タイムアウト東京ニュース

TOKYOITE - ニュース&カルチャーのデイリーガイド

リリース情報

タイムアウト東京マガジン26号配布開始
Things to do

タイムアウト東京マガジン26号配布開始

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(26号)の配布が、3月31日に始まった。春を迎えた東京は、ピンクの桜や紫の藤、黄色のチューリップ、青いネモフィラなど、5月まで色とりどりの花々が咲き誇る。本来ならばよく晴れた過ごしやすい気候に誘われて、多くの人々は長い時間を外で過ごすようになるところ。しかし今の状況では、外出を避けたほうが賢明だ。 先週行われた東京都知事による会見では、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大対策として、週末の不要不休の外出自粛要請が発表された。そのため私たちタイムアウト編集部は、読者に向けて外出を促すことはしない。この事態が終息し安全に出かけられるようになったとき、東京の持つあらゆる魅力を紹介するガイドとしてこのマガジンが役に立てば幸いだ。どうか全ての人が、健康で前向きに日々を過ごしてほしい。東京より愛を込めて。

『横浜でしかできない50のこと』英語版 第6版をリリース
Things to do

『横浜でしかできない50のこと』英語版 第6版をリリース

タイムアウト東京は、横浜市と提携したガイドマップ(英語版)第6版を2020年3月19日(木)にリニューアル発行した。同市は日本有数のクルーズターミナルを有し、港ならではの美しい景観を楽しめることで訪日観光客にも人気だ。観光スポットや宿泊施設も続々と新規開業しており、今後ますます目が離せない。そのような中で、今回は「夜」にスポットを当てた。全国でも指折りの夜景スポットである桜木町、馬車道、関内エリアを中心に、話題のニューオープンから横浜の下町情緒あふれる居酒屋、夜パフェ専門店、知る人ぞ知る老舗バーなど横浜の知られざる魅力を網羅した内容となっている。 「呑(の)んべいの街」こと野毛エリアにある4階建ての焼き肉居酒屋 野毛ホルモンビル出逢い酒場 大夢。大型スクリーンのある屋上フロアで高品質の和牛とビールを堪能できる 東京2020の会場として横浜市でも、横浜スタジアムで野球とソフトボール、横浜国際総合競技場でサッカーがそれぞれ開催予定だ。上記のほかにもスポーツ観戦の前後に寄りたいパブや居酒屋も多く紹介している。 トマトとフレッシュチーズがふんだんに使われた斬新なパフェを出すミルピグパフェ部。チーズと生ハムにこだわったバーが提供するシメパフェは、既存の概念を壊し更新させるだろう 絶品のフルーツカクテルを味わいたいならここに行こう。ザ・バー・カサブランカ(The Bar CASABLANCA)は、多くの大会で受賞経験もあるバーテンダー山本悌地による老舗カクテルバーだ。知る人ぞ知る名店で、日夜グルメな酒好きをうならせている。ただし、5人以上の来店は断られるので注意が必要 「食」をテーマにした複合施設 横浜ハンマーヘッド。25件の飲食店のほか新港ふ頭客船ターミナルとラグジュアリーホテル インターコンチネンタル横浜Pier 8が入居している大型施設だ。抜群の眺望を持つ横浜の新たなシンボルである そのほかにも、バーホッピングの名所である都橋商店街や、地元の若者が集うミュージックホール、ミステリアスな秘密クラブなどひとひねりきいたローカルなヴェニューが詰まっている。また、ベジタリアンやムスリムフレンドリーメニューが完備されたレストラン、祈祷(きとう)室のある施設なども紹介し、さまざまな信条、宗教の人でも楽しめるはずだ。このガイドマップを手に新たな横浜を発見してほしい。 マップは、横浜の主要駅の観光案内所、都内の観光案内所や羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどでも無料配布されている。

豊島区の「夜」に特化したガイドマップ(英語版)をリリース
Things to do

豊島区の「夜」に特化したガイドマップ(英語版)をリリース

タイムアウト東京は、豊島区のナイトライフ活性化事業の一環として区と提携したガイドマップ(英語版)を2020年2月28日(金)に発行した。豊島区は、東京23区内でも非常に多くの外国人が宿泊しているエリアだが、そのほとんどが豊島区外に遊びに出かけてしまっているのが現状。そのような中で、今回発行したガイドマップのテーマは「夜」だ。大塚、巣鴨、奥池袋の3つのエリアにフォーカスを当て、隠れた名店や意外なアートスポット、夜遅くまで体を動かせる施設など、各エリアそれぞれに10のヴェニューを紹介。豊島区の隠れた夜の魅力を引き出した内容になっている。 サケノマは、日本酒好き必見の一軒。日本酒が大好きで、もはや日本酒しか飲めないという知識豊富な店主が、常時30種類の日本酒と、酒好きを唸(うな)らせる肴(さかな)とともに迎え入れてくれる。人気メニューは、日本酒にぴったりな『スパイスカレー』と『酒呑みのポテサラ』。用意がない日もあるので、見つけたら迷わず注文してほしい 大塚といえば、この昭和レトロな雰囲気が漂う大塚バッティングセンターを思い浮かべる人も少なくないだろう。もやもやした何かを晴らしたいとき、ついアルコールに頼ってしまうことも多いが(実際、大塚にはそんな気分のときにぴったりないい居酒屋も多くある)、このエリアには、豪速球で飛んでくる球をバットで思いっ切り打ってストレスを発散するという健康的な方法があることも忘れないでほしい 元エンジニアの店主が定年後に開いたビブリオ. クラシック 珈琲と紅茶は、美しい音と驚き、そしてロマンにあふれている。1万2000枚のレコードコレクションは、全て店主が集めたもの。そして、このレコードは、店主自らが作ったという蓄音機のラッパと同じような形状のホーン型スピーカーで聴くことができる。好きなクラシックの曲をかけてもらえるので、コーヒーや紅茶、ケーキなどと一緒に最高の音楽体験をしよう その他、マップ内では「豊島区の夜が安全な理由」についても紹介。意外と知られていないかもしれないが、豊島区では商店街や町会の人々・警察・区職員らが街を歩き、客引きや違法看板、ポイ捨てについて指導をする「セーフシティ作戦」というものを実施している。区内には1100台以上の防犯カメラも設置され、夜の安全を守ることにも力を入れているのだ。 また、愛嬌たっぷりに描かれた街の人々や豊島区のキャラクターが印象的な各マップのカバーは、全てイラストレーターのYoshimitsu Nippashiが手がけた。月が三日月から満月、そしてまた三日月になるという、3エリアのマップを並べてこそ楽しめる仕掛けも忍ばせているので、ぜひ実際に手に取って確認してみてほしい。 マップは、豊島区内の公共施設のほか、都内の観光案内所や羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで配布中。毎週水曜日には、2019年11月に誕生したグローバルリングシアターでクラシックコンサート『Tokyo Music Evening “Yūbe” 』(新型コロナウィルスの流行により3月末までの公演は中止)も行われているので、コンサートを鑑賞した後は、本マップを片手に豊島区内の夜を回遊してみるのもいいだろう。

東京駅周辺にフォーカスを当てたガイドマップ(英語版)をリリース
Things to do

東京駅周辺にフォーカスを当てたガイドマップ(英語版)をリリース

タイムアウト東京は、三菱地所株式会社、東京ステーションシティ運営協議会、三井不動産株式会社と提携したガイドマップ(英語版)を2020年2月28日(金)に発行した。MICEで来日した外国人をメインターゲットにした本マップでは、東京駅周辺のランチスポットや抹茶をテイクアウトできる店、ユニークな癒しのある雑貨店、サクッと仕事ができる無料で座れる場所、無料Wi-Fiスポットなど、同エリアで仕事をする際に便利な情報も多く紹介している。 一保堂茶舗 東京丸の内店は、抹茶や玉露、煎茶などを扱う日本茶の専門店。お茶はテイクアウトもできるので、抹茶片手に仕事をしたり、街を散策することもできる。また、会議やイベントの際には、2リットルポットに急須で入れた茶を詰める『ポットサービス』(2,700円)もおすすめ 中国の甘粛省蘭州で100年以上の歴史を持つ蘭州ラーメンの味を日本で唯一引き継ぐ馬子禄 牛肉面の日本2号店。ハラール認定を受けた牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと煮込んだスープや、職人が手打ちする麺が唯一無二の一杯だ 看板猫の「のぶにゃが」が働くのは、雑貨店の庫。デザインや広告制作をしているAABインク社が営む店で、ステーショナリーやベトナム雑貨などハイセンスなアイテムが並ぶ。また「のぶにゃが」のマイペースな接客は、ビジネス街の中で、忙しいビジネスパーソンたちの癒しスポットにもなっている マップ内では、話題の商業施設やレストラン、美術館といった、ビジネスシーン以外に立ち寄ってほしいヴェニューも紹介。そのほか、同エリアの楽しみ方を1日のルート形式で紹介する『東京駅周辺のご近所ガイド』もマップ面に掲載しているので、ビジネスで訪れた人はもちろん、同エリアの散策を考えている人は、ぜひ手に取ってみてほしい。 マップは、東京駅を中心に、Tourist Information Center, JNTOや都内の観光案内所、羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで無料配布されている。

「湯」好き必見、銭湯に特化したガイドマップをリリース
Things to do

「湯」好き必見、銭湯に特化したガイドマップをリリース

タイムアウト東京は、荒川浴場組合と提携したガイドマップ(英語版)を2020年2月17日に発行した。廃業してしまう銭湯も多い中、22の銭湯がこの狭いエリアに残っている荒川区は、銭湯好きにはたまらない場所。本マップでは、荒川区内にある全22の銭湯(現在営業している銭湯に限る)と、その前後で行きたい周辺のおすすめスポットを紹介している。 木造建築としての価値も高い、100年以上の歴史を誇る帝国湯。湯は43度以上と熱く、こっそり侵入して湯に浸かった鳥も、その熱さに驚き、慌てて外に飛んでいったなんて目撃情報もあるほどだ。また、庭にあるヒイラギも要チェック。通常、ヒイラギの葉はギザギザとしているが、100年もののヒイラギの葉は角が取れて丸くなっている 70年近い歴史を誇るやまと湯は、懐かしさあふれる銭湯だ。特に注目してほしいのは天井。ほかではあまり見ないレトロ柄のクロスが貼られており、思わず写真を撮りたくなってしまうほどのかわいさだ(カメラの使用は禁止なので、撮影は絶対にしないように) 雲翠泉は、見事な折上げ格天井が残る銭湯。浴場は、丸い形の浴槽が真ん中に置かれ、洗面台はその湯を囲むように設置されている。この構造のせいか、常連客によると冬は人が少ない場所で体を洗うと寒いそうで、人の近く、もしくは人が使った後の洗面台を使うとよいと教えてくれた。今は亡き、早川利光が手がけた銭湯絵も必見だ 1951年創業、2016年にリニューアルオープンし、スーパー銭湯顔負けの設備と浴槽を完備した梅の湯。オリジナルのタオルやTシャツは、従来の銭湯にはないポップさとかわいらしさを併せ持ったロゴデザインとなっている。入浴後は、厳選されたクラフトビールで喉を潤すのも良いが、梅の湯の1階にある居酒屋、梅京に入って地元の人とホッピーで乾杯するのもおすすめ 単においしいお好み焼きを食べるだけでは物足りない人は、お好み焼110を訪ねてほしい。店主自身が描いたという恐竜の絵が店中にあるほか、『エドモンドサウルス』や『プテラノドン』と名付けられたメニューも用意された、なんとも奇妙な一軒だ。最後は、手作り感たっぷりの恐竜ショーを見せてもらうのを忘れずに その他マップ内では、梅の湯 三代目主人の栗田尚史と、株式会社東京銭湯 最高経営責任者の日野祥太郎からのコメントも掲載している。マップは、都内の観光案内所や羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで無料配布されているので、コメントの内容は、ぜひ実際に手にとって確かめてみてほしい。

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第11版がリリース
Things to do

「東京でしかできない88のこと」(英語版)第11版がリリース

タイムアウト東京の定番ガイドマップシリーズ『東京でしかできない88のこと』(英語版)の第11版が、2019年12月26日(木)にリリースされた。今回も、都内高級ホテルの有能なコンシェルジュたちが所属する組織『レ・クレドールジャパン』のメンバーとタイムアウト東京編集部が共同で作成。外国人から人気の高い都内のスポットはもちろん、渋谷スクランブルスクエアや渋谷パルコ、スヌーピーミュージアム東京といった2019年下半期オープンの話題の新施設や、知る人ぞ知るエッジーなバーなど、今訪ねてほしい88のヴェニューを紹介している。 2019年11月22日に復活を果たした渋谷パルコ。ショッピングエリアが充実しているのはもちろんのこと、朝の5時まで営業する飲食店があったり、音楽ヴェニューが充実していたり、館内にアートが散りばめられていたりと、まさに唯一無二の商業施設だ  2018年に惜しまれながらも閉館した六本木のスヌーピーミュージアムが、南町田グランベリーパークで復活。緑あふれる環境に移ったことで、以前とはまた違った楽しみ方ができるだろう  ハイ!エルトンは、自家製のミートパイやチキンパルマが人気のバー。エッジーなグッズも販売しているので、食事を楽しんだ後はチェックを忘れずに  ラッパーのRYUZOがマスターを務めるレコードバー、ブラッディアングル。現役のレコードバイヤーがセレクトした旬のレコードを聴きながらアルコールを楽しもう  本マップは、観光案内所や主要ホテル、駅などで無料配布中。新たな東京の魅力を見つけるべく、同マップを片手に街へ繰り出してみてほしい。 ▼主要配布場所羽田空港、成田空港、渋谷駅観光案内所、タイムアウトカフェ&ダイナー、大使館、主要地下鉄駅、ホテル、レストラン、ショップなどを中心に、東京都内300カ所以上で配布※在庫切れの場合あり

