうや
支那そば屋 こうや
支那そば屋 こうや

15. 支那そば屋 こうや

レストラン ラーメン 四ッ谷

四ツ谷駅から徒歩5分ほど、肉がたっぷり入った特大のワンタンが並ぶ『雲呑麺』が名物の店。腸詰めやピータン、手羽先などのちょっとしたつまみから、本格的な炒め物まで幅広いが、麺のメニューも豊富だ。昼から夜まで通し営業な点もうれしい。

あっさりラーメンをヘルシにすする......

東京、素材で選ぶ魚介ラーメン

レストラン

多様化、差別化が進むラーメン業界でも、ひときわ百花繚乱の様相を呈しているのが、魚介系だ。料理人たちが意外な素材の秘めたるポテンシャル、すなわちだしの個性を分析し、創意工夫とセンスによって完成させた新たなラーメン。「麺はスープのためにある」と考える人なら必ずや満足できるであろう15軒を、だしの素材別に紹介しよう。

Photo: Keisuke Tanigawa
Photo: Keisuke Tanigawa

東京、定番つけ麺20選

レストラン

国民食ラーメンの中でも、店主の麺へのこだわりや、麺の本当のおいしさを堪能できるのがつけ麺の魅力だ。今や群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代となっているつけ麺業界。巷にはさまざまなつけ麺専門店が並んでいるが、現在のつけ麺シーンの礎を築き、常に独創性を放ち続ける20店を、ラーメンハンターが厳選。

Advertising

東京、塩ラーメン15選

レストラン 日本料理

みそしょうゆと並び、昔ながらの素朴な味わいで根強い人気の塩ラーメン。最近では、ラーメン店の競争の加熱もあってか、各店が個性を発揮し、具材や麺など、細部にまで店主のこだわりが詰まった一杯が多く見受けられる。今回は、そのなかでも、都内で指折りの塩ラーメンの名店から、看板メニューではないながらも、実は塩ラーメンが光る隠れた名店まで、15店を紹介しよう。

東京、鶏白湯ラーメン15選

レストラン ラーメン

近年、すっかり定番の味として都内でも人気店が増えてきた『鶏白湯(パイタン)ラーメン』。一口すすれば深いコクと白濁したスープのとりこになること間違いない。ここでは、都内15店を厳選。あっさりとしながら鶏脂のうま味、コクの感じられる鶏白湯ラーメンは、たっぷりの鶏コラーゲンや、野菜をふんだんに盛り付けてヘルシーなメニューを展開する店舗もあり、女性ファンも増加中だ。牛や豚の臭みが苦手、という人でも親しめるメニューが多いので、ぜひ近くの名店に足を運んでほしい。

Advertising

東京、本当においしい豚骨ラーメン20選

レストラン

ラーメンブームの原点とも言える、豚骨ラーメン。の骨髄を徹底的に煮込むそのスープの世界は、癖のあるキャラクターとバリエーションの豊富さで、定番メニューの一つとなった。本場九州から東京オリジナルのものまで、都内で食べることができる「本当においしい」豚骨ラーメンを紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising