1/5
暮らす宿 他郷阿部家/写真:山田泰三
2/5
宿坊 準別格本山 恵光院
3/5
ふふ 奈良
4/5
宿坊 準別格本山 恵光院
5/5
合掌の宿 庄七

世界遺産に滞在できる宿5選

自然の中や宿坊など、スペシャルな空間で滞在

作成者: Mari Hiratsuka
Advertising

タイムアウト東京 > トラベル > 世界遺産に滞在できる宿

テキスト:間庭典子

世界にここだけにしかない場所、世界遺産の風景に溶け込みたい。そんな夢をかなえる特別な宿をリストアップ。寺に泊まれる宿坊での朝のお勤めや写経を入門、大自然に囲まれ動物たちの生態を観察するなど、バーチャルでは体感できない学びや冒険を味わおう。素泊まりで100万円という驚くべき宿坊や、歴史ある寺社に囲まれたスモールラグジュアリーリゾートなど、スペシャルな空間も多く、自分史上の記憶に残る旅となるだろう。

高野山 準別格本山 宿坊 恵光院
高野山 準別格本山 宿坊 恵光院
高野山 準別格本山 宿坊 恵光院

高野山の宿坊で修行する。

高野山
高野山 準別格本山 宿坊 恵光院

江戸時代天保期には812もの寺院(1832年調べ)があったという聖地、高野山。現在も117寺院が集まり、その半分ほどで宿泊できる。洋式トイレもテレビもない昔ながらの宿坊から、豪華絢爛なホテルのようにモダンな施設まで、そのスタイルも多様。

修行体験をしてみたいならば恵光院和歌山県伊都郡高野山497)がおすすめ。6時半からの朝のお勤めや、密教の瞑想法「阿字観(あじかん)」、写経に参加できる。この宿坊から出発する奥の院へのナイトツアーもある。

合掌の宿 庄七
合掌の宿 庄七
合掌の宿 庄七

合掌造りのぬくもりに包まれる。

五箇山
合掌の宿 庄七

五箇山は生きた世界遺産と呼ばれ、合掌造りの集落には今でも人々が生活を営む。茅葺(かやぶき)の屋根には釘が一切使われておらず、雪の重さにも耐えられるよう、傾斜角度は鋭い。

世界有数の豪雪地帯の四季折々の生活様式を体感できる宿も多く、築200年という合掌の宿 庄七(富山県南〇(蛎の虫編が石に)町相倉421)もその一つ。

夕食は囲炉裏を囲み、山菜や川魚など旬の味覚を味わう。そんな里の暮らしを快適な環境で楽しめる、1日2組限定のプライベートな宿だ。

Advertising
秘境知床 地の涯
秘境知床 地の涯
秘境知床 地の涯

原始の森で知床の美食を堪能する。

知床
秘境知床 地の涯

日本で唯一の世界自然遺産区域にある温泉宿であり、国立知床公園内に位置する秘境知床 地の涯(北海道斜里郡斜里町岩尾別温泉内)。岩尾別温泉は光の加減でターコイズブルーやエメラルドに輝き、原生林を背景にした岩風呂は圧巻だ。

もう一つの目的は美食。ウトロ産のイクラやカニ、羅臼産のコンブ、エゾ鹿肉など、知床の旬の食材を堪能しよう。また、この宿を拠点に羅臼岳までのトレッキングを楽しむ人も多い。さまざまな動物の生態を観察できるだろう。

ふふ 奈良
ふふ 奈良
ふふ 奈良

庭屋一如の宿で風景と一体になる。

奈良公園
ふふ 奈良

春日神社のある奈良公園内に、2020年6月にオープンしたばかりのふふ 奈良(奈良県奈良市高畑町1184-1)は、全室スイートのリゾートホテル。

隈研吾による建築設計で、古都奈良の景観を継承する大和張りや奈良格子を取り入れた空間である。中庭はランドスケープアーキテクトの宮城俊作がデザイン。全ての部屋に露天風呂があり、和漢の香りの湯で旅の疲れを癒せる。食事も奈良の食材や和ハーブをいかした、新感覚の懐石料理。五感で奈良の文化が感じられるだろう。

Advertising
暮らす宿 他郷阿部家/写真:山田泰三
暮らす宿 他郷阿部家/写真:山田泰三
暮らす宿 他郷阿部家/写真:山田泰三

隠れ里の住人になる。

石見銀山
暮らす宿 他郷阿部家

築230年以上の武家屋敷を再生した空間で、住人のように暮らせる他郷阿部家(島根県太田市大森町八159‐1)。

石見銀山という土地で根ざし、暮らしながらものづくりに取り込む群言堂による空間。群言堂デザイナーとして「根のある暮らし」をテーマにメディアでの露出も多い松葉登美が10年以上暮らし、繕い、よみがえらせた。主役はかまどで炊いた塩むすび。食卓を囲むと故郷に帰ってきたような錯覚を起こす。

一棟貸しの宿、只今 加藤家もある。

もっと旅行したいなら……

Kumano Kodo
Photo: Tom Vining/Unsplash

日本で最も美しい10の場所

トラベル

日本が驚くほど美しい国の一つであるのは紛れのない事実だ。北海道の富良野のラベンダー畑から沖縄の透き通ったビーチまで、この小さな国の至る所に美しい自然がある。自然美だけではなく、モダンなミュージアムや伝統的な寺など見どころもたくさんあり、春には満開の桜が咲き乱れる。ここではタイムアウト東京英語編集部が選んだ、日本で最も美しい場所を紹介したい。 

石見でしかできない10のこと

トラベル

島根県西部「石見地域」は、日本の歴史や伝統が感じられる素朴な街だ。この特集では、民泊から、2007年に世界遺産となった石見銀山周辺エリア、豊かな自然に恵まれ、日本海の幸が楽しめる石見の食などを紹介する。秋には、豊作を祝う伝統芸能である「石見神楽」も神社などで盛んに行われるので、チャンスがあればこの季節に足を運んでみてほしい。

Advertising

隠岐でしかできない10のこと

トラベル

島根半島の北方、日本海に浮かぶ隠岐は、4つの大きな島と、他の約180の小島からなる諸島。円形で最も大きな島を「島後」と、西ノ島、中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)の3島を「島前」と呼ぶ。ダイナミックな侵食地形と離島独特の文化や歴史、生態系を持ち、世界的に価値のある地質や地形を含む地域として、ユネスコ世界ジオパークに認定されていることでも有名だ。今回は、ローソク島、国賀海岸、乳房杉など、自然豊かな隠岐を10のトピックスで紹介。物に溢れたせわしない都会を抜け出して、美しい隠岐へ旅立とう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising