ショッピング&スタイル

東京で注目のショップ、ショッピングガイド

銀座エリア最大級、GINZA SIXの注目ポイント
ブログ

銀座エリア最大級、GINZA SIXの注目ポイント

森ビルが手がける銀座エリア最大級の商業施設GINZA SIXが、2017年4月20日(木)にオープンする。過去に松坂屋銀座店があった中央通りに面した場所に位置し、東京を代表する国際的な観光拠点を目指す。2016年より、銀座には大、中規模の商業施設が次々とオープンしているが、日本初のラグジュアリーモールとなる同施設は、従来の商業施設とは異なる、訪日観光客への配慮や、ダイナミックさを意識した施設のつくりを感じられた。  地下6階、地上13階建ての施設は、オフィスフロアと全241ブランドを集積する商業フロアに分かれて展開する。中央通りの路面を彩るのは、『セリーヌ』、『クリスチャンディオール』、『フェンディ』、『サンローラン』、『ヴァレンティノ』など銀座の街並に調和する海外高級ブランド。上顧客のためのプレミアムラウンジもあり、軽飲食の提供やコンシェルジュが常駐し「One to One」のもてなしを行うほか、ファッションのコーディネートのアドバイスを行うパーソナルスタイリングサービスなど、サービスもワールドクラスだ。ここでは様々なコンテンツが詰まったGINZA SIXの注目ポイントを紹介したい。 吹き抜けが気持ちいいアートショップに行く。 6階に位置する天井の吹き抜けが心地よい蔦屋書店。蔦屋初となるアートギャラリーや、吹き抜けが心地よい中央部分にも展示スペースを設け、名和晃平や蜷川実花の作品に触れることができる。書籍のラインナップも分かりやすく表示されており、日本文化を紹介するコーナーも。着物や江戸文化にまつわる書籍から、刀の販売、多くのアート性の高いユニークな漫画家たちを発掘した漫画雑誌『ガロ』で活躍していた漫画家をとりあげたサブカルチャーコーナーまで、日本文化をまるごと知ることができる。 伝統芸能は気軽に楽しむ。 2015年3月まで渋谷の松濤に構えていた観世堂の総檜の舞台が移築された観世能楽堂。地下3階に位置し、多目的ホールとして、能の公演以外にもさまざまな創造的な舞台として活用される。開場記念公演は、二十六世観世宗家の観世清和をはじめ、各流宗家、流儀を代表する楽師、人間国宝、芸術院会員が顔を揃える。当日、空席があれば能3番のうち最後の能だけを見ることができる『ハッピーアワーチケット』の用意もあり、一般3,000円、学生1,500円と気軽な料金で楽しめるのも嬉しい。   旅はここからスタートする。 三原通りに面した、観光バスの乗降所からすぐの場所にある、ツーリストサービスセンター。観光案内、外貨両替、免税カウンター、手荷物預かりのほかにも土産物を揃えた24時間営業のローソンが併設。同案内所は、GINZA SIXの開業準備を担当してきた森ビル株式会社 商業施設事業部の石川哲史が計画したもの。既存の観光案内所の「提案する力の弱さ」を補う新しいかたちの観光案内所を作るべく、ワンストップで必要なことができる利便性の高い場所になっている。今後は、習字や折り紙のワークショップなども展開していく予定だ。   草間彌生のアートを見上げる。 施設中央に位置する大きな吹き抜け空間では、世界のアートシーンで活躍する前衛芸術家草間彌生の新作インスタレーションが、2017年4月20日(木)から2018年2月25日(日)まで期間限定で展示される。ポップアップストア『YAYOI KUSAMA POP UP STORE「わが永遠の魂」』も4階にオープンし、水玉やカボチャなど代表的なモチーフを使ったグッズや限定グッズなどが取り揃えら

GINZA SIX、地下2階で立ち寄りたい注目ショップ
ブログ

GINZA SIX、地下2階で立ち寄りたい注目ショップ

2017年4月20日(木)にオープンする、銀座エリア最大級の商業施設GINZA SIX。地下3階にある能楽堂や屋上庭園のほか、約240のブランドが集積する同施設は、1日をかけても回り切れないほどの充実ぶりで、ショッピング好きには夢のような空間だ。しかし、これだけの広さであれば、ストイックにずっと買い物を楽しむというのも難しいだろう。そんなときに立ち寄ってみてほしいのが、地下2階のフードフロアだ。日本の食が集結する銀座大食堂をはじめ、レストランフロアも充実しているのだが、地下2階のメリットはレストランよりも気軽にショッピングの疲れを癒せるということ。また、銀座限定メニューなどを提供している店も多く、美味しいもの好きにも堪らない食の宝庫なのである。ここでは、ソフトクリームやフレッシュジュースなどを楽しめる店から、手土産を購入するのにぴったりな店まで、地下2階にあるおすすめのショップを紹介する。 ショッピングの疲れを癒すなら... 1. 辻利 銀座店   京都で高い人気を誇る辻利の銀座店。ここでは、銀座店限定で提供される『辻利ソフト 濃い茶』を味わおう。通常メニューの『辻利ソフト 抹茶』の2倍の量の抹茶を使用したこちらのソフトクリームは、良質な抹茶を贅沢に感じられる一品。抹茶好きは見逃せない。 2. 10FACTORY 銀座店   愛媛県の柑橘を堪能できるショップ。店内では、無添加で果汁100パーセントのストレートジュースや、皮の風味とみかんの果肉がたっぷりと詰まったジャム、コーヒー豆と柑橘ピールをブレンドした珈琲など、数々の商品を販売している。また、その場でドリンクを飲める簡単なスタンドも設けられているので、生絞りジュースやミカンビールで喉を潤すのも良いだろう。 3. くろぎ茶々   茶の美味しさを感じてほしいという想いが込められた茶屋。店内に足を踏み入れれば、多くの人で賑わう騒々しさから一転、落ち着いた和の空間が広がっている。店内では、抹茶を使用した菓子や、鯛茶漬などを提供。茶室をイメージしたという畳のカウンターで、ほっと一息つきたい。 4. カフェ ユーロップ   約100年前、銀座で一番美味しいコーヒーを提供する店として有名であったというカフェがGINZA SIXに復活。当時カフェで働いていたドイツ人の製菓責任者が考案したレシピで現在も焼き継がれているバームクーヘンも提供される。また、簡単なイートインスペースでは、ハンドドリップで淹れられたコーヒーや、珈琲ゼリーなどを味わうことも可能だ。 5. PHILIPPE CONTICINI   巨匠、フィリップ・コンティチーニ初のブティック&カフェ。ブティックには、色とりどりの生菓子や焼き菓子などが並び、カフェでは専用のメニューを楽しむことができる。カフェメニューは、クイニーアマンのなかにタルトタタンを詰めて焼き上げた『クイニータタン』やパフェを予定。いずれも最後は目の前のカウンターで仕上げ、できたての状態で提供される。   手土産を探すなら… 1. 綾farm   生の果実とドライフルーツの間のような、みずみずしい「生ドライフルーツ」を提供するショップ。ドライフルーツなのに生とは一体何なのだと、一見矛盾しているように思えるかもしれないが、一度口にしてみれば「生ドライフルーツ」という言葉がしっくりとくる味わいだ。果物本来の甘さやジューシーさを楽しめる新感覚ドライフルーツは、贈り物にも喜ばれるだろう。 2. 発酵酢屋 庄分酢  

開業迫る、渋谷キャストに行ってきた
ブログ

開業迫る、渋谷キャストに行ってきた

渋谷駅再開発プロジェクトの一部となる、渋谷と原宿を結ぶキャットストリートの起点に位置する商業施設、渋谷キャストが2017年4月28日(金)に開業することが発表された。開業に先駆けて、住宅とオフィスの一部分の見学会が開催された。 渋谷キャストは、人々の創作活動の拠点にしてもらおうと整備された。クリエイターたちの入居を促し、互いに交流を深めてもらうことで、入居者同士のコミュニティを活性化させることが目的になっている。 1、2階のシェアオフィス    住宅の一部 渋谷キャストは、地上16階、地下2階建て。13階から16階は賃貸住宅、2階から12階はITやアパレルなどの事務所を予定し、1、2階にフリーランスのクリエーターらが利用するシェアオフィスを設ける。 住宅も、作品を展示できるようなスペースや映像を投影できるようなつくりになっており、作品の発表やプレゼンを自宅で行うことも可能だ。 低層部の商業施設部分には、株式会社ベイクルーズによる新業態のセレクトショップやカフェ、スパニッシュイタリアンレストランのTHE RIGOLETTO、入居者の買い物にも便利な東急ストアフードステーションなどが入居する。   住宅の一部 また、開業日となる2017年4月28日(金)には、正面広場にて『SHIBUYA DESIGNERS MARKET』を開催。渋谷キャストのオフィスに入居するデザイナーズマーケットPinkoiや、日本の工芸、クラフト作家が利用するマーケットサイトiichi、東京のインディーズカルチャーを紹介するキュレーター集団Anonymous Campらがデザイナーのキュレーションを担当。マーケットやイベントは、今後も週末を中心に開催予定で、広場では、そのほかにもロンドン発のデリカフェ、フランツ&エヴァンスや長崎角煮バーガーを販売するeat joyなどのフードトラックが日替わりで登場する。   また、渋谷駅再開発プロジェクトの一部である『渋谷代官山Rプロジェクト』(2018年開業予定)も今月から始動し、待機児童対策や訪日外国人の受け入れに向けた保育園やホテルなどが整備されることが発表された。 渋谷キャストの詳しい情報はこちら 関連記事『渋谷駅再開発プロジェクトの一部が発表』        遊歩道

東京、アンティーク着物ショップ8選
ショッピング

東京、アンティーク着物ショップ8選

最後に着物を着たのはいつだろうか。成人式、卒業式、結婚式、男性なら七五三という人も多いのでは。UNIQLOやZOZOTOWNに依存する人にとって、着物は最も縁遠い衣服のひとつかもしれない。たしかに着物にはTPOや季節などに沿ったルールがあり、自分のサイズにあったものを新品で買おうとしたらとんでもない値段になることも事実だ。しかし、このリストで紹介する8軒が扱う着物は、値段は平均1万円前後と手軽な上、デザインなども驚くほどモダンで、着る場面を想像したくなるようなものばかり。なぜならすべて中古だからだ。一口に中古と言っても、明治〜昭和前期ころまでのものはアンティーク、それ以降のものを中古に分類される。大正時代に大流行した銘仙の着物にポップな柄の帯や足袋をあわせたり、いつもの洋服の上に羽織りを着たり、書生風にシャツと袴であわせたり。各店のスタッフやマネキンが着ている自由度の高いコーディネートを見れば、今までのイメージは一掃されるだろう。卒業式では定番の、袴にブーツが生まれたのは約100年前の大正時代。今風と古風の絶妙なかけあわせで生まれる「かわいい」にはまだまだ可能性があるような気はしまいか。個性豊かな8軒の門戸を叩いて、ディープな着物の世界を覗いてみてはいかがだろう。

エディターズ・ピック

東京、ベストショップ100
ショッピング

東京、ベストショップ100

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 東京、ベストショップ100 東京には、あらゆる客に応える巨大ストアから、ニッチなコレクターを魅了する専門店まで、星の数ほどの店が存在する。ファッションひとつとっても、ドメスティックブランドで最先端のハイエンドファッションに身を包むも、マニア垂涎もののスニーカーを手に入れるも、すべてが望むままだ。毎日に新しい風を吹き込みたいなら、ユニークなテーマを掲げるコンセプトストアや、日々の生活を豊かにするライフスタイルショップを巡ってみるものもいいだろう。ここでは、新たに加わった旬のヴェニューから定番の老舗まで、タイムアウト東京が選んだ100軒を紹介する。 

2017年、東京にオープンする商業施設
Things to do

2017年、東京にオープンする商業施設

タイムアウト東京 > Things To Do > 2017年、東京にオープンする商業施設 2020年のオリンピックに向けて、目まぐるしい変化を遂げている東京。2017年のオープンで注目したいのは、銀座エリア最大級の商業施設である「GINZA SIX」や、渋谷駅周辺エリアの整備の一環である「渋谷キャスト」だろう。そのほかにも、ロボットが働く「変なホテル」や360°客席が回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」など最新の技術をユニークに取り入れた施設のオープンも続く。多様な変化を遂げる東京の街を見守ろう。

