注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

ホテルアンテルーム京都
©Kohei Nawa/Swell-deer/2010-2016/mixed media/courtesy of SANDWICH, Kyoto

泊まれるアートホテル5選

百段階段、蜷川実花、ベルナール・フリズなど

作成者: Time Out editors
Advertising

アートはそこから距離をとって見るだけではなく、その中に入って体験するものでもある。私たちが美術館で見ている調度品などを見ても分かるように、アートは住空間と切り離せない存在なのだ。

それは旅先でも同じだろう。アートの中に泊まるのはアートの本義にかなっている。今回はそんな泊まれるアートの中から、コンテンポラリーアートの作家を中心にコラボレーションしたホテルを紹介する。

ホテルアンテルーム京都
ホテルアンテルーム京都
ヤノベケンジルーム

ホテルアンテルーム京都

ホテル

2011年に学生寮をコンバージョンしたホテル兼アパートメントで、ギャラリー、レストラン、バーが併設されている。

9室のコンセプトルームは蜷川実花や名和晃平、ヤノベケンジらが手がけており、ほかの客室や共有部分でも「365日アートフェア」というテーマのもと、約80組のアーティストによる購入可能な作品が展示されている。

エントランスからつながっているギャラリー9.5(GALLERY 9.5)では企画展などを随時開催し、バーラウンジでもアートに囲まれながらアルコールを楽しめるなど、アートに囲まれるという点では徹底した姿勢を貫いている。

カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ
カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ
カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ

カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ

ホテル 墨田区

浅草にある1966年築の倉庫ビルを再生し、コンテンポラリーアートの収蔵庫を併設したリノベーションホテル。コンテンポラリーアートを公開保管しておくアートストレージ(収蔵庫)を併設している点が特徴だ。

1階、地下1階の共用部に用意された計8区画のアートストレージには、コーサク・カネチカ(KOSAKU KANECHIKA)、ナンヅカ(NANZUKA)など六つのギャラリーが入居し、「見せる収蔵庫」として利用している。

各アートストレージは、バーラウンジや、地階の宿泊者専用ラウンジなどに配置され、アルコールを楽し見ながらアート鑑賞も可能だ。アーティストの作品集などを扱う物販コーナーや企画展スペースを設け、アートにまつわるイベントも開催されている。

Advertising
ホテル雅叙園東京
ホテル雅叙園東京
ホテル雅叙園東京

ホテル雅叙園東京

ホテル 目黒

1928年に芝浦雅叙園として創業し、1931年に現在の目黒に移転するとともに、日本初の総合結婚式場として展開してきた。2017年4月1日からホテルとしてリブランディングした。

宿泊者限定のアートツアーを開催しており、竪山南風の作品やジョサイア・コンドル設計の建築などを間近で見ることができるのは、ほかではできない経験だろう。

「昭和の竜宮城」と称され、1935年に作られた、豪華絢爛(けんらん)な東京都有形文化財『百段階段』も必見。日本文化の贅(ぜい)を尽くしたホテル雅叙園東京で素晴らしいひとときを過ごしてほしい。

node hotel
node hotel
node hotel ジュニアスイートルーム

ノードホテル

トラベル

京都市中心部の四条西洞院に建てられた、新築5階建てのアートホテルバリー・マッギー、ベルナール・フリズ、五木田智央など、第一線で活動するコンテンポラリーアートの作家の作品を展示している。

非日常を味わう観光ホテルではなく、アートコレクターのような人々の理想の暮らしを体験するための場所として構想された。キルティングのベッドカバーや部屋ごとに趣の異なるトライポッドチェアなどは海外の職人たちによるハンドメイドで、このホテルのためにデザインされている。

Advertising

BnA HOTEL KOENJI CENTER BUILDING

5 5 つ星中
ホテル 高円寺

「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流することのできるアートホテルが高円寺駅近くにオープン。「街中にアートルームを鏤めて、高円寺全体をホテルにする」という世界初の試みの第1ステップとしてオープンした施設だ。

施設内にはアーティストがゼロから作り上げた、部屋の形までもが作品に合わせられた部屋と、陽が当たるとカーテンにも部屋と同じ模様が浮かび上がるよう細工がされている部屋の、いずれも抜かりないこだわり抜かれた2つのアートホテルルームをはじめ、チェックインのためのフロントデスクを兼ねたバーや、地下にはDJブースも設置されているギャラリーが設けられている。

地下のギャラリーは、毎月アーティストが10日間ほど泊まり込んで制作した1つのインスタレーション作品として発表する場として利用されるほか、フロントデスクバーは、アーティストが置き場のない作品を持ち込んで、ほかのアーティストの作品と交換してもらえる場としても活用。

