東京、天丼18選

日本橋や築地、浅草、表参道などで味わう江戸の粋
はちまき hachimaki
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
テキスト:Time Out Tokyo Editors and 神森真理子

丼ものの定番、天丼。起源は1830年代と言われており、江戸時代から愛され続ける日本の重要な食文化だ。高カロリーフードの代表のような存在の天丼だが、専門店で多く使用されているごま油は、コレステロールを下げる効果のあるリノール酸やオレイン酸、抗酸化作用のあるセサミンなどを含み、意外と健康的。ここでは、リーズナブルな価格で人気を博す天丼専門店から、高級店のランチまで、タイムアウト東京が厳選した店を紹介する。衣ひとつとっても、さくさく食感のものから、たれの染みたしっとりタイプまでバラエティ豊かなので、好みの1軒を見つけてほしい。

 

レストラン

築地 てんぷら黒川

icon-location-pin 築地

てんぷら黒川は、築地場外の外れにも関わらず行列ができる人気店。理由はなんと言っても素材の良さだろう。毎朝築地から仕入れる魚介はもちろん、野菜も千葉県の契約農家直送のものを使用している。ランチの天丼はすべて1,500円だが、おすすめはホタテと芝エビの『かき揚げ天丼』。天ぷらは揚げたてをそのままのせ、上から甘めのたれをさっとかけているので、さくっとした食感が残る。程よく火の通った大ぶりな帆立のぷりっとした食感とのコントラストが素晴らしい。

レストラン

神保町 はちまき

icon-location-pin 神保町

怪奇小説家の江戸川乱歩がひいきにした店として知られる、天ぷら屋はちまき。昭和初期に屋台からスタートし、1945年から神保町で営業を開始した。店に入るとごま油の香ばしい香りに食欲がそそられるだろう。老舗だが価格は財布に優しく、定番の『天丼』は800円とリーズナブルに味わえる。少し贅沢したいなら、エビ2本と身の大きなアナゴ、野菜の天ぷら2種、アナゴの骨せんべいがのった『穴子海老天丼』(1,400円)もおすすめだ。

Advertising
レストラン

若松河田 高七

icon-location-pin 早稲田

1884年に創業した、130年以上の歴史をもつ老舗の天ぷら屋。現在は、5代目の店主が妻とともに店を切り盛りしている。この店では、かき揚げの上にあんかけがたっぷりかかった『元祖かき揚げあんかけ天丼』(1,200円)という珍しい天丼を味わえる。店主の飯田敏夫が13年前に考案した人気メニューで、かき揚げの具材(訪れたときは生シラス、海藻、レンコン、ホタテ、ショウガだった)は日によって変わるので、季節の味を楽しめる。

レストラン

浅草 天麩羅 中清

icon-location-pin 浅草

天丼を提供する店が数多くある浅草だが、観光地価格で質以上に高い店も少なくない。そんな中で誠実な価格設定と言えるのが、明治3年創業の老舗、天麩羅 中清だ。店は鯉が泳ぐ池のある中庭などもあり、料亭のような格式ある雰囲気ながら、夜でも天丼を提供している。『かき揚げ丼』(2,625円)は、芝エビと青柳のカイバシラが、もっちりと粘り気のある厚い衣に包まれ、どっしりとした食べごたえ。甘辛い味付けはどこか、唐揚げを彷彿とさせる。

Advertising
レストラン

浅草橋 柳橋 大黒家

icon-location-pin 浅草橋

神田川と隅田川の交わる河口付近にある予約制の老舗天ぷら専門店。ランチタイムもカウンターで職人の手さばきを見ながら食事を楽しむ事ができ、『天丼』(2,000円)を頼んでも、はじめに海老の足が揚げたてで供される。天ぷらは巻海老のほか、蓮根のしゃきしゃきとした食感が小気味良い海老と小柱のかき揚げ、冬はブロッコリー、春は山菜など、季節の野菜がのる。黒めの香ばしいタレも上品に揚がった天ぷらと好対照。

レストラン

銀座 天一

icon-location-pin 銀座

銀座駅を出て、並木通りを進んだ右手にある天ぷら料理店。昭和5年の創業以来、武者小路実篤や志賀直哉をはじめとする文化墨客に愛され、今でも国内外の文化人やVIPが通う老舗でもある。メニューには、その日のおすすめを揚げるおまかせと好みのネタを好きなだけ味わえるお好みがあり、どちらも時価。昼のコースは8,400円~、夜のコースは18,900円~。『特製天丼』(4,200円)もある。第二次世界大戦後には、吉田茂の外交における接待の場としても注文されたという天麩羅料理を、数奇屋造りの落ち着いた雰囲気の中で、時代を感じながら贅沢な気分で堪能したい。

Advertising
レストラン

三ノ輪 土手の伊勢屋

icon-location-pin 三ノ輪

三ノ輪の天丼専門店、土手の伊勢屋は明治22年頃創業の老舗。建物から店内までレトロな趣に溢れている。天丼は、ネタの異なるイ(1,400円)、ロ(1,900円)、ハ(2,300円)の3種があるが、せっかくならアナゴが入るロ以上を頼みたい。丼から大きくはみ出るアナゴのほか、エビ2尾、シラスと小エビとカイバシラのかき揚げ、野菜など、ネタはひとつひとつが大ぶりでボリューム満点。衣はさっくとしていながら、ふんわり。たれも甘さと辛さのバランスが良い。行列ができる人気店なので、平日早めの時間がおすすめ。

レストラン

人形町 天ぷら中山

icon-location-pin 人形町

人形町にある、天ぷら中山の『天丼』(1,050円)は黒天丼と呼ばれており、蓋を開けると予想以上の真っ黒なビジュアルに驚く。具材は、エビ、キス、アナゴ、千切りのニンジンなど、パンチのある衣に負けない存在感がある。創業以来、継ぎ足し続けているたれは、醤油の香ばしいさが際立った濃厚な味わい。見た目程しつこくないのでぺろりと食べられてしまうだろう。

Advertising
レストラン

人形町 天音

icon-location-pin 人形町

下町の風情が漂う人形町で3代続く天ぷら専門店。天丼は、中(1,400円)、上(2,300円)、特上(3,200円)があるが、店主いわくもっともコストパフォーマンスが良いのが『上天丼』だという。天ぷらは純正胡麻油のみを使用し揚げられ、ふたを開けるとごまの香りが広がる。その日の仕入れによって素材は異なるが、巻海老に江戸前アナゴやキス、レンコン、かき揚げなど、質、両共に申し分無い。

レストラン

日本橋 金子半之助

icon-location-pin 日本橋

日本橋の天丼専門店、金子半之助は、1時間待ちは当たり前の行列店。人気の秘密はやはりその安さだろう。メニューは『天丼』1種のみで価格は880円。金子半之助のレシピを再現した甘さ控えめのさらっとした丼つゆに合う素材を厳選しており、エビ2尾、丼からはみ出る大きなアナゴ、イカとコバシラのかき揚げ、シシトウ、タマゴ、ノリと、価格からは信じられないボリューム。半熟状態のタマゴを崩しながら味わおう。付け合わせのがりごぼうもさっぱりとして箸休めにぴったりだ。

Advertising
レストラン

京橋 深町

icon-location-pin 京橋

京橋駅からすぐそばにある深町は、ミシュランで一つ星を獲得した天ぷらの名店。四季の美味を感性豊かな天ぷらで楽しめる。『特製かき揚天丼』(2,500円)は、ユリ根、ホタテカイバシラ、エビのほか、ソラマメなど季節のたねが入る。生搾りの太白胡麻油でカラッと揚げられた衣は頬張る度にさくさくと良い音がなる。タレは濃いめでたっぷりとかかり、こってりとした味わい。蜆がたっぷりのきりっとした赤出汁が天丼を引き立てている。

レストラン

神谷町 天ぷら かつみ

icon-location-pin 神谷町

神谷町駅から直結の天ぷら かつみは、カウンター10席程小さな店で、昼時となるとビジネスマンを中心に行列ができることもしばしば。『天丼』(1,300円)は、山盛りのご飯の上にかき揚げ、その周りを取り囲むように、エビやキス、アナゴ、ナス、オクラなどの野菜が盛られ、迫力満点。揚げたてを甘めのたれにさっとくぐらせており、衣はほんのり食感が残る。とにかくご飯が多いので、食べきる自信がない人は注文時に「少なめで」と頼もう。

Advertising
レストラン

赤坂 天茂

icon-location-pin 赤坂

先代の後を継ぎ2代目の女主人が店を切り盛りする赤坂の天茂。ランチタイムには『天丼』、『かき揚丼』(各1,300円)の2種類の天丼が用意されているが、ほとんどの人が頼むのは『かき揚丼』。具材は、小エビとコバシラとシンプルな具材をふんわりと衣が包みしっとりとした食感。きりっと濃いめのたれは、ご飯との相性も良く、上にのせられたユズの皮が良いアクセントになっている。天丼のお供、赤だしのみそ汁(100円)も忘れずに頼もう。

レストラン

九段下 もも瀬

icon-location-pin 九段下

九段下の人気店もも瀬では、『穴子ばら揚げ丼』(1,260円)を頼んで欲しい。からっと揚がったさくさくのアナゴは、一口大にカットされ、大量のオオバとともに盛られている。米には海苔が敷かれ、胡麻が混ぜ込まれ、タレも少なめで、いわゆる天丼とは大きく異なるさっぱりとした味わい。追加のタレと山椒が添えられているので、好みで楽しもう。ランチは行列必至なので、開店時間の11時30分を狙っての来店がおすすめ。

Advertising
レストラン

江戸川橋 天仙

icon-location-pin 文京区

江戸川橋の天仙は、高級店に負けないクオリティながら、リーズナブルな価格が魅力。『特製天丼』(1,600円)も具材はエビやアナゴ、キス、野菜のほか、エビしんじょをつめた肉厚なシイタケなど、値段に甘んじない具材がふんだんに使用されている。衣は厚めでもっちりしているが油っぽさはなく食べやすい。一欠片乗った柚子の皮が良いアクセントになっている。

レストラン

神楽坂 天孝

icon-location-pin 飯田橋

神楽坂に店を構える天孝は、夜はコースが16,000円からという高級店。入るのも少し勇気がいるが、昼間なら比較的リーズナブルに楽しむ事が出来る。『天丼』(2,500円)のネタは、エビ2尾、小エビのかき揚げ、 キスに、レンコン、サツマイモ、シシトウなどの野菜。衣は薄めでふわっと軽く揚げられ、たれも程よい甘さで上品な味わい。静かな食事を楽しみたいときに利用したい。

Advertising
レストラン, 天ぷら

表参道 みや川

icon-location-pin 青山

みや川は、関西天ぷらの店。表参道駅から徒歩10分ほどの立地ながら、昔ながらのほっと安らげる落ち着いた佇まい。ランチで頼める『上天丼』(1,800円)はタマネギやインゲン、サツマイモ、ズッキーニ、ナスなどの野菜に、魚介は、エビ、アナゴ、イカ、キスなど、とにかく具沢山。衣は関西風の薄いものでさりげなく、素材の味を引き立てている。食べごたえ抜群だが、野菜の多さも手伝ってかもたれる事無く食べきれるだろう。

レストラン

天ぷら 新宿つな八 総本店

icon-location-pin 新宿

東京を中心に多くの店舗を構えるつな八の総本店が新宿にある。大正13年よりこの地に店を構えており、暖簾をくぐると当時の面影が残る風情ある空間が広がる。平日限定の『天丼』(2,100円)は、大きなエビが2本、小エビのかき揚げ、肉厚なアナゴ、野菜と素材にもこだわりが感じられる。衣は厚手でさくさくとした食感。カウンター席で職人の手さばきを眺めながら料理が来るのを待とう。

豪快に食らう……

レストラン

東京、はみ出しグルメ10選

はみ出しグルメとは皿に収まらない量や大きさがを売りにした料理のこと。「器を大きくすれば良いのでは?」と野暮なことを考える人もいるかもしれないが、見た目から受ける印象も料理の美味しさを左右する大事な要素。はみ出しは、店側の演出であり、もてなしの心なのだ。ここでは、東京で楽しめる、はみ出しグルメ10品を紹介。見た目は迫力満点だが、フードファイターが挑戦するようなメガ盛りメニューは避けているので、ご安心を。がっつり食べたいときには、これを読んでボリュームランチや話題のデカ盛りにぜひ挑んでほしい。

Advertising