この冬旅したい国内のスポット

京都や大阪、島根など、冬休みは旅に出よう

ケラ池スケートリンク
1/3
ケラ池スケートリンク
Zao Snow Monsters, Yamagata
2/3
Photo: Kaedeenari/DreamstimeZao Snow Monsters in Yamagata
Ginzan Onsen
3/3
Photo: Sean Pavone/DreamstimeGinzan Onsen in Yamagata

タイムアウト東京 > トラベル > この冬旅したい国内のスポット

そろそろ冬休みの旅行計画を立てはじめているという人もいるのではないだろうか。ここでは、京都のシークレットスポットガイドや、札幌の50の魅力を紹介したガイド、48時間で楽しめる大阪ガイドなど、国内のエリアガイドを紹介する。

日本で行くべき冬の名所9選
トラベル

日本で行くべき冬の名所9選

観光が最も盛んになるのは桜の咲く春先や秋の紅葉シーズンだが、日本には冬にしか見られない美しい景色がたくさんある。また、寒さを忘れて雪遊びに熱中した後は家族で温泉につかったり、熱々の鍋を囲んで「あったまる」のも冬ならではの文化だ。 ここでは珍しい自然現象に出合えるスキー場や、湯けむりの上がる温泉街など、冬景色とともに特別なひとときを過ごせるスポットを紹介する。

野沢温泉でしかできない10のこと
Things to do

野沢温泉でしかできない10のこと

冬の間は日本でも有数の豪雪地としても知られている野沢温泉村。大きなチェーン系のホテルやコンビニなどもなく、独特な雰囲気があるのもまた魅力だ。地元民が通う食堂などローカルな店が多く、リゾート価格ではない良心的かつクオリティーの高い食事が楽しめるのも人気の理由。ここでは国内外の旅行客から人気の秘境、野沢温泉でしかできないことを紹介する。

冬の軽井沢を楽しむ10のこと
トラベル

冬の軽井沢を楽しむ10のこと

避暑地として有名な軽井沢には、実は春夏以外にも楽しめる場所がたくさんある。ここでは、雪見温泉やスケートリンク、滝のライトアップやイルミネーション、冬の巣ごもりにもぴったりな雑貨店など、冬にこそ行きたいさまざまなヴェニューを紹介。

大阪、48時間ガイド
トラベル

大阪、48時間ガイド

西日本最大の街、大阪。大阪城やユニバーサルスタジオジャパンなど、もちろん、定番スポットを巡るだけでも十分楽しめる街ではある。しかしせっかくならば、地元の人も足繁く通うローカルスポットや、ユニークなヴェニューなど、もう一歩ディープな大阪も覗いてみたくはないだろうか。ここでは、エッジの効いたアイテムを販売するショップや潜水艦を模したバー、話題の大衆食堂など、様々なジャンルのヴェニューを「48時間で楽しめる大阪ガイド」として紹介する。

Advertising
京都、シークレットガイド
トラベル

京都、シークレットガイド

目まぐるしい種類の寺院や宝物が存在し、一年を通じ観光客を惹きつける古都京都。日本一の観光都市であるということは、紛れもない事実だ。 一方で、旅行客による混雑や、中心部の交通渋滞なども有名で、初めて訪れる人は、主要観光スポット以外を訪れる余裕があまりないことも多い。人とは違う京都旅をしてみたいという人に、シークレットスポットを紹介しよう。

北杜でしかできない10のこと
トラベル

北杜でしかできない10のこと

八ヶ岳と南アルプスの麓に位置し、豊かな自然と水に恵まれた街、山梨県北杜(ほくと)市。東京から電車や車で2時間というアクセスの良さから、雑誌の「2018年版住みたい田舎ベストランキング」で初の全国1位を獲得するなど、年々注目を集め、都心からの移住者が増えている。四季を通して様々な楽しみ方ができる街の魅力を紹介する。

札幌でしかできない50のこと
トラベル

札幌でしかできない50のこと

札幌で探索と発見を楽しむ

隠岐でしかできない10のこと
トラベル

隠岐でしかできない10のこと

島根半島の北方、日本海に浮かぶ隠岐は、4つの大きな島と、他の約180の小島からなる諸島。ダイナミックな侵食地形と離島独特の文化や歴史、生態系を持ち、世界的に価値のある地質や地形を含む地域として、ユネスコ世界ジオパークに認定されていることでも有名だ。今回は、ローソク島、国賀海岸、乳房杉など、自然豊かな隠岐を10のトピックスで紹介。物に溢れたせわしない都会を抜け出して、美しい隠岐へ旅立とう。

石見でしかできない10のこと
トラベル

石見でしかできない10のこと

島根県西部「石見地域」は、日本の歴史や伝統が感じられる素朴な街だ。この特集では、民泊から、2007年に世界遺産となった石見銀山周辺エリア、豊かな自然に恵まれ、日本海の幸が楽しめる石見の食などを紹介する。

宿泊も特別なものにする

暮らすように旅する、泊まれるタイニーハウス4選
ホテル

暮らすように旅する、泊まれるタイニーハウス4選

近場で休暇を過ごす「ステイケーション」や、テレワークといった多拠点生活が広まる中、新たなサードプレイスとして話題を集めるアメリカ発祥のタイニーハウス。贅沢をせずともかなうミニマルな暮らしに憧れる人が多くなった今、小さな家で過ごす豊かな時間に注目が集まっているようだ。

世界遺産に滞在できる宿5選
トラベル

世界遺産に滞在できる宿5選

世界にここだけにしかない場所、世界遺産の風景に溶け込みたい。そんな夢をかなえる特別な宿をリストアップ。寺に泊まれる宿坊での朝のお勤めや写経を入門、大自然に囲まれ動物たちの生態を観察するなど、バーチャルでは体感できない学びや冒険を味わおう。素泊まりで100万円という驚くべき宿坊や、歴史ある寺社に囲まれたスモールラグジュアリーリゾートなど、スペシャルな空間も多く、自分史上の記憶に残る旅となるだろう。

2021年にオープンしたグランピング施設8選
Things to do

2021年にオープンしたグランピング施設8選

大自然を味わいながら、快適な時間を過ごせるグランピング。手ぶらでも気軽にアウトドアが満喫できるものも多く、人気を博している。2019年ごろからじわじわと施設が増え、今年は新しくオープンした施設も多く見られた。 ここでは2021年にオープンした注目のグランピング施設を紹介。

泊まれるアートホテル5選
アート

泊まれるアートホテル5選

アートはそこから距離をとって見るだけではなく、その中に入って体験するものでもある。私たちが美術館で見ている調度品などを見ても分かるように、アートは住空間と切り離せない存在なのだ。 それは旅先でも同じだろう。アートの中に泊まるのはアートの本義にかなっている。今回はそんな泊まれるアートの中から、コンテンポラリーアートの作家を中心にコラボレーションしたホテルを紹介する。

Advertising
感動的なロケーションの宿泊施設8選
トラベル

感動的なロケーションの宿泊施設8選

どんなところで休日を過ごそうか迷っている人も多いだろう。都会のホテルや近所のお出かけスポットなど、いろいろな選択肢があるが、せっかくなら、非日常を存分に味わえる宿に泊まるのもいい。ここでは、意外な建物の中にあるホテルや、目の前に圧倒的な景色が広がる宿など、思わず「こんなところに?」と驚くようなロケーションの宿泊施設を紹介しよう。

動物と触れ合えるグランピング5選
トラベル

動物と触れ合えるグランピング5選

自然の中でも快適で洗練された宿泊体験を指すグランピング。テントやアウトドアグッズを持っていない人も気軽に泊まることができ、ラグジュアリーな家具などの設備やおいしい食事の用意がある場所も多いことから、近年人気が高まっている。2020年10月1日(木)から、Go To トラベルキャンペーンの対象にようやく東京が入り、今後の人気はますます期待されるだろう。