施設内すべてがアートにあふれた、アート好きにはたまらない空間だ。ただ素晴らしいアート作品が飾られているだけではなく、まさにアート作品の中に泊まることのできる同ホテル。今後、どのように街中に展開されていくのか楽しみである。

最新アートニュースを読むなら

鳥獣戯画 甲巻 平安時代 12世紀 京都・高山寺
鳥獣戯画 甲巻 平安時代 12世紀 京都・高山寺

史上初の全4巻一挙公開、「国宝 鳥獣戯画のすべて」展が開幕

ニュース アート

2021年4月13日、東京国立博物館で『国宝 鳥獣戯画のすべて』展が開幕した。『鳥獣戯画』は京都府の高山寺が所蔵する『甲巻』『乙巻』『丙巻』『丁巻』の全4巻から成る絵巻物で、制作時期は平安時代〜鎌倉時代とされる。動物や人物を異なる作風で描いた紙葉を貼り継いで絵巻にしており、複数の作者が描いていると考えられている。

北アルプス芸術祭
目 『信濃大町実景舎』(Photo: Tsuyoshi Hongo)

2021年、見逃せない芸術祭4選

アート

2021年も全国各地の風土に根ざした多くの芸術祭が開催予定だ。本記事では、川俣正や宮永愛子らが参加してコロナ禍からの再スタートを図る北アルプス国際芸術祭 2020 - 2021』家の蔵に眠った「地域の宝」を市内から集める『大蔵ざらえ』などを実施する『奥能登国際芸術祭2020+』など4つを紹介する。

Advertising
Doug Aitken
《ice forms VII》2008年《New Ocean:thaw 》、2001年の制作用スチル Courtesy of the artist © Doug Aitken

国内初公開、ダグ・エイケンの作品がエスパス ルイ・ヴィトンで展示中

ニュース アート

アメリカのアーティスト、ダグ・エイケン(Doug Aitken)の展示『New Ocean: thawが、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京(Espace Louis Vuitton Tokyo)で開催中だ。同展示はこれまで未公開のフォンダシオン ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)の所蔵作品を、東京、ミュンヘン、ベネチア、北京、ソウルのエスパス ルイ・ヴィトンで展示する『Hors-les-murs(壁を越えて)』プログラムの一環であり、国際的なプロジェクトを通じて、より多くの人々に触れてもらう機会を提供することを目指しているという。

Photo: Intermediatheque
Photo: Intermediatheque

東京、無料で入れる美術館・博物館16選

アート

無料で美術館やギャラリーが東京には一定数ある。今回セレクトするのは、質の高い国内外の作家を紹介する資生堂ギャラリーや明治期洋画の重鎮、黒田清輝の作品を展示する黒田記念館から、目黒寄生虫館やおりがみ会館といった変わり種まで16館だ。

会館時間が変更されている場合もあるので、事前に公式ウェブサイトを確認してから訪れてほしい。

Advertising
Taro Okamoto - Myth of Tomorrow
岡本太郎『明日の神話』

東京のベストパブリックアート

アート 公共のアート

無数の美術館やギャラリーが存在し、常に多様な展覧会が開かれている東京。海外の芸術愛好家にとってもアジアトップクラスの目的地だ。しかし、貴重な展示会や美術館は料金がかさんでしまうのも事実。そんなときは、東京の街を散策してみよう。著名な芸術家による傑作が、野外の至る所で鑑賞できる。特におすすめのスポットを紹介していく。

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-
《マーシー・ガーデン・ルトゥー・ルトゥー/慈しみの庭へ帰る》 2014年 マルチチャンネル・ヴィデオ・インスタレーション(15分14秒)

鮮やかな世界を切り取る、ピピロッティ・リストの大規模個展が開催

ニュース アート

2021年4月6日(火)〜6月13日(日)、スイスを拠点に活躍する現代アーティスト、ピピロッティ・リストの展覧会『ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-』が京都国立近代美術館で開催される。

 

Advertising
WHITEHOUSE
WHITEHOUSE

つまみ食いではないアート、かつてのネオダダの拠点がリニューアル

ニュース アート

現代アート好きならきっと知っているであろう、アートコレクティブのChim↑Pomのメンバーである卯城竜太が、今回、アーティストの涌井智仁、ナオ ナカムラとともに自身のスタジオである新宿ホワイトハウスを、新たにアートスペース、ホワイトハウス(WHITEHOUSE)としてリニューアルする。

おすすめ

    関連情報

      Advertising