注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

1/3
Photo: Keisuke Tanigawa
2/3
中華そば べんてん
3/3
つけそば 周

東京、定番つけ麺20選

銀座、池袋、吉祥寺、池尻大橋、板橋で抑えておきたい定番

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、定番つけ麺20選

テキスト:メンチャック 

国民食ラーメンの中でも、店主の麺へのこだわりや、麺の本当のおいしさを堪能できるのがつけ麺の魅力だ。今や群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代となっているつけ麺業界。巷にはさまざまなつけ麺専門店が並んでいるが、現在のつけ麺シーンの礎を築き、常に独創性を放ち続ける20店を、ラーメンハンターが厳選。

麺のうま味を引き出すために、どの店も創意工夫に富んだつけ汁を作り出している。ここでは通いやすい都心の名店から、決してアクセスがいいとは言えないが絶対に外せない都下の名店までを網羅して紹介する。

関連記事『家で味わう名店ラーメン6選』『東京、塩ラーメン15選

1. 新小岩:麺屋 一燈

レストラン 新小岩

イーストサイド東京の名店
新小岩駅から歩いて5分ほどの、平和橋通りから一本入ったところにある行列のできる人気ラーメン店。

店内はL字カウンター11席のみ、メニューはつけ麺とラーメンの2つを軸に、濃厚系と端麗系という2種を展開している。おすすめしたいメニューは『中華蕎麦とみ田』の店主からアドバイスを受けて完成したという、つくば茜鶏を100%使用した濃厚鶏スープに魚介系のうま味を合わせた『濃厚魚介つけ麺』(780円)。ラーメン好きならば、一度は体験したいイーストサイド東京でも屈指のうまさを誇る店だ。

Tsukemen Michi
Photo: Keisuke Tanigawa

2. 亀有:つけ麺 道

レストラン ラーメン 葛飾区

冷水でしっかりとしめた太麺
亀有駅から徒歩3分、商店街の一角にある、都内でも屈指の人気つけ麺店。連日行列が絶えないが、ここには並んででも食べたい唯一無二の一杯がある。 つけ麺のつけ汁は濃厚な魚介豚骨ではあるが、ほんのりとした甘みも残っており、雑味がないマイルドな味わいだ。

麺はモチモチとした歯応えの太麺で、冷水でしっかりとしめて提供される。具材は別皿で提供され、薬味ネギ、チャーシュー、味玉、つくね、そして日替わりの『本日の薬味』が添えられる。麺は追加料金で、400グラムまで増量可能。

そのほかのメニューには、具材なしの『素つけ麺』(500円)、『特製つけ麺』(950円)、デザートの『自家製ブリュレ』(200円)などがあり、土産の販売もしている。大勝軒の創始者、山岸一雄も認めた一杯をぜひ堪能してほしい。

Advertising

3. 吉祥寺:つけ麺 えん寺

レストラン 吉祥寺

ベジポタ系あっさりつけ麺
吉祥寺駅前にあるベジポタつけ麺の専門店。豚骨 、鶏ガラ、魚介ベースのスープは、ヤマイモ、玉ネギ、リンゴなどの野菜ペーストを加わって、濃厚でとろみがあって麺にしっかりと絡む。

野菜が入ることであっさりとした味わいになり、女性にも人気が高い。麺は3種類から選べるが、初めてならば極太胚芽(はいが)麺を頼んでほしい。胚芽の粒が入理、灰色がかった太麺はそばのような喉越しだ。

4. 野方:無鉄砲つけ麺 無極

レストラン 野方

濃厚豚骨派におすすめ
野方駅から徒歩4分、環七沿いにあるつけ麺専門店。京都にある濃厚豚骨の名店『無鉄砲』が手がけているため、つけ汁は豚のゲンコツと背ガラに水のみで仕込んでおり、コクが深くどろりと濃厚、チャーシューも半熟卵もとろとろだ。

自家製麺はつややかで弾力性のある極太ストレート麺だ。テーブルトッピングとして日替わりで、魚粉、高菜、ニンニクしょうゆ、すりゴマなどが備えられ、好みで合わせれば味の変化が楽しめる。また、食後の割スープはユズ入りで爽やか。

Advertising

5. 荻窪:丸長中華そば

レストラン 荻窪

個性派つけ麺の老舗
ラーメン激戦区荻窪における最古参の老舗『丸長中華そば』は、現在の東京つけ麺のルーツともいえる歴史的価値のある店だ。

『つけそば』(750円)は、柔らかく太めの自家製麺に、辛さと甘酸っぱさが合わさった強烈な個性のスパイシーなつけ汁という組み合わせ。賛否両論のある個性的な味だが、一度ハマれば定期的に無性に食べたくなる、クセのある味だ。今どきの店にはない、老舗にしか出せない斬新さが際立っている。

中華そば べんてん
中華そば べんてん

6. 成増:中華そば べんてん

レストラン ラーメン 練馬

動物系と魚介系のダブルスープ
成増駅から徒歩3分の店。高田馬場の老舗の名店として営業し、惜しまれつつ閉店をしたが、2016年に復活している。 動物系と魚介系のダブルスープが特徴で、つけ麺とラーメン共に人気でファンも多い。

『つけ麺』(850円)はダブルスープの風味がしっかりと出ており、つけ汁は濃厚だがさっぱりとした口当たりでおいしい。中太のストレート麺にもよく絡み、その相性は抜群だ。自家製のチャーシューはざく切りで食べ応えがあってボリュームも満点、つけ麺は『中盛』も同料金で提供される。

追加トッピングの『辛み』を追加すると、コクが増して別の味わいが楽しめる。『ラーメン』(800円)も同様に、動物系と魚介系のダブルスープと麺が絡み合い、一杯で十分満足できるだろう。

Advertising

7. 新宿:風雲児

レストラン ラーメン 代々木

鶏白湯と魚介を合わせたスープ
新宿駅から歩いて5分ほどのところにある『風雲児』は、濃厚な鶏白湯(パイタン)と魚介を合わせたダブルスープが人気。とろみがあるスープは濃厚な味わいで、コシのあるストレート麺とよく絡む。昼夜問わず常に店の外まで行列しているので、覚悟して臨もう。

8. 銀座:朧月

レストラン 銀座

銀座屈指の濃厚つけ麺
極太ストレート麺を豚骨と魚介系を合わせたスープで味わう『濃厚つけ麺』(800円)が評判の有名店。店内はカウンター7席のみだが、狭いながらも丁寧な味が楽しめる。弾力のある麺はふわりと小麦の香りのする仕上がりで、濃厚なスープに負けない存在感がある。店主のよどみない仕事ぶりも魅力の店。

Advertising

9. 池尻大橋:麺屋 和利道

レストラン 池尻大橋

濃厚魚介豚骨といえばここ
首都高の大橋ジャンクション近く、山手通り沿いにある行列の絶えないつけ麺専門店。魚介豚骨ベースの濃厚なつけ汁に、みずみずしく弾力のある麺がよく絡む。夜の営業では、つけ汁がマイルドな味わいの魚介鶏ベースに変わるので、昼と夜二度訪れて両方の味わいを試してみることをおすすめする。

10. 木場:麺屋 吉左右

レストラン 江東区

濃厚、マイルドな魚介豚骨
木場と東陽町の中間あたり、永代通りから一本入ったところにある人気店。店先には椅子が並べられ、行列が絶えない。メニューは『らーめん』(麺200グラム、700円)と『つけ麺』(麺300グラム、800円)、これにそれぞれ味玉が付いたものの4種類のみ。濃厚でマイルドな魚介豚骨しょうゆのスープに、コシが強くプリプリとした自家製麺がよく絡む。店員の丁寧な姿勢も気持ちがいい。

※2020年3月8日から休業中。

Advertising
六厘舎 TOKYO
六厘舎 TOKYO

11. 東京駅:六厘舎

レストラン 丸の内

東京駅ですする特注極太麺
つけ麺が大人気の六厘舎の東京駅店。東京ラーメンストリートのラーメン店のなかでもとりわけ人気で、店の前に常時行列ができているのである程度の時間の余裕を持って行きたい。

オーソドックスながら人気メニューの『つけめん』(850円)は、魚介の香りが豊かな濃厚なスープに、浅草開花楼の特注極太麺を使用している。ユズをきかせたスープ割りで、最後の一滴まで飲み干せてしまう王道の一杯だ。

