Olympic and Paralympic Village
Photo: Keisuke Tanigawa

世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは

オリンピック参加者がTikTokで料理を続々と紹介

https://media.timeout.com/images/105800156/image.jpg
テキスト:
Youka Nagase
広告

東京オリンピックが正式に開幕し、アスリートたちは晴海にある44ヘクタールの選手村に集まった。選手村には宿泊施設や公園、ショップ、レクリエーションスペースなどがあり、アスリートたちはオリンピック期間中、快適な生活とトレーニングを送ることができる。

選手村の中で気になるのは「食事」かもしれない。選手に食事を提供するメインダイニングは、24時間営業で、1日4万5000食を提供。日本、西洋、アジア料理など地域別のほか、ベジタリアン向け、グルテンフリー、ハラルなど、あらゆる食文化に対応できるよう、700種類のメニューが準備されている。 カジュアルダイニングでは、おにぎりや麺類、鉄板焼きなど日本で日常的に食される食事を中心に提供。

世界中のアスリートたちは食事のラインアップに驚き、なかにはTikTokで食事を絶賛している人もいる。ここでは、その様子を見ていこう。

アメリカのラグビー選手、イローナ・マー(Ilona Maher)は「餃子」が最高と絶賛

カマンベールチーズの揚げ物や春巻き、ラーメンなども流行っているようだ

アメリカのバレーボール選手、エリック・ショージ(Erik Shoji)は日本食メニューを紹介

@thelibero

Dinner tonight in the Tokyo Olympic Village! Also watching me eat is CRINGE #olympics #DontQuitYourDaydream #tokyo2020 #tokyo2021 #food

♬ original sound - Erik Shoji

続いて、日本料理を提供するカジュアルなダイニングホールのメニューも紹介

プエルトリコ代表のバスケットボール選手、アリソン・ギブソン(Alison Gibson)は、フォーをはじめとするいくつかのメニューを超速でレビュー

食堂の中を見てみよう。オーストラリアのテニスプレーヤー、ダリア・ガブリロワ(Daria Gavrilova)が、メインダイニングホールをバーチャルツアーで案内

オーストラリアの水球選手、ティリー・カーンズ(Tilly Kearns)は、新型コロナウイルスの感染対策がどのように行われているか紹介

関連記事

大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選

東京2020オリンピック・パラリンピック選手村を一挙公開

東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介

東京オリンピック開会式を笑いで包んだ実写版ピクトグラム

写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面

初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告