タイムアウト東京ニュース

TOKYOITE - ニュース&カルチャーのデイリーガイド

1月オープンの注目ヴェニュー5選
ニュース

1月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報を毎月紹介。今月は、古民家をリノベーションしたホテルや、日本初上陸するフランスのチョコレート店など、寒くても足を運んでみたくなってしまう様な店が続々とオープンする。

ルイ・ヴィトン原宿ポップアップストアの目玉は、巨大レインボーマン
ニュース

ルイ・ヴィトン原宿ポップアップストアの目玉は、巨大レインボーマン

1月9日以降に、山手線に乗って原宿駅を通ったり、その付近を歩いた人は、線路のすぐ脇に建つ『ルイ・ヴィトン』の象徴的なモノグラムが施された、奇妙なガラスの建物に気づいたかもしれない。 この派手な建物は、ルイ・ヴィトンのポップアップストアだ。ストアでは、メンズ アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブローの2019年春夏メンズコレクションを一足先に手に入れることができる。 アブローは、2018年6月にパリファッションウィークのランウェイで、デビューコレクションを披露。昨年の就任以来、そのカジュアルストリートウェアのビジョンで、同ブランドを新たな高みへ導いている人物だ。 Photo: jp.louisvuitton.com このポップアップストアを開催したのは、ニューヨークやロンドンといった、ごくわずかな都市のみ。東京でも開催されていると聞けば、足を運ばすにはいられない。 ストアは外からでもよく目に付く。なぜなら、巨大なオブジェ「レインボーマン」がいるからだ。下半分は1階の床スペースを占拠し、上半身は2階まで高くそびえ立っている。 アブローがコレクションで発表したのは、ドロシーが描かれたジャケットや、黄色いレンガの道がプリントされたシャツ。彼が、『オズの魔法使い』からインスピレーションを得たことは容易に見て取れる。 Photo: jp.louisvuitton.com 店内のアブローによる大型インスタレーションと虹色の背景、モノトーンのマネキンなども印象的だ。 注意しなくてはならないのは、気軽に立ち寄ることができないということ。入場にはチケットが必要で、毎日8時30分から、ポップアップショップ近くの指定場所に並んだ人のみに配布される。配布待ちの行列は午前6時からスタートしている様だ。 寒空の下、2時間半待つことを躊躇(ちゅうちょ)するならば、ショップ近くまで歩いて覗いてみてはどうだろう。ガラス張りの建物なので、おおよその様子は見ることができる。 『ルイ・ヴィトン メンズ SS19ポップアップストア』の開催は、2019年1月31日(11時00分〜19時00分)まで。2019年3月開業予定の新商業施設、神宮前6丁目プロジェクト(仮称)に期間限定でオープン。詳細は公式サイトより確認しよう。

「石見でしかできない30のこと」(英語版)がリリース
Things to do

「石見でしかできない30のこと」(英語版)がリリース

外国人観光客らに島根県西部の石見地域の魅力を知ってもらおうと、タイムアウト東京は英語のガイドマップ『30 Things To Do In Iwami(石見でしかできない30のこと)』を2018年12月10日に発行した。マップはA3判を折りたたんだコンパクトサイズ。観光案内所や主要ホテルなどで配布を予定している。 『30 Things To Do In Iwami(石見でしかできない30のこと)』 石見は、歴史や伝統が感じられる素朴な街だ。日本最古の芸能で、豊作などを祝う歌舞い『石見神楽』が有名だが、なかなか馴染みのない地域かもしれない。しかし、観光客で混み合う京都や東京よりも、リアルな日本の姿を知りたいと感じる人にとっては、おすすめのスポットである。 衣毘須神社 呑み処神楽のユニークなマスター マップでは、島根のモンサンミッシェルと呼ばれる衣毘須神社や、ローカルから愛される老舗の居酒屋、呑み処神楽、創業67年の老舗キャバレー赤玉など、レストランやカフェ、ショッピング、カルチャー、ナイトライフなど、様々なジャンルから厳選した30スポットを紹介している。 面づくりの巨匠、柿田勝郎の工房 本マップは、観光案内所や主要ホテル、駅などで無料配布中。石見の新たな魅力を発見してもらえれば幸いだ。

タイムアウト東京英語版、12月人気ヴェニューランキング発表
Things to do

タイムアウト東京英語版、12月人気ヴェニューランキング発表

日本語と英語で東京の最新情報を紹介しているタイムアウト東京。定番の観光地や新着イベント、ニューオープン情報、映画レビュー、インタビューなど内容は多岐にわたる。この記事では、英語版ウェブサイトに掲載されているレストランやショップ、ホテルなどのヴェニューに焦点を絞り、2018年12月の人気記事を紹介。タイムアウト東京の外国人スタッフの解説とともに、上位20記事を見ていく。英語版の主な読者は外国人のため、ランキングは、東京を訪れる外国人がどこに注目しているかを示していると捉えていいだろう。 以下が20〜11位。 20. 代々木公園(yoyogi park) ※New 19. a+s  18. ラフォーレ原宿 (La Foret Harajuku) 17. 森美術館 (mori musium) 16. スタイルス 代官山(styles daikanyama) 15. 原宿餃子楼(harajuku gyoza lou) 14. スパ ラクーア(spa laqua) 13. ロボットレストラン(Robot Restaurant) 12. ちくちくカフェ(chikuchiku cafe) 11. ビームスジャパン(beams japan) 代々木公園 今月のランキングを総合的に見ると、9月からランクインしてきた温泉ヴェニューや、動物に関連するヴェニュー(ちくちくカフェや 原宿乃豆柴カフェ)などが引き続き人気を独占している。  しかし今回、意外な初ランクインもあった。それは代々木公園だ。タイムアウト東京エディターでドイツ出身のタベアは「代々木公園は、東京の中心にあるからアクセスしやすくて良いですね。明治神宮に参拝に行った後、散歩するのに丁度いいコースです」と魅力を語った。  続いて10〜1位。  10.プレス バターサンド(press butter sand)  ※前回初登場19位、順位を上げて再度ランクイン 9.バイブ バー ワイルドワン(wild one sex shop) 8. ダイソー原宿(daiso harajuku) 7.どうぶつえん(dobutsuen the zoo ice cream shop) 6.チームラボ プラネッツ TOKYO(teamlab planets tokyo) 5. 東京染井温泉SAKURA(tokyo somei onsen sakura) 4. 森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボボーダレス(mori building digital art museum epson teamlab borderless) 3. バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯(niwa no yu) 2. 大人のデパート エムズ(m's- pop life sex department store) 1. 原宿乃豆柴カフェ(harajuku mame-shiba café) タベアは、「1月に東京を訪れるなら、イルミネーションを見に行ってほしい」と話す。「12月はクリスマスなどのイベントがあるので混んでいますが、1月は比較的落ち着いてきているはず。今がチャンスかな。特におすすめは、よみうりランドと新宿テラス」と教えてくれた。    

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第9版がリリース
Things to do

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第9版がリリース

タイムアウト東京の定番ガイドマップシリーズ『東京でしかできない88のこと』(英語版)の第9版がリリースされた。 今回も、都内高級ホテルの有能なコンシェルジュたちが所属する組織「レ・クレドールジャパン」のメンバーとタイムアウト東京編集部が共同で厳選した88ヶ所を紹介している。東京全域を網羅した同ガイドマップには、地区ごとの個性が表れているので、観光に限らず幅広い場面で重宝するだろう。 新たに登場したのは、丸の内にオープンした商業ビル 二重橋スクエアの2階にある点心専門店 ヤウメイや、アップリンク吉祥寺パルコ、BAPY® HARAJUKU STORE、メゾンエイブル カフェ ロンロン、チームラボ プラネッツ TOKYOなど、今年の下半期にオープンしたヴェニューだ。 アップリンク吉祥寺パルコ メゾンエイブル カフェ ロンロン また、今年は新たなDJバーが数多くオープンした年だったが、本マップでも移転リニューアルした頭バーや、下北沢のムーを紹介している。 頭バー ムー マップは、これまでのシリーズ同様に、観光案内所や主要ホテル、駅などで無料配布する。今の東京の魅力がぎっしりと詰まった一冊を片手に、街へ繰り出してみてはいかがだろうか。   ▼主要配布場所 空港、観光案内所、大使館、主要地下鉄駅、ホテル、レストラン、ショップなどを中心に、東京都内300ヶ所以上で配布※在庫切れの場合あり

タイムアウト東京マガジン21号配布開始
Things to do

タイムアウト東京マガジン21号配布開始

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(21号)の配布が、12月21日に始まった。今回のテーマは「東京で楽しむショッピング」。デパ地下からアウトレットモール、インテリアショップまで幅広く網羅している。買い物天国、東京のなかでもぜひ訪れたい、タイムアウト東京の一押しスポットが満載だ。 マガジンの無料配布場所はこちら PDFの無料ダウンロードはこちら メイン特集『Best shops in Tokyo』は、美容グッズから、ディスカウントショップ、アップサイクルファッション、土産物など、多岐にわたるジャンルの買い物情報をカバー。求めていた商品を取り扱う店がきっとみつかるはずだ。 デパ地下特集では、伊勢丹新宿や銀座三越など、都内のデパートの中でも特に美食が揃う6軒を紹介。 10月に一般開場した豊洲マーケットの詳細もガイド。新規開店のレストラン情報は要チェックだ。 普通のカラオケに飽きてしまったという人のために、ライブバンドで熱唱できるカラオケバー特集も。生演奏と一緒ならよりスター気分を味わえること間違いない。 この冬、温泉で癒されたいと感じたら、週末休みにも出かけられる、箱根のガイドを参考にしてほしい。 そのほか、新規開店のDJバーや、スニーカーショップ、注目の美術展などの情報も。『タイムアウト東京マガジン』21号は、空港や観光案内所、都内のショップ、ホテルなどを中⼼に無料配布されるほか、電子書籍版のダウンロードも可能だ。 仕様タイトル:タイムアウト東京マガジン第21号/Time Out Tokyo Magazine NO.21刊行業態:年4回季刊(次号は2019年3月)判型:A4変形、英語版76ページ価格:無料 主要配布場所空港羽田空港外国人観光案内所成田国際空港など 観光案内所東京観光情報センター都庁本部東急東京メトロ渋谷駅観光案内所渋谷区観光案内所銀座三越外国人観光案内所  浅草文化観光センター MOSHI MOSHI BOXなど ショップTSUTAYA TOKYO ROPPONGI紀伊國屋書店新宿本店タワーレコード渋谷店Books Kinokuniyya Tokyoなど  レストランHUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗タイムアウトカフェ&ダイナーなど  宿泊施設マンダリンオリエンタル東京グランドハイアット東京ザ・ペニンシュラ東京ザ・リッツ・カールトン東京コンラッド東京など※配布は宿泊者対象※主要配布先には12月21日から順次納品。在庫切れの場合あり  タイムアウト東京マガジンの入手は以下URLから。マップストア 広告についての問い合わせはこちら

年間アクセスランキング2018:英語サイト編
Things to do

年間アクセスランキング2018:英語サイト編

あなたにとって、2018年はどんな年だっただろうか。新しい商業施設や美術館が誕生すれば、惜しまれながら閉店した老舗もあり、今年も東京は話題の事欠かなかった。タイムアウト東京でも様々な話題を取り上げてきた。ここでは今年、英語サイトでアクセス数トップ10にランクインした特集、ヴェニュー、ニュース記事を紹介する。2018年を振り返りつつ、2019年のお出かけの参考にしてほしい。 昨年のランキングはこちら

年間アクセスランキング2018
Things to do

年間アクセスランキング2018

東京の最新情報を毎日発信しているタイムアウト東京。2018年も、様々な特集やニュース、注目のニューオープンヴェニューなどを紹介した。大みそかが間近に迫ってきたが、新たな年が幕を開ける前に、今年最も読まれた記事は何だったのかをおさらいしよう。2019年のお出かけの参考にもしてほしい(記事内容は公開当時のもの)。 昨年のランキングはこちら

豊島区と観光協会、タイムアウト東京の3者がパートナーシップ協定締結
ニュース

豊島区と観光協会、タイムアウト東京の3者がパートナーシップ協定締結

日本を訪れる外国人観光客が今日(18日)、3千万人を突破したことが報じられた。政府は2020年に年間の訪日客を4千万人にする目標を掲げており、訪日外国人客に対応する取り組みを加速させている。 そんななか「国際アート・カルチャー都市」を目指す豊島区は、国内外への情報発信を強化するため、一般社団法人豊島区観光協会、タイムアウト東京を運営するORIGINAL Inc.の3者によるパートナーシップ協定を締結した。 同パートナーシップ協定のもと、3者の強みをいかし、豊島区の魅力的なコンテンツの掘り起こしと育成、国内外への情報発信、観光案内所機能の充実や多言語対応などインバウンド推進に寄与する取り組みを実施していく。  タイムアウト東京では、2015年より豊島区とともに、英字と繁体字のガイドマップの制作を行ってきた。2019年には簡体字、韓国語版も発行予定。写真は、2017年に発行したガイドマップ『池袋でしかできない55のこと』 観光庁のモデル事業『夜間の観光資源に関する取り組み』が大塚で実施される 豊島区長の高野之夫は、今回のパートナーシップの締結について「2019年2月に幕をあける『東アジア文化都市 2019 豊島』、そして2020年の『東京オリンピック・パラリンピック』と豊島区は、最大のチャンスをいただいた。国際文化都市としてアピールするときがついに来たと思っているので、最強のチームで、精力的に情報を国外に発信していきたい」と力を込めた。 関連記事『池袋でしかできない55のこと』

ファスナーが隅田川を走る。瀬戸内でも話題、鈴木康広の作品が都内に
ニュース

ファスナーが隅田川を走る。瀬戸内でも話題、鈴木康広の作品が都内に

テキスト:清水康介 かばんや衣類などに使われる「ファスナー」が、隅田川を走っているといえば、いささか荒唐無稽に聞こえるだろうか。航行する船が水面に残していく航跡を、ファスナーの金具がスライドして布を開いていく様子に見立てて、作品を制作したのが、アーティストの鈴木康広。『ファスナーの船』の名前通り、ファスナーをかたどった本物の船が、浅草駅の近く、吾妻橋から桜橋までを往復している。 2017(平成29)年度文化庁文化交流使に就任するなど、目覚ましい活躍を見せている鈴木は、身の回りのありふれた物事を持ち前の新鮮な視点で捉え直し、爽やかな驚きを与える作品が人気の作家だ。夜の公園にたたずむ球体の回転ジャングルジムに、子どもたちが遊んでいる昼間の映像を投影した『遊具の透視法』や、表裏にそれぞれ開いた眼と閉じた眼がプリントされた葉形の紙を落下させ、空中でくるくると回転して「瞬き」をしているように見せる『まばたきの葉』など、日常に埋もれる認知の不意を突かれたような、思わず「クスッ」と笑ってしまうような、親しげな作風が特徴といえるだろう。  「認識」「反転」「関係」「遊戯」などを想起させる『りんごのけん玉』は、鈴木を象徴する作品の一つ 鈴木が初めて飛行機に乗ったとき、眼下を進む船がファスナーに見えたという、本人いわく「衝撃」をきっかけにして生まれた本作もまた、鈴木独自の視点が生み出した愛らしい作品だ。ファスナーを「魔法のよう」と表現する鈴木は、大航海時代などを引き合いに出しながら、船もまた世界を「開いたり繋いだり」するものだという点に注目した。はじめラジコン模型を改造して作られた『ファスナーの船』は、2010年『瀬戸内国際芸術祭』のなかで、瀬戸内海に出航。今回の巡航では、初めて都市部の河川に挑戦する。実際の船舶にFRP(繊維強化プラスチック)で加工を施した船は、全長9メートルほどと、瀬戸内のときよりはやや小ぶりだが、隅田川を「開いて」いくさまをぜひ目撃してほしい。 終点の桜橋には車道もないので見やすい。撮影時は工事のため一部が封鎖されていた 『ファスナーの船』は、KADOKAWAと墨田区が主催する『Edo⇄2018 すみだ川再発見!ふねと水辺のアートプロジェクト』の第3弾として、12月14日(金)~28日(金)の12時00分〜14時00分に、吾妻橋から桜橋までの川岸付近を往復運航(片道10分ほど)。橋の上は風が強いので、防寒対策を忘れずに楽しんでほしい。 『ふねと水辺のアートプロジェクト』の詳細はこちら

もっとみる