東京、スケートパーク10選

2020年に向けて渋谷、お台場、駒沢で滑る
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 東京、スケートパーク10選

テキスト:Yusuf Huysal
翻訳:小山瑠美

2020年『東京オリンピック』の種目にスケートボードが追加されることが発表されたとき、その決定を聞いてバランスを崩したスケーターもいたかもしれない。競技というアイデアは、そのスポーツが表現する精神とは対立しないだろうか。議論は高まるが、オリンピック前に技能を磨きたい人のために、東京の活気に満ちたスケートカルチャーを紹介しよう。

アトラクション, 公園&庭園

宮下公園スケートパーク

icon-location-pin 渋谷

渋谷の一角にひっそりと細長い形状で広がる宮下公園は、かつてホームレスの溜まり場だったが、ナイキがスケートパークを含めた新設備を作って再開発することになり議論を呼んだ。ナイキパークに名称変更する計画は結局不採用となったが、整備された宮下公園は、東京のスケーターを魅了している。伝説のスケートボーダー、P-Rodとランス・マウンテンが設計に携わったスケートパークには、滑らかなコンクリートボウル、写真映えする7段ステアなどを配備。ヘルメット着用が義務付けられているが、管理事務所で無料レンタルが可能だ。

スポーツ

Trinity B3 Park & Shop

icon-location-pin 板橋区

東京最大級の屋内型パークのひとつ。ミニランプをはじめとした様々なランプ、ステア、ファンボックス、さらに初心者向けのシンプルなランプが配備されている。名称からも分かるように、スポーツ専門店が併設されており、デッキ、ウィール、トラック、アパレルなども販売されている。パークで定期的に開催されるイベントやコンテストもチェックする価値あり。

Advertising
Things to do

H.L.N.A SKYGARDEN

icon-location-pin お台場

お台場ダイバーシティ東京プラザの屋上にあるH.L.N.A SKYGARDENは、東京随一の眺望の良さを誇るスケートパークだ。クォーター、マニュアルボックス、適度なサイズのミニランプ、ステア&ハンドレールなど多種多様なセクションを配備する。空腹を感じたときには、併設している、南カリフォルニア発のタコスレストランWahoo’s Tacos&Moreで、名物のフィッシュタコスや、ボリュームあるウェットブリトーを頬張れば、午前中にタフなセッションをして負傷したスケーターも元気を取り戻せるはずだ。初心者向けのレッスンや、プロスケーターが教える上級者向けのレッスンも開講している。

タイムアウトレビュー
スポーツ

戸吹スポーツ公園スケートパーク

icon-location-pin 八王子

八王子にある日本最大規模の屋外スケートパーク。コンクリートが広がる一帯に、平坦ではないランプ、レール、ステア、ボウル、クォーターランプ、バート部のあるボウルなどが点在し、月の表面のようであることで知られる。相当の技能がなければクレーターを乗りこなせず、蛇のようにスムーズには滑れないことを覚えておこう。難易度やスタイルに合わせて8つのエリアに分かれているので、誰もが楽しめる。

Advertising
スポーツ

Murasaki Park Tokyo

icon-location-pin 堀切

アメージングスクエアというニックネームで呼ばれるMURASAKI PARK TOKYOは、日本トップクラスのスケートパークと言えるだろう。広大な屋外エリアには、ストリートやトランジションのセクションが豊富で、巨大な4m級のバーティカルランプもある。それに挑むほど十分な経験がない人は、初心者やキッズ向けのフラットエリアで技能を磨こう。屋内エリアには、ファンボックス、マニュアル台、ステアなど木製のセクションが配備されている。  

スポーツ

城南島海浜公園スケボー広場

icon-location-pin 大田区

大田区にある城南島海浜公園スケボー広場では、ミニランプでエアーを決めれば、東京湾が綺麗に見えるかもしれない。ただし、海の景色に見とれて転倒しないように注意しよう。まるで絵のように美しい海辺のロケーションと広大な屋外スペースを誇るスケートパークには、バンクtoバンク、スパイン、クォーターランプ、ボックス、レールなどが配備されている。

Advertising
アトラクション, 公園&庭園

駒沢オリンピック公園スケートパーク

icon-location-pin 駒沢大学

1964年の『東京オリンピック』の際に作られたオリンピック公園内にあるスケートパークは、東京のスケーターたちが気軽に集まる場所だ。子どもや初心者が利用できるバンクや、ボックス、クォーターがあり、横並びに設置されたミニランプでは経験豊富なスケーターが次々にトリックを繰り出す。すべてのストリートスケーターのために、ベンチ、マニュアル台も設置されている。無料で利用可能。

 
アトラクション, 公園&庭園

世田谷公園スケートパーク

icon-location-pin 三宿

通称「SLパーク」と呼ばれる世田谷公園スケートパークは、2つのエリアに分かれている。セクションエリアは縦長で、片側からロールインでき、中央にベーシックなファンボックス、最後にクォーターランプが配置されている。フラットエリアは広めで、フラットレール、マニュアル台、グラインドが楽しめるカーブなどが配備。初めて利用する際には、プールの隣にある管理棟2階で利用登録が必要だ。ヘルメットの着用が義務付けられているが、公園では取り扱っていないので持参するのを忘れずに。

Advertising
スポーツ

西東京いこいの森公園スケートパーク

icon-location-pin 多摩地域

西東京いこいの森公園にあるスケートパークには、クォーター、ファンボックス、ミニランプ、2段ボックス、レール、バンクなどが一通り揃っている。綺麗な路面とセクションを無料で利用できる。また、初回に管理室で利用登録が必要。

スポーツ

武蔵野ストリートスポーツ広場

icon-location-pin 武蔵野

このクールな地元のスケートパークは、ファンボックス、レール、スパイン、バンクtoバンクなどコンクリートのセクションが豊富だ。ヘルメットの着用が義務付けられており、施設で貸出しを行っている。初回に登録すれば、無料で利用可能。4月には満開の桜をバックに滑る映像を撮影したくなるだろう。

まだまだスポーツを楽しみたければ…

スポーツ, クライミング

東京、初心者のためのボルダリングスポット

ボルダリングとは、ロープなどの特別な器具を使わないクライミングのこと。もともとは、フリークライミングの練習として始まったものだが、特別な器具を必要とせず、手軽にできることから支持を集め、今ではひとつのジャンルとなっている。最近は専用のジムも増え、一度は経験したことがあるという人も多いのではないだろうか。腕力が物を言うスポーツだと思いがちだが、実はバランス感覚や、頭も使う、奥の深いスポーツ。ここでは、初心者に優しいボルダリングができる施設を紹介。お気に入りのスポットを見つけて楽しく心身を鍛えよう。 ※2016年5月に情報アップデート

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com