1/4
ザ バンブー フォレスト
2/4
アニマルグランピングノースサファリサッポロ
3/4
アニマルグランピングノースサファリサッポロ
4/4
伊豆シャボテン動物公園 カピバラ虹の広場

動物と触れ合えるグランピング5選

自然の中で動物たちと眠る

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > トラベル > 動物と触れ合えるグランピング5選

テキスト:西山綾加

自然の中でも快適で洗練された宿泊体験を指すグランピング。テントやアウトドアグッズを持っていない人も気軽に泊まることができ、ラグジュアリーな家具などの設備やおいしい食事の用意がある場所も多いことから、近年人気が高まっている。2020年10月1日(木)から、Go To トラベルキャンペーンの対象にようやく東京が入り、今後の人気はますます期待されるだろう。

さまざまなグランピング施設があるが、ここでは動物と触れ合うことのできるヴェニューを紹介。動物園の隣にある施設や、北海道の広大な大地で動物とステイ体験など、深まる秋に出かけたいスポットを挙げる。人混みを避け、息抜きに出かけてみるのはいかがだろうか。

関連記事

東京近郊のグランピング施設12選

アニマルグランピングノースサファリサッポロ
アニマルグランピングノースサファリサッポロ
アニマルグランピングノースサファリサッポロ

アニマルグランピングノースサファリサッポロ

トラベル

アザラシと暮らす。

北海道の大自然の中、テントで動物と触れ合いながら一日過ごせる日本初のグランピング施設。モルモット、プレーリードック、イグアナなど触れ合いやすい動物たちの中でも一番人気が『アザラシのいるコテージ』だ。まるでアザラシを飼育してるような贅沢な気分が味わえる。

人懐っこいアザラシは、客のいる方に自ら寄ってきてくれるのだそう。かわいい動物たちとの触れ合いは癒し効果が抜群だ。

伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング
伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング
伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング

伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング

Things to do

クジャクとセルフィーする。

伊豆シャボテン動物公園の開園60周年記念に造られた、伊豆シャボテンヴィレッジのグランピング施設。

日本初のキャビン型バス&トイレに連結するドームテントは、二重構造のため、季節を問わずに宿泊が可能。内部のインテリアも充実しているほか、プライベートデッキで味わえるバーベキューや、朝食のスペシャルサンドイッチなどのフードも充実している。

伊豆シャボテン動物公園まで歩いてすぐのため、140種もの動物たちと身近に触れ合えるほか、アニマルショーや餌やり体験などもある。

伊豆シャボテンヴィレッジ グランピングの予約はこちら

Advertising
ザ バンブー フォレスト
ザ バンブー フォレスト
ザ バンブー フォレスト

ザ バンブー フォレスト

Things to do 千葉

キリンと朝食をとる。

千葉にある触れ合い動物園、サユリワールドに併設予定のグランピング施設、ザ バンブー フォレスト(THE BAMBOO FOREST)。

グランピング専用に作られた快適なドームテントや、タマネギのような形のロータスベルテント、ツリーハウス型ロッジの3種類の宿泊施設を用意している。

人気のキリンと朝食オプションは、大人2,000円、子ども1,000円で提供(3月下旬から10月末まで)。動物と竹林に囲まれた、快適な宿泊設備のもと過ごすことができる。本格整体マッサージも予定しており、親世代にもおすすめだ。

一里野高原ホテル ろあん
一里野高原ホテル ろあん
一里野高原ホテル ろあん

一里野高原ホテル ろあん

トラベル

ヤギに癒される。

日本三大霊山の一つ、白山の山間に位置する一里野高原ホテル ろあん。ここでは、1日1組限定で大自然を堪能するグランピングプランがある。

岩間温泉から約10キロも引き湯する源泉掛け流し温泉や、地元食材にこだわった料理が魅力だ。食事はバーベキューも良いが『森のフルコースプラン』がおすすめ。ホテルスタッフによるフルサービスで、白山でのびのび育ったイノシシのリブロースを味わえる。低温貯蔵庫で寝かせた熟成肉は臭みもなく、うま味がすごいのだそう。

施設ではヤギを飼育しており、山々の自然と動物との交流も楽しめる。

Advertising
クルックフィールズ
クルックフィールズ
クルックフィールズ

クルックフィールズ

アトラクション 農場 千葉

水牛チーズを味わう。

音楽プロデューサーの小林武史がプロデュースする、サステナブルなファーム&パークのクルックフィールズ(KURKKU FIELDS)。名前は、The Beatles の『Strawberry Fields Forever』に由来。千葉県木更津市にある30ヘクタールもの広大な『耕す』農場を舞台に、農業、食、アートの三つのコンテンツを提供している。

宿泊には、ポーランド発祥の「量より質」を重視したコンパクトなタイニーハウスビレッジを用意。動物との触れ合い広場や水牛ツアーのほか、養鶏場、酪農場、ビオトープ、ハーブや野菜、エディブルフラワーを味わえるエディブルガーデンなどさまざまな体験を提供している。

ソーラーファームやバイオジオフィルターなど、環境に負担をかけないエネルギーサイクルシステムの見学や、草間彌生をはじめとするアートの鑑賞体験など盛りだくさんのため、数日以上のステイがいいかもしれない。

自然や動物と触れ合いたいなら......

Twin Ring glamping, tent, camping
Photo: Twin Ring

東京近郊のグランピング施設12選

トラベル

外出自粛が緩和され遠出への機運が高まるなか、「3密」を避ける意識からアウトドアアクティビティに注目が集まっている。しかしアウトドア初心者には、移動手段が限られたりテントやウエアなど専用ギアを集めたりと、少々ハードルが高いのが難点。大自然の中での宿泊には抵抗もある人も多いだろう。

そこで注目したいのがグランピングだ。「グラマラス」と「キャンプ」を掛け合わせた造語からできた、近年注目を浴びるこのスタイルでは、設備が整っているためホテル感覚でアウトドアを楽しむことができる。ここでは、ギア収集も技術習得も必要のないグランピングを楽しめる都内近郊のスポットを紹介。家族や友人、恋人との夏の旅行計画にも、グランピングを提案してみてはいかがだろうか。

ときたまひみつきち コモリバ
ときたまひみつきち コモリバ

アウトドアサウナできるキャンプ場5選

Things to do

近年盛り上がりを見せる野外で楽しむアウトドアサウナ。フィンランド式のテントサウナから、木屋の中で蒸気に包まれるイグルー式などそのスタイルは多様だ。今回は、そんなアウトドアサウナを楽しめるキャンプ場を東京近郊に絞って五つ紹介する。自然の中で、心と体をととのえる極上のひとときを堪能しよう。

キャンプサウナの入場は水着などの着衣式がほとんど。予約制のところも多いので事前に連絡の上、行くのをおすすめする。

Advertising

週末、自然に癒される5のこと

Things to do

自然に触れられる場所は、東京にも意外とある。今週末は、都内や東京近郊にある自然スポットで、思いっきり深呼吸してみよう。奥多摩で美味いビールを飲んだり、北欧のライフスタイルを体験できる施設に行ってみたり......。大自然の中に身をおけば、ちょっとした悩みくらいは忘れてしまうだろう。

Photo: Nicholas Courtney/Dreamstime
Photo: Nicholas Courtney/Dreamstime

関東近郊、週末に行けるハイキングスポット10選

Things to do

日本の国土は約7割が森林に恵まれた山地でできている。東京で過ごしているとそのことを忘れがちだが、東京周辺にも自然に癒されるハイキングスポットがたくさんある。ここでは、日帰りと宿泊で楽しめる場所を紹介。各登山道には難易度から五つ星の評価と情報を記載している。

ハイキングのおすすめシーズンは秋。気温が低く空気が乾燥し、芸術作品のような紅葉が楽しめるからだ。また、春と初夏も快適。季節の花を鑑賞しよう。

Advertising

東京、ポニーに乗れる場所5選

Things to do

ここでは、都内で気軽にポニーと触れ合える公園と動物園を紹介したい。頭が良く温厚なポニーは愛らしく、サイズや被毛もさまざまで個性豊か。ポニーと触れ合うことで、癒しや、命の大切さを感じ取ることができるだろう。本記事では、無料でポニーに乗れる場所や、世話や乗馬を学べる場所を紹介する。いつもより少しだけ足を延ばして、特別な思い出作りをしよう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising