1 Love It
保存する

東京、あんみつ10選

銀座、人形町、高田馬場など、東京生まれの至福スイーツを究める

Text by 松崎雅子、基太村京子

甘味の定番『あんみつ』。今やどの甘味処でも味わえるこのスイーツが、実は東京発のご当地グルメであることをご存知だろうか。その昔、浅草にある羊羹店の舟和で考案された『みつ豆』に、銀座 若松の主人が餡をのせたのが『あんみつ』の始まりだ。1903年(明治36年)当時、舟和では、しん粉と赤えんどう豆に糖みつをかけただけの甘味を提供していたが、この甘味を大人が喜ぶようにと、モダンな銀の器に盛り、角寒天、甘煮杏、求肥、赤えんどう豆を加えて高級感を出した。みつも黒みつと白みつから選べるようにして売り出したのだ。これが「みつ豆」という名で大ヒットし、舟和では「みつ豆ホール」まで開設した。当時は文明開化華やかかりし頃。つまり当時の『みつ豆』は、とても西洋的な食べ物として人々に浸透していったのだ。ところが、そんなモダンなみつ豆に、日本古来のスイーツである餡をのせた『あんみつ』が登場したのだから大事件だ。この、思いつきそうで、なかなか思いつかない発想は大当たりし、あんみつは瞬く間にみつ豆をしのぎ、東京生まれの甘味として広く知られるようになったのだ。ここでは、東京で食べられる代表的なあんみつの店を紹介する。餡がのっているため、みつ豆よりも味に差がでて、食べ歩きも楽しい。江戸前寿司だけではない、東京の味を是非知ってほしい。

銀座 若松

あんみつ発祥の店、若松は1894年(明治27年)創業の老舗甘味処。2代目の森半次郎が1930年(昭和5年)、みつ豆に自家製の餡をのせた「あんみつ」を考案。これが人気となり店の看板メニューとなった。ここでは、『元祖あんみつ』(900円)を味わっておこう。角のしっかりした寒天に、練りが強くどっしりと甘い餡、硬めに茹で上げたげた赤えんどう豆からは、素朴な豆の味と食感が楽しめる。みつは、現在は黒みつのみ。盛りつけのアクセントとなっている松の形の羊羹が愛らしい。

詳細情報
銀座

銀座 立田野

同店も、若松よりあんみつのレシピを伝授された店のひとつ。寒天は礒の香りがあり、高級てんぐさから煮出して丁寧に作られているのを感じることができる。餡の小豆とトッピングの赤えんどうは、北海道富良野産。こしあんはさらっとして食べやすく、赤えんどうもふっくらと炊きあげられており、皮が舌に残る違和感がない。赤えんどうの塩気も薄めで上品な味わい。あんみつのトッピングとして、あんずが添えられているのも嬉しい。1皿、880円。

詳細情報
銀座

銀座鹿乃子本店 和喫茶室

伝統和菓子『かのこ』で知られる和菓子店。その喫茶室の看板メニューが『鹿乃子あんみつ』(1,330円)だ。寒天とこし餡の上にトッピングされているのは、花白豆、虎豆、紫花豆、赤えんどう、青えんどうの豆類と、大粒の栗と白玉で、どの豆もしっかりと甘く味つけられている。餡は備中大納言で、こちらもかなり甘みが強く、甘党も満足できるだろう。みつは、黒みつ、白みつから選べる。ボリュームがあるので、お腹を空かしてから出かけたい。

詳細情報
銀座
Advertising

あまみ処 初音

人形町にある1837年創業の甘味処。寒天にこだわりがあり、新島ほか伊豆七島のてんぐさをブレンドして手作りしている。ここでは是非、つぶ餡の『小倉あんみつ』(700円)を味わってほしい。ほっくりと炊き上げられた餡は、甘さの中にも小豆本来の素朴な味わいが感じられ、思わず満足のため息が出てしまうほど。蜜は、沖縄産の黒糖を用いた自家製の黒蜜とさっぱりめの白蜜から選べ、かけられた状態でテーブルに運ばれてくる。純粋なあんこ好きにおすすめしたい、至福のあんみつだ。

詳細情報
人形町

竹むら

創業1930年(昭和5年)の甘味処。戦災を免れたため、店は昔ながらの古い建物で、東京都の歴史的建造物に指定されている。銀座 若松からレシピを伝授されたあんみつ(700円)は、寒天はくせがなく、餡もさらっとした味わい。赤えんどうの塩気は強めで餡の甘さを引き立てる。赤えんどうの皮がしっかりとしているので、食べ応えがあるのも特徴。黒みつはかけると香りが立つほど濃厚だ。はじめに出してくれるほのかな塩気の桜湯が、春の気分を盛り上げてくれる。

詳細情報
淡路町

あんみつ みはし 上野本店

「あんみつはみはし」がキャッチコピーの同店。餡には北海道十勝地方の厳選した小豆を使い、コリッと角のある寒天には、伊豆諸島や静岡県の海岸でとれた天草を使用している。2日間かけて仕上げる赤えんどうは、ほっくりとした味わい。黒みつと白みつの中間というさっぱりとした自家製みつは、甘い餡とも酸味のあるフルーツとも相性がいい。なお、『いちごあんみつ』(650円)は11月~4月頃限定の提供となっている。

詳細情報
上野
Advertising

自家焙煎ほうじ茶の店 森乃園

人形町駅から甘酒横丁に入るとすぐに漂ってくる香ばしい香りの出所がここ、1914年(大正3年)創業の自家焙煎ほうじ茶の専門店である森乃園だ。2階の喫茶室で味わえる『ほうじ茶あんみつ』(1,050円)は、寒天、餡、白玉、アイスクリームのすべてにほうじ茶を使っている。トッピングは、さくらんぼと栗、通常の白玉に柔らかめの求肥がふたつ。ほのかな香ばしさが楽しめるほうじ茶餡は、甘さと苦味の絶妙なバランスが特徴。アイスクリームはクリーミーで甘めなので、シンプルなあんみつ好きにとっては、やや重たく感じられるかもしれない。

詳細情報
人形町

【休業中】虎屋菓寮 赤坂本店

※休業中。2018年リニューアルオープン予定。
1500年代後期にまで歴史を辿ることのできる老舗中の老舗和菓子店。あんみつのトッピングには、一般的に缶詰のフルーツが使われていることが多いが、同店のあんみつ(1,155円)はあえてフルーツを使わず、すべて自家製のトッピングにこだわっている。黒豆、赤えんどう豆に加え、黒糖かん、粟羊かん、琥珀かん、水羊かん、求肥。型抜きされた色寒天も美しい。寒天は礒の香りがし、丁寧に作られているのを感じることができる。豆の味をしっかりと残したこし餡も食べ応えたっぷり。みつは黒みつと白みつから選ぶことができる。

詳細情報
赤坂

志むら

かき氷と九十九餅で知られているが、あんみつのファンも多い同店。大ぶりの白玉が豪快にのる『白玉あんみつ』(800円)は、トッピングにイチゴやキウイ、バナナ、オレンジなどのフレッシュフルーツを使っているのが特徴。くせがなくつるりと瑞々しい寒天を頬張れば、寒天に移った新鮮なフルーツの風味がほんのりと口の中に広がる。こし餡と黒みつともに甘さは抑えめ。特筆すべきは、九十九餅にも使われている求肥。ふわふわと溶けて行くような柔らかな食感と、ほのかな甘みのバランスがたまらない。

詳細情報
目白
Advertising

寒天工房 讃岐屋

神田川の桜並木沿いにある、1914年(大正3年)創業の甘味材料の製造所。ショップに併設された茶房では、寒天やところてんを使った甘味を味わうことができる。伊豆七島産の天草を季節ごとに特製ブレンドして作る寒天は、瑞々しくコリコリと角が立ち、磯の風味が品よくほのかに感じられる。トッピングは、餡、塩気のきいた赤えんどう、ふんわり柔らかだがコシのある求肥のみ。みつはさらりとした黒みつで、餡はこし、つぶ、桜の3種類から選ぶことができる。写真は『あんみつ(桜あん)』(400円)。

詳細情報
高田馬場

コメント

0 comments