人気記事

タイムアウト東京の人気記事

広告
  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

タイムアウト東京 > フード&ドリンク >東京、ノスタルジックな古民家カフェ7選 午後のブレイクタイムを素朴な空間で楽しみたい。居心地の良い空間でほっと一息をつきたい、という人は古民家カフェに立ち寄ってみよう。使われなくなった銭湯をリノベーションしたユニークなスペースや、古い建物をおしゃれによみがえらせたカフェなど、東京にはレトロでノスタルジックなスポットが点在している。 ここでは、築100年近い建物から東京都の有形文化財に指定された場所まで、ほぼ昔のままの姿で残された情緒あふれる古民家カフェを紹介しよう。熱いコーヒーとともに歴史に思いをはせれば、タイムスリップしたような気持ちになるはずだ。

  • トラベル

タイムアウト東京 > トラベル >「千と千尋の神隠し」モデルスポット6選 空に浮かぶ城から生い茂った森まで、宮崎駿の想像力は果てしない。彼が手がける異世界のいくつかは目を見張るほど美しく、まるで現実に存在するかのような説得力がある。 この記事では、長編アニメーション映画『千と千尋の神隠し』の舞台とうわさのスポットを紹介。全て製作に影響を与えたと公式に認められているわけではないが、まるで映画の中にいるような体験ができる。金具屋で温泉につかったり、海上の下灘駅で電車に乗ったりと、千尋になったつもりで訪れてみよう。 ※営業状況に関して変更となる施設もあるので、詳細は公式ウェブサイトをチェックしてほしい 関連記事『ジブリ好きのための東京ガイド』『平成を代表する長編アニメーション作品』

広告
  • Things to do

タイムアウト東京 > Things to do >東京、屋外ビアガーデン2022 徐々に気温が上がり、外で過ごすのが心地良くなってきた。屋外のフードイベントも増えてきた中、ビアガーデンに行きたい人も多いだろう。ここでは、オープンエアを楽しめる東京のビアガーデンやビールフェスティバル、ハイボールガーデンなどを紹介する。

広告
  • レストラン

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、オープンエアで食べる店18選 テキスト:浅野陽子(フードライター) それほど広くない面積に建物や店が密集し、人口密度も高い東京。しかし海外のリゾートにいるような開放的な気分になる、とっておきの場所は多くある。 水辺の景色が眺められるリバーサイド、公園近くで緑いっぱいのテラス席やビルのルーフトップ(屋上)のバーなど、東京のオープンエアの形態はさまざまだ。各店に取材を進めてわかったのが、季節によって寒暖の差が激しい東京でも、オープンエアの座席は年間を通じて人気があるということ。多くの店が、外の席から順に予約が埋まっていくそうだ。 ここでは、都内でオープンエアの空間が楽しめる、レストランを紹介する。外気を直接感じながらおいしい料理を食べたり、酒を飲んだりする体験は格別だ。東京の空の下、大切な人とゆっくり時間を過ごしてみては。 ※新型コロナウイルス感染症の影響で営業時間は変更している可能性がある。訪れる前に公式ウェブサイトなどで確認してほしい。 関連記事:『東京、下町オープンエアな飲食店10選』 『オープンエアで楽しめるブルワリーパブ10選』 『東京、ルーフトップバー7選』 『東京、ベストバー100選』 // (function() { window.__insp = window.__insp || []; __insp.push(['wid', 663832252]); var ldinsp = function(){ if(typeof window.__inspld != "undefined") return; window.__inspld = 1; var insp = document.createElement('script'); insp.type = 'text/javascript'; insp.async = true; insp.id = "inspsync"; insp.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https' : 'http') + '://cdn.inspectlet.com/inspectlet.js?wid=663832252&r=' + Math.floor(new Date().getTime()/3600000); var x = document.getElementsByTagName('script')[0]; x.parentNode.insertBefore(insp, x); }; setTimeout(ldinsp, 0); })(); // // window._pt_lt = new Date().getTime(); window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,21b6dc83'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'cjs.ptengine.com/pta_en.js'; var stag = doc

  • ミュージアム

純喫茶や近代建築、インベーダーゲームの筐体(きょうたい)や駄菓子、昭和に流行したキッチュなアパレルやおもちゃなど「レトロ」なものが今人気だ。そこには、古き良きものを埋もれさせまいとする歴史への敬意のようなものが感じられる。ここでは、そんな長い時の洗礼を受けたからこそ、人々を引きつける歴史的な価値を持ったミュージアムを紹介する。 明治や昭和初期に建てられた名建築から、昭和の人々の暮らしに思いをはせることができる庶民的な民家や、弾痕が残る戦災建造物まで「レトロ好き」なら心ときめくこと間違いなしだ。 なお新型コロナウイルス感染症対策のため、営業時間など変更している場合がある。訪れる前に公式ウェブサイトの確認をしよう 関連記事 『東京、美しい建築11選』 『日本で最も美しい書店&図書館9選』

広告
  • アート

タイムアウト東京 > アート&カルチャー > 6月から7月に行くべきアニメ展示20選 2022年の初夏、国民的アニメや有名漫画の展覧会が続々とスタートする。スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫、希代の漫画家である水木しげる、『NANA』で知られる矢沢あいなど、さまざまなクリエーターのイベントが並ぶ。ここでは、6〜7月に行くべきおすすめの展覧会をピックアップした。 緻密で繊細な原画を楽しんだり、制作の裏側をのぞいたり、空想の世界を自由に楽しもう。濃密なアニメ展示を体感してみては。 関連記事『コジコジ万博でしかできない5のこと』『「ゴールデンカムイ」を味わい尽くす、闇鍋のような大規模展がスタート』

東京でしかできない88のこと
  • Things to do

// window._pt_lt = new Date().getTime(); window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,11871039'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'cjs.ptengine.com/pta_en.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(atag, s); })(); // タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 東京でしかできない88のこと 人口1300万人の世界的メガシティー、東京。ローカルとイノベーションが混じり合い、常に新たなカルチャーを生み出してきた都市だ。半年に一度更新している本特集では、そんな東京で今行くべきヴェニューを88カ所紹介する。注目を集めるニューオープンから、洗練された京甘味処やクールな土産ショップなど、今回も見どころ盛りだくさんだ。新たな出合いと発見をしてみよう。 ウェブマガジンとは違った見方を楽しめるデジタルガイドマップもおすすめ。 関連記事『「東京でしかできない88のこと」(英語版)第12版がリリース』

広告
  • レストラン
  • ラーメン

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ラーメンガイド > 東京、二郎インスパイア系ラーメン25選 テキスト:メンチャック 「ニンニク入れますか?」このコールを聞いただけで、胸が躍る……。 マニアの間では「二郎とはラーメンではなく、二郎という食べ物である」とささやかれるほどで、この味わいに魅せられた人は後を絶たない。二郎とは、ラーメン界で絶対無二の存在なのである。本記事タイトルの「二郎インスパイア系」とは、二郎のまねごとではなく、二郎に魅せられ、そのロマンごと具現化した店を言う。 とはいえ、昨今ではこうした店があまりにも増え、乱立し過ぎた感も否めない。そこで今回は、ラーメンハンターが、時間をかけて厳選したいちおしの25軒を紹介。「二郎インスパイア系」の中でも、二郎の味を進化させ、さらに高いクオリティーまで昇華させた一杯を味わおう。 ※新型コロナウイルスの影響で営業時間に変動があるため、公式ウェブサイトから最新情報を確認してほしい関連記事 『東京、味噌ラーメン20選』 『東京で味わうご当地ラーメン20選』 // (function() { window.__insp = window.__insp || []; __insp.push(['wid', 663832252]); var ldinsp = function(){ if(typeof window.__inspld != "undefined") return; window.__inspld = 1; var insp = document.createElement('script'); insp.type = 'text/javascript'; insp.async = true; insp.id = "inspsync"; insp.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https' : 'http') + '://cdn.inspectlet.com/inspectlet.js?wid=663832252&r=' + Math.floor(new Date().getTime()/3600000); var x = document.getElementsByTagName('script')[0]; x.parentNode.insertBefore(insp, x); }; setTimeout(ldinsp, 0); })(); // // window._pt_lt = new Date().getTime(); window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,21b6dc83'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'cjs.ptengine.com/pta_en.js'; var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

数えきれないほど多くのカフェが存在する東京。もちろん、行きつけの一軒を持っている人も多いだろう。 目当てのドリンクやフードを味わう、友人とおしゃべりを楽しむ、ちょっとした作業をする……。カフェに行く目的は人それぞれだが、「癒やされに行く」というのもまた一つの選択肢。ここでは、一人でゆったりと過ごしたくなるような植物のあふれるカフェを5つ紹介する。 話題のホテルにあるコーヒーショップに、一人の読書時間を堪能するのにうってつけのカフェ、はたまた奥多摩の大自然を背景に優雅なひとときを過ごせる一軒など、同じ植物でもそれぞれに個性の際立つ5軒をラインアップ。普段とは一味違ったカフェ時間を楽しんでほしい。 

  • レストラン
  • 信濃町

東京の夏の風物詩ともいえる明治神宮外苑のビアガーデンが、3年ぶりに開催する。 『BBQ飲み食べ放題』メニューでは牛肉や豚肉、オーストラリア産味付けラム、『華味鳥』のつくね、プリマハムの『香薫®あらびきポークウインナー』などを用意。焼きそばや、焼きおにぎりなどと一緒に味わえる。生ビール3種類をはじめ、ハイボールや杏露酒(シンルチュウ)、8種類のソフトドリンクなど、充実したドリンクメニューもうれしい。 着席したままスマートフォンで追加オーダーができるシステム『stesso(ステッソ)』を導入しているので、好きなタイミングで注文可能だ。1000人が収容できる大きな会場だが、人気があるので早めの予約がお勧め。緑に囲まれた開放的な雰囲気の中で、心も腹も満たされるだろう。 ※16時30分~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月24日〜8月31日は14時〜22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/L.O.は閉店の1時間前まで/公式イベントページはこちら

  • レストラン
  • 東銀座

2カ月ごとに国を変えながら世界各地の朝食と文化を紹介するカフェレストラン、ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)。2022年6、7月は、外苑前店、吉祥寺店、銀座店の3店舗で「ブラジル」特集を実施する。多様な地域と先住民族の文化が共存した「移民の国」ならではのメニューが並ぶ。 ワンプレートのメインは、ソーセージのモルタデッラとチーズをタピオカに挟み、クレープ状に焼いた伝統料理だ。タピオカを使用したモチモチのチーズパンや、スーパーフードのアサイーといったフードと共に皿を彩っていく。そのほか、ブラジル風コロッケのコシーニャ、「飲むサラダ」とも称されるマテ茶など、サイドメニューも見逃さないように。朝食を通じて、ブラジル旅行へ出かけてみては。 ※7時30分〜20時(L.O.19時)/公式イベントページはこちら

広告
  • レストラン
  • 日本橋

緑に囲まれた開放的な空間でバーベキューを楽しめるビアガーデンが、日本橋髙島屋 S.C.本館の屋上に登場する。 ⽜、豚、鶏に加えて、マグロや赤エビなどのシーフードが入った『Surf&TurfプレミアムBBQプラン』や、骨付き肉を贅沢に焼き上げる『Bone steakプレミアムBBQプラン』など、ボリューム満点のコースを用意。120分のフリードリンクは生ビール、スパークリングワインなど7種が並ぶワインビュッフェや、カクテル、ソフトドリンクを取りそろえる。 『地下でお肉を買ってBBQプラン』では、地下1階の生鮮食品売り場で購入した食材の持ち込みも可能だ。気軽に立ち寄れるバーベキューで、気の合う仲間とリフレッシュしよう。 ※16時~22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/8月1〜8月31日は16時〜22時30分/公式イベントページはこちら 

  • Things to do
  • マーケット&展示会・フェア
  • 価格 0/4
  • 上野

今年で8回目となる『台湾フェスティバル™』が、東京都立上野恩賜公園噴水広場で開催される。2019年には25万人の来場者を記録した人気イベントだ。 今年は「台湾開運グルメ」をテーマに約30店舗が出店。台湾の国民食から人気の台湾スイーツやドリンクまで、多様な台湾グルメが楽しめる。代表的な開運グルメとしては、赤いカメの形をした長寿吉祥の「紅亀もち(紅龜粿)」、商売繁盛の「台湾もちもち蒸しパン(發粿)」、「良い兆し」という言葉と同じ発音の「大根餅(菜頭粿)」などを用意する。 さらに、屋外で台湾ビールが味わえる「台湾ビアガーデン」や、日本一早く台湾マンゴーが食べられる「台湾フルーツフェア」、ミニ蒸しかごが付いた限定150食の『“吉祥開運”朝ごはん』(19日8時から)など、気になる企画がめじろ押しだ。 事前購入は5月15日(日)から特設ウェブページで購入できる。そのほかの詳細情報は公式ウェブサイトで確認してほしい。台湾グルメを味わい尽くすイベントに繰り出してみては。 ※10~21時(最終日は19時まで)/公式イベントページはこちら

広告
  • レストラン
  • 六本木

アークヒルズの屋上庭園に、今年も夏季限定のルーフトップラウンジがオープン。緑と風を感じられる開放的な空間に、ソファやテーブルがゆったりと置かれ、ラグジュアリーな気分でサステナブルワインやカクテルなどのドリンクやバーベキューが楽しめる。 肉厚のリブロースステーキとロブスターなど、よりすぐりの食材が味わえる『STEAK&LOBSTER BBQプレミアムコース』や、山の幸と海の幸が両方味わえる『TURF&SURF BBQコース』など、多彩なプランを用意。また、ビオやオーガニックのスパークリングワインから選べるのもうれしい。大人のビアガーデンで楽しい時間を過ごしてみては。 ※15~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月1日〜8月31日は15〜22時/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 二子玉川

「死」について多角的な思いを想起させる参加型展覧会が開催。イベントを手がけるのは、超高齢社会における豊かな生き方を考える東急ラヴィエールと、アートとサイエンスを用いたプロジェクトを行うWhole Universeだ。同展では人生100年時代を見据えた、さまざまな展示を用意する。 注目は、生死に関する多様なテーマそれぞれにぴったりな漫画の一場面を紹介していくコーナー。五十嵐大介の『海獣の子供』や岩明均の『寄生獣』、岡崎京子の『リバーズ・エッジ』など、傑作の数々が出典予定だ。参加者から集めた「最後に伝えたい言葉」を展示する作品や、新しい時代の死の様相を描いた短編漫画も登場する。超高齢化を迎える社会での人生を、今一度考えてみたい。 事前予約制。予約方法は公式ウェブサイトを確認してほしい。 ※11〜20時(6月8日は17時まで、土・日曜は10〜20時)/入場は閉場の30分前まで/公式イベントページはこちら

広告
  • Things to do
  • 芝公園

東京タワーの真下のオープンエアな空間に、ビアガーデンならぬ「ハイボールガーデン」がオープン。 会場がフットタウン屋上と1階正面玄関前の2つに分かれており、好みのスタイルでハイボールが楽しめる。フットタウン屋上では、マザー牧場人気ナンバーワンメニューのジンギスカンと、ハイボールをはじめ各種アルコールやソフトドリンクが、120分食べ飲み放題で楽しめる。 1階正面玄関前では、超炭酸で作る『頂点ハイボール』や、東京タワーのライトアップをイメージした『東京タワーハイボール』など、さまざまなハイボールがそろう。 フードは、マザー牧場名物の自家製ベーコンとソーセージが楽しめる『マザー牧場コンボ』やあっさり塩味の『上海風焼きそば』など、ハイボールや生ビールにぴったりのメニューが提供される。爽やかな夜風を感じながら、最高品質のハイボールを堪能してみては。 ※『TOKYO TOWER”CHO-TEN”HIGHBALL GARDEN』は1階正面玄関前にて/4月8日~10月2日 16時~22時30分 (土・日曜・祝日は12〜22時30分)/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで/公式イベントページはこちら ※『TOKYO TOWER”ROOFTOP”HIGHBALL GARDEN』はフットタウン屋上にて/4月6日~10月10日 17時~22時30分/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで

  • Things to do
  • 六本木

池田理代子による国民的少女漫画『ベルサイユのばら』。1972年の連載開始から50周年を記念した展覧会が、東京シティビューで開幕する。 長い歴史の中でも同展は、特に登場人物のマリー・アントワネットとオスカルにフォーカス。連載当時の原画とともに、両名の物語をたどっていく。作者の思いや言葉を交えながら、初公開を含む貴重な原画に触れるまたとないチャンスだろう。時がたつにつれて筆致が変化していく過程も楽しみたい。 宝塚歌劇のコーナーでは、劇中に登場した「オスカルの部屋」を再現。舞台衣装や小道具などが展示され、美麗な世界観が体験できる。そのほか、テレビアニメ、昔懐かしいグッズ、現在の展開など、作品を紹介する多様な切り口を用意。類まれなる傑作を、さまざまな角度からひもといてみては。 開催時間と入場料は未定。詳細は公式ウェブサイトで確認してほしい。 ※公式イベントページはこちら

広告
  • レストラン
  • 池袋

池袋パルコの屋上でコリアンバーベキューが楽しめるビアガーデンがオープン。 豚バラや薬味をサンチュに包んで楽しむ『サムギョプサルコース』(90分3,900円飲み放題付き〜)や、トロトロのレッドチェダーとモッツァレラチーズをうま辛チキンと絡めて味わう『Wチーズタッカルビコース』(90分3,900円飲み放題付き〜)、牛豚鶏が堪能できる『コリアンBBQコース』(90分4,500円飲み放題付き〜)を用意する。 ドリンクは、生ビールやハイボール、カクテルをはじめ、韓国焼酎チャミスルやマッコリなど40種類以上が飲み放題。海外への渡航が難しいなか、韓国旅行気分を味わってみてはいかが。 ※17~22時(土・日曜・祝日は11〜22時)/6月1日〜7月18日は17時〜22時30分(土・日曜・祝日は11時〜22時30分)/7月19日〜8月31日は12時〜22時30分/9月以降は16〜22時(土・日曜・祝日は11〜22時)/公式イベントページはこちら

  • 音楽
  • 芝公園

東京タワーの真下で、ポップアップパーティー『Red Bull Tokyo Unlocked』が開催。都内最大級のスタジオスペースで2日間、クラブやバーなどのナイトライフスポットを詰め込んだエンターテインメントを提供する。 1日目はAwichやDaichi Yamamoto、ゆるふわギャングら日本のヒップホップシーンをけん引するアーティストが多数出演。2日目はSoichi Terada (House Set)やパソコン音楽クラブ、CYKなど、クラブシーンの若手から第一線で活躍するミュージシャンやDJ陣が出演する。 ライブやDJだけでなく、東京の刺激的なカルチャーを発信し続けるファッションパーティー『fancyHIM』や、東京のバーバーカルチャーを担うミスター バーバーズ カット クラブ(MR.BROTHERS CUT CLUB)も参加。都内人気店も多数出店し、フードはハンバーガーやピザを提供する。東京のカルチャーやナイトライフを満喫できる2日間になるだろう。 ※18〜24時/公式イベントページはこちら

  • ホテル
  • 日本橋

「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流することのできるビーエヌエー ホテル(BnA HOTEL)の4拠点目。 BIEN、コリュ、SIDE CORE、YOSHIROTTEN、magmaなど気鋭の若手アーティスト、アートディレクター23組と共に宿泊型アート作品26部屋を提供する。 また施設の象徴となる大壁は、ストリートアートを発信し塗り替え続けられる壁画を制作。1階には渋谷の音楽カルチャーを発信する花魁(おいらん)によるバーや、地下には三井不動産と協力し、日本橋エリアにアートを供給する拠点や制作現場を設置している。 関連記事『刺激的過ぎるアートホテル、BnA Wallが日本橋にオープン』

