横浜でしかできない50のこと

港町で探索と発見を楽しむ

タイムアウト東京 > Things To Do >横浜でしかできない50のこと

異国情緒溢れる横浜は、江戸時代後期に世界へ開放された日本初の国際貿易港の1つだ。今でもその名残が街の所々に感じられ、独特の雰囲気を放っている。横浜中華街でのグルメから、海の見える遊園地、ロマンチックなディナークルーズ、のんべいのための横丁まで、様々な楽しみを発見しに行こう。

1

街を漕いで進む。

水辺荘
「都市の中の水辺を身近に楽しめるライフスタイルの実現」をビジョンに掲げ、横浜を中心に活動する水辺荘。大きなサーフボードに立って乗り、パドルで水面を漕いで進む水上アクティビティ「SUP(Stand Up Paddle surfing)」の体験を中心に、横浜都心部を回遊するクルーズ、水辺のデッキや広場を活用したピクニックを不定期に開催している。

詳細情報
黄金町
2

海辺でショッピングする。

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
『コーチ』や『マイケル・コース』といった海外ブランドから、SHIPS、NANO UNIVERSEなど人気のセレクトショップまで、約84店舗が集う海辺のアウトレットモール。ショッピングを満喫したら、マリーナを見渡せるリゾート気分満点のカフェで一息つこう。

詳細情報
横浜
Advertising
3

VRの未来を垣間見る。

DMM VR Theater Yokohama
横浜駅西口近くにある、世界初の3DCGホログラフィック専用エンタテイメント劇場。最新のデジタルサイネージ技術を用い、現時点で世界最高のホログラフィック演出が可能なステージシステムを常設。舞台演劇、音楽コンサート、ゲーム、伝統芸能から企業イベントまで様々なコンテンツ興行を実施している。

詳細情報
横浜駅周辺
4

レディな趣味を磨く。

デア クライネ ラーデン
元町の商店街にある、様々な種類のペーパーナプキンを販売する店。小さい店だが、ディナーの際にテーブルを彩る素敵なアイテムが発見できるだろう。

詳細情報
元町
Advertising
5

できたてビールを飲む。

ヨコハマビアスタンド
15年にわたり横浜で愛さるレストラン、驛の食卓の1階にあるヨコハマビアスタンド。醸造所を併設する同レストランでは『横浜ビール』をできたてで楽しめる。5種のレギュラービールには、ジャパンブルワーズカップで1位を受賞した『ピルスナー』や、インターナショナルビアコンペで金賞を受賞した『ヴァイツェン』などを揃える。重厚なチェコ製の銅釜や貯蔵タンクを眺めながら、絶品ビールを堪能してほしい。

詳細情報
横浜
6

牛鍋を食す。

横浜瀬里奈 浪漫茶屋
関内ホールの隣にある、美味い牛鍋が味わえる店。上質な神戸牛と本黒毛和牛、旬の食材を使用した四季折々の料理のほか、伝統的な懐石料理も味わえる。

詳細情報
横浜
Advertising
7

くじらのせなかで憩う。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル
大きさと形から「くじらのせなか」という愛称をもつ、大型船の着岸が可能な国際港。ターミナルの機能以外にも、空間をいかした音楽イベントや、憩いの場としても人が訪れる。床面は全般的にウッドデッキで、歩いた感触は独特の心地よさがある。屋上階には芝生が植えてあるゾーンもあり、とても気持ちのいい空間だ。

詳細情報
横浜
8

ジャズな夜に酔いしれる。

Bar Bar Bar
ジャズに溢れる街でもある横浜には、レストランで食事をしながら気軽にライブが楽しめる店が点在している。Bar Bar Barもそんな店のひとつで、毎日ジャズバンドによる生演奏が行われている。

詳細情報
横浜
Advertising
9

観光は手ぶらでする。

桜木町観光案内所
JR桜木町駅の南改札正面にある、観光案内所。手ぶらで観光を楽しめるようにと、手荷物の預かりサービスも行っている。クロークサービスは9時から21時までオープンしており、500円で利用可能だ。また、市内ホテルへ当日中に手荷物を配送するサービスも有り。

詳細情報
横浜
10

夜景と温泉を楽しむ。

みなとみらい万葉倶楽部
温泉に行きたくても遠出する時間がないときは、みなとみらいの万葉倶楽部に行くのも手だ。熱海温泉と湯河原温泉から毎日運ばれてくる湯に浸かった後は、都会の美しい夜景を眺めながらの食事を楽しもう。宿泊もできるので、きっと一泊したくなるだろう。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
11

世界のアートと出会う。

横浜美術館
横浜を代表する美術館の1つ。丹下健三の設計で、みなとみらいにある美しい並木通りのそば、美しい広場の前にある。エントランスホールの中央にある中庭の上には大きな天窓があり、たっぷりの日差しが降り注いでいる。中庭の右側の企画展は、レオナルド・ダ・ヴィンチから現代アーティストの奈良美智まで、幅広い。左側には、美術館が誇るコレクションから選出された、ヨーロッパ、アメリカ、日本の現代アートや写真アートが飾られており、展示作品は定期的に変えられる。

詳細情報
みなとみらい
12

無料の動物園に行く。

野毛山動物園
日ノ出町駅から10分、桜木町駅から15分と、アクセスの良い場所にある動物園。ペンギンからライオンまで、約100種を飼育しており、「なかよし広場」では、ハツカネズミ、モルモットなどの小動物と触れ合うこともできる。これだけ楽しめて入園が無料なのも嬉しい。帰りがけに楽しんだ気持ちをライオンの募金箱に寄付しよう。

詳細情報
横浜
Advertising
13

煌めく街を浮遊する。

横浜スカイクルーズ
横浜の風景を眺めながら、フライトが楽しめる横浜スカイクルーズ。幻想的な雰囲気が味わえるトワイライトタイムの飛行では、ブルーがかった港街や好天時には富士山のシルエットが眺められる。乗り合いの『日没前後5分コース』は大人1人9,000円。貸し切りなどのオプションもあるので、特別な日の演出に利用するのもいいだろう。フライトは、金曜、土曜、日曜、祝日のみとなっている。

詳細情報
みなとみらい
14

イルカと触れ合う。

横浜 八景島シーパラダイス
『うみファーム』、『アクアミュージアム』、『ふれあいラグーン』、『ドルフィンファンタジー』とそれぞれにコンセプトをもった4つの水族館と、海上を走行するジェットコースターや、急流を川下りするアクアライドなどの充実したアトラクションを一度に楽しめる娯楽施設。シロイルカやバンドウイルカなどといった海の生き物たちを直接触ることのできるコーナーもある。

詳細情報
横浜
Advertising
15

モーニングブッフェから始める。

アクイラ ウォランス
横浜スタジアムの近くにあるレストラン。朝7時から食べられる、日本食と洋食が揃うモーニングブッフェはドリンク付きで1,500円とリーズナブル。また、テラス席はペット同伴可能なので朝の散歩の途中に立ち寄るのもいいだろう。

詳細情報
横浜
16

アートは街中で見る。

黄金町バザール
黄金町地区は、かつて売買春等を行う違法な小規模店舗が約250件も立ち並ぶ地区であった。2008年、京浜急行電鉄と横浜市が協力し、高架下に文化芸術スタジオが建設され、アートを活かした新しいまちづくりを目指すイベント『黄金町バザール2008』がスタート。毎秋開催され、世界中からアーティストが集まり展示や、パフォーマンスが行われている。

詳細情報
黄金町
Advertising
17

ポケモンを手に入れる。

ポケモンセンター ヨコハマ
ピカチュウのぬいぐるみ、文房具、アクセサリーなどが揃うポケモンオフィシャルショップ。可愛らしいアイテムやマニアックな商品などがあり、大ファンはたまらないだろう。また、訪れた客とゲームで対戦できるイベントも不定期で開催している。

詳細情報
みなとみらい
18

レトロモダンで歩く。

横濱きものステーション
文明開化の地である横浜には、現在でも近代化が進んだ明治時代の歴史ある建物や雰囲気が所々に見られる。「横濱きものステーション」で、着物をレンタルしてあの時代に浸ろう。同店では、袴やレトロモダンな着物のほか、本格的な振袖も揃えている。

詳細情報
横浜
Advertising
19

公園で月見をする。

三溪園
三溪園(三渓園)は、生糸貿易で財をなした実業家、原三溪によって1906年に造られた日本庭園。明治政府が神仏廃止を唱え、多くの貴重な建造物が取り壊されるなかで日本各地の古建築を移築し、取り壊しから救ったという。庭園には京都の三重塔や大名の邸宅、安土桃山時代の茶室など多くの重要文化財がある。桜やお月見の時期には夜まで開園している。

