ショッピング&スタイル

東京で注目のショップ、ショッピングガイド

エディターズ・ピック

特殊雑貨屋「奇声を発して暴れる坊や」が、つつじヶ丘に実店舗をオープン
ニュース

特殊雑貨屋「奇声を発して暴れる坊や」が、つつじヶ丘に実店舗をオープン

2015年よりオンラインストアで営業していた特殊雑貨屋、奇声を発して暴れる坊やが、2019年4月つつじヶ丘に実店舗のボーヤ(Boya)をオープンさせた。 取り扱うのは、マニアに向けた商品と日常で使える雑貨が中心だ。「コレクションするものが尽きてしまい、見たことがない物を集めたい 」といった願望に答える、1980〜90年代のファンシー雑貨、地方や東京の土産屋で見かけたことのある不思議なグッズ、ソフビ、サイケデリック映像が楽しめるビデオデッキクリーナーなど、マニアックなアイテムがそろっている。 こけし土産の数々 「フリーマーケットなどで、こういった土産物が段ボールに投げ入れられているのを見るとやるせなくなります」と店主。このゾーンには、個人が制作したそんな地方土産にスポットライトが当てられている。 実店舗のオープンは、店の2階に住んでおり、大家に話したところ使えることになったのがきっかけ。「商売する気はあまりない」と店主が言うように、場所は、つつじヶ丘駅から徒歩15分ほどと、アクセスは正直言って悪い。 しかし、商店街として栄えていた通りにあり(現在は同店と、隣の年期の入った酒屋のみがシャッターを開けている)、取材時も隣の酒屋のおばあさんが、コーヒーを差し入れしてくれたり、居心地の良い和やかな時間が流れていた。  一押し商品 大橋巨泉のバラエティ番組「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」のキャラクターゲバゲバおじさん、四日市の名物「入道」の置物、お仏壇貯金箱、食品サンプルのホットケーキ 個人の趣味で作成された女性のオブジェ 店主いわく「映える壁」。昭和レトロな日常雑貨がセンス良く並ぶ まるで、店主の趣味が詰まったギャラリーのような店で、棚に並ぶひとつひとつのアイテムをじっくりと眺めていると、「これ、どこかで見たことあるけど何だっけ?」という記憶が思い起こされる。 それぞれのアイテムの誕生の歴史や裏話、妄想まで……。知識豊富な店主との会話を楽しみに行くというのもいいかもしれない。つつじヶ丘で新たな発見に出会えることは間違いないだろう。 ボーヤの詳しい情報はこちら

東京、食パン専門店9選
レストラン

東京、食パン専門店9選

朝の食卓の常連、食パン。薄く切ってトーストにして食べたり、好きな具材を挟んでサンドイッチにしたりと、シンプルだからこそ楽しめる味わい方がある。イギリスの山形白パンやフランスのパン・ド・ミなどに起源を持つ日本の食パンだが、独自の進化を遂げている。近年では、そのシンプルな味わいをさらに探求した、専門店が続々とオープンしている。ここでは、老舗のこだわり食パンから、新店舗など、食パンのみをストイックに販売する店を紹介したい。

上野で買う、パンダ土産15選
ショッピング

上野で買う、パンダ土産15選

パンダ。その白と黒のユーモラスで愛くるしい顔立ちと、独特のゆったりした動きは、古今東西を問わず動物園の人気者。東京都内でパンダといえば、やはり上野動物園となるだろう。1980年代初頭に一世を風靡(ふうび)したランランとカンカンにはじまり、現在ではシンシンとリーリーが同園の人気者としてパンダ舎を賑わせている。モノクロで構成されるパンダのフォルムはデザイン心を刺激する存在でもあるが、さまざまなアイテムにもなり、多くのファンを魅了している。なかでも上野界隈(かいわい)にはさまざまなパンダグッズが集まっており、パンダ好きにとっては見逃せないアイテムがたくさん。ここでは、上野周辺に限定し、日常生活を彩ってくれるかわいいパンダ雑貨から、食べて美味しい手土産まで全15点を紹介する。

東京、ベストショップ100
ショッピング

東京、ベストショップ100

東京には、あらゆる客に応える巨大ストアから、ニッチな趣味を持つコレクターを魅了する専門店まで、星の数ほどの店が存在する。ファッションひとつとっても、ドメスティックブランドで最先端のハイエンドファッションに身を包むのも、マニア垂涎(すいぜん)もののスニーカーを手に入れるのも、すべてが望むままだ。毎日に新しい風を吹き込みたいなら、ユニークなテーマを掲げるコンセプトストアや、日々の生活を豊かにするライフスタイルショップを巡ってみるものもいいだろう。ここでは、新たに加わった旬のヴェニューから定番の老舗まで、タイムアウト東京が選んだ100軒を紹介する。

東京、ジャケ買いしたい手土産
ショッピング

東京、ジャケ買いしたい手土産

「手土産は絶対ここで」と毎回決めている人も多いかもしれないが、時には、ちょっと冒険してみてはいかがだろう。ここでは、味はもちろん、まずパッケージに「胸キュン」し、思わず誰かに贈りたくなるような美しい手土産を厳選して紹介する。「運命の一輪に出会う」バラのボックスや、フランス文学者で画家の鈴木信太郎が手がけたもの、外箱だけでなく中のヌガーなどの包み紙までキュートなものなど、相手の喜ぶ顔を想像しながら、とっておきの手土産を選んで「ジャケ買い」してみよう。

定番ヴェニュー

鶴仙閣 駒込本店
ショッピング

鶴仙閣 駒込本店

圧倒的な品そろえを誇る多肉植物専門店、鶴仙閣 駒込本店。店内と屋上の温室に、サボテンの強刺類から有星類、牡丹類、多肉植物ではコーデックス系などを取り揃える。産地は南米、南アフリカ、メキシコ、ブラジル、ペルーなどで、日本ではここでしか見られない品種も多数ある。マニアから素人まで、見物目的に訪れても楽しめるディープな一軒だ。 関連記事『東京、ベストショップ100』

ハブ ア グッド タイム
ショッピング

ハブ ア グッド タイム

鎗ヶ崎交差点の近くにあるギフトショップ、ハブ ア グッド タイム(have a good time)。馴染みのロゴがプリントされたTシャツやキャップなどのオリジナルアイテムのほか、『フィラ(FILA)』などのブランドや、ニューヨークのタトゥースタジオ、スミス ストリート タトゥー パーラー(Smith Street Tattoo Parlour)とのコラボレーションアイテムを展開している。ファッショナブルな街として発展を続ける中目黒において、一際エッジをきかせている同店は、かつて白金にあったLAST GALLERYの一角からスタートした。中目黒に移転後は、アパレルのほか一風変わった雑貨や海外のジャンク品などを販売。オーナーが趣味で集めたアート作品やおもちゃが、店をよりディープな雰囲気に演出していた。2017年6月にオープンした駒沢通り沿いの店でも、同様のスペースを展開する予定だという。 関連記事『東京、ベストショップ100』

ラ カグ
ショッピング

ラ カグ

新潮社とサザビーリーグの共同プロジェクトとなる複合施設、ラ カグ(la kagu)。外観の設計デザインは隈研吾建築都市設計事務所が行い、昭和40年代に建てられた本の倉庫をそのまま活かした空間となっている。コンセプトに「REVALUE」を掲げ、流行に流されない本当に良いものを提案していく。1階はウィメンズファッション(『アクネ(Acne)、『メゾンマルタンマルジェラ(Maison Martin Margiela)』、『マルニ(MARNI)』などを扱う)を中心に、カフェも展開。2階にはメンズファッションのほか、ブックスペース、家具、レクチャースペースがある。テラスでは定期的にファーマーズマーケットを開催している。 関連記事『神楽坂、ご近所ガイド』『東京、ベストショップ100』

ジェットセット下北沢店
ショッピング

ジェットセット下北沢店

都内でも有数のオールジャンルのアナログ新譜を扱うレコードショップ、ジェットセット(JET SET)。HipHop、House、Techno、Jazz、Soul、Indie Popなどジャンルを横断して注目作品をチェックできる。国内のインディアーティストの作品も自主制作盤を中心に取り揃えており、下北沢の情報交換のサロン的な役割も果たしている。 関連記事『東京、ベストショップ100』『下北沢のJET SETでアナログレコードの反りを無料で直してきた』 『下北沢、レコードショップリスト』  

Style of the day

Style of the Day – 1000

Style of the Day – 1000

むゆあ(サントニブンノイチ原宿 ショップスタッフ):キュートボーイ

Style of the Day – 999

Style of the Day – 999

朝菜(vetica美容師):あったかボーイッシュ

Style of the Day – 998

Style of the Day – 998

北村文の(美容師):バイオレットピンクショート

Style of the Day – 997

Style of the Day – 997

瀧山玲(アパレル):ストレートにストリート

Style of the Day – 996

Style of the Day – 996

ツカサ(学生):何気なさがなんかいい

Style of the Day – 995

Style of the Day – 995

ぺにぺに(Dogショップスタッフ):ラブリーな刈り上げ

Style of the day アーカイブ