週末、台湾を感じる5のこと

豆花、麺線、魯肉飯など、東京で台湾メシ欲を満たす

作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 週末、台湾を感じる5のこと

日本での人気が高い、台湾。映画『千と千尋の神隠し』のモデルとも言われる九份(きゅうふん)や、パワースポットの龍山寺(ロンサンスー)などの観光地、祭りのような雰囲気が楽しい夜市など、魅力的なスポットが多々あるが、やはり我々を惹きつけて離さないのは、台湾の食だ。ここでは、荻窪にもある台湾料理の名店や、魯肉飯(ルーローハン)を提供するDJバー、台湾からの留学生も絶賛するデザートの豆花(どうふぁー)専門店など、本場さながらの味を堪能できるスポットを5つ紹介する。もし、東京で台湾フードが恋しくなったら、この記事を参考に、本格的な台湾の味と出会いに行こう。

レストラン

瑞鳳 南口仲通店

icon-location-pin 荻窪

台湾人の姉妹が本格的台湾料理をふるまう名店。約100年前のレシピを忠実に守った絶品のちまきや、腸詰など、おなじみの台湾料理はもちろんのこと、日本ではなかなか食べられないモツ入り汁ソーメン、芝麻醤麺などの本格的な屋台料理も充実している。夜遅くまで営業しているので、居酒屋としての利用も。飲みながらのサッカー観戦も盛り上がり、味だけでなく、台湾の文化交流ができる場としても人気だ。

レストラン

東京豆花工房

icon-location-pin 淡路町

かんだやぶそば向かいにある、豆花専門店。豆花とは、豆腐のようなものに甘いシロップをかけて食べる、台湾の伝統的なスイーツだ。同店では、トッピングありとなしの2種類を用意しており、トッピングありを選ぶと用意されている8種類のトッピングを好きなだけ乗せることができる。日本では、まだあまり親しみがないかもしれないが、台湾では店舗によって味が変わると言われるほど、数多くの店で提供されているおなじみのスイーツ。同店では、以前台湾に住んでいた人や台湾からの留学生が絶賛するほど、本格的な豆花を提供している。

Advertising
レストラン

台湾麺線

icon-location-pin 新橋

台湾の国民食「麺線」の専門店。日本ではまだ馴染みの薄い麺線は、素麺を蒸した細い麺をとろみのあるスープで煮込んだもの。具材はモツとパクチーが盛られ、麺ごとレンゲですくって食べる。現地では地方によって味付けが異なるが、この店が手本にしているのは台北の名店 阿宗麺線の麺線だ。本来は門外不出の材料も、味にほれ込んだ店主が交渉を重ね、現地からの仕入れルートを開拓した。限りなく本場に近いその味は、台湾らしい味覚を凝縮したような一杯。カツオダシの効いた優しい味わいのスープに、ふやけているのにコシを保っている不思議な食感の麺が絡まる。卓上の烏酢と自家製のラージャオジャンを足すと、酸味やコクが増すのでおすすめだ。

バー

頭バー

icon-location-pin 渋谷

渋谷駅の南口付近にある、アンダーグラウンド感溢れるDJバー。著名ミュージシャンやDJもひっそり集っており、ジャンルはノイズから歌謡曲、ヒップホップまでと幅広い。しかし、頭バーの魅力はこれだけでなく、なんと店内では台湾料理が味わえるのだ。ランチ営業もあり、『魯肉飯(ルーローハン)』や『水餃子』などを提供している。

Advertising
レストラン, ティールーム

ゴンチャ

icon-location-pin 原宿

明治神宮前駅近くにある、台湾ティー専門店。同店の魅力は、阿里山をはじめとした上質な茶葉を使用した商品を、高級ティーサロンや中国茶専門店よりも手軽な価格で手に入れられることだ。また、ミルクティーをはじめとしたドリンクメニューには、タピオカやミルクフォーム、バジルシードなどのトッピングをすることや、ドリンクの甘さ、氷の量を調節することが可能。自分の好みに合わせたカスタマイズティーを楽しむことができる。

Advertising