  • ショッピング
  • 銀座

※2022年4月27日オープン 東京メトロ銀座駅から徒歩2分の商業施設イグジットメルサ1階に、ギンザスイーツマーチがオープン。「あなたへ、がんばった私へ、とっておきの贈り物を」をコンセプトに話題のスイーツショップ12店が集まった。 同施設に1号店を構えた、メレンゲ菓子専門店のプティリエ(Petitrier)、バスクチーズケーキ専門店のジェローム チーズケーキ ギンザ(JÉRÔME cheesecake GINZA)、フルーツ大福の金田屋は特に注目してほしいテナントだ。 このほか、東京初出店は4店舗。栗菓子専門店の日向利久庵、 ナッツヴェセル、焼き菓子専門店のサガミヤ(Sagamiya) 銀座 rev.1、名古屋で話題のパティスリー ジューブル(pâtisserie J’ouvre)、あんこ菓子専門店である、あんこの勝ちの4店舗は東京初出店となる。 ピエール・マルコリーニ出身のシェフが手がける白金高輪の人気店、シヅカ洋菓子店 自然菓子研究所の2号店も見逃せない。新たな銀座のスイーツスポットに足を運んでみては。

広告
  • ミュージアム
  • 小金井

東京都江戸東京博物館の分館として開設された、江戸東京たてもの園。現地保存が不可能な歴史的建造物を移築し、復元、保存、展示を行う。 歴史的建造物である光華殿を改修したビジターセンターでは、江戸の建築の歴史や構造など、より深い知識を学べるほか、図書コーナー、ミュージアムショップなどが利用できる。マスコットキャラクター「えどまる」のグッズや、歴史的建造物のオリジナル絵はがきも、土産としてチェックしたい。 屋外に並ぶ複合建造物の中には、私邸や商店と同様に、彫刻が特徴的な銭湯や、将軍の妻のための霊廟(れいびょう)など、この世に一つしかないものもある。生活民俗資料なども一緒に展示されているので、ぜひ当時の生活や商いの様子を想像して、タイムスリップした気分を味わおう。

東京ビアホール&ビアテラス14
  • バー
  • 丸の内
  • 価格 1/4

ビジネスの中心街、大手町のビル群に潜む大人のためのダイニング。高層ビルに囲まれているが、店内はガラス張りで光を十分に取り込め、テラスのキャパシティーは約40席と開放感たっぷり。 ランチやカフェタイムにのんびり過ごすのもいいが、やはり盛り上がるのはアフターファイブ。その名の通り、ビールに合うメニューが揃う。ディナーにはフィッシュアンドチップス、ピザ、サーロインステーキなどボリューム満点な料理が多いので、数人でシェアしながらわいわい楽しみたい。川越のクラフトビール『COEDO(コエド)ビール』がタップで全種類飲めるのも魅力的だ。 テラスには屋根がないので雨天の場合は屋内のみでの営業となる。天候が怪しいときは事前に電話で営業状況を確認しよう。

広告
  • バー
  • 天王洲
  • 価格 2/4

ティー ワイ ハーバー(T. Y. HARBOR)は、1997年にオープンしたブルワリーレストラン。運河を望む優雅なロケーションと、洗練されたダイナー料理、そして併設された醸造所で作られた出来たてのビールが楽しめる天王洲の名所である。 ビールは常時約5種類。カスケードホップの苦味とかんきつ系の香りが爽快な『ぺールエール』をはじめ、小麦の味と香りが軽やかなベルギースタイルの『ウィートエール』、インターナショナルビアコンペで金賞を受賞した『IPA』、とろみのなかに深いコクと苦みを楽しめる黒ビール『インペリアルスタウト』、香ばしくも苦みは控えめな『アンバーエール』など、バランス感に優れた銘柄が並ぶ。 ともに味わうフードには、『スパイシーNYチキンウィング』や『ジャンボシュリンプカクテル』といった本格的なアメリカン料理がおすすめだ。また、敷地内のベーカリーで製造された焼きたてのパンも外せない。 関連記事 『東京、ブルワリーパブ10選』『東京、オープンエアで食べる店18選』

  • アート
  • 所沢

ところざわサクラタウン内にある、水面に浮かぶ岸壁のミュージアム。建築家の隈研吾が水に浮かぶ石をイメージして手がけており、その姿には圧倒される。高さ約8メートルの巨大本棚に囲まれた『本棚劇場』や本の街『エディットタウン』など、革新的なデザインも忘れずにチェックしてほしい。また『荒俣ワンダー秘宝館』など、生命の神秘と未知との遭遇がないまぜになった摩訶不思議な空間も同館ならでは。 1階には魅力的な企画展示を行う『グランドギャラリー』および『マンガ・ラノベ図書館』、3階にはアニメに特化したイベントを行う『EJアニメミュージアム』、5階には武蔵野という土地の成り立ちや伝承などを多方面から読み解くことができる『武蔵野ギャラリー』が入居している。鑑賞に疲れたらカフェやレストランで休憩するのもいいだろう。

広告
  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 入谷

台東区の下町情緒あふれる町の一角にある、明治時代から3代にわたり受け継がれてきた銭湯を改築したカフェ。入り口の扉を開けると、木札の付いた靴箱や体重計、トウの脱衣かごなど、懐かしいものたちが出迎える。番台も当時のまま残されており、上がってみることもできる。 店内はかつて風呂場だったエリアが建築事務所のオフィス、脱衣所だったエリアがカフェになっている。 カフェ側からはガラス戸越しに富士山のペンキ絵が楽しめる。スタッフに声をかければ、オフィスに入り写真を撮ることも可能だ。 看板メニューは、自家製アイスクリームと自家焙煎(ばいせん)コーヒーを合わせた『マリアージュプレート』だ。アイスはブルーベリーとキウイ、湘南ゴールドみかん、チョコレートの4種類があり、おすすめなのが小田原のあきさわ園で収穫された果実をたっぷりと使用したブルーベリーだ。アイスに使われているミルクがコーヒーとの相性をさらに良くしている。 店内に設置されたビンテージロースターで焙煎されたコーヒーは、軽やかでクリーンな味わいと、後から追いかけてくる甘みが絶妙。『マリアージュプレート』のコーヒーは、時期によって豆の種類は異なるが、4種類のアイスに合わせてそれぞれと相性の良いものを用意している。まずはアイスとコーヒーを単独で味わい、最後はアイスの上からコーヒーをかけて一緒に味わうのがレボン流。想像を上回るペアリングの妙をぜひ堪能してほしい。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 竹ノ塚

足立区の竹の塚にある古民家カフェ。1939年に平田源七の家として建設された建物は、国の登録文化財にも指定されており「昭和の家」という愛称で親しまれている。 建物に足を踏み入れると、広縁部分に造られたカフェスペースにスタッフが案内してくれる。室内は和洋が混合した重厚ながらも落ち着いた雰囲気。昭和初期のモダニズムを感じられ、静かな時間が流れている。どの窓からも、手入れが行き届いた日本庭園を眺めることができるのも魅力。午後には温かい光が差し込む。春には梅やツツジ、秋には紅葉が楽しめるそうだ。 ドリンクメニューが豊富で、ハンドドリップのブレンドコーヒーや、菓子付きの抹茶などがそろう。『自家製フルーツタルト』や、日替わりのケーキなどと合わせて注文すれば100円引きになるのもうれしい。気品の感じられる食器やカップにも注目だ。読書をしたり作業をしたり、各々の時間をゆっくりと過ごしてほしい。  

広告
  • レストラン
  • 池上

池上本門寺近くにあるカフェ。その堂々とした風格ある佇まいを見れば、きっと誰もが暖簾をくぐらずにはいられないだろう。元々は老舗蕎麦屋として多くの人に親しまれていた建物は1933年に建てられた日本家屋。上の2階は旅籠や結婚式の宴会場として使われていたこともあったそうだ。 現在は、1階の畳だったところを床に改築したり、壊れかけていたところを修復したりという作業は施したものの、基本的には当時からの姿のままでカフェとして営業をしている。2階の座敷はほとんど手を加えていないそうで、一歩足を踏み入れるとその空気や匂いで、まさに昭和にタイムスリップしたかのような気分に浸れる。 味噌と生姜でしっかり味付けがされたそぼろに小松菜が良いアクセントとなっている『温玉そぼろ丼』など、提供されるメニューも期待を裏切らないクオリティだ。都心からは少し離れてしまうが、少々時間をかけてでもぜひ足を運びたい一軒である。  

  • レストラン
  • アジア料理全般
  • 二子玉川

※2022年5月9日オープン 海外の屋台気分が味わえるカジュアルなアジア料理店、ハチハチアジア(88 Asia)が二子玉川にオープン。ベトナムやタイの屋台気分が味わえる、気軽に立ち寄りやすい開放的でカジュアルな雰囲気だ。 同店は、ミシュランガイド東京で3年連続星を獲得したシオ(sio)の鳥羽周作が率いる食のクリエーティブカンパニー、シズるがプロデュース。『HEY!バインミー』(880円)は、平日のランチとテイクアウト限定商品で、肉とたっぷりの野菜が入ったヘルシーなサンドイッチだ。また、『88フォー(牛肉のフォー)』は、豚と牛の骨を4時間かけて煮込んだスープに、オリジナル開発された『プレミアム国産生米麺』と柔らかく煮込んだ牛肉の具とで、優しいアジアの味わいが醸し出されている。 パクチーサラダや生春巻き、バインコット(ベトナム風ミニお好み焼き)、タイのエビとひき肉の春雨サラダなど、つまみメニューも豊富にそろう。ランチはカジュアルさを重視する一方、夜はボリューム感と「ちょい飲み」を意識して10種類以上の『自家製レモンサワー』などの多様な酒を提供する。  

  • Things to do
  • シティライフ

大衆芸能として長い歴史を持ち、近年では人気漫画やテレビドラマでも取り上げられブームとなった寄席の文化が危機に瀕している。新宿末廣亭は1946年にオープンして以来、新宿三丁目で戦後の復興とともに寄席演芸の発信を担ってきた劇場だ。コロナ禍で収入が9割減という状況の中営業を続けてきたが、今夏まで経営が持つかどうかという危機を前に、クラウドファンディングの実施を決意した。 Photo:鈴々舎馬るこ 今回のクラウドファンディングは、末廣亭の銀行口座に支援金を直接振り込み、メールアドレスやファクスから返礼品の発送先を連絡する方法をとっている。金額は1万〜10万円で、橘流寄席文字の橘左近直筆の千社札や招待券などが返礼品として贈られる。 Photo:鈴々舎馬るこ そのほか100万円(10口限定)を支援すると、新宿末廣亭年間パスポート2人分(通常興行のみ1年間有効)や湯飲み、パスケース、Tシャツ、扇子3種、ミニちょうちん、法被手拭い、クリアファイルなどさまざまなグッズが返ってくる。 Photo:鈴々舎馬るこ 寄席の舞台は若手から師匠方の芸人たちだけでなく、三味線の演奏者や名物でもある「寄席文字」の手書き看板職人など、さまざまな人々の仕事によって支えられている。にぎやかで楽しく、時には感動をもたらす江戸時代からの文化を守るため、できることをしよう。 支援振込先東日本銀行 新宿支店 普通口座8004395(株)末廣亭 取締役社長 杉田光隆 返礼品発送の連絡先FAX: 03-3341-2282メールアドレス:suehiroshinjuku@gmail.com※ファクスまたはメール宛てに支援者の名前、電話番号、メールアドレス、返礼品の送り先住所を明記 クラウドファンディングの詳細はこちら 関連記事 『寄席が分かる4つのこと』 『東京、気軽に行ける寄席7選』 『初夏に行くべき台湾フェスティバル3選』 『舞台開幕に合わせて赤坂周辺が「ハリポタ」一色に』 『中国語飛び交うファンキーな「ガチ中華」店でナマズを食べてみた』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

  • アート
  • アート

日本橋のアートホテル、ビーエヌエー ウォール(BnA_Wall)で『祝祭の呪物展』が、2022年5月20日(金)から開催される。オカルトユニット都市ボーイズのはやせやすひろと、オカルトコレクターである田中俊行による呪物のコレクション展で、彼らの数百を越えるコレクション品の中から代表的な呪物が展示される。 画像提供:アシタノホラー 同展の見どころは、全て「本物の呪物」を展示している点だ。胎児や赤子の遺灰、墓の土、ハーブなどを混ぜたものに呪術師が魂を入れることで所有者の願いを叶えるといわれる「クマントーン」や、耳の部分が欠損しているせいか、所有者が突発性難聴になり、最悪の場合は命を落とすといういわくつきの「猫の置物」、以前は滋賀県の介護施設にあった、かわいがると命を落とすと言い伝わる人形「チャーミー」など、25点以上の呪物が会場に並ぶ。 画像提供:アシタノホラー株式会社大阪会場での展示内容 主催企画は、デザインと企画でホラーの魅力とアートやポップカルチャーをつなぐ事業を展開しているアシタノホラー。精霊が宿り、超常的な力をもたらすとされ、崇拝の対象でもあった呪物。近年では、所有すると災いをもたらすものの総称として語れられることも多い。 そんな呪物を「恐怖の対象ではなく、愛でてほしい」という思いから、災いとしての呪物を「福」に転じさせ、祝う舞台となるように今回の展示を企画したという。そのため、展示された呪物の背景や使用されていた国の文化、呪物の持つストーリーなどをまとめた紹介文も出品。一緒に観賞することで、それぞれの呪物が持つ個性をより深く知ることができるだろう。 画像提供:アシタノホラー株式会社大阪会場での展示内容 4月25日〜5月8日に実施した大阪に続く巡回展示となる今展。大阪会場では開催と同時に入場規制が連日続き、約4000人の来場者数を記録した。アシタノホラー代表でアートディレクターである片山さあは「想定以上の来場者数で、図録やグッズもほぼ完売だった」と話す。アシタノホラー名誉顧問のApsu Shusei(アプスー・シュウセイ)は「怖がるのではなく知る。文化を見て、そして呪物を祝ってほしい」と続ける。 画像提供:アシタノホラー株式会社大阪会場での展示内容 オリジナルグッズもユニークな切り口で展開。写真付き解説書『祝祭の呪物本』のほか、呪物のぬいぐるみである『じゅぶぐるみ』や呪物ステッカー、刺しゅう靴下などポップな呪物グッズが手に入る。 画像提供:アシタノホラー株式会社大阪会場での展示内容 開催期間は5月29日(日)まで。13〜20時(21日(土)のみ18時終了)、入場料は500円だ。呪術をテーマにした人気漫画などで存在は知っていても、実際の呪物と対峙(たいじ)する機会はなかなかないだろう。呪物に魅了されたコレクターたちが打ち出す、新たな呪物の一面が見られる貴重な展示を、勇気を出して観に行ってみては。 『祝祭の呪物展』の詳細情報はこちら 関連記事 『5月から6月に行くべきアニメ展示12選』 『「ゴールデンカムイ」を味わい尽くす、闇鍋のような大規模展がスタート』 『東京近郊、無料で楽しめる工場見学8選』 『東京、レトロ建築のミュージアム10選』 『歴史的名作に座れるチャンス、武蔵野美術大学美術館で近代椅子の展覧会を開催』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

広告
  • Things to do
  • シティライフ

このほど、新宿東口にある「ビックロ」が、2022年6月19日(日)をもって閉店することが分かった。2012年にオープンしたビックロは、ビックロはユニクロとビックカメラの協業で、家電とアパレルが購入できる日本で唯一のコラボレーション店舗として10年間営業していた。クリエーティブディレクターの佐藤可士和がプロデュースを手がけた店舗として知られ、地下3階から8階まで売り場を展開。 20日(月)からは、ビックカメラの店舗としてリニューアルオープンし、ユニクロはこの秋新宿に旗艦店と新宿三丁目店をオープンする予定だ。ユニクロがなくなってしまうのは寂しいが、ほかのメガブランドのマッシュアップを期待したい。無印良品とモスバーガー、ロフトと吉野家がタッグを組むことになるかもしれないのだから。 関連記事 『作り手への敬意を感じるアバンギャルドなビストロ、イオが高円寺に登場』 『二子玉川にアジア料理店「88 Asia」が登場、バインミーは鳥羽周作直伝レシピ』 『上野公園で台湾グルメを満喫、「台湾フェスティバル™」が開催』 『中国語飛び交うファンキーな「ガチ中華」店でナマズを食べてみた』 『東京のベストを決めるアワード、受賞店舗が決定』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

  • Things to do
  • イベント

今年はさまざまなフェスティバルが解禁されている。この夏は、音楽はもちろん「食」に関する大規模イベントも続々と開催される予定だ。中でも注目されているのが「台湾」に関するもの。2022年5月から7月にかけては3つも開催される。ここではそんなイベントを紹介しよう。 台湾祭 in 千葉 KISARAZU ゴールデンウィーク期間に東京タワーで開催され、盛況で終わった『台湾祭』が、千葉の三井アウトレットパーク 木更津で開催。台湾を訪れる観光客に人気の夜市のグルメを中心に楽しめるイベントだ。 さらに施設の開業10周年を記念し、パイナップルや台湾式の足つぼマッサージ(10分間)が、各日先着10人限定で10円で堪能できる。 物販スペースでは、手土産用の魯肉飯(ルーローファン)、小籠包、胡椒餅(フージャオピン)なども販売。屋台名物のゲームやエビ釣りにも挑戦してみよう。 5月21日(土)〜6月12日(日)、三井アウトレットパーク 木更津にて開催 台湾フェスティバル™ 2019年には25万人の来場者を記録した人気イベント『台湾フェスティバル™』。 今年は「台湾開運グルメ」をテーマに約30店舗が出店する。台湾の国民食から人気の台湾スイーツやドリンクまで、多様なグルメが楽しめる。 赤いカメの形をした長寿吉祥の『紅亀もち』、商売繁盛を祝う台湾もちもち蒸しパンや、「良い兆し」という言葉と同じ発音の大根餅などがそろう。 会場では『台湾ビアガーデン』や、日本一早く台湾マンゴーが食べられる『台湾フルーツフェア』など、気になる企画がめじろ押しだ。 6月16日(木)〜19日(日)、上野公園にて開催 台湾フェスタ 日本最大級の台湾イベントが、代々木公園で3年ぶりに開催。今回は「Daily life of TAIWAN」をテーマに、台湾の何気ない日常を感じられる文化やグルメを紹介していく。 見どころは、カルチャーエリアだ。台湾の国民的体操をモチーフにした『台湾フェスタ体操』(30、31日実施)や、朝食の定番蛋餅(ダンピン)で、朝の時間を再現する。 午後は、台湾茶の茶芸や言語教室を体験し、台湾文化への造詣を深めよう。 ランタンが輝く夜の時間帯には、魯肉飯(ルーローファン)や小籠包といった屋台料理で夜市気分を満喫したい。日本にいながら、現地の雰囲気を堪能してみては。 7月29日(金)〜31日(日)、代々木公園にて開催 関連記事 『東京のベストを決めるアワード、受賞店舗が決定』 『二子玉川にアジア料理店「88 Asia」が登場、バインミーは鳥羽周作直伝レシピ』 『上野公園で台湾グルメを満喫、「台湾フェスティバル™」が開催』 『映画監督のヴィム・ヴェンダースが来日、新作は渋谷のトイレが舞台』 『豊洲に江戸の街並み、千客万来施設の概要発表』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

広告
  • トラベル
  • トラベル

キャットストリート至近のトランク(ホテル)(TRUNK(HOTEL))は、渋谷にあっておしゃれなブティックホテルの先駆けとして知られている。このホテルが、渋谷という街に根ざしたアメニティーや体験を提供し、渋谷で訪れるべき場所を教えてくれるからだ。 そのトランク(ホテル)が、近い将来、トランク(ホテル) ヨヨギパーク(TRUNK(HOTEL)YOYOGI PARK)とトランク(ホテル) ドウゲンザカ(TURNK(HOTEL)DOGENZAKA)のオープンを予定している。 Photo: T&G トランク(ホテル) ヨヨギパークは2023年にオープン予定で、客室は25~30室。富ヶ谷地区に位置し、代々木公園から徒歩数分の場所にある。緑豊かな公園を見渡せるルーフトップには、プールとバーを備えている。 Photo: T>runk Hotel Dogenzaka rooftop pool トランク(ホテル) ドウゲンザカは、トランク(ホテル)ヨヨギパークのオープンに続き、2027年3月に開業予定。地上11階の同ホテルは、渋谷メインストリートの大規模再開発計画『道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業』の一環であり、渋谷駅に直結する2つのビルのうちの一つだ。 Photo: T>runk Hotel Yoyogi Park Photo: T>runk Hotel Dogenzaka indoor pool トランク(ホテル) ヨヨギパークと同じく、エリア最大級のルーフトッププールやバー、ルーフトップレストランを併設。さらに、シアタールームや最新ウェルネスを体験できるスパなども予定されている。 原文はこちら 関連記事 『1日1組限定、前橋のアートホテルで「究極の眠り」を堪能できるプランが登場』 『ドーム型テント4基限定、福岡にグランピング施設がオープン』 『千葉の海岸に臨む新感覚のサウナリゾートでラグジュアリーにととのう』 『原宿のもしもしルームスで期間限定のぬいぐるみTyルームに泊まる』 『モダンなインテリアにうっとり、富士山を望むグランピング施設が誕生』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

  • トラベル
  • トラベル

日本の鉄道会社の素晴らしいところは、何といっても観光割引だろう。その一つが、JR東日本が現在実施中の『えきねっとトクだ値』『お先にトクだ値』『お先にトクだ値スペシャル』『えきねっとトクだ値(チケットレス特急券)』。東京発着の一部の新幹線と特急列車の乗車券が5〜50%割引で利用できるのだ。 割引率はプランごとに異なり、『えきねっとトクだ値』は出発当日、『お先にトクだ値』は13日前、『お先にトクだ値スペシャル』は20日前、『えきねっとトクだ値(チケットレス特急券)』は出発時刻までに購入が必要。購入には、JR東日本の公式ウェブサイトでアカウント登録が必要になる。 対象となるのは以下の通り。 新幹線 ・はやぶさ、はやて(東京〜盛岡、新青森、新函館北斗/仙台〜新青森、新函館北斗) ・やまびこ(東京〜一ノ関、盛岡/東京〜福島、仙台) ・なすの(東京〜宇都宮、那須塩原) ・つばさ(東京〜米沢、山形) ・こまち(東京〜大曲、秋田) ・とき、たにがわ(東京〜越後湯沢、新潟) ・かがやき(東京〜富山、金沢) ・はくたか(東京〜黒部宇奈月温泉、新高岡) ・あさま(東京〜軽井沢、長野) 特急列車 ・ひたち、ときわ(東京〜仙台) ・いなほ(新潟〜鶴岡、秋田) ・あずさ、かいじ(東京〜松本) ・踊り子(東京〜熱海、伊豆急下田) ・わかしお、さざなみ、しおさい(東京〜銚子、館山、安房鴨川) ・草津(東京〜長野原草津口) ・つがる(秋田〜新青森) ・日光、きぬがわ、スペーシアきぬがわ、スペーシア八王子日光、スペーシア八王子きぬ(東京〜東武日光、鬼怒川温泉) ・成田エクスプレス ・あやめ祭り(東京〜佐原、潮来、鹿島神宮) 原文はこちら 関連記事 『作り手への敬意を感じるアバンギャルドなビストロ、イオが高円寺に登場』 『二子玉川にアジア料理店「88 Asia」が登場、バインミーは鳥羽周作直伝レシピ』 『上野公園で台湾グルメを満喫、「台湾フェスティバル™」が開催』 『中国語飛び交うファンキーな「ガチ中華」店でナマズを食べてみた』 『東京のベストを決めるアワード、受賞店舗が決定』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

広告
  • アート
  • アート

言わずと知れた西洋画家、フィンセント・ファン・ゴッホの世界観を体験するイマーシブ(没入型)デジタルアート展が、角川武蔵野ミュージアムで開催。燃えるような色彩の『ひまわり』『糸杉』『自画像』『星月夜』など人気の絵画作品が、最新技術を用いた映像と音楽でよみがえる。 角川武蔵野ミュージアム 1100平方メートル以上の巨大空間でアートの世界へ 2021年に開催されたデジタル展示第1弾の『浮世絵劇場from Paris』では、浮世絵にテクノロジーとストーリーをかけ合わせた新しい映像体験として話題を呼び、多くの動員を集めた。 イメージ画像『浮世絵劇場 from Paris』 本展では34台の高輝度プロジェクターを使用し、壁面と床面をシームレスにつなぎ合わせた、360度の「共有できる」時間と空間を提供。歩いたり立ち止まったり、ハンモックに揺られながらゴッホの絵画の世界を楽しめる。 開催期間は2022年6月18日(土)~11月27日(日)。料金は、オンライン一般2,200円、中学・高校生1,800円、小学生1,100円(窓口購入は一般2,400円、中学・高校生2,000円、小学生1,300円)、未就学児は無料だ。6月分のチケット販売は2022年5月24日から販売。巨匠の描く世界を体験しよう。 『ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー』の詳細はこちら 関連記事 『角川武蔵野ミュージアム1周年、360度体験型の浮世絵劇場が開催』 『2022年夏「動く、ミュシャ展」がパシフィコ横浜で世界初開催』 『ホテルニューオータニが新海誠作品「言の葉の庭」コラボ宿泊プランを販売開始』 『日本で行きたい「千と千尋の神隠し」モデルスポット6選』 『5月から6月に行くべきアニメ展示12選』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

  • Things to do
  • シティライフ

空き家や古民家を活用し地域おこしに貢献するNIPPONIAが、西武秩父駅周辺の古民家を改修した宿泊施設とレストランを2022年7月オープンする。同社は「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる」の理念のもと、全国に日本の原風景に出合える古民家ホテルを開業。築130年以上のしょうゆ蔵を改修した古⺠家ホテルなど、ユニークな宿泊施設を展開している。 NIPPONIA 秩父 門前町 外観イメージ 今回オープンするニッポニア 秩父 門前町は、駅周辺にあったマル十薬局、小池煙草、宮谷履物店の3棟をリノベーション。運営は「食」をメインにした観光列車「52席の至福」を手がけるNKBが担当し、併設するレストランの料理は日比谷にあるフレンチレストラン、モルソーのシェフ秋元さくらが監修する。 料理イメージ 宿泊料金などの詳細はまだ発表されていないが、オープンに先駆けたティザーサイトが公開されている。さまざまな古民家を再生してきたNIPPONIAならではの、地域の伝統を身近に感じられる滞在を楽しみたい。 関連記事 『21歳のサウナーが目指す「極楽温浴施設」、三田の歴史的銭湯がリニューアル』 『作り手への敬意を感じるアバンギャルドなビストロ、イオが高円寺に登場』 『大阪、奈良、京都を結ぶ豪華列車「あをによし」がデビュー』 『小学校をリノベーションしたグランピング施設、静岡県島田市にオープン』 『京都の任天堂旧本社がホテルに、新棟は安藤忠雄の監修設計』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