唯一無二の観光案内所、シブヤサンとのガイドマップ(英語版)をリリース
Things to do

唯一無二の観光案内所、シブヤサンとのガイドマップ(英語版)をリリース

タイムアウト東京は、東急不動産と提携したガイドマップ(英語版)を2019年11月29日に発行した。同マップは、2019年12月5日(木)、渋谷フクラス1階にオープンする観光案内所のシブヤサンとコラボレーションしたもの。シブヤサンが、観光案内所とアートセンターの2つの機能を持ったユニークなツーリストインフォメーションであることから、同マップでもアートの要素を感じられたり、エッジの効いたヴェニューを20厳選して紹介している。 秘密基地のような内装のレストラン、Sta.。隠れ家感はありつつも外の光が入るように設計されたしゃれた店内、調味料まで手作りだという栄養管理士が考案した優しい料理、個性的なオリジナルカクテルと、その全てが完璧な一軒だ。予約必須の人気店だが、ふらりと来た人にも立ち寄ってもらえるようにと、カウンターの半分は予約不可席とされている  ラッパーのRYUZOがプロデュースした、ファッショニスタも足を運ぶ話題のジェントルマンズクラブのマダムウー。飛行機の機内をイメージした店内には、グラフィックアーティストのYOSHIROTTENによるネオンサインや、イラストレーターの空山基が手がけたオリジナル作品が飾られている。また、ひらひらと舞うように限りなく1ドル札に近い紙で作られた、オリジナルの1ドル札も10枚1,000円で販売  アメリカを中心に買い付けた古着やヴィンテージアイテムを販売する、オズ ヴィンテージ。なかには民族っぽい雰囲気のアイテムもあり、誰ともかぶらない一着が欲しい人必見の一軒だ。オーナーは洗練された感性の持ち主で、独創的かつセンス抜群な組み合わせを提案してくれる。ここに来たら、必ず2着以上は購入して帰ることになるだろう  ただ単に観光情報を提供するだけでないシブヤサンでは、アートイベントやワークショップも定期的に開催。また、夜はバーとしても営業するので、渋谷のナイトタイムをここからスタートするのもおすすめだ。シブヤサンで配布している同マップでも渋谷のおすすめナイトスポットを複数掲載しているので、ぜひいろいろなヴェニューを巡ってみてほしい。

「渋谷でしかできない101のこと」(英語版第12版)がリリース
Things to do

「渋谷でしかできない101のこと」(英語版第12版)がリリース

外国人観光客から不動の人気を誇る『渋谷でしかできない101のこと』(英語版)。デザインを大幅にリニューアルした第12版を、2019年10月31日にリリースした。 これまでは、101のヴェニューをずらりと並べて掲載していたが、今回は紹介の仕方をアップデート。時間のない旅行者もスムーズに渋谷の街を楽しめるよう、8つのランドマークと、その周辺のおすすめヴェニューを紹介するレイアウトに変更した。 しかしながら「進化し続ける渋谷の街を独自の切り口でナビゲートする」という点は本マップでも健在。レストランやカフェ、バー、ショッピング、ナイトライフなど、さまざまなジャンルを網羅し、定番人気のスポットはもちろん、話題のヴェニューも多数紹介している。 2019年8月末にオープンしたトウキョウ ベントウ スタンド。店頭には、洋服のようにハンガーにかけられた弁当の食品サンプルも並んでおり、東京一スタイリッシュな弁当屋といっていいだろう。メニューは、『唐揚げ弁当』(850円)や『海苔弁当』(680円)など。スタンディングでイートインできる「早弁コーナー」もあるので、その場で食べることもできる 今回は、百軒店エリアのヴェニューも充実している。写真は、老舗スナックだった店を2019年6月にオーナーから引き継ぎ、1階はバー ながさき、2階はうどん酒場萬斎として営業している一軒。昭和レトロな店内にはポップなアート作品が飾られており、まさに時代をまたいだ異空間だ ランドマークの一つとして紹介している渋谷スクランブルスクエア。2019年11月1日(金)に開業する話題のスポットだ。地上約230メートル、高層ビルの屋上に作られる日本最大級の屋上空間「渋谷スカイ」からは、スクランブル交差点やスカイツリー、富士山などが一望できる 本マップは、観光案内所や主要ホテル、駅などで無料配布中。同マップ片手に、無数の顔を持つ渋谷の新たな魅力を発見しに行こう。 主要配布場所渋谷駅観光案内所羽田空港成田空港タイムアウトカフェ&ダイナー

