1. 虎ノ門・麻布台プロジェクト
    ⒸDBox for Mori Building Co.麻布台ヒルズ
  2. 東急歌舞伎町タワー
    東急歌舞伎町タワー

2023年、東京にオープンする商業施設

新宿や虎ノ門、渋谷などに誕生する注目の施設

Mari Hiratsuka
編集:
Mari Hiratsuka
テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > Things to Do >2023年、東京にオープンする商業施設

これまで「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、目まぐるしい変化を遂げてきた東京。2023年は、再開発に関しては少し落ち着いてきたが、その分個性が際立つ施設が東京の主要エリアにオープンする。

注目は、坂本龍一がプロデュースする映画館が入る「東急歌舞伎町タワー」や、虎ノ門の「ヒルズ」の集大成となる新施設だろう。引き続き、変化を遂げる東京の街を見守ろう。

関連記事
2023年に行くべき新施設とイベント10選
東京駅で買う、かわいい手土産

  • Things to do
  • 新宿

※2023年4月14日オープン

新宿ミラノ座の跡地に、高さ約225メートルの高層複合施設が誕生。コンセプトは「好きを極める場の創出」。映画館や劇場、ライブホールなどのエンターテインメント施設とホテルが入居する。

建設を担当したのは、豊島横尾館や「2020年 ドバイ国際博覧会」の日本館を手がけた永山祐子建築設計。噴水をモチーフにした建物は地上48階建て地下5階、塔屋1階で構成される。

  • Things to do
  • 六本木

※2023年オープン予定

「六本木ヒルズ」などを手がける森ビルが「ヒルズの未来型」である「麻布台ヒルズ」をオープン。「緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街」をコンセプトに、6000平方メートルの緑に囲まれた広場を設置、超高層ビルでありながら自然を感じられる施設となる。

入居するのは、ファッションやアート、カルチャー、ウェルネスなどにまつわる約150店舗。低層部にはラグジュアリーな時を過ごせる日本初進出のホテル「ジャヌ東京」が入居する。そのほか、日本食をはじめ、世界の食を体験できる巨大フードマーケットも見逃せない。

広告
  • Things to do
  • シティライフ

※2023年3月オープン

池袋にサンシャインシティ社による、地上3階、地下1階建ての「パピヨンビル(PAPILLON BLDG.)」が誕生。同社が所有する池袋東口駅前のビルを5階建てから3階に減築し、リノベーションを施したもので、中にはビルの全フロアを用いた複合施設「ピーイチヨンヨン(P-144)」が入居する。

「まちのコミュニティ拠点」として、食、アート、エンタメ、ビジネスや社会課題など、多種多様なテーマでさまざまなパートナーと連携したプロジェクトを展開。多様な人たちが集い、交流し、新たなカルチャーを生み、育てる場を目指す。

  • トラベル
  • 空港
  • 羽田空港

※2023年1月31日オープン

羽田空港第3ターミナル直結の複合施設。1717室のエアポートホテルと日本文化を感じられるショッピングゾーン、2400平方メートルのホール・会議室が併設されるほか、飛行機の発着や富士山を望める24時間営業の天然温泉「泉天空の湯 羽田空港」も開業。

羽田エアポートガーデンバスターミナルには、都心主要部への路線のほか、白馬、草津温泉などの観光エリアや、東北、北関東、中部、北陸、近畿の地方都市と羽田空港を結ぶ新ルートを含む中長距離路線が発着。国内各地とのアクセスの向上が計画されている。

広告
  • Things to do
  • 京橋

※2023年3月10日オープン

高さ約240メートル、地上45階の大規模複合施設。地下1階でJR東京駅と接続し、駅前のイメージを一新する大規模な再開発事業の一環として建設された。東京ミッドタウンとしては、六本木、日比谷に続いて3番目となる。

地下1階から3階までは商業エリアとなり、地下2階には、東京駅周辺に分散している高速バス停留所が集約する。39階から45階に入居する「ブルガリ ホテル東京」は日本初進出となり、見逃せない存在だ。

2025年には医療施設やコンサート会場を併設した高層複合ビルが隣接して完成を予定している。

  • Things to do
  • 日比谷

※2023年春オープン

オフィスと商業施設から成る複合施設「東宝日比谷プロムナードビル」が、日比谷駅直結の場所にオープン。「プロムナード」は、フランス語で散策や散歩道という意味で、映画や演劇の観劇に訪れる人が同ビルを起点に日比谷の街を散策し、豊かで上質な時間を過ごしてほしいという思いが込められている。

オフィスからは「皇宮外苑」や「日比谷公園」の自然が望めるほか、周辺には「東京宝塚劇場」や「帝国劇場」などの劇場もある。エンターテインメントを堪能した後の一休みや、ショッピングに立ち寄るのもいいだろう。

広