東京オリンピック・パラリンピックガイド

最新のニュースや、東京や世界でオリンピックを楽しむためのヒントを紹介

Tokyo Olympics opening ceremony – end of team parade
1/3
Photo: Richard Heathcote/Getty Images
Tokyo Olympics opening ceremony – Naomi Osaka
2/3
Photo: Dylan Martinez - Pool/Getty ImagesNaomi Osaka of Team Japan lights the Olympic cauldron during the Tokyo Olympics Opening Ceremony
Tokyo Olympic Mascots
3/3
©Tokyo 2020

日本は壁を破ることを恐れない。アジアで初めて夏季オリンピックとパラリンピックを開催した日本は、1964年の東京大会で、戦争で疲弊した国から先進的な国へと生まれ変わった。1972年に札幌、1998年に長野で冬季オリンピックを開催した後、聖火は再び日本に戻り、夏季オリンピックを2度開催したアジアで唯一の国となった。

残念ながら、新型コロナウイルスの影響で「延期」や、首都圏で開催される競技が「無観客」になるなど前例のない理由で歴史的なものとなってしまった。2020年から延期された大会は、2021年7月23日から2021年8月8日(日・祝)まで開催される(パラリンピックは8月24日(火)から9月5日(日)まで)。

とはいえ、東京にいる人も、世界で観戦している人も、エキサイティングな時間であることに変わりはない。ここでは、私たちの愛する都市で開催されている世界最大のスポーツイベント、東京オリンピックの最新情報を伝えていく。

新着記事

東京2020、コンテンツ総体としての「文化的」刺激力はあったのか
Things to do

東京2020、コンテンツ総体としての「文化的」刺激力はあったのか

ドイツテレビプロデューサー、マライ・メントラインのオリパラ文化プログラム評

パラリンピックを終えて、開会式出演の徳永啓太にインタビュー
ニュース

パラリンピックを終えて、開会式出演の徳永啓太にインタビュー

DJを担当した車いすファッションジャーナリストが語る社会への思い

車いす目線で考える 第34回 東京2020パラリンピックを振り返って
Things to do

車いす目線で考える 第34回 東京2020パラリンピックを振り返って

緊急事態宣言下、2021年8月24日開幕の東京2020パラリンピックが、12日間にわたる全競技を終えて閉幕した。

東京オリンピックに対する世界の声、読者アンケート結果を紹介
ニュース

東京オリンピックに対する世界の声、読者アンケート結果を紹介

オリンピック開催までにはさまざまな障害があった。

Advertising
東京パラリンピック、6つの心温まる瞬間
ニュース

東京パラリンピック、6つの心温まる瞬間

『東京オリンピック・パラリンピック』は、ある種の「落胆」から始まった。新型コロナウイルスが流行する中、スポーツイベントを推進することは、本来ならば興奮と祝福に満ちた機会を無駄にしてしまうのではないかと感じられたからだ。しかし、大会が盛り上がるにつれ、恐怖と不安の時代に力強い光を放つことが証明されたと言えるだろう。 ここでは、東京パラリンピックの6つの印象深いハイライトを紹介する。 #WeThe15キャンペーン 東京パラリンピックに向けてスタートした「#WeThe15」は、世界人口の15%いるといわれる障がい者への差別をなくすことを目的とした運動だ。スポーツ史上最大の人権キャンペーンと称されるこの運動は、障がい者の声を発信し、社会で活躍することを困難にしている障壁を取り除くことを目的としている。 #WeThe15が制作したプロモーションビデオでは、パラリンピックを盛り上げるだけでなく、障がいがあれば自動的に特別になれるという誤解が広まっていることを指摘。また、パラリンピック選手がヒーローになれるのは障がいの有無ではなく、規律と粘り強さであるという事実を強調するためにも、必要なメッセージだった。 Photo: Naomi BakerMiyuki Yamada of Team Japan celebrates winning silver in the Women's 100m Backstroke Final - S2 最年長と最年少のパラリンピック王者 本大会では、日本史上最年少と最年長のチャンピオンが誕生した。14歳の山田美幸は、女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)で銀メダルを獲得し、パラリンピック最年少メダリストとなった。そして、パラ自転車競技に出場した杉浦佳子は、2つの金メダルを獲得し、50歳でパラリンピック最高齢記録を更新。 彼女はNHKのインタビューに「最年少記録は二度と作れないけど、最年長記録ってまた作れますね」と答え、感動とやる気を人々に与えた。成功には年齢は関係ないということを思い出させてくれる言葉だ。 Photo: Alex Pantling/Getty Images アフガニスタン選手の参加 開会式では、アフガニスタンの首都がタリバンに占拠されたことで参加できなかった選手の代わりに、ボランティアがアフガニスタンの国旗を持っていた。 パラリンピック当局は、選手のザキア・クダダディ(Zakia Khudadadi)とホセイン・ラスーリ(Hossain Rasouli)がカブールから避難できたが、大会には出場しないことを発表する。しかし、両選手は東京に無事到着し、クダダディはテコンドー女子の試合に出場。陸上競技選手のラスーリは、自分の種目の予選と決勝を逃したが、男子走り幅跳び決勝のT47クラスに出場した。 閉会式では、選手たちがアフガンの国旗を持って登場し、この物語を締めくくった。 They're from different teams and competing in different races, but there's always support and respect between our Paralympians ❤️@UCI_paracycling #ParaCycling #Tokyo2020 #Paralympics pic.twitter.com/poWSq9Uv9V — Paralympic Games (@Paralympics) September 2, 2021 2つのチーム、1つのゴール オーストラリアのパラサイクリスト、スチュアート・ジョーンズ(Stuart Jones)は、ロードレース男子決勝で最後の1周を終えたとき、後ろから南アフリカのトニ・モールド(Toni Mould)が迫ってくるのに気付く。モールドは女子ロードレース決勝で1周遅れており、土砂降りの雨の中、レースを続けるために戦っていた。 ジョーンズは、まったく別のチームで違う競技に出場していたにもかかわらず、スピードを調整してモルトの横に並び、彼女を応援。この行動は、金メダル獲得と同じくらい素晴らしいものだった。 パラリンピックでのプロポーズ 視覚障がい者のマラソン競技には、複雑な要素がある。選手にはガイドとなる伴走者が付き、伴走者は選手のペースに合わせてコースを誘導。選手と息が合うようになるまで何年もかかるといわれており、競技者のペアが親密な関係になるのは自然なことだ。 西アフリカの島国、カボベルデから出場したケウラニドレイア・ペレイラセメド(Keula Nidreia Pereira Semedo)と彼女の伴走者、マヌエルアントニオ・ヴァスダヴェイガ(Manuel Antonio Vaz da Veiga)は、陸上女子200メートル(視覚障害T11)の予選でゴールした直後、ヴェイガが片膝をついてプロポーズをし、パラリンピックの人気デュオになった。彼女はもちろん「イエス」と答えている。 Ibrahim Hamadtou appreciation tweet 🤩Having no arms hasn’t stopped the #EGY #ParaTableTennis star from hitting shots like these 💥#Paralympics #Tokyo2020 @EGParalympics @ITTFWorld pic.twitter.com/x3BytjTE5F — Paralympic Games (@Paralympics) August 28, 2021 イブラヒム・ハマドゥーのユニークな卓球スタイル エジプトのイブラヒム・ハマドゥー(Ibrahim Hamadtou)は、幼少期に卓球とサッカーの2つのスポーツをしていた。10歳の時に列車事故で両腕を失ったハマドゥー。彼は友人と卓球の腕前を巡ってけんかをしたことをきっかけに、卓球を極めようと思うようになった。 数十年後、2児の父となった48歳のハマドゥーは、東京パラリンピックの卓球競技で準々決勝に進出。惜しくも準決勝には進めなかったが、パドルを口にくわえて試合をする見事なテクニックは誰にも負けていなかった。 パラリンピックの情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェックしよう。 関連記事 『東京パラリンピック閉会式5つの名シーン』 『東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト』 『パラスポーツにおける公平性とは? 独自のルールを解説』 『アフガン選手2人が来日、パラリンピック出場へ』 『パラ自転車競技で杉浦佳子が金メダルを獲得、日本選手で史上最年長』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京パラリンピック閉会式5つの名シーン
ニュース

東京パラリンピック閉会式5つの名シーン

東京パラリンピックは、13日間で22種、539競技が行われ、このほど正式に閉幕した。この数週間は、意義深い開会式や、日本人の最年少、最年長メダリストの誕生、日本勢の記録的なメダル獲得など、祝うべきことがたくさんあった。また、東京パラリンピックに参加したアスリートの数も過去最多となり、なんと4405人のパラリンピアンが大会に参加した。 閉会式は、開会式と同様に、天皇陛下の成仁、菅義偉、小池百合子、国際パラリンピック委員会(IOC)会長のアンドリュー・パーソンズ(Andrew Parsons)ら一部の関係者を除いて無観客で実施。選手たちは、開始前からフィールドの椅子に着席し、ショーの開始を待っていた。 The beginning of the end of #Tokyo2020 🎇What a #Paralympics it's been 💗#ClosingCeremony pic.twitter.com/k8fgltlJbb — Paralympic Games (@Paralympics) September 5, 2021 閉会式のテーマは「Harmonious Cacophony(調和の取れた不協和音)」(大会組織委員会は「違いが輝く世界」と表現)で、違いを認め合う社会の意義を浮き彫りにした。ここでは、世界中の観客に感動を与えた閉会式の印象的なシーンを紹介しよう。 Photo: Alex Pantling/Getty Images 入場行進にアフガニスタンの選手も参加  閉会式は、フルバンドや視覚障がい者のブレイクダンサーなど、さまざまな障がいのある人による色鮮やかなパフォーマンスで幕を開けた。その後、日本の最年少メダリストになった競泳の山田美幸らが運んだ日の丸が掲揚された後、各国または地域の旗手のみが次々と入場した。 パレードで忘れ難いのは、アフガニスタンの選手団だ。閉会式では、タリバンがアフガニスタンを占領していたにもかかわらず、無事東京にたどり着き、大会に参加した2人のアスリートが同国を代表して登場したのだ。この大会が選手たちにとってどれほど大きな意味を持つかを示す、力強い瞬間であった。 Rome wasn't built in a day. Our version of Tokyo city is incomplete, and we need the help of the flag bearers to complete it 🏙️#UnitedByEmotion | #Tokyo2020 | #ClosingCeremony pic.twitter.com/rjCMfeDShZ — #Tokyo2020 (@Tokyo2020) September 5, 2021 場内には東京の街が表現され、「選手の輝き」を象徴する鏡が、旗手たちによって横たわった東京スカイツリーに貼り付けられた。このスカイツリーは、カラフルな東京のビル群に混じってつり上げられ、多様性が輝く街が完成した。 View this post on Instagram A post shared by Tokyo 2020 (@tokyo2020) Photo: Alex Pantling/Getty Images I'mPOSSIBLE アワードの受賞者を紹介 続いて、インクルーシブな世界の実現に多大な功績を収めた学校とパラリンピアンに贈呈される「I'mPOSSIBLE」賞の発表が行われた。I'mPOSSIBLEは、日本財団パラリンピックサポートセンターの支援を受けて、世界中の若者にパラリンピックの価値観やムーブメントを伝えるために2017年に始動。これまでに37カ国で導入され、レッスンプランやワークシートなどの教材を提供している。 授賞式では、木更津市立清見台小学校、千葉県立東金特別支援学校、マラウイ共和国のLilongwe LEAなど3校が受賞。2人のパラリンピアン、ザンビアのラッサム・カトンゴ(Lassam Katongo)と、ポーランドのカタジナ・ロゴヴィエツ(Katarzyna Rogowiec)もその支援を表彰された。 【ピックアップ】 #閉会式ユニークな楽器でハーモニーを奏でます美しいプロジェクションマッピングにも注目!NHK総合テレビで放送中! PC💻スマホ📱でも中継をご覧いただけます👇https://t.co/GrC2IjBdro#パラリンピック#Tokyo2020 pic.twitter.com/QNFOctetBM — NHKスポーツ (@nhk_sports) September 5, 2021 パリ大会への引き継ぎ 参加したボランティアへの感謝の言葉が述べられた後、ダンサーやミュージシャンによるサイケデリックなサーカスのパフォーマンス、そしてもちろん、さらにカラフルな花火が国立競技場の周囲に打ち上げられる。 #Tokyo2020 #Paralympics #東京パラリンピック2020 #日本 #オリンピックスタジアム #閉会式 #StrongerTogether #UnitedByEmotion #フランス #Paris2024 #パリパラリンピック2024 #感動をありがとう #WeThe15 #Olympics #東京オリンピック2020 #パリオリンピック2024 pic.twitter.com/0vyZZ3bclU — YOSHIHIRO (@tkhs1975) September 5, 2021 続いて、IOC会長アンドリュー・パーソンズ、小池百合子、パリ市長アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)が壇上に上がり、パリ大会への引き継ぎセレモニーが行われた。 View this post on Instagram A post shared by Paris2024 (@paris2024) フランス国歌はベティ・ムトゥマラヤ(Betty Moutoumalaya)が、パリの雰囲気を味わえるようにルーヴル美術館で、フランス国歌に合わせ、踊るようなダイナミックな手話を披露。 So mesmerising! 🌟#Tokyo2020 #Paralympics #ClosingCeremony pic.twitter.com/GuuywTT1EO — Paralympic Games (@Paralympics) September 5, 2021 そして、振付師でダンサーのサデック・ベラベ(Sadeck Berrabeh)が、126人の着席者と腕と手だけを使った魅惑的なダンスを披露。また、筋萎縮性側索硬化症と診断されたフランス人レコードプロデューサーのポーン(Pone)による、目だけを使って音楽を奏でるパフォーマンスも印象的だった。 引き渡し式の後、パーソンズと東京2020組織委員会の橋本聖子が閉会の辞を述べ、障がい者に活躍の場を与えることの重要性を強調した。 This is just the beginning 💜#WeThe15 #Paralympics pic.twitter.com/GnQ3a80Xr9 — Paralympic Games (@Paralympics) September 5, 2021 #WeThe15が再び登場 開会式で初めて披露された「#WeThe15」は、障がい者への差別をなくすことを目的とするキャンペーン。この運動は、国際パラリンピック委員会やユネスコ、インビクタスゲームズなど、多くの組織が支援している。 公式ハッシュタグの#WeThe15は、式典の最初と最後に共有され、国連関係者やハリー王子までもがゲストとして登場し、感動的な映像が流れた。 Photo: Carmen Mandato/Getty Images パラリンピックの炎を歌で消す フィナーレで演奏されたのは、ルイ・アームストロングのジャズの名曲「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」だ。ロックバンド、ROGUEのボーカル奥野敦士(おくの・あつし)が歌い、手話パフォーマーのRimiが映像で参加した。 【ピックアップ】 #閉会式フィナーレの曲は「WHAT A WONDERFUL WORLD」平和で 素晴らしい世界が訪れることを願いますNHK総合テレビで放送中! PC💻スマホ📱でも中継をご覧いただけます👇https://t.co/GrC2IjBdro#パラリンピック#Tokyo2020 pic.twitter.com/mcHpKsRcBE — NHKスポーツ (@nhk_sports) September 5, 2021 What a beautiful sight, we will miss this flame.#Tokyo2020 #Paralympics #ClosingCeremony pic.twitter.com/aukPx7hvTa — Paralympic Games (@Paralympics) September 5, 2021 最後の花火が打ち上げられ、聖火が消灯、東京での大会が終了した。 View this post on Instagram A post shared by Paralympics (@paralympics) 式典の最後には、選手たちの努力をたたえるメッセージが出演者によって紹介された。次回の2024年パラリンピックはパリ。パリは史上初の開催地となることも含め、期待したい。 パラリンピックの情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェックしよう。 関連記事   『東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト』 『パラスポーツにおける公平性とは? 独自のルールを解説』 『アフガン選手2人が来日、パラリンピック出場へ』 『パラ自転車競技で杉浦佳子が金メダルを獲得、日本選手で史上最年長』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

オリンピック・パラリンピックを楽しむ

東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト
ニュース

東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト

東京オリンピックに続き、2021年8月24日に開幕したパラリンピックでは、13日間で22競技539種目が行われる。新型コロナウイルスの流行により1年の延期を余儀なくされ、選手や主催者は大会の開催に向けて徹底的に戦うなど、開催までの道のりは容易なものではなかった。 しかし、東京2020パラリンピック競技大会はついに動き出した。天皇陛下の成仁が名誉ゲストとして出席し、大会を正式に開会。その後、考え抜かれたパフォーマンスが次々と披露され、パラリンピックの重要性とその背景にある意味を再認識させられた。ここでは、心に響いたポイントを紹介する。 The #RefugeeParalympicTeam are here!#Paralympics #Tokyo2020 #OpeningCeremony pic.twitter.com/EVRBmdRRtl — Paralympic Games (@Paralympics) August 24, 2021 選手団の入場で新しい国との連帯感が生まれた オリンピックとパラリンピックの開会式では、各国の代表選手が入場行進が行われる。今回のパラリンピックでは、ブータンとグレナダ、モルディブ、パラグアイ、セントビンセント・グレナディーンの5カ国が初参加した。 アフガニスタンの政治情勢の影響で、同国の出場選手は東京に来ることができなかったが、パレードにはアフガニスタンの国旗が掲げられ、パラリンピックボランティアが選手と国に敬意を表した。一方、2016年からアメリカに住んでいるアフガニスタン出身の水泳選手、アッバス・カリミ(Abbas Karimi)は、旗手として難民パラリンピックチームを率いた。彼は、今大会に出場する唯一のアフガニスタン人選手でもある。 Photo: Christopher Jue/Getty Images for International Paralympic CommitteeThe opening ceremony performance of the Tokyo 2020 Paralympic Games 逆境を乗り越えて羽ばたくことを応援  今年のパラリンピックの開会式のコンセプトは「WE HAVE WINGS(私たちには翼がある)」。翼を手に入れることを意味するこの言葉には、逆風も人生の力に変えていくというメッセージなどが込められている。 このコンセプトに合わせた空港や飛行機のパフォーマンスで、主役を務めたのは13歳の和合由衣(わごう・ゆい)。和合は車いすに乗ったまま、片翼の小さな飛行機の役を演じた。彼女を中心にさまざまな障がいのあるパフォーミングアーティストが出演し、違いの中にある美しさを表現した。 View this post on Instagram A post shared by WeThe15 (@wethe15) #WeThe15の世界デビュー 「#WeThe15」とは一体なんだろう? と思う人もいるかもしれない。これは、8月19日に立ち上げられたばかりのキャンペーンで、世界に12億人いるといわれる障がい者への差別をなくすことを目的としている。国際パラリンピック委員会(IPC)、ユネスコ、インビクタス・ゲームズなど複数の組織が協力した、差別をなくすためのスポーツ界最大の人権運動と言えるだろう。 世界には12億人の障害者がおり、これは世界人口の15%に相当する。この世界的な運動は、より平等な社会を作ることで、彼らの生活を変えることが目的だ。開会式では、公式ハッシュタグである「#WeThe15」がスタジアムの敷地内に映し出され、公式カラーである「紫色」のボランティアコスチュームにもハッシュタグが付けられていた。 Photo: Buda Mendes/Getty Images(L-R) Karin Morisaki, Yui Kamiji and Shunsuke Uchida light the Paralympic flame together during the Tokyo 2020 Paralympic Games opening ceremony 最後の聖火ランナーは1人ではなく3人 開会式のクライマックスには、佐藤オオキ率いるnendoの聖火台が登場した。聖火台への点火を行った最終ランナーは、1人ではなく3人。車いすテニスの上地結衣(かみじ・ゆい)、ボッチャの内田峻介(うちだ・しゅんすけ)、パラパワーリフティングの森崎可林(もりさき・かりん)という現役アスリートたちが務めた。  Photo: Alex Pantling/Getty ImagesFireworks during the opening ceremony of the Tokyo 2020 Paralympics これまでで最も重要なパラリンピック こういった大会は、金メダルを獲得した競技や記録的な勝利の興奮に包まれてしまいがちだ。しかし、国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ(Andrew Parsons)が強調するように、これは単なるスポーツイベントではない。 パラリンピックは、ハンディキャップを持つ人に、平等な権利を主張し、地位を再確立するための声と世界的なプラットフォームを提供する貴重な機会。競技やパフォーマンスだけでなく、将来の世代に真の意味での変化をもたらすものでもある。 何よりも、過去数週間、数カ月、数年の間に直面したあらゆる挫折、遅延、逆境にもかかわらず、より明るく平等な未来が常に目の前にあることを証明するために、この大会があるのだ。 VIDEO: 🇯🇵 Fireworks are released at the Japan National Stadium as the opening ceremony for the postponed #Tokyo2020 Paralympic Games gets under way #Paralympics pic.twitter.com/mfGocUw5sL — AFP News Agency (@AFP) August 24, 2021 パラリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェックしよう。 関連記事 『パラスポーツにおける公平性とは? 独自のルールを解説』 『パラリンピック開幕に合わせ東京タワーで特別ライトアップ』 『東京、パラリンピックの記念撮影できるスポット7選』 『東京2020パラリンピック、原則無観客での開催を決定』 『日本科学未来館で透明字幕パネルを使った展示ツアーが開催中』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