広告
  • Things to do
  • シティライフ

2025年に開催される大阪・関西万博に先駆けて、タイムアウトマーケット大阪(Time Out Market Osaka)がオープンする。読者の中には名前を聞いたことがある人もいるかもしれないが、タイムアウトマーケットとは、編集者がキュレーションした食と文化を体験できる世界初のスペースで、その都市の最も優れたシェフやレストラン、ユニークな文化体験が集結するフードマーケットだ。 写真:タイムアウトマーケット ドバイ 2014年にポルトガルのリスボンに1号店がオープンし、その後ニューヨーク、ボストン、マイアミなどアメリカを中心に広がり、2021年にはドバイに進出。今後ポルトとアブダビへのオープンも決まっている。 写真:タイムアウトマーケット ニューヨーク そして、アジア初となるタイムアウトマーケット大阪がオープンするのは、オフィス、ホテル、商業施設、都市公園、住宅などが一体となった大阪駅前の貨物ヤード跡地の大規模複合開発の「うめきた2期地区開発プロジェクト」商業エリアだ。 2022年5月時点のイメージパースであり、今後変更となる可能性がある(画像提供:うめきた2期開発事業者) オープンに際しては、関西トップクラスのシェフやレストランの料理をはじめ、受賞歴のあるミクストロジストのカクテルや大阪の新進気鋭のアーティストが生み出すカルチャー、エンターテインメントを楽しむことができる。約3000平方メートルのスペースに、15のレストランと2つのバーが軒を並べる。 写真:タイムアウトマーケット モントリオール タイムアウトマーケット共同最高経営責任者(CEO)のディディエ・ソイヤットは、「私たちは、阪急阪神不動産と協力して、大阪の食と文化を一つの屋根の下で提供できることを楽しみにしています。2025年は、万博の開催を控えて大阪に注目が集まっている年であり、大阪の最高のものをキュレーションする絶好のタイミングです。タイムアウトマーケットは、大阪に新しく、ユニークなものをもたらします。ほかでは味わえない食と文化の体験。これこそ、タイムアウトマーケットが単なるフードコートを超えた存在になる理由です」とコメントしている。 なおタイムアウトマーケット大阪は、ロンドンに本社を構えるタイムアウトグループPLC(AIM: TMO)が、阪急阪神不動産株式会社とマネジメント契約を締結し実現。 「くいだおれ」の街で、新しい食と文化の体験を楽しんでほしい。 関連記事 『東京のベストを決めるアワード、受賞店舗が決定』 『タイムアウトマーケットがドバイにオープン』 『タイムアウトの軌跡を振り返る』 『タイムアウト創業者トニー・エリオットの軌跡を振り返る』 『初夏に行くべき台湾フェスティバル3選』  東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

  • Things to do
  • シティライフ

2022年3月1日から政府の水際対策が緩和され、日本以外の国と地域でも緩和の動きが活発化している。中には、条件を満たせば隔離なしで入国できる国も出てきた。そこで、本記事では待機期間を設けずに入国できる国をまとめた。海外渡航を検討している人は、参考にしてほしい。 シンガポールSG Arrival Card(SGAC)電子サービスでの到着、出発時の情報提出。出発48時間以内の検査陰性証明書(PCR、抗原)、『TraceTogether』アプリへの登録。 詳細はこちら マレーシアPCR検査陰性証明書、最低保障額2万ドルのコロナ保険に渡航前に加入、新型コロナウイルス感染症対策アプリ『MySejahtera』での健康状態と渡航に関する情報を渡航7日前までに登録。到着後に空港で行われる呼気検査か抗原検査で陰性となれば、待機は必要ない。 詳細はこちら フィリピンワクチン接種証明書、PCR検査陰性証明書、6カ月以上有効な旅券、30日以内に出国予定の航空券、補償額3万5,000米ドル以上の海外旅行保険への加入。ただし、到着日から7日間、セルフモニタリングが必要。 詳細はこちら ベトナムビザ(15日以内の滞在)、ワクチン接種証明書(ベトナム政府は求めていないが、航空会社が求めているため)、72時間以内の新型コロナウイルス検査の陰性証明書、オンライン医療申告アプリ『PC-COVID』による滞在中の申告。観光目的の場合は、補償額1万米ドル以上の海外旅行保険への加入。 詳細はこちら インドネシアビザ(APECビジネストラベルカード、滞在許可、定住許可でも可)、出発48時間以内のPCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書、医療保険加入書、APECトラベルカード、滞在許可の所持が必要。アプリ『プドゥリリンドゥンギ(PeduliLindungi)』にも登録が求められる。到着後に空港で行われるPCR検査で陰性となれば、待機は必要ない。 ※バリ島のみビザ免除 詳細はこちら カンボジアワクチン接種済みであることを証明する書類(未接種の場合は待機期間あり)。 詳細はこちら タイ隔離免除入国(Test and Go)には、Thailand Passシステムを通じて渡航7日前までに申し込みが必要。到着後1日目の検査で滞在するホテルの予約確認書など、治療費2万米ドルを保証する医療保険加入。 詳細はこちら ニュージーランドビザ、ワクチン接種証明書、渡航前の検査での陰性書、NZ渡航者申告システムで渡航前にオンライン申告。 ※ビザは2022年5月1日(日)まで必要。以降はワクチン接種済みなら待機期間なし 詳細はこちら オーストラリアビザ、出発48時間以内のPCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書、出発前72時間以内のデジタル旅客申告書(DPD)への登録。 詳細はこちら 韓国出発48時間以内のPCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書、健康状態質問書、検疫情報事前入力システム(Q-CODE)への事前登録。 詳細はこちら イギリス(スコットランドを含む)ビザやワクチン接種証明など、求められるものは特になし。 詳細はこちら イタリア『EU Digital Passenger Locator Form(dPLF)』の事前登録、COVID-19グリーン証明書(ワクチン接種証明書、治癒証明書、陰性証明書)のいずれか一つ(日本のワクチン接種証明書で代替可能)。 詳細はこちら クロアチア 出発前72時間以内のPCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書 詳細はこちら マルタ入国時に『Public

おすすめ
    関連情報
      広告