10FACTORY 銀座店
ショッピング

10FACTORY 銀座店

※2017年4月20日オープン GINZA SIX地下2階にある、愛媛県の柑橘を堪能できるショップ。店内では、無添加で果汁100パーセントのストレートジュースや、皮の風味とみかんの果肉がたっぷりと詰まったジャム、コーヒー豆と柑橘ピールをブレンドした珈琲など、数々の商品を販売している。また、その場でドリンクを飲める簡単なスタンドも設けられているので、生絞りジュースやミカンビールで喉を潤すのも良いだろう。 関連記事 『GINZA SIX、地下2階で立ち寄りたい注目ショップ』

東京、ベストフリーマーケット
Things to do

東京、ベストフリーマーケット

衣服や雑貨など日用品から、骨董や古道具、さらには有機野菜まで、都内では毎週末、さまざまな場所でフリーマーケットや骨董市が開催されている。100円で売られる古着ジーンズ、ヨーロッパで買い付けされたアンティークアイテム、ひょっとしたら、ずっと探していたレアアイテムに出くわすかもしれないという期待。オープン時にいち早く掘り出し物を見つけるか、あえて夕方近くに出かけて徹底的に値切り交渉に挑むか。マーケットは、買い物すること自体を楽しむ特別な場所なのだ。ここでは、東京を代表するフリーマーケットをピックアップ。年に一度しか開催されない大イベントもあるので、見逃さないように要チェックだ。

Style of the day

Style of the Day – 1000

Style of the Day – 1000

むゆあ(サントニブンノイチ原宿 ショップスタッフ):キュートボーイ

Style of the Day – 999

Style of the Day – 999

朝菜(vetica美容師):あったかボーイッシュ

Style of the Day – 998

Style of the Day – 998

北村文の(美容師):バイオレットピンクショート

Style of the Day – 997

Style of the Day – 997

瀧山玲(アパレル):ストレートにストリート

Style of the Day – 996

Style of the Day – 996

ツカサ(学生):何気なさがなんかいい

Style of the Day – 995

Style of the Day – 995

ぺにぺに(Dogショップスタッフ):ラブリーな刈り上げ

Style of the day アーカイブ

定番ヴェニュー

m+(エムピウ)
ショッピング

m+(エムピウ)

蔵前駅近くにある、革製品ブランド『エムピウ』の工房兼直営店。イタリアで伝統技法を学んだ、元建築士の革職人、村上雄一郎が生み出す革製品は、シンプルな機能美が魅力。日々大切に使い込んでいきたくなる革小物は、ギフトにもおすすめだ。同ブランドは、銀座伊東屋本店や渋谷ロフトをはじめ、全国のショップで取り扱われているが、この直営店にはエイジングサンプルも展示されているので、使い込んだイメージまで掴みたい人は、ぜひ足を運んでみよう。 特集記事『東京、ベストショップ100』

江戸切子の店華硝 日本橋店
ショッピング

江戸切子の店華硝 日本橋店

※2016年6月17日オープン 亀戸に本店を構える日本を代表する硝子ブランド、江戸切子の店華硝の日本橋店。「日本文化の発信」を目的としている同店では、「江戸のお酒を江戸の器で楽しむ」をコンセプトに東京23区唯一の酒蔵である小山酒造株式会社との『東京酒蔵大学プロジェクト』やセミナーなども開催し、日本の酒を江戸切子で楽しむ提案を行っていく。もちろん、職人の繊細な手仕事が光る江戸切子も販売されるので、幅広いデザインのなかからぜひ好みのものを手に入れてほしい。 関連記事『東京、ベストショップ100』

IKIJI STORE
ショッピング

IKIJI STORE

「すみだ」発のファクトリーブランド『ikiji』のショップ。シャツ、ニット、レザー、裁断、縫い、それぞれの分野において高い技術を持つ墨田区の職人たちの集団として、ポロシャツやニットをはじめ、ファッションから雑貨、財布や名刺入れなどの小物まで、様々な商品を展開している。江戸の小紋柄を現代風にアレンジするなど、「粋」をコンセプトに、シンプルかつ個性的な商品が並んでいる。 関連記事『東京、ベストショップ100』『両国、ご近所ガイド』

SHIBUYA 109
ショッピング

SHIBUYA 109

渋谷のランドマークともいえるSHIBUYA 109は、流行を自ら発信していくようなファッションに目がないティーンガールたちの領域だ。店内を巡って実際に見てみよう。ある種の人類学的体験ができてしまうかもしれない。近隣には、メンズファッションに特化した109MEN'Sがある。 関連記事『東京、ベストショップ100』