4 Love It
保存する

東京、ルーフトップバー10選

都心の屋上で夜景と酒を嗜む

タイムアウト東京 > ナイトライフ > ルーフトップバー10選

屋外で酒を飲むのに気持ちが良い季節がやってきた。この特集では、都心にあるテラス席で美しい夜景を眺めながら美味しいカクテルが味わえるラグジュアリーなバーから、秘密基地のような隠れた名店を紹介する。日々の喧騒から逃れ、落ち着いた一夜を屋上で過ごしてほしい。

bar six

浅草寺のすぐ東側に位置するアミューズ ミュージアム6階にあるバー。季節限定でオープンする、屋上テラス席から眺めるライトアップされた浅草寺は格別だ。テラス席の予約は受け付けておらず、入店してから自由に出入りするシステム。オリジナルカクテル『浅草モヒート』で浅草散策後のクールダウンはいかがだろう。

詳細情報
浅草

XEX DAIKANYAMA The BAR

代官山にあるムード満点のバー。同店では、ジャズとクオリティの高いカクテルが楽しめる。外のテラスには、キラキラとゆらめくプールとランタンの暖かい光がバリのような雰囲気を醸し出している。「XEX」は誰でも入場可能だが、メンバーシップ制度もあり、入会金の32,400円と月会費7,560円を支払えば、最高のシートを確約できる。 

詳細情報
代官山

TWO ROOMS グリル バー

青山にある商業施設「Ao」の5階にあるレストランバー。ウッドとレザーで仕上げられた店内は、上品でスタイリッシュだ。天気の良い昼間には、テラス席から富士山まで見通すことができる。ワインセラーには、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、アメリカなど、世界各地から厳選した1800本以上のワインが揃う。スタッフも国際色豊かで、ホスピタリティ溢れる接客をしてくれる。

詳細情報
表参道

HACIENDA DEL CIELO

代官山にある、ビルの9階に店を構えるモダンメキシコ料理店。エレベーターを降りると、高い天井、窓から見下ろす東京の町並みと、開放感のある空間が広がっている。バースペースや、広いテラス席、個室などがある。デキャンタでオーダーできる、サングリアやモヒートを友人とシェアしながら、素敵な夏の夜を締めくくろう。

詳細情報
代官山

青山ラピュタガーデン バーThirty Six

南青山の一等地に位置する、プールサイドから眺める都内の夜景が魅力の青山ラピュタガーデン。バー「Thirty Six」のプールを囲んだバーエリアは、大人のためのリゾート空間のようだ。ここでは、バーでのみ味わえるスペシャルメニューや、こだわりのカクテルを堪能することができる。都会の喧噪から離れ、非日常的を味わいに足を運んでほしい。

詳細情報
外苑前

新宿グランベルホテル

新宿歌舞伎町にある、「アジアのNEXT ARTIST × HOTEL」をテーマとしたホテル。リニューアル以前から好評であった、ホテル内13階のルーフトップバーは、2016年7月に、都心でグリーンを感じられる空間へとパワーアップした。夏はビアガーデンプラン、冬には温かいホットカクテルを楽しめ、1年を通して音楽と夜景を酒のつまみに素敵な時間を過ごすことができる。

Check prices 詳細情報
東新宿

神南軒

マルイシティ渋谷隣りのビル最上階にあるダイニングバー。注目すべきは、そのゆったりと落ち着いた空間で、屋上にはシックなテラス席(11月まで営業)がある。夏期には毎年ビアガーデンもオープンし、都心の夜景を眺めながら、ソファー席でくつろぐことができる。オリジナルカクテル『すだちのモスコミュール』は、すっきりとした味わいで訪れた際にはオーダーしてほしい1杯。

詳細情報
渋谷

阿佐谷ビール工房

中央線沿線に店舗を展開する麦酒工房系列の阿佐ヶ谷店。2階建のビルを丸ごと使用しており、広さにはかなりのゆとりがある。1階にはビールの醸造所を併設しており、フレッシュなビールが直接タップへと繋がっている。ドリンクメニューには、アイスを乗せたフロートもできる『コーヒービール』など、随時数種類のエールを揃える。そして、同店の一番の魅力は屋上のビアデッキ。開放的な雰囲気でくつろげば、ビールの美味さも倍増することだろう。

詳細情報
阿佐ヶ谷

a-bridge / エーブリッヂ

三軒茶屋の雑居ビルの屋上にあるカフェバー。自作のテーブルや、もらい物のソファなどが配置され、手作り感溢れる店内は秘密基地のようだ。夕方に訪れたら、テラス席から美しい夕日を眺めることができる。また、夜の営業では不定期でライブやDJイベントが行われており、賑わっている。

詳細情報
三軒茶屋

ザ・バー・テンマー

タバコ屋の屋上にある、関内桜通りの隠れ家バー。外の階段を上り屋上にたどり着くと、夜空の下で元教師であったというマスターがカクテルを作っている。ドリンク、フードはともに500円で、キャッシュオンのスタイルだが、どれも本格派。営業は年中無休だが、屋根がないので雨や強風、極寒の日はもちろん休みになる。晴れの日の夜にふらりと訪れたい素敵なバーだ。

詳細情報

コメント

0 comments