詳細情報
横浜
20

元祖洋食メニューを味わう。

ホテルニューグランド ザ・カフェ
横浜のホテルニューグランド内にあるレストラン。今では誰もが知る『スパゲッティ ナポリタン』、『シーフードドリア』、『プリン ア ラ モード』といった洋食メニューの発祥の地として知られており、元祖の味を求めて遠方から足を運ぶ客も少なくない。なかでも『シーフードドリア』は大ぶりの海老や帆立がごろごろ入ったピラフに、たっぷりのアメリケーヌソースとホワイトソースがかかり贅沢な味わい。元祖にして最強の逸品と言えるだろう。

詳細情報
横浜
Advertising
21

コックピットに座る。

JFlight
飛行機のコクッピットに乗って飛行機を操縦してみたいと思ったことはないだろうか。JFlightでは、パイロットの訓練で使用される『エアバスA320』のコックピットを忠実に再現した、高性能フライトシミュレーターを使って飛行体験ができる。希望の出発地と到着地を選んで空の旅を楽しもう。なお、予約制となっており、公式サイト、もしくは電話にて申し込みが可能だ。

詳細情報
横浜
22

カップヌードルになる。

おすすめ

カップヌードルミュージアム
カップヌードルの体験型ミュージアム。世界でひとつだけの『カップヌードル』を作ることができるマイカップヌードルをはじめ、世界中のさまざまな「めん」 が味わえるレストランなど、ミュージアム内には様々なアトラクションが用意されている。 

詳細情報
みなとみらい
Advertising
23

ロマンチックなクルーズに出る。

Royal Wing
横浜港から出航する、エンターテインメントレストラン船「ロイヤルウィング」。美しい横浜の景色や夜景を眺めながらランチやディナークルーズで本格中華を味わってみてはいかがだろう。また、記念日クルーズ、船上パーティーなど特別な日を演出するクルーズプランもある。

詳細情報
横浜
24

煩悩を取り払う。

曹洞宗大本山總持寺
鶴見駅から徒歩7分ほどの場所にある寺。石川県にあった諸嶽寺が火災で焼失したのをきっかけに、1911年に横浜で再建された。初心者でも参加できる座禅や写経、1泊2日で行う『禅の一夜』などの体験も行っている。毎年7月に行われる盆踊り大会は、日本で1番盛り上がると言われている。

詳細情報
横浜
Advertising
25

はしご酒する。

花葉根
はしご酒を楽しみたい夜には、バーや居酒屋が並ぶ野毛エリアに行ってみよう。そのなかでも、豊富なメニューと美味しい料理が味わえる花葉根は、1軒目の腹ごしらえにいいだろう。

詳細情報
横浜
26

能は解説付きにする。

横浜能楽堂
能をはじめとする日本の古典芸能を上演するほか、海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出す能楽堂。毎月第2日曜日を「狂言の日」とし、初心者でも気軽に能楽堂に足を運んでもらえるようチケットは2,000円で提供。解説付きの狂言2曲を体験できる。

詳細情報
横浜
27

シンボルに登る。

横浜マリンタワー
1961年に設立された横浜のシンボルである灯台。展望台から美しい港町の景色を楽しむことができ、天候の良い日は、富士山まで見通せるだろう。ショップやレストランもあるので休憩がてら立ち寄ってみよう。

詳細情報
横浜
Advertising
28

魚のさばき方を学ぶ。

横浜市中央卸売市場本場
横浜みなとみらいの近くにある横浜市中央卸売市場。築地市場ほどの規模はないが、食堂街もあり美味しい海鮮丼を中心とした魚介が味わえる。寿司が食べたくなったら、目の前で新鮮なネタを握ってくれる「さがみや」に行こう。また、市場ではマグロの解体ショー、魚のさばき方教室などのイベントも開催されている。

詳細情報
横浜
29

人力車で巡る。

横濱おもてなし家
横浜を巡る時間が限られているときは、人力車を利用してみるのもひとつの手かもしれない。横濱おもてなし家では、豊富なルートの選択ができる人力車のサービスを行っている。人力車を引くのは資格を持ったツアーガイドだ。

詳細情報
中華街
Advertising
30

ラーメンの歴史を食べる。

新横浜ラーメン博物館
今や大ブームとなったラーメン。その歴史を展示するための博物館ではあるが、地下にある8軒のラーメン店が一番の魅力。店ごとに違ったスタイルのラーメンが楽しめ、北は札幌ラーメンから南は博多ラーメンなどバラエティ豊か。一番人気の店、すみれのみそラーメンはぜひ試してみてほしい。

詳細情報
新横浜
31

海風の中で買い物をする。

MARINE&WALK YOKOHAMA
横浜赤レンガ倉庫に隣接する大規模な商業施設。海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から生まれたオープンモールとなり、海を眺められるレストランなどそこにいるだけで素敵な時間を過ごせる。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
32

茶室で一服する。

横浜ロイヤルパークホテル
ランドマークタワー内に位置する高層ホテル。客室はすべて52階以上で、美しい横浜の眺望を部屋から楽しめる。また、ホテル内には茶室も備えている。

詳細情報
みなとみらい
33

ワールドカップに思いめぐらす。

日産スタジアム
2002年、ワールドカップ決勝戦、ドイツ対ブラジルの試合が開催されたスタジアム。今ではツアーが開催され、更衣室や練習場、ピッチなどを訪れることができる。また、ブラジルチームの作戦が書かれたホワイトボードを見たり、不器用で有名なドイツのゴールキーパー、オリバー・カーンの等身大の写真に向かってシュートを打つこともできる。国際試合だけでなく、このスタジアムを本拠地とする横浜マリノスのゲームなども行われる。

詳細情報
新横浜
Advertising
34

パンダを手にする。

パンダクレープ(チャイナスクエア内)
ショップから水族館、カラオケ、レストラン、スパまで様々な楽しみが詰まった施設チャイナスクエア1階で販売されているパンダクレープ。横浜中華街では何百ものパンダグッズを見かけるが、ついにクレープ界にも進出したようだ。

詳細情報
中華街
35

海を眺めながらエステする。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
風をはらんだヨットの帆をイメージした外観が印象的なホテル。近隣には、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫など様々な施設があり、ビジネスの拠点としても、観光の拠点としても重宝する。客室にはシティビューとベイビューがあり、ベイビューからは、横浜港の景色が一望できる。また館内には、景色を楽しみながら汗を流せるハーバービューフィットネスクラブや、プールも完備。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
36

ジャズシーンに飛び込む。

Motion Blue YOKOHAMA
横浜赤レンガ倉庫2号館にあるライヴレストラン。ジャズを中心とした、国内外のアーティストのステージとフレンチをベースに世界のエッセンスを取り入れた料理の数々を提供している。食と音楽をモダンな空間で愉しむ、大人のエンターテインメント空間といえる。

詳細情報
みなとみらい
37

中国茶は爬虫類と楽しむ。

横浜亜熱帯茶館
中国茶を飲みながら爬虫類と触れ合えるユニークなカフェ。店内には、イグアナや、リクガメ、トカゲなどが飼育されており、爬虫類の新たな魅力を発見できるだろう。なお、健康と安全の理由から、妊婦や乳児は入場禁止になっている。

詳細情報
横浜
Advertising
38

工場夜景の美を見る。

京浜工場夜景とみなとみらいクルーズ
横浜港に立ち並ぶ工場の夜景クルーズ。日中は目立ちにくい工場だが、夜間は美しくライトアップされ、ビル群の夜景とは異なる絶景が広がる。船はベイブリッジをくぐり、100分間、夜の港を巡る。

39

時計に乗り込む。

コスモクロック21
小さなアミューズメントパークの中央には、巨大なデジタル時計のついた観覧車コスモクロック21があり、横浜のランドマークとなっている。112mほどの高さで、480人が乗れる観覧車は世界最大級である。パーク内には全部で28個の乗り物があり、様々なアトラクションで楽しめる。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
40

海辺でオーガニックパンを齧る。

横浜ロータス
象の鼻パークの近くにある、焼きたてのパン、スープ、ビールを販売しているワゴンカー。天然酵母や有機栽培の自然な素材を使用したパンを持って海辺のピクニックを満喫しよう。

詳細情報
横浜
41

老舗店で餃子を作る。

揚州飯店 本店
横浜中華街で特別な体験をしたいと思ったら揚州飯店に行こう。上海料理を基本とした中華が味わえる同店では、ただ料理を味わうのみならず、肉まんと餃子作り、北京語レッスンをランチ、ディナーメニューに追加できる。老舗店の技を学んでみてはいかがだろう。なお、体験コースは事前予約が必須。

詳細情報
中華街
Advertising
42

コレクターの情熱を目撃する。

原鉄道模型博物館
鉄道開通の地である横浜にある鉄道博物館。世界の鉄道模型を通じて産業の歴史や文化を学べる施設だ。2つの鉄道ジオラマと、3つの展示室で構成され、世界的に著名な鉄道模型製作であり、収集家の原信太郎が協力し、コレクションから選りすぐった約1000両を展示。鉄道ファンから家族連れまで楽しめる博物館だ。

詳細情報
みなとみらい
43

京ばんざいをモダンに味わう。

チャラン ポラン
象の鼻公園の向かい側に位置する、居心地の良いカフェレストラン。京ばんざいをベースとした創作料理と季節の菓子が楽しめる。横浜港を見下ろしながら、優しい料理の数々を味わう幸せな時間を過ごそう。

詳細情報
横浜
Advertising
44

3Dの大自然に立ち向かう。

Orbi Yokohama
みなとみらいの『MARK IS みなとみらい』にある、セガとBBC EARTHが手掛ける新感覚ミュージアム。大自然の神秘を全身に感じ、究極の没入体験を楽しめる。美しい地球上空の飛行体験や体感温度-20℃の極寒体験ができる『Pre-SHOW』から始まり、目玉の『Main-SHOW』では、視覚だけでなく、匂いや風、霧、フラッシュライトなどの演出で全身の感覚を刺激する体感できる。約2時間の体験を通して、壮大な自然のなかにいるような気分を味わってみてはいかがだろう。

詳細情報
みなとみらい
45

バスと泳ぐ。

スカイダック横浜
桜木町駅すぐの日本丸メモリアルパーク付近から乗り込むことのできる、スイミングバスツアー。歴史的な港町を最大限に満喫するのに最適なツアーで、陸から乗り換えをすることなく海からの景色を楽しめる。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
46

伝統的な会席にする。

田中家
坂本竜馬の元妻、お龍が働いていた老舗の割烹料理屋。食事は完全予約制で、ランチコースは8,316円から、ディナーコースは13,662円から味わえる。歴史を感じる空間で特別な食事を楽しもう。

詳細情報
横浜
47

定番は抑えておく。

横浜赤レンガ倉庫
横浜港にたつ歴史的建造物。赤レンガでできた1号館と2号館には、billsや崎陽軒をはじめとしたレストラン&カフェ、ファッションやインテリアなどのショップなどが入っている。付近には整備された公園、赤レンガパークがあり、広場やホールなどではイベントや展示なども行われている。電車、バス、車、船でのアクセスが可能だ。

詳細情報
みなとみらい
Advertising
48

朝は粥に限る。

馬さんの店 龍仙
健康的な中国の粥が味わえる中華街にあるレストラン。「朝一番のこのお粥を食べる者には福きたる」という店主の言葉のように同店は朝7時にオープンし、朝食を楽しむ老若男女で賑わっている。

詳細情報
中華街
49

希望を受け取る。

横浜 成田山
横浜の野毛地区にある真言宗智山派の寺院。通称は野毛山不動尊と呼ばれ、希望を与える力を持つと言われる仏像がある。

詳細情報
横浜
Advertising
50

海を感じながら眠る。

横浜ベイホテル東急
みなとみらい駅近くのホテル。オフィスやコンサートホール、百貨店、専門店街、そして緑豊かな公園を備えたクイーンズスクエア横浜内にある。

詳細情報
みなとみらい

東京の秘密を歩く…

東京のシークレットスポット50

タイムアウト東京では、今までベストレストランや、ショップを紹介してきたが、東京には秘密にしておきたいとっておきの場所がある。この特集では、隠れ家レストラン、黒湯温泉にストリートアート、バイブバーに深夜のショッピングと、グルメやショッピングから、カルチャーまで、すべてが充実している東京だからこそ見逃していた秘密のスポットを紹介する。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments