9SARI CAFE & BAR
Photo: Keisuke Tanigawa

パブリックキャット 第43回

カフェの看板猫:キュー(6歳)西早稲田のクサリ カフェ & バーにて

テキスト:
Hayashi Hisato
広告

タイムアウト東京 > Things to do > パブリックキャットシリーズ > パブリックキャット 第43回

テキスト:Satomi Abe
写真:Keisuke Tanigawa

東京都新宿区、副都心線の西早稲田駅から戸山公園方面に5分ほど歩くと、レンガ造りのクサリ カフェ & バー(9SARI CAFE & BAR)が現われる。日本一のMCを決めるMC BATTLE『KING OF KINGS』主宰の漢 a.k.a. GAMI 率いるヒップホップレーベル『9SARI GROUP』が運営するカフェだ。スタジオも併設されており、ランチ時にはにぎやかな声が聞こえてくる。

アーティストにも会える学生街の穴場カフェには、甘えん坊な看板猫がいる。

“9SARI

名前:キュー(♂)
性格:元気で甘えん坊
好きなこと:脱走。隙を見て脱走した日は戸山公園に遊びに行き、地域猫や鳩を追いかけて遊んでいる。

キューはカフェがオープンした2014年にやってきた。漢 a.k.a. GAMIがオープン直前に店の裏で保護したのだという。生まれたばかりだった小さな子猫は、「9SARI」から一文字取ったキュー(9)という名前を与えられ、今では堂々たる出立ちでカフェ内を闊歩(かっぽ)している。

“9SARI

甘えん坊な性格で、人見知りは全くしない。カメラにも臆することなく、運が良ければ同席もしてくれる。

“9SARI

好奇心旺盛で活発。隙あらば脱走を試み、脱走した日は疲れて帰宅しスヤスヤと眠りこけるのだそう。クサリ カフェ & バーには、実はもう1匹看板猫がいる。オランダ語で「11」、エルフと名付けられた5歳の女の子だ。

“9SARI

暖かい場所が大好きで、カフェの奥にある事務所スペースに潜り込んでいる。おっとりとした優しい性格で、昼間店に出てくることが多い。

“9SARI

近所で生まれたエルフは、2015年ごろ店にやってきた。客の水を飲もうとするのが好きなのだそう。以前はテン(10)という猫もいたが、残念ながら天命を全うし、現在はキューとエルフが看板猫として活躍している。

“9SARI

店内にはヒップホップレーベルらしくおしゃれな音楽がかかっており、写真でも看板猫たちに会うことができる。人気メニューは『ハラミステーキ』や『漢のハンバーグ』。漢 a.k.a. GAMI が自ら仕込む特製のメニューは、ファンにはたまらない贅沢な一品だ。

“9SARI

音楽レーベルが運営するカフェということもあり、アーティストが遊びにくることも多々ある。ランチタイムであれば、漢 a.k.a. GAMIに会える機会も多いという。ヒップホップファンでなくともゆったりと過ごせる温かい雰囲気があり、猫に会うためにやってくるお客さんも多いそう。音楽に疎い人でも気兼ねなく足を運んでみてほしい。

“9SARI

入店時と退店時は、キューが脱走しないよう注意しよう。散歩中の犬やカラスが姿を現すと、ドア越しに威嚇して店を守ろうとする男気ある姿が見られるかもしれない。

“9SARI

キューを抱っこする漢 a.k.a. GAMI。すっぽりと腕の中に収まり、安心しきった表情になっている。人見知りをしないキューだが、漢 a.k.a. GAMIに対してはかなり甘えん坊になるようだ。

“9SARI

抱っこされるといつも耳をなめて甘える。生後すぐ、カフェと共に大きくなったキュー。両者の間には親子のような絆があるのだろう。

キューやエルフへの差し入れもOK。勤務時間は気まぐれなので、会えるかどうかはタイミング次第だが、昼間の明るい時間帯は出勤していることが多いとのこと。なでられるのが大好きなので、機嫌を伺いながらコミュニケーションを取ってみよう。ちなみにキューはお尻の近くをなでてもらうのが好きなようだ。

“9SARI

勤務先:クサリ カフェ & バー

ある一日のスケジュール

10時00分 起床。ご飯を食べ、人の出入りが多くなるとドアの前に張り込む。脱走の機会を伺いながら、散歩中の犬やカラスから店を守る。
12時00分 ランチ営業に合わせて、お客さんたちとコミュニケーションをとったり、空席に座ってくつろいだりする。
16時00分 暗くなってくると2階や奥の部屋でゴロゴロ。好きな時間にカリカリを食べながらゆったり過ごす。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 高田馬場

日本一のMCを決めるMC BATTLE『KING OF KINGS』主宰の、漢 a.k.a. GAMI 率いるヒップホップレーベル『9SARI GROUP』が運営するカフェ。スタジオも併設している。

人気メニューは『ハラミステーキ』と『漢のハンバーグ』。漢 a.k.a. GAMI が自ら仕込む特製のメニューは、ファンにはたまらない贅沢な一品だ。音楽レーベルが運営するカフェということもあり、アーティストが遊びにくることも多々ある。店の看板猫、キューとエルフにも注目だ。

※新型コロナウイルスの流行により、当面の間12時00分〜20時00分(L.O.19時30分)に営業短縮(土・日曜は休み)。詳細は公式Twitterを確認

かわいい猫に出合いたいなら......

  • Things to do

都内や東京近郊の店で働く看板猫を紹介するシリーズ。カフェや花屋、セレクトショップなど彼らの職場はさまざまだが、その愛らしい姿にきっと誰もが癒やされることだろう。豊かな表情を収めた写真とともに、店にやってきた経緯や好きな食べ物、性格なども紹介していくので、仕事に励む姿はもちろん、彼らのマイペースな一面もぜひのぞいてみてほしい。

  • Things to do

埼玉県川口にある喜楽湯は住宅街の中にある銭湯。1950年代に創業、2012年にリニューアルを行い、現在は現場運営している。風呂は今でも井戸水を使用して薪(まき)で温めており、日曜には朝風呂営業もある。サウナーにはうれしいことにサウナは無料で、最近では外気浴のためのスペースも女湯に設置。現在男湯にも製作しているという。

パブリックキャットシリーズ 第42回は、そんな地元の人々が憩う銭湯の番頭猫、タタミを取材した。

広告
  • Things to do

東急世田谷線『若林』駅からすぐのところにある喫茶サロン ことたりぬは、型にとらわれない自由で柔軟な営業スタイルが魅力の一軒だ。築50年の一軒家を利用した店内には、食器やバブル期のものを中心にそろえた古着、本などがずらりと並び、店内では金継ぎをはじめとした『工芸サロン』や、歴史やファッションなどにまつわる『文化サロン』といったワークショップも頻繁に行われている。

しかし、この緊張感に負け、店内をさっと見回して出てしまうのはもったいない。四足の愛らしい店員が店内を歩き回っていることに気がつくはずだ。

パブリックキャット 第35回
  • Things to do

新宿から中央線で約30分のところにある街、国立。一橋大学や国立音楽大学をはじめとした学校も多く、落ち着いた雰囲気が魅力の街だ。今回紹介するのは、国立駅北口から徒歩12分の住宅街にたたずむヴィンテージ古着店の看板猫、くうちゃん(9歳)。古い一軒家をリノベーションしたという、味わい深い店が彼の職場だ。

広告
パブリックキャット 第19回
  • Things to do

新宿5丁目交差点のすぐそばにあるレトロな喫茶店、カフェ アルル。同店にはかつて、ゴエモンという看板猫がいた。2013年にタイムアウト東京がアルルを取材した際、彼はすでに17歳。高齢を感じさせない現役の貫禄で、新宿の人々に愛される立派な看板猫だった。しかし、2015年6月20日、19歳でゴエモンは逝去。猫としては大往生だろう。オーナーにみとられ、新宿で皆に愛された猫としてふさわしい最期であったという。

おすすめ
    関連情報
      広告