写真で振り返る、東京オリンピック閉会式7つの名シーン
ニュース

写真で振り返る、東京オリンピック閉会式7つの名シーン

東京2020オリンピックの17日間が駆け抜けるように終わった。今年の大会がかつてないものだったことは誰もがうなずくところだろう。意義深い開会式や、日本チームが獲得した数々の記録的なメダルまで、この期間に行われた339の種目は注目すべき事柄ばかりだ。 何より、同大会では「コロナ禍の世界を一つにする」という不可能と思われていたことに挑むことになった。その結果、一流のアスリートたちが競い合い、世界中の人々が画面越しに観戦したオリンピックは、スポーツが持つ団結力を如実に示してくれた。そんな歴史的な大会の最後を飾った閉会式の名場面を7つ、レポートしよう。 #東京オリンピック #閉会式「旗手&選手入場」#Tokyo2020 #gorinjphttps://t.co/bAXQIwbQdD pic.twitter.com/zgCANSyA2p — gorin.jp (@gorinjp) August 8, 2021 開会式同様、閉会式は落ち着いた雰囲気の中で始まった。一般客のスタンド入場は禁止されており、秋篠宮殿下、首相の菅義偉、そして残った選手たち(競技が早く終わり、残念ながら帰国してしまった選手もいた)など、少数のVIPが出席した。 日本国旗の入場、100年以上の歴史を持つ宝塚歌劇団の歌手による国歌『君が代』斉唱と続く。そして、全参加国の国旗が入場の後、選手団のパレードが行われた。すでに多くの選手が帰国していたため、開会式のパレードに比べると規模は小さかった。しかし、メダルを手にした選手たち(そうでない選手たちも)は祝賀ムードに包まれており、その楽しげな雰囲気は世界中に伝わったことだろう。 #東京オリンピック #閉会式「オリンピックシンボル」#Tokyo2020 #gorinjphttps://t.co/bAXQIwbQdD pic.twitter.com/JT9PeirgJI — gorin.jp (@gorinjp) August 8, 2021 選手たちがステージを囲むように配置すると、スタジアムの中央から花火が打ち上がり、鮮やかな光のショーが始まる。このショーは拡張現実(AR)と複合現実(MR)を組み合わせて作られたテレビ視聴者向けの特別なもので、スタジアムにいる人には見えなかった。 まず、国立競技場が世界の国々を象徴する虹色に変わり、その虹は床面で動きながら輝く。そして、何千もの小さな光の粒がスタジアム全体に流れる川のようにうねる。最後に、スタジアム上空からステージ中央に向かって光の滝が注ぎ、一つ一つは小さな光の群れが形を変え、金色に輝く五輪の輪に変わったのだ。 Ufff Tokyo Ska Paradise Orchestra en la clausura de #Tokyo2020 Recuerdo que vinieron a #Oaxaca en el 2019.✌✌✌ pic.twitter.com/ubqad1bWX2 — Shura (@shuramasei) August 8, 2021 幻想的な光のショーの後は、東京スカパラダイスオーケストラとシンガーソングライターのMiletのライブを中心に、音楽とダンスのコーラスが鳴り響いた。アニメ『鬼滅の刃』のオープンニングテーマである『紅蓮華』も演奏され、世界中のファンの声が聞こえてきそうなほどの盛り上がりを見せていた。 パフォーマーたちは、音楽に合わせて、ジャグリング、なわとび、ブレイクダンス、さらにはBMXやスケートボードの技を披露するなど、スタジアムのフロアを縦横無尽に動き回り、観客を楽しませた。大会期間中、アスリートたちは試合以外では選手村から出ることができなかった。そんな選手たちに東京の雰囲気を味わってもらうことが目的だという。 For the first time in history, a men's and women's victory ceremony happens together at a Summer Olympic Games. The medallists of the marathon are presented with their medals! Congratulations to all! #StrongerTogether #Athletics #Tokyo2020 #OlympicGames pic.twitter.com/lfoyl1rv5x — Olympics (@Olympics) August 8, 2021 ギリシャの国歌斉唱に続き、オリンピック閉会式の伝統であるマラソンの表彰式が行われた。女子はケニアのペレス・ジェプチルチル(Peres Jepchirchir)が金メダル、ブリジット・コスゲイ(Brigid Kosgei)が銀メダルを獲得。アメリカのモリー・セイデル(Molly Seidel)が銅メダルを手にした。男子は、ケニアのエリウド・キプチョゲ((Eliud Kipchoge)が金、オランダのアブディ・ナギー(Nageeye Abdi)が銀、ベルギーのバシル・アブディ(Bashir Abdi)が銅メダルをそれぞれ獲得した。 The performers at the Olympic Games #Tokyo2020 #ClosingCeremony have been outstanding! pic.twitter.com/p81INmmM3k — #Tokyo2020 (@Tokyo2020) August 8, 2021 オリンピックボランティアへの感謝の言葉が述べられた後、和太鼓の演奏に続いて、追悼の演目としてアオイ ヤマダによる独創的なダンスが披露された。そして、北海道の美しい風景中で踊るアイヌの伝統的な踊りの映像が映し出され、沖縄のエイサー、秋田県の西馬音内盆踊り、岐阜県の郡上踊りと日本の伝統的な踊りの数々で、自国に残る文化の一端を世界に届けた。 Photo: Steph Chambers/Getty Images 国立競技場に場面が戻ると、『東京音頭』が流れ、会場は盆踊り大会に。踊り子たちが思い思いに踊りを披露した。2020年のパンデミック以降、日本各地ではほとんどの夏祭りが中止になっていたため、この光景は歓迎され、喝采を浴びた。海外のアスリートたちが楽しんでいる様子もカメラに映し出された。 この投稿をInstagramで見る Tokyo 2020(@tokyo2020)がシェアした投稿 続いて、国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハ、東京都知事の小池百合子、パリ市長のアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)の3人が登壇。オリンピック旗の引き渡し式が行われた。フランスの国歌斉唱はパリ市内を巡るビデオで実施し、音楽家はルーヴル美術館などさまざまなパリの名所で演奏。フランス人宇宙飛行士のトマ・ペスケ(Thomas Pesquet)は、なんと宇宙空間に浮かぶ船内からサックスを奏でた。 そして、2024年のパリ大会のイントロダクションを放映。ハリウッド映画のようなBMXアクションや、2024年にオリンピックの新種目として導入されるブレイクダンスなどをライブ実演。また、フランス大統領のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)もエッフェル塔の上に登場し、観客を沸かせた。 Photo: Steph Chambers/Getty Images 再びカメラは国立競技場に戻り、トーマス・バッハと東京2020組織委員会の会長である橋本聖子がスピーチを行った。感動的な言葉の後は、大竹しのぶと杉並児童合唱団による宮沢賢治の『星めぐりの歌』を歌い、第32回オリンピック競技大会を締めくくった。曲が終わると、クロード・ドビュッシー作曲の『月の光(Clair de Lune)』が演奏され、聖火が納火された。 最後に、スタジアム上空が明るくなるほど鮮やかな花火が何発も打ち上げられた。花火とともに、スクリーンには「ARIGATO」というシンプルなメッセージが点灯され、閉会式の幕を降ろした。 Photo: Dan Mullan/Getty Images Photo: Carl Court/Getty Images 見逃してしまった人も安心してほしい。2週間後の2021年8月24日(火)に東京パラリンピックが開幕する。それまでにもう一度、オリンピックを振り返ってみてはいかが。 原文はこちら 関連記事 『大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選』 『東京、五輪モニュメントがある5の場所』 『東京五輪表彰式のもう一つの見どころ、ブーケに込められた復興の願い』 『世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは』 『写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京オリンピック、5つの技術とデザインのイノベーション
ニュース

東京オリンピック、5つの技術とデザインのイノベーション

東京オリンピックが開幕し、選手たちの熱い戦いが続いている。コロナ禍の開催となったオリンピックは長い歴史の中で異例のことではあるが、1年延期と空っぽのスタジアムを除けば、東京オリンピックはもっと陽気な理由で話題になるだろう。 ここでは、『東京オリンピック・パラリンピック』を先進的でサステナブルなイベントにするために開発された技術や工夫を紹介しよう。 選手村の自律走行型電気自動車 View this post on Instagram A post shared by Hellenic Olympic Committee (@hellenic_olympic_committee) 現在、選手村には1万1000人以上のアスリートが集結している。しかし、約44ヘクタールもの広大な施設を移動するのは大変なことだ。そのため、大会のワールドワイドパートナーであるトヨタ自動車の無人運転の電気自動車(EV)を採用した。 『e-Palette』と呼ばれるこの電気自動車は、選手村のニーズに合わせて若干改良。また、パラリンピック選手も簡単に利用できるように、大きなドアと電動スロープを備える。1台のEVには20人まで乗れ、自律走行だがスムーズな運行のためにオペレーターが同乗する。 世界初? ロボットバスケ選手 A basketball robot. For your pleasure. pic.twitter.com/5LZF2vpwNg — Ann Killion (@annkillion) July 25, 2021 2021年7月25日に行われたバスケットボールのアメリカ対フランス戦では、ハーフタイムに95番のジャージを着た身長2.5メートルのロボットが登場。ハーフコートから完璧な3ポイントシュートを決めた。プロバスケットボールチーム アルバルク東京に所属する「Cue2(キュー)」と呼ばれるこのロボットも、トヨタの発明品だ。 等身大のAIロボットにはセンサーが搭載されており、周囲の環境を分析(つまり距離を測定)した後、アームを調整。完璧なシュートを打つために必要な力と角度を判定する。Cue2はその夜、3本のシュートを行い、いずれも100%の精度だった。 何が言いたいのかって? それは、AIとロボット工学における国の最新の発展を示す、目を引く方法だからだ。 選手村の段ボール製ベッド Photo: ©Tokyo 2020 選手たちが選手村に到着すると、段ボール製のベッドに戸惑う人たちが現われた。インターネット上では、ベッドが簡素なのは「アンチセックス」だから、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する大会組織委員会によって、この風変わりなベッドには何か隠された狙いがあるのではないかなどと憶測された。 しかし、これは「フェイクニュース」だ。ほとんどのベッドは見た目よりも頑丈であることを、多くのオリンピック選手がTikTokで証明している。  実際、このベッドは200キロまで耐えられる。段ボールを使用したのは、大会終了後に簡単にリサイクルでき、ゴミとして廃棄されないことからである。 オリンピックのメダルはリサイクル?  ©Tokyo 2020 東京オリンピックの主催者はこの大会をサステナブルなものにしたいと考えており、メダルはその目標を達成するための一つだった。しかし、安心してほしい。古いメダルを再利用しているわけではない。 2017年4月から2年間、日本で使われなくなった電子機器を回収する寄付活動が行われた。7万8985トンの家電製品と621万台の携帯電話から貴金属が抽出され、5000個のオリンピック金メダル、銀メダル、銅メダルに生まれ変わったのだ。 オリンピックの聖火には史上初の水素ガスを使用 Photo: Kisa Toyoshima 開会式でテニス界のスーパースター、大坂なおみが点火した、花のように華やかな聖火台は、重要な理由でオリンピックの歴史に名を残した。この火はオリンピックで初めて、無色で二酸化炭素を排出しない水素を使用。聖火はこれまでプロパンが主流で、マグネシウムや樹脂、オリーブオイルが使われたこともあった。 『東京オリンピック・パラリンピック』大会で使用される環境に優しい水素は、再生可能エネルギーで運営されている福島の工場から供給され、2011年の東日本大震災で壊滅的な被害を受けた福島の復興を支援することにもつながる。 現在、有明の夢の大橋で実際にオリンピックの聖火台と燃える炎が展示されている、気になった人は訪れてみては。 オリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェック 関連記事 『東京オリンピック開会式を笑いで包んだ実写版ピクトグラム』 『東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介』 『写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面』 『Photo of the Day - 東京上空を飛行するブルーインパルス』 『東京2020オリンピック・パラリンピック選手村を一挙公開』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京オリンピックを印象深いものにした7つのこと
ニュース

東京オリンピックを印象深いものにした7つのこと

正直なところ、この困難な状況で東京オリンピックを開催するのは、簡単なことではなかった。選手たちは新型コロナウイルスの影響で、制限のある中トレーニングに励んだ。そして、コロナ禍に大規模な世界的イベントを開催することが適切であったかどうかについては、いまだに多くの議論がなされている。しかし、悲惨な状況が続いた1年半を経て、オリンピックは必要な気晴らしを与えてくれたとも言えるだろう。 今年のオリンピックは、開催に向けて長い期間準備をしてきた人々にとって思い描いていたものとかけ離れていたが、それでも多くの点で驚くべきことがあった。例えば、ヒディリン・ディアス(Hidilyn Diaz)がフィリピン史上初の金メダルを獲得したり、エレイン・トンプソン(Elaine Thompson Herah)が100メートル走で金メダルを獲得し世界最速の女性になったりと、画期的な出来事が起こった。 しかし、今年のオリンピックはメダルをこえた感動が生まれたことは確かだ。前例のない親善、スポーツマンシップ、プレッシャーの中での優しさを通して、学びや勇気、インスピレーションを与えられた瞬間がたくさんあった。これこそが、今後振り返ることができるレガシーだろう。  Photo: Maja Hitij/Getty ImagesMiho Nonaka of Team Japan (L) and Brooke Raboutou Team The United States of America compete during the Sport Climbing Women's Combined Final 新競技がオリンピックに若さを与えた 今年のオリンピックでは、4つの新競技が導入された。サーフィンやスケートボード、スポーツクライミングなどが加わり、大会をよりエキサイティングなものにしただけでなく、オリンピックに若々しさを与えた。 新競技の中では、採点方法が物議を呼んだものもあった。特にスポーツクライミングは「どれだけ速く登れたか」を競う、スピードクライミングを含めたことが批判された。しかし、新しいスポーツが加わったことで、若い世代がスポーツを始めるきっかけになると同時に、伝統的ではない競技で優れた能力を発揮するために必要な能力に対して尊敬の念を高めることになっただろう。 Photo: Ezra Shaw/Getty Images(L-R) silver medalist Kokona Hiraki, gold medalist Sakura Yosozumi, bronze medalist Sky Brown 何歳でも偉業を達成できることを証明した  スケートボードといえば、史上最年少のオリンピック王者が誕生したことでも話題になった。わずか12歳の開心那(ひらき・ここな)と13歳のスカイ・ブラウン(Sky Brown)は、女子パークの決勝で銀と銅メダルを獲得し、世界中の人々を魅了。彼らは、オリンピックの新しい顔となると同時に、スポーツ界のチャンピオンの多様化にも貢献した。 神童たちが歴史に名を残すのを見て、老いを感じた人もいたのでは? しかし、オリンピックは、一定の年齢までにどれだけのことができるかということを競うものではない。馬術のアンドルー・ホイ(Andrew Hoy)は、オーストラリア初のオリンピック8連覇を達成しただけでなく、オーストラリア最高齢の62歳で出場している。 このような選手たちの活躍は、ベストをつくすことに年齢は関係ないことを物語っている。 Photo: Michael Kappeler/Getty Images(L-R) Mutaz Essa Barshim of Qatar and Gianmarco Tamberi from Italy 優雅さと優しさ、金メダルを獲得したムタズエッサ・バルシムとジャンマルコ・タンベリ  男子走り高跳びの決勝で、カタールのムタエッサ・バーシム(Mutaz Essa Barshim)とイタリアのジャンマルコ・タンベリ(Gianmarco Tamberi)が、同記録で金メダルを分け合った。両選手ともノーミスで迎えた2メートル39センチを失敗。苦しい時間の後、順位を決めるかどうか審判から選手へ委ねられたが、2人の選手は競技をやめることを選択。1位のタイトルを分け合うことになった。 この瞬間を迎えるために何カ月もかけてトレーニングを行っていた2人は、相手も同じように金メダルに値する選手であると確信していたのだろう。 View this post on Instagram A post shared by Quinn (@thequinny5) LGBTQ+のアスリートたち 今年のオリンピックでは、これまで以上に多くのLGBTQ+のアスリートが出場し、スポーツ界に変化をもたらす画期的な出来事となった。水泳の男子シンクロナイズドダイビング10メートル高飛び込みで金メダルを獲得したイギリスのトム・デイリー(Tom Daley)は、感動的な勝利のスピーチを行い、若いLGBTQ+の人たちに向け、「あなたは1人ではなく、何だって達成できるということを知ってほしい」と、重要なメッセージを残した。 ニュージーランドの重量挙げ選手で、トランスジェンダーのローレル・ハバード(Laurel Hubbard)は、ウエイトリフティング女子87キロ超級でメダルを獲得することはできなかったが、彼にとって、戦いはすでに勝利していた。ハバードは、オリンピックで初めてオープンリー・トランスジェンダーの選手として参加することを認められるために長い間戦い続け、43歳で引退を発表する前に目標を達成することができた。 LGBTQ+コミュニティーにとって誇らしい瞬間はまだある。女子サッカー決勝でカナダチームが勝利のゴールを決めたときだ。選手ーの一人、DF クイン(Quinn)は、オリンピックで金メダルを獲得した初のトランスジェンダーおよびノンバイナリーのアスリートになった。 View this post on Instagram A post shared by Simone Biles (@simonebiles) シモーネ・バイルスのメンタルヘルスを優先した決断 世界で最も多くのメダルを獲得しているアメリカの体操選手、シモーヌ・バイルス(Simone Biles)は、東京オリンピックでも金メダルを獲得することが期待されていた。そのため、バイルスが団体戦を棄権すると発表した時、ファンはより一層驚いた。これまでの大会では、このような行動は失望を招いていたかもしれないが、セルフケアを優先し、自分自身のために立ち上がったヒーローとして称賛された。 Photo: Elsa/Getty ImagesTeam Japan pose with their gold medals on the podium after winning the Men's Épée Fencing Team Gold Medal Match against Team ROC on day seven of the Tokyo 2020 Olympic Games 過去最高の金メダル獲得数を記録した日本 開催国である日本が、これまでの大会を上回る数の金メダルを獲得したことは、特に注目に値する。 新競技の空手、野球とソフトボールの復活など、日本が最も得意とするスポーツで実力を発揮した大会でもあった。スケートボード女子ストリートの西矢椛(にしや・もみじ)のように、予期せぬ形でメダルを獲得もあり、最終的に27個の金メダルを獲得した。 しかし、日本の功績は、記録的な数のメダルよりもはるかに大きい。大会開催までのさまざまな試練を経て、奇跡的にトップに立った日本は、メダル以上の価値があることだ。 View this post on Instagram A post shared by The Olympic Games (@olympics) 話題になった心温まるストーリーの数々  大会を生で見ることはかなわなかったが、トム・デイリーが(飛び込み女子3メートル決勝を見ながら)編み物をしているという様子はファンを笑顔にさせた。 さらにアスリートたちは、余暇にソーシャルメディアを利用し、さまざまな情報を発信してくれた。選手村で「最高の餃子」を食べたことや、段ボール製のベッドを試してみたことなど、競技以外のアスリートたちの一面を見ることができたのはとても魅力的だった。 例えば、毎朝必ず選手村に訪れ「メダルを取らなくてもあなたは最高の選手だ!」というアスリートのやる気を引き出す看板を持っていた男性のような人もいた。このような気持ちの良い瞬間が、この困難な時代に世界をつなぎ、オリンピックはそのイベントの枠を超えた、温かい人間性が垣間見られるものとなった。 Photo: Youka Nagase 世界がこれ以上ないほど散りぢりになってしまった時に、東京オリンピックは16日間という短い期間ではあったが、人々を一つにし、勝利の達成と偉大さを支援した。そして、私たちは東京に感謝したい。 オリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェック 関連記事 『写真で振り返る、東京オリンピック閉会式7つの名シーン』 『東京オリンピック1週目、印象に残る5つのベストシーン』 『写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面』 『東京2020オリンピック・パラリンピック選手村を一挙公開』 『東京、五輪モニュメントがある5の場所』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

Advertising
世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは
ニュース

世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは

東京オリンピックが正式に開幕し、アスリートたちは晴海にある44ヘクタールの選手村に集まった。選手村には宿泊施設や公園、ショップ、レクリエーションスペースなどがあり、アスリートたちはオリンピック期間中、快適な生活とトレーニングを送ることができる。 選手村の中で気になるのは「食事」かもしれない。選手に食事を提供するメインダイニングは、24時間営業で、1日4万5000食を提供。日本、西洋、アジア料理など地域別のほか、ベジタリアン向け、グルテンフリー、ハラルなど、あらゆる食文化に対応できるよう、700種類のメニューが準備されている。 カジュアルダイニングでは、おにぎりや麺類、鉄板焼きなど日本で日常的に食される食事を中心に提供。 世界中のアスリートたちは食事のラインアップに驚き、なかにはTikTokで食事を絶賛している人もいる。ここでは、その様子を見ていこう。 @ilonamaher I eat them for every meal #beastbeautybrains #olympics #tokyoolympics #dininghall #tokyo2020 #gyoza #dumpling ♬ original sound - Ilona Maher アメリカのラグビー選手、イローナ・マー(Ilona Maher)は「餃子」が最高と絶賛 @ilonamaher Yes, I’m an Olympian but I still like cheese #beastbeautybrains #olympics #tokyoolympics #tokyo2020 #ClearGenius #dininghall #teamusa #olympicvillage ♬ original sound - Ilona Maher カマンベールチーズの揚げ物や春巻き、ラーメンなども流行っているようだ @thelibero This fooooood! #olympics #food #dininghall #tokyo2020 #tokyo2021 ♬ original sound - Erik Shoji アメリカのバレーボール選手、エリック・ショージ(Erik Shoji)は日本食メニューを紹介 @thelibero Dinner tonight in the Tokyo Olympic Village! Also watching me eat is CRINGE #olympics #DontQuitYourDaydream #tokyo2020 #tokyo2021 #food ♬ original sound - Erik Shoji 続いて、日本料理を提供するカジュアルなダイニングホールのメニューも紹介 @agibbles Olympic Village eats #tokyo2020 #olympicspirit #olympicvillage #foodie #olympics #fypage #prbasketball #olympicathletes #lunch ♬ Happy and fun corporate music for advertising. - TimTaj プエルトリコ代表のバスケットボール選手、アリソン・ギブソン(Alison Gibson)は、フォーをはじめとするいくつかのメニューを超速でレビュー @daria_gavtennis Which cuisine would you go for? #olympics #teamaustralia #olympicspirit #tokyoolympics ♬ Drive Forever - Tendency Challenge 食堂の中を見てみよう。オーストラリアのテニスプレーヤー、ダリア・ガブリロワ(Daria Gavrilova)が、メインダイニングホールをバーチャルツアーで案内 @tillykearns Olympic dining hall COVID protocols #olympicspirit #tokyoolympics #olympics #australia what else do you want to see?? ♬ Say So (Instrumental Version) [Originally Performed by Doja Cat] - Elliot Van Coup オーストラリアの水球選手、ティリー・カーンズ(Tilly Kearns)は、新型コロナウイルスの感染対策がどのように行われているか紹介 関連記事 『大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選』 『東京2020オリンピック・パラリンピック選手村を一挙公開』 『東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介』 『東京オリンピック開会式を笑いで包んだ実写版ピクトグラム』 『写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面』 『初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

話題の段ボールベッドの耐久性は? 選手村でアスリートたちが試す様子
ニュース

話題の段ボールベッドの耐久性は? 選手村でアスリートたちが試す様子

東京オリンピックが開幕して以来、世界中のアスリートたちは選手村での体験をSNS上で共有している。24時間営業の食堂で「世界一おいしい餃子」を提供しているなど、選手たちはさまざまな情報を発信。 また、選手村にある再生可能なダンボールベッドについても多くの議論が飛び交っている。大会が始まる前から「性行為防止ベッド」と言われ、アスリート同士の密な接触を防ぐために薄っぺらくデザインされているという声があった。 選手たちはベッドを試し、頑丈なことをTikTok上で証明している。実際フレームは木製のベッドフレームよりも丈夫に設計されているようだ。しかし、ダンボール製のフレームが壊れないわけではなく、すでに何人かの選手がベッドを壊してしまっている。ここではその様子を見てみよう。  @angel.dorado Para los que tenían dudas de las camas ... #olympics #tokyo #tokyp2021 #villa #Camas #swimming #intothethickofit #athlete ♬ Into The Thick Of It! - The Backyardigans メキシコの水泳選手アンヘル・マルティネス(Angel Martinez)は、ベッドの上にダイブした後、親指を立てている @kelseymarierobinson Reply to @adriana.kms cardboard beds… let’s talk about it. @jtomm19 @michellehackley #fypシ #volleyball #olympics #tokyo2020 #teamusa ♬ original sound - Kelsey Robinson アメリカの女子バレーボールチームは、1台のベッドに飛び乗って強度をチェック @ilonamaher Testing out the cardboard beds at the Olympic Village #beastbeautybrains #olympics #cardboardbeds #tokyoolympics #usarugby #japan #athletes #rugger ♬ original sound - Ilona Maher アメリカ女子ラグビーチームは、ベッドでヨガや腕立て伏せ、さらには子どものように泣いたとしても耐えられることを実証 @melissapaigewu The Olympic beds are awesome! They’re made out of cardboard so they’re environmentally friendly 👌♻️ #Tokyo2020 #OlympicSpirit #TokyoTogether ♬ FEEL THE GROOVE - Queens Road, Fabian Graetz オーストラリア飛び込み選手のメリッサ・ウー(Melissa Wu)は、ダンボールが木よりも頑丈なことを確認 @lewis_clareburt @aligalyer did sleep last night because her bed was in 3 different parts 😂 #olympics #tokyo #tokyoolympics #nz ♬ original sound - Lewis Clareburt ⚡️ ニュージーランド水泳選手のアリ・ガリヤー(Ali Galyer)は、3つに分かれたマットレスに苦戦 @samfrickerr Broken bed ! Will there be more ? Haha #meme #funny #cardboardbed ♬ Spongebob - Dante9k ベッドは全てに耐えられるわけではない。オーストラリア男子飛び込み代表のサミュエル・フリッカー(Sam Fricker)は、スタッフが運び出す壊れたベッドを発見 @samfrickerr #funny #meme #olympics #tokyo #japan #olympicspirit ♬ Spongebob - Dante9k 彼のルームメイトも、ベッドの上に立ってベッドを壊した @thenzteam 😂 what cardboard beds? #olympics #olympians #rowers #cardboard #fyp ♬ original sound - TRAP 🤑😻 ニュージーランドのオリンピックチームもベッドを維持するのに苦労しているようだ   オリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェック 関連記事 『大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選』 『世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは』 『東京オリンピックの4つの新競技について1分間のビデオでチェック』 『水谷隼と伊藤美誠ペアが日本卓球史上初の金メダルを獲得』 『初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得』 『東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京、パラリンピックにまつわる展示5選
ニュース

東京、パラリンピックにまつわる展示5選

障がいのあるトップアスリートが出場できるスポーツの祭典、東京2020パラリンピックが2021年8月24日(火)からスタートする。およそ160の国と地域から4400人が参加し、12日間に22競技、539種目が実施される。 日本パラリンピック委員会は「大会を通じて共生社会の実現を促進すること」を目指しており、人々がこれを機にパラスポーツやアスリートに興味を持つこと自体も促進している。さまざまな障がいのあるアスリートたちが創意工夫を凝らして限界に挑む姿は、人間が持つ大いなる可能性や、社会の中にあるバリアに気づくきっかけになるだろう。 残念ながらパラリンピックもオリンピックに続き原則無観客試合となってしまったが、東京では多くのパラリンピックにまつわる展示を期間限定で開催している。ここでは入場無料の5つのイベントを紹介しよう。写真や資料だけでなく実際に自らがパラスポーツを体験することで、理解を深めてみてほしい。 1. フー アイ アム ハウス パワードバイ 東京ガス Photo: Who I Am House 豊洲にあるフー アイ アム ハウスは、WOWOWと東京ガスによるパラアスリートの魅力を伝える情報発信拠点だ。9⽉5⽇(⽇)まで開館している。 WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして、世界最⾼峰のパラアスリートに迫るパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 『WHO I AM』を主軸に、アスリートたちが放つ輝きやパラリンピックでの勇姿を伝える。「WHO I AMアスリート」のビジュアルや、競技用具、ウエアの展示、同シリーズの上映ディスプレーが常設しており、パラスポーツにまつわる漫画やイラスト、写真などの多様なアート作品も並ぶ。 『まっすぐ進めない展示』(写真提供:WHO I AM PR事務局) 来場者全員が車いすに乗って展示を観賞するなど、数々の「やさしくない仕掛け」を体感することでパラアスリートの超絶プレーをよりリアルに実感できる特別展『やさしくないミュージアム』も8月27日(金)から 29日(日)までに開催されている(事前予約制)。 フー アイ アム ハウスの詳細情報はこちら 2. パラリンピックギャラリー銀座 Photo: Time Out Tokyo Editors 東京都オリンピック・パラリンピック準備局が主催するパラスポーツやアスリートたちの魅力に迫る展示スペース。銀座美術館ビルの1階で9月5日(日)まで開館している。ここでは、写真やパラアスリートの大会への思いをインタビューしたドキュメント映像や競技用具を展示しているほか、ボッチャや車いすレース体験などが楽しめる。 実際のレース用車いすと形状や構造が同じ機器を操り、車いすレースやマラソンを体験できるVRエンターテインメント『サイバーウィル エックス(CYBER WHEEL X)』は迫力の世界観とリアルな操作性が楽しいのでぜひ試してみてほしい。(8月23日(月)には展示替え予定) 『サイバーウィル エックス(CYBER WHEEL X)』体験イメージ(Photo: Time Out Tokyo Editor) パラリンピックの各競技のスケジュールや見どころなどが記載された『東京2020パラリンピックハンドブック』と、オリンピック・パラリンピックそれぞれのエンブレムが入ったバッジを配布しているほか、東京2020パラリンピックマスコットのソメイティと一緒に撮影できるスポットも用意。記念の思い出づくりにも最適だ。  会場に来られない人向けに、360度バーチャル展示会や特別企画としてパラリンピックにまつわる多彩なゲストが登壇するオンライン配信も実施している。なお、同館の展示内容は定期的に更新するので、最新の情報は公式ウェブサイトで確認しよう。 パラリンピックギャラリー銀座の詳細情報はこちら 3. IRO×IRO STADIUM 2階の「METoA VISION」。オリジナルの4つのスポーツに挑戦できるコーナー(画像提供:三菱電機株式会社) パラスポーツを体験したいなら、東急プラザ銀座内にあるメトアギンザ(METoA Ginza)で開催している『IRO×IRO STADIUM』に行ってみよう。これは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャルパートナーである三菱電機グループが主催しているイベントで、同館の2、3階でオリジナルスポーツ体験や「共生社会」をテーマにした各種展示を実施している。  特徴的なコンテンツは、2階の「METoA VISION」にあるオリジナルの4つのスポーツに挑戦できるコーナー。日本障がい者スポーツ協会後援のもと、パラスポーツから着想を得た競技が体験できる。 巨大なディスプレーに向かって両腕または片足を使って的に矢を当てる「Just AIM」、体を使わず顔の動きだけでボールをうまく打ち返す「Just HIT 」など、自分の体や頭脳に秘められた可能性を感じることができるだろう。全ての競技が終了すると、結果に応じて自分の個性を表現した記念メダルがもらえるのもうれしい。 3階の展示コーナー、現役アスリートの道具などがある(画像提供:三菱電機株式会社) 3階では現役アスリートの競技道具やメダルなどが観られるほか、実際に競技で使われる車いすに座って「車いすバスケットボール」のデジタル体験をすることも可能だ。 11月2日(火)までオープンしているが、現地に行くことが難しい人向けに360度バーチャルカメラによる『バーチャルMEToA』も展開している。 『IRO×IRO STADIUM』の詳細情報はこちら 4. パラリンピック写真展『Spirit in Motion for Diversity & Inclusion』 ©Andi Weiland/ gesellschaftbilder.de/David Lebuser-Wheelchair Skater, 2015(上)、Germany © Jörg Farys /Gesellschaftsbilder.de Title: Lisa Schmidt - Wheelchair Skater ,2015(下)(Photo: Time Out Tokyo Editor) 海外のアスリートにも目を向けてみよう。新宿の都政ギャラリーでは、欧州連合文化機関(EUNIC JAPAN)主催のパラリンピック写真展が9月6日(月)まで開催されている。このプロジェクトは、 障がい者インクルージョンの重要性に光を当て、パラリンピックに出場するアスリートたちの功績への認知度と意識を高めることを目的にしたものだ。 ベルギー、チェコ、ドイツ、イタリア、オーストリアなどの17の駐日欧州機関と、日本からは岸本健が率いるスポーツフォトエージェンシーのフォート・キシモトが参加している。 この投稿をInstagramで見る EUNIC Japan(@spiritinmotioneunicjapan)がシェアした投稿 「プロフィール」「勝利」「競技」といったカテゴリーに分けられた34作品と、関連する競技の特徴の紹介、選手の今までの経緯やストーリーなどが観賞できる。土・日曜、祝日は休館しているので注意しよう。公式Instagramでも同作品を楽しめる。 パラリンピック写真展『Spirit in Motion for Diversity & Inclusion』の詳細情報はこちら 5. UPCYCLE ART MUSEUM in NARITA AIRPORT 直接的にパラリンピックと結びついているわけではないが、これを機に障がいのあるアーティストによる個性的な作品を観賞してみては。成田国際空港第1ターミナルでは、成田国際空港と福祉実験ユニットのヘラルボニーの共創による過去最大規模のアップサイクルアートミュージアムが、9月30日(木)まで開催している。 緻密で色彩と構成の妙に富んだ佐々木早苗の絵画作品、9や6といった数字とハートや星の形を織り合わせた独特の模様が描かれた内山.Kによる『ナンバーザウルスの地図』など、国内外の障害のある作家21人による30作品が展示されている。 UPCYCLE PRODUCTの例 作品はいずれも耐久性の高いターポリン素材を使用し、展示終了後にトートバッグやミニトート、カードケースなどにアップサイクルされ、販売される。商品は特設サイトで予約できる。 UPCYCLE ART MUSEUM in NARITA AIRPORTの詳細情報はこちら 関連記事 『パラリンピックを楽しむために知っておきたい11の雑学』 『銀座、アクセシブルガイド』 『向井秀徳がパラアスリートの物語を歌い上げる浮世絵アニメが公開中』 『日本科学未来館で透明字幕パネルを使った展示ツアーが開催中』 『東京五輪期間限定のパブリックアート7選』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

東京、五輪モニュメントがある5の場所
Things to do

東京、五輪モニュメントがある5の場所

世界中の選手たちの活躍によって、改めてスポーツの魅力に気づかされる東京2020オリンピック。

Advertising
東京五輪期間限定のパブリックアート7選
アート

東京五輪期間限定のパブリックアート7選

東京2020オリンピック・パラリンピックに合わせて東京の街が期間限定のアートで彩られていることを知っているだろうか。 代表的なプロジェクトとして『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13』という、ジャンルを超えた芸術、文化の祭典が開催している。この記事では五輪期間限定のパブリックアートプロジェクトを7つ紹介しよう。 草間彌生や会田誠による作品や、東京駅丸の内口にある大壁画、日本橋室町エリアには巨大な金メダルやリレーをイメージした彫像などが設置されているほか、渋谷では『猫オリンピック』などの作品も観賞できる。 関連記事『五輪期間限定オープン、東京の各国パビリオン4選』

都内とその近郊で見られる美しい5輪カラーのライトアップ
ニュース

都内とその近郊で見られる美しい5輪カラーのライトアップ

オリンピック開会式で、お笑い芸人の劇団ひとりがテンポ良く東京の名所やオリンピック関連の施設を照らしていくシーンは印象的だった。都内やその近郊では、あの中に登場したライトアップや、そのほかにもさまざまな光の演出が現在も行われている。ここでは、街を照らすオリンピック関連のライトアップを紹介しよう。  吾妻橋(Photo: Keisuke Tanigawa) ちなみに、タイムアウト東京のカメラマンに聞いた、スマートフォンでの撮影のコツは、撮る対象を必ずタップしてピントや露出を合わせること。また、「映える」写真を撮りたいなら、透明のクリアファイルにカッターで格子状に傷をつければ、手作りクロスフィルターができる。フィルター越しに撮ると、キラキラした写真が撮れるのでおすすめだ(写真上)。ぜひ試してみてほしい。  東京スカイツリー 東京スカイツリー(Photo: Keisuke Tanigawa) 隅田川周辺ではさまざまな、ライトアップが楽しめる。東京スカイツリーではアスリートたちへの応援の思いを込め、特別ライティングを点灯。 期間は2021年8月8日(日・祝)までで、19時~翌朝6時実施する。浅草の吾妻橋も五輪カラーに彩られているので、スカイツリーと橋の両方を入れて撮影するのもおすすめだ。 隅田川周辺の橋 隅田川にかかる橋オリンピックライトアップ4①②勝どき橋 ③築地大橋 pic.twitter.com/AHiHKwmfmc — 矢吹丈 (@pousanpoposan) July 31, 2021 隅田川に架かる築地大橋、吾妻橋、清洲橋など各橋もオリンピックカラーにライトアップ中だ。夜風に当たり散歩しながら巡ってみるのもいいだろう。 レインボーブリッジ 昨夜の品川埠頭から見たレインボーブリッジ(高速11号台場線)です。通常のライトアップ時間は日没30分後~24時までですが、東京オリンピック開催期間中は日の出までライトアップ時間が延長されます。 pic.twitter.com/UaSmPt3iYM — (株)ニートRV (@neatrv) July 23, 2021 その名の通り、元からライトアップされている橋なのだが、大会期間中は朝まで点灯を実施している(通常のライトアップは日没の約30分後から24時まで)。 テレビ朝日の首都高速道路への取材によると、朝までライトアップを続けているのは、「オリンピック期間中、東京のシンボルであるレインボーブリッジの映像を全世界に24時間配信し、時差を問わずに東京の素晴らしい景色を世界に紹介するため」だそう。  みなとみらいのコスモクロック21 コスモクロック21(Photo: Keisuke Tanigawa) 横浜、みなとみらいのコスモクロック21では、5輪カラーではないが、『東京2020オリンピック』のエンブレムやスポーツピクトグラムを投影している。開発には、映像デザイナーの井口皓太が協力した。期間は8月8日までで、毎日19〜20時に行われる。 横浜市では、東京2020動くスポーツピクトグラムを活用したライトアップを、8/8(日)まで毎日19〜20時にコスモクロック21で実施します。世界初の試みです✨困難なときにも目標に向かって努力を重ねてきた全ての選手・関係者の皆様を #横浜 から応援しています📣#Tokyo2020 #オリンピック pic.twitter.com/lRUmWaPioT — 横浜市東京2020情報(市民局) (@tokyo2020_ykhm) July 23, 2021 ここで紹介したほかにも、世界遺産登録を目指す佐渡金銀山のシンボル、北沢浮遊選鉱場跡や岩手の西和賀にある錦秋湖大滝(湯田貯砂ダム)など、地方でもさまざまな名所が五輪カラーの光で彩られている。 なお、ライティングスケジュールは予告なく変更される場合もあるので、注意してほしい。 オリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェック 関連記事 『東京オリンピック開会式を笑いで包んだ実写版ピクトグラム』 『東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介』 『写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面』 『Photo of the Day - 東京上空を飛行するブルーインパルス』 『東京2020オリンピック・パラリンピック選手村を一挙公開』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

もっとみる

コラム・インタビュー

東京2020、コンテンツ総体としての「文化的」刺激力はあったのか
Things to do

東京2020、コンテンツ総体としての「文化的」刺激力はあったのか

第2ドイツテレビ(ZDF)プロデューサーとして、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』(以降『東京2020』)の現場から自国へ向け発信してきたマライ・メントライン。彼女は、この国家的事業をどう受け止めたのか。同大会における文化的価値にフォーカスした総評を寄稿してもらった。

パラリンピックを終えて、開会式出演の徳永啓太にインタビュー
ニュース

パラリンピックを終えて、開会式出演の徳永啓太にインタビュー

2021年9月5日、13日間の開催期間を経て、東京2020パラリンピック競技大会が閉幕。筆者は全盲の視覚障がい者で、スクリーンリーダーという音声補助ソフトとキーボード、パソコンを用いて本稿を書いている。 質問に応じてくれた徳永啓太とは、多様性をテーマにしたクラブイベント『WAIFU』(*1)でライブ、DJ出演や、クラブシーンのアクセシビリティについての対談をする中で交流してきた。彼と対談した時、次のように話してくれた。「東京には段差が多い。たった数段の階段があるだけで、車いすでは好みの洋服屋にも聴きたい音楽が流れるクラブにもなかなか入れない。決まりのないファッションと音楽が、制約の多い私を自由にしてくれる」 徳永は脳性まひで生まれ、車いすを使用している。友人であり、リオパラリンピック閉会式に出演した車いすダンサーのパイオニア、神原健太に彼は触発された。「車椅子でDJをやっている人は世界でも珍しい」、そう考えてDJやライブ活動を始めている。彼はその神原健太と今回、東京パラリンピック開会式という世界的な舞台を共に踏むことになった。 Photo: https://www.instagram.com/wheelchair_fashion/ 徳永は、モデル、ファッションジャーナリストでもある。2018年にはVOGUE WORLD SELECT 100 STREET STYLEにも選ばれている。「車いすもファッションだ」と彼はそう語る。行進はパラリンピック選手が主役だから、と世界に中継された開会式で、彼は名前やプロフィール表示を断った。しかし、DJをしている人は誰?と、大きな話題を呼んだ。本記事では、開会式でDJを務めた徳永にインタビューを行った。 Photo: https://www.wwdjapan.com/articles/1217694 ―パラリンピック開会式出演後、何か変化はありましたか? 非常に厳しい状況下に来てくださった選手たちをお出迎えする裏方、という気持ちでDJさせていただいたのですが、大きな反響を受けて驚いています。現在、日本で1件、海外からも1件取材の申し込みをいただいています。まとめサイトを作られたのも驚きでした。名前も出してなかったんですけどね。 ―パラリンピック開会式に出演した経緯を教えていただけますか? コロナ禍の前に、一般公募に応募しました。延期など二転三転した後、DJとして声をかけていただきました。 ―パラリンピック開催までどういうお気持ちでしたか? 出演のお話をいただくまで、コロナ禍での開催に否定的な気持ちが強く、葛藤がありました。ただ、オリンピックを開催するのであれば、パラリンピックを開催しないわけにはいかないという強い思いがありました。メディアではオリンピックの開催が濃厚と報道されるようになったころにお声がけというタイミングもあり、出演オファーをお引き受けしました。 Photo: Alex Pantling/Getty ImagesFireworks during the opening ceremony of the Tokyo 2020 Paralympics ―開会式でDJした時のことを教えていただけますか? 好きな音楽が国立競技場でかかったのは、単純にうれしかったですね。あれだけ多様な身体を持った方々が同時に集まるなんて、一生でもないでしょう。気になって各国の車椅子を見たり、映像で見直したりしたのですが、経済的な格差を感じなかったのは驚きでした。どんな国でも、パラリンピアンは自分に必要な車椅子を使えていることは良いと思いました。 ―開会式での音楽、徳永さんのDJとしての感触や思いについて教えていただけますか? 音楽は東京パラリンピック開会式のために、小西遼さんやSEIHOさんら音楽チームによって開会式のために作曲されました。音楽のコンセプトとして、パラリンピック開会式をクラブのようにしたいというのと、日本のアーティストを世界に発信したいというのと、2つありました。 それを盛り上げるため私というアイコンが必要だということで、音楽チームの思いを自分なりに引き継いでDJしました。反響が良かったので、今はまず、ほっとしています。 ―パラリンピック全体の印象はいかがでしたか? もっと体感したかったですね。パラリンピックは無観客開催でしたし、関連した慈善事業やイベントも中止が多くありました。テレビやインターネットでの視聴ばかりでリアリティーを持ちづらかったのは残念でした。 この投稿をInstagramで見る keita(@wheelchair_fashion)がシェアした投稿 ―今後の予定や抱負はありますか? 今後の活動については未定です。コロナで明日の状況、環境が分からないからです。コロナが落ち着いて社会に活気が戻ってからいろいろ行動したいですね。 ―最後に、社会に向けてメッセージをいただけますか? 例えば、僕がマイノリティーの代表と言われたら、それは車いすに乗っているからという事実があると思います。ですが、マイノリティー=セクシャルマイノリティーや国籍など、自分とは違う人がマイノリティーだと考えている人たち、自分たちをマジョリティーだと思っている人たちとどう地続きにしていくか、「マイノリティーはあなたたちと一緒のことをやっている」と理解してもらうことが大事だと思っています。 ―私も社会創発塾という、社会をより良く、より面白くしていこうというグループで「誰もがマイノリティー」というテーマで配信していて、共感します。マイノリティーと言った途端にマジョリティーとの壁、分断が生まれます。一人の人間として、個として向き合ってほしいですね。   (*1)『WAIFU』ジェンダー、セクシュアリティー、人種などにかかわらず、さまざまな人が安心して楽しめるセイファースペースを作り出すクラブイベント。 2019年に青山蜂で始動し、2020年末にはコンタクトでカウントダウンパーティーを行い、注目を集めている。      プロフィール 徳永啓太(Keita TOKUNAGA)1987年生。先天性脳性まひにより車椅子を使用。coconogacco(ここのがっこう)でファッションデザインを学ぶ。同じ頃から数多くのファッション関連イベントにも参加。2013年からテキスタイルプリンターや刺しゅうミシン、レーザーカッターといった機材のオペレーションや現場での運営に携わる傍ら、東京を拠点として数多くのコレクションショーや展示会へ出向き、ウェブサイトやフリーペーパーでその様子をレポートする。 2017年にジャーナリストとして独自のメディアを立ち上げ。ファッションと多様性を軸に、ジャーナリスト、DJ、モデルと幅広く活動する。2018年にはVOGUE WORLD SELECT 100 STREET STYLE に選ばれる。2021年、東京2020パラリンピック開会式にDJとして出演。 インタビュー、テキスト:松村智也 多様性とアートのイベント、視覚障害者のための電子図書館プロジェクトを進めるNPO NEW VISION代表理事。 世界一周中に皆既日食を見て発症した網膜剥離がもとで失明。 障害があっても自分らしく幸せに生きられる社会を目指して活動中。 関連記事 『東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト』 『クィア&フェミニズムパーティーのWAIFUがDOMMUNEで配信』 『東京、車いす対応スポット』 『東京、バリアフリーのデートスポット6選』 『日本科学未来館で透明字幕パネルを使った展示ツアーが開催中』 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

車いす目線で考える 第34回 東京2020パラリンピックを振り返って
Things to do

車いす目線で考える 第34回 東京2020パラリンピックを振り返って

タイムアウト東京 >  Open Tokyo > 車いす目線で考える > 車いす目線で考える 第34回 東京2020パラリンピックを振り返って 緊急事態宣言下、2021年8月24日開幕の東京2020パラリンピックが、12日間にわたる全競技を終えて閉幕した。同一都市での2回目となるパラリンピック開催は史上初、日本が獲得したメダルは金13個、銀15個、銅23個、合計51個。この数字は2004年のアテネ大会時に次いで2番目で、大躍進を遂げたと言えよう。 パラリンピックは、大会を通じて共生社会の実現促進を目指している。今回はこれまでに経験のない無観客での開催の中で人と社会にどんな変化をもたらし、どんなレガシーを残せるのか。歴史上最も成功したと言われる2012年のロンドンパラリンピックでは『Get Set』という教育プログラムを、2014年のソチパラリンピックでは「I’M POSSIBLE」というメッセージを残してきたが、東京大会が、これから社会にどんな影響を与えていけるのか注目したい。 Photo: Alex Pantling/Getty ImagesFireworks during the opening ceremony of the Tokyo 2020 Paralympics 東京大会の開会式は、「WE HAVE WINGS」をコンセプトに、競技場内をパラエアポートという名の空港に見立てた、見事な演出を披露。比較できるものではないかもしれないが、SNS上で「オリンピックより良い」がトレンドワード入りするくらい、称賛の声が飛び交っていた。それは一つ一つのパフォーマンスが、多くの人の心を揺さぶり、率直にカッコイイと思える開会式だったからだろう。 国際パラリンピック委員会(IPC)会長のアンドリュー・パーソンズがあいさつの時に紹介した「#WeThe15」の動画も忘れがたい。全世界の障害者は総人口の15%を占める12億人だ。同キャンペーンは、社会全体でこの障害者への意識を変え、差別や偏見をなくし、障害の可視化やインクルージョン、アクセシビリティを宣言する世界的な運動として知られる。動画では、「多様化してきた現代社会で何が求められるのか」「共生とは何か」を端的に伝えており、とても良いインパクトを与えるものだったと思う。 国歌斉唱や天皇の開会宣言の際、会場内に起立を求めるシーンでは、オリンピックとは異なり「可能な方はご起立ください」というアナウンスになっていたのも配慮があり、良い影響を与える言葉だと感じた。日常生活においても、それぞれの人が置かれた環境や状況に配慮した言葉を使うことは大切だということを示している。 競技についても振り返ってみよう。パラリンピックでは、競技結果に大きく差が出るため、障害の程度や種類によってクラス分けがされているのが特徴で、健全な平等性が確保されている。 Photo: Marcus Brandt/Getty Images Ibrahim Hamadtou of Egypt plays against Korea's Hong Kyu Park in the Class 6, Group E men's table tennis 車いすバスケを例に挙げると、選手は障害の程度によって持ち点が1.0〜4.5点で設定され、重い人ほど持ち点が小さくなる。試合中のコート内にいる5人の持ち点合計を14点以内にして試合に臨むため、重度だから出場できないというわけではないし、ローポインターならではの役割もある。つまり、障害によって排除されないということだ。もちろん実力において出場機会に差は出るが、スタートラインに立つ機会は平等に与えられている。   それぞれの特徴や強みを生かし、人が持つ可能性の限界を超えていくような数々のプレーを見て、何事も諦めず、困難に打ち勝つ強い意志や勇気を持つことの大切さに気付かされた人も多いはずだ。そうだとしたら、パラリンピックの父と呼ばれる医師ルードウィッヒ・グットマンの「失ったものを数えるな、残されたものを最大限生かせ」という言葉通りのパフォーマンスを全てのアスリートがしたとは言えないだろうか。 ところで、IPCの公式ウェブサイトには、パラリンピックの価値として次のように書いてある。 勇気(Courage) 強い意志(Determination) インスピレーション(Inspiration) 公平(Equality) どれも大切なことだが、特にインスピレーションは大事だと思う。社会を変えていくには、人の心を動かし、行動を起こす力が必要だ。だからこそ競技だけでなく、アスリート自身にもフォーカスして「もっと知りたい!」と思ってもらえるような選手のストロングポイントやストーリーを、実況や解説などに取り入れてほしいと思っている。そうやって知る機会を増やしていけば、次第に障害に対する意識も変わり、特別扱いの壁をなくすことができるだろう。 ほかにも、体重別や男女別で競技が分かれているように、「障害別」という新たな枠組みでオリンピックとパラリンピックが融合して開催されれば、さらに認知度や注目度も上がり、理解も深まるのではないだろうか。近い将来、実現することを願っている。 今大会の開催で、「共生社会の実現」という名の種がまかれた。あとはきちんと芽が出て、花が咲くように心の土壌を肥沃(ひよく)にしておきたい。そのためにも、僕自身が「OPEN TOKYO」ならぬ「OPEN KUNPEI」であり続けたいと思う。

対談:松岡修造☓澤邊芳明「パラリンピックの盛り
上げに必要なこととは」
Things to do

対談:松岡修造☓澤邊芳明「パラリンピックの盛り
上げに必要なこととは」

タイムアウト東京 > Open Tokyo > 対談:松岡修造☓澤邊芳明「パラリンピックの盛り
上げに必要なこととは」 in collaboration with 日経マガジンFUTURECITY 2020年に迫る東京オリンピック・パラリンピック。56年ぶりの開催に期待が高まる一方、パラリンピックに対する人々の理解や関心度には、まだ課題が残る。パラリンピックを盛り上げるために必要なことは何か。平昌オリンピック日本代表選手団応援団長を務めた松岡修造と、東京大会組織委アドバイザーで、パラスポーツ普及に尽力するワントゥーテン代表の澤邊芳明が語った。

Advertising
なぜ日本はザハ案を廃止したのか
アート

なぜ日本はザハ案を廃止したのか

インタビュー:アンマリー:ラック 2015年7月17日、安倍晋三首相は世界に向けて語った。「2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新しい国立競技場の現行案を白紙に戻し、ゼロから取り組み直す」と。競技場のデザインと費用については3年近くにわたって非難されてきたが、今回の声明は、世間を驚かせただけでなく、その決定を公式に伝えられることなく、ニュースで初めて知ったザハ・ハディド・アーキテクツのデザイナーたちを困惑させることとなった。事務所側は、彼らの設計した競技場の建築が、10月には開始される見込みであり、旧国立競技場の取り壊しが5月に行われたことからも、物事が予定通りに進むものと考えていたのだ。 飾りたてたデザインが、予算を1,300億円から2,520億円にまで押し上げたのだと、政府が新たな非難をする中で、ザハ・ハディド・アーキテクツは7月28日に「事実関係をはっきりさせるため」の声明を発表した。ワールドラグビーもまた意気消沈している。ゼロからやり直すということは、競技場が2019年のラグビーワールドカップに間に合わないことを意味するからだ。ワールドラグビーの広報担当者は、新しい競技場で大会を行えるということを何度も言い聞かされていただけに、団体は「大いに失望した」と話した。  その間にも、メディアと世論が突然の決定の裏に隠された本当の理由は何なのかを探ろうとする騒ぎは広がり、ザハ派と日本派のような対立を招いた。一方には(日本の著名な建築家たちによって様々な呼び名で罵られてきた)デザインこそが、費用を2倍近くにまで押し上げた原因だと主張する人々がいて、ただし、2012年に行われたコンペティションの審査委員会の委員長を務めていた安藤忠雄が、現在でも確固としてザハ派のひとりであることは注目するべきだろう。彼は「ハディド氏のデザインを破棄すれば、国際的な信用を失うことになるだろう」と発言している。他方には、費用の急激な増加は当然のことであり、大規模な建設事業のほとんどを1つの請負業者が監督する日本の土木業界では、これは当たり前のことなのだと説明する人々がいる。そして、2020年東京オリンピック組織委員長である森喜朗が会見を開き、どう見ても筋の通らないスピーチを行うとますます状況は、泥沼に陥っていった。  私たちは、より確かな情報を得るために、2012年にザハ案が選出されたときからザハ・ハディド・アーキテクツでプロジェクトディレクターを務めてきたジム・ヘヴェリンに話を聞いた。    

東京オリンピック、パラリンピックにまつわる11のこと
Things to do

東京オリンピック、パラリンピックにまつわる11のこと

1964年に開催された『東京オリンピック』では、日本はアジア初の夏季オリンピック、パラリンピック開催国として、戦争で荒廃した国から先進的国へと国のイメージを一新させた。1972年の札幌と1998年の長野冬季オリンピックで聖火を再び灯し、今年開催される東京2020で日本は、アジアで夏季オリンピックを2回開催する唯一の国となる。 世界各地から膨大な数の訪問者がやってくるだろうこの夏に向けて、日本政府は渋谷区の都市開発や山手線の新駅増設、各地に外国語案内を追加するなどのさまざまなプロジェクトに取り組んできた。 206カ国から選出されたアスリートや代表者たちが登場する2020年7月24日(金・祝)の開会式まで、半年をきり、東京は世界からますます注目を集めている。4000万人余りの人が開催時期に東京を訪れるとされているが、この数には圧倒されず、スマートに東京2020を楽しんでほしい。 基本情報 東京2020の開催期間は2020年7月24日(金)〜8月9日(日)の間で、33種目の競技が競われる。大会の幕開けとなる開会式は7月24日に開催。サッカーとソフトボールの試合は、開会式前の7月22日(水)から始まる。パラリンピックは8月25日(火)から9月5日(土)までの期間に開催、22競技が実地される。

パラリンピックを楽しむために知っておきたい11の雑学
Things to do

パラリンピックを楽しむために知っておきたい11の雑学

タイムアウト東京 > Things To Do >パラリンピックを楽しむために知っておきたい11の雑学 東京オリンピックが閉幕し、2021年8月24日(火)から始まるパラリンピックへのカウントダウンが始まった。オリンピックで日本選手たちは記録的なメダルを獲得したが、パラリンピック選手たちがどのような活躍を見せてくれるのか、今から楽しみだ。 パラリンピックには長い歴史があり、日本はその中でも重要な位置を占めている。ここでは、そのトリビアを紹介する。 関連記事 『東京オリンピックを印象深いものにした7つのこと』 『東京オリンピック・パラリンピックガイド』 

競技を体験

東京、卓球バー5選
ナイトライフ

東京、卓球バー5選

東京2020オリンピックの競技のひとつとして、男女ともにメダル獲得が期待される卓球。

サーフィン初心者にすすめたい7つのこと
スポーツ

サーフィン初心者にすすめたい7つのこと

2020年の東京オリンピックから、新たな正式種目になるサーフィン。

東京、スケートパーク10選
Things to do

東京、スケートパーク10選

東京オリンピックの種目にスケートボードが追加されることが発表されたとき、その決定を聞いてバランスを崩したスケーターもいたかもしれない。

東京のプール、公共施設 2021
Things to do

東京のプール、公共施設 2021

プールで泳ぐのが気持ち良い季節がやって来た。ここでは安く、手軽に利用できる公共施設を紹介する。

Advertising
東京、初心者のためのボルダリングスポット
スポーツ

東京、初心者のためのボルダリングスポット

ボルダリングとは、ロープなどの特別な器具を使わないクライミングのこと。

東京、室内スポーツ施設
スポーツ

東京、室内スポーツ施設

コロナ禍によるリモートワークや「おうち時間」が増えたことにより、日々の生活で運動不足になっていないだろうか。