「東京駅でしかできない30のこと」(英語版)をリリース
Things to do

「東京駅でしかできない30のこと」(英語版)をリリース

タイムアウト東京は、株式会社鉄道会館と提携したガイドマップ『東京駅でしかできない30のこと』を2019年10月18日(金)に発行した。ここでしか買えない商品を取り扱う、土産探しにもぴったりなショップはもちろんのこと、いつも多くの人でにぎわっている駅弁屋 祭や、キッチンストリート内にある列の絶えない人気とんかつ店、ぜひ見つけ出してほしい唯一無二の愛らしい柱など、東京駅の魅力を幅広く紹介している。 日本各地に店を構える老舗和菓子店、とらや。東京駅にある店舗では、ようかんが駅舎モチーフのモダンな箱に入った限定商品をゲットすることができる。箱のサイズは全部で3種類。12本入りと18本入りには小倉、黒砂糖、抹茶、蜂蜜、紅茶の5種類が入っている。5本入りは小倉しか入っていないが、持ち運びに便利なコンパクトサイズだ  クラフト用紙やスケジュールなど、リフィルを自由に入れ替えられる『トラベラーズノート』が人気のショップ。線路や貨物コンテナなどをあしらった店構えが面白いトラベラーズファクトリー ステーションでは、スタンプコーナーをお見逃しなく。駅舎や全都道府県をモチーフにした限定スタンプがあり、自分のトラベラーズノートに自由に押すことができるのだ。もちろん、ここでしか手に入らないアイテムも充実  キッチンストリート内にあるとんかつ 寿々木。毎朝、約300枚の豚肉をとんかつ用に下ごしらえし、オープン前から店の前に並び始めるファンたちに、揚げたてサクサクのとんかつを届けている。おすすめは『上ロース定食』。油で熱した包丁ですっとカットされた断面は美しく、甘みを感じられる良質な肉と脂にはもう静かにうなずくしかない。キャベツとご飯がおかわり自由なのもうれしい 「ふくらむちゃん」は、グランスタのマスコットガール。餅とパンが大好きな妖精で、へこんだ人をふくらませるために生まれ故郷の「ふくらむ国」からやってきたのだという。彼女自身もさまざまな形に変化し、2年前から巨大な「ふくらむちゃん柱」として、東京駅を行き交う人々をふくらませ続けてきた。「ふくらむちゃん柱」に出合えたら、思いっ切り抱きついてみよう また、今回のカバーにはある仕掛けが施されている。手に取った段階だと丸の内駅舎の正面しか描かれていないように見えるが、三つ折りのマップを広げると、北ドームから南ドームまでが現れる仕組みになっているのだ。マップは、東京駅を中心に、都内の観光案内所や羽田空港、成田空港、タイムアウトカフェ&ダイナーなどで無料配布される。このユニークな表紙は、ぜひ実際にゲットして確かめてみてほしい。

「TAIWAN PLUS 2019」オフィシャルガイド(日本語版)をリリース
Things to do

「TAIWAN PLUS 2019」オフィシャルガイド(日本語版)をリリース

タイムアウト東京は中華文化総会と提携し、2019年9月28日(土)と29日(日)に上野恩賜公園で開催されるイベント『TAIWAN PLUS 2019』のオフィシャルガイドを2019年9月25日に発行した。 『TAIWAN PLUS』とは、古い町並みと、そこに生まれた新しい風景やカルチャーを東京で感じることができる、台湾好きにはもってこいのイベントだ。期間中は、台湾各地で活躍するクリエーターやクラフト作家の作品が出品される『Taiwan Culture Market』が登場するほか、本場のグルメが味わえるキッチンカーも出店。さらには、台湾アーティストによるライブも行われる。 昨年の様子  昨年の様子  昨年の様子  オフィシャルガイド内では、イベントに出店する注目のブランドや作家をはじめ、台湾で今話題のショップなどを厳選して紹介。台湾に実店舗を持つものがほとんどなので、台湾旅行の際など、イベント後も活躍する一冊に仕上げた。また、『TAIWAN PLUS 2019でしかできない5のこと』と題した記事も掲載しているので、この2日間だからこそ体験できる楽しみも忘れずにチェックしてほしい。 オフィシャルガイドは、イベント期間中、会場内のタイムアウト東京ブースにて無料配布。各日数に限りがあるので、会場に着いたらまず同ガイドを手に入れることをおすすめする。

もっとみる