12. 千歳船橋:勢得

レストラン ラーメン 千歳船橋

エビ油が香る濃厚スープ×自家製麺
東京農大のすぐそばに位置する、昼のみ営業のつけ麺の名店。毎朝店主自らが打っているという麺はパン用の小麦粉を使った強力なコシの中太麺。つけ汁は煮干しやかつお節などの魚介だしに鶏ガラなどの動物だしを合わせた、超濃厚スープで、ほのかにエビ油が香る。

この自家製麺とつけ汁の相性は抜群で、他店にはない独創的な味。麺打ちから盛り付けまでの全行程を妥協なくこなす、店主のストイックな姿勢があってこその味。文句のつけようがない一杯だ。

Advertising
ツケメン ゴノカミセイサクジョ シンジュクテン
Yoko Asano

13. 新宿:つけ麺 五ノ神製作所

レストラン ラーメン 新宿三丁目

エビを飲み干す
新宿タカシマヤのすぐ裏手の大人気つけ麺専門店。『海老つけ麺』が主力メニューで、エビのだしをふんだんにきかせた熱くとろみのあるスープに、もちもちの太麺を浸しながら食べる。これをアレンジした『海老味噌つけ麺』『海老トマトつけ麺』などもあり、エビの甘みを感じる濃厚な味わいは、どれも一度食べるとクセになる。

トッピングには定番の『味付玉子』や『チャーシュー』『三角メンマ』のほか、『バジルソース』や『モッツァレラチーズ』などイタリア風のものも注文可能。エビのスープに不思議とマッチする。

並盛りの麺が270グラムとボリュームたっぷりで、食べ切れない人は小盛り180グラムにも変更できる。フレッシュなプチトマトがごろごろ入った、『海老トマトつけ麺』が特におすすめだ。

麺 高はし
麺 高はし

14. 赤羽:麺 高はし

レストラン ラーメン 赤羽

玉ネギ無料は3杯まで
赤羽駅から徒歩5分ほどの、少し裏手に入った路地にある店。特につけ麺が人気で、毎日行列が絶えない。『つけそば』は一杯600円という驚きの価格ながらも、絶妙な味のバランスを実現。つけ汁は煮干しやさば節などを使った魚介系だしに、鶏ガラや豚骨などの動物系のだしがバランスよく調和されている。

もっちりとした食べ応えのある太麺はこのスープによく絡む。 卓上に置いてあるトッピングの玉ネギは、シャキシャキ感がおいしさを加えてくれる(玉ネギは3杯無料で、それ以上はチップを支払うシステム)。通常メニューの『らぁ麺』も同様に600円という価格設定で、ダブルスープの絶妙のバランスが楽しめる一杯だ。

Advertising

15. 東池袋:東池袋 大勝軒 本店

レストラン 池袋

古き良き伝統の味 
今や日本全国に展開し、つけ麺の魅力を発信し続ける大勝軒グループ。その創始者、山岸一雄の人生を賭けて生み出された味を守り続ける総本山が『東池袋 大勝軒 本店』だ。

山岸の修業時代のまかない料理を発展させ生み出された『もりそば』(700円)は時代に流されない、永遠不変の味。魚介、豚骨、鶏が重なり合い、少し酸味のあるつけ汁に、太すぎずコシも抑えめの柔らかい麺が絶妙に絡む。今どきのつけ麺によく見られる濃厚さとは全く違う、老若男女が楽しめる古き良き伝統の味を守り続けている。

自家製中華そば としおか
自家製中華そば としおか

16. 早稲田:自家製中華そば としおか

レストラン ラーメン 早稲田

甘辛い豚骨魚介スープ
早稲田駅より徒歩5分ほど、早稲田通り沿いに位置する店。19年間の営業の後、2015年に惜しまれつつ閉店した高田馬場の名店、べんてんの弟子が味を踏襲して、2015年にオープンさせた(弁天はその後、成増に移転して営業中)。

べんてんを継承したような豚骨魚介が魅力で、『つけ麺』(900円)はモチモチとした喉越しのよい太麺と、豚骨魚介の甘辛いスープがよく絡み合い相性が抜群にいい。

麺の量は中盛で350グラムとかなり多く、また通常でもスープの中の具材はたっぷりで、満足度が高い。 チャーシューを楽しみたい人は『チャーシュートッピング』(350円)がおすすめ。肉厚のチャーシューを細切れにしたものが、山盛りで提供される。

Advertising

17. 荻窪:迂直

レストラン 荻窪

孫子の兵法が由来
荻窪駅北口から徒歩5分ほどの場所にあるカウンター7席の店。「迂を以て直となす」という孫子の兵法が店名の由来になっている。『鰹昆布出汁醤油つけ麺』(850円)、『坦坦つけ麺』(850円)など、シンプルながらこだわりが感じられるつけ麺をメインに据えたラーメン店。一日15食限定の『ゴロ肉ごはん』も人気の一品だ。

不定休のため、開店日は公式Twitterで確認しよう。

18. 蒲田:煮干しつけ麺 宮元

レストラン ラーメン 蒲田

舌の上で踊る魚粉
蒲田駅西口から徒歩5分ほどの場所にある、濃厚煮干しが特徴のラーメン店。コの字型のカウンターで厨房を囲んでいるため、立ち上る湯気やスタッフの掛け合いなど躍動感あるラーメン作りを見ながら待つことができる。 メニューは『極濃煮干しつけ麺』『特製極濃煮干しつけ麺』『濃厚煮干しそば』のほか、限定の『生姜そば』も人気だ。

舌の上でジャリジャリと踊るほどの魚粉と洗練されたスープが煮干し好きにはたまらない一杯。チャーシューや味玉、ワンタン、玉ネギ、長ネギなどのトッピングも欠かせない。

Advertising

19. 西荻窪:麺尊 RAGE

レストラン 西荻窪

とろとろ昆布水を堪能
西荻窪駅から徒歩4分ほどの路地裏にある店。特製の昆布水に浸った『つけそば』(900円)は、軍鶏や丸鶏からとったダシの軍鶏スープと、煮干しや昆布、干し椎茸などからとったあえて雑味も残した煮干しスープの2種類から選択できる。

大きな丼に入れられたつけだれと、昆布水に浸った麺にはとろろ昆布と七味がまぶされている。つけだれは酸味があるが、食べ進めると昆布水とともに味の絶妙な変化を楽しめる。添えられたレモンをかけるとより引き締まった味に変化する。

トッピングのチャーシューは豚肩ロースと鶏胸肉で、これがとにかく柔らかくておいしい。濃い色合いでとろける味玉もおすすめだ。残った昆布水を投入し、最後の一滴まで堪能できる。

つけそば 周
つけそば 周

20. 板橋区役所前:つけそば 周

レストラン ラーメン 板橋区

動物系と魚介系に野菜を煮込んだスープ
板橋区役所前駅より徒歩1分ほど、木彫の看板が特徴の店。看板メニュー『つけそば』(780円)のやや粘り気のあるつけ汁は、動物系と魚介系のスープに野菜を加えて煮込んであり、濃厚だが見た目以上にさらっとした味わいだ。麺の量は並でも300グラムとかなりお得感があり、ハリがある歯応えの良い自家製麺によく絡み合っている。

具材はチャーシューと味玉とメンマの通常トッピング、モヤシなどの温野菜が別皿で添えられているのもうれしい。具材の追加トッピングも可能だ。味に酸味を加えるレモンは、全体の味を引き締めてくれる。そのほかのメニューは、『中華そば』(880円)、『まぜそば』(780円)、期間限定のさまざまな味が楽しめる『限定つけそば』などがある。

関連記事

東京、煮干しラーメン20選

レストラン ラーメン

毎月続々と新店がオープンし、戦(いくさ)が絶えないラーメン業界。なかでも、もはや定番となりつつある煮干しラーメン店のバトルは強烈だ。ここでは新宿、恵比寿、淡路町などの都心から、綾瀬や王子神谷、中村橋、蒲田、千歳船橋など都内の東西南北に広がる、新店を含む名店を紹介する。 通常、濃厚系とあっさり系の二極に分かれている煮干しラーメンだが、魚粉がジャリジャリと舌に残るほど濃厚なセメント系スープも、煮干しの後味が香ばしいあっさりと澄んだスープも、どちらも甲乙つけがたい。双方のメニューをそろえる店では、2杯を食べ比べるのもいいだろう。

東京、ベストラーメン2019

レストラン

新陳代謝を続ける東京のラーメンシーン。2019年も多くの新店がオープンした。本記事では、なかでも特に注目すべき店を振り返る。煮干しや魚貝などのあっさりとした中華そばを中心に、トレンドが映し出された内容にもなっている。まだ味わったことのない一杯に会いに行ってみてほしい。

おすすめ

    関連情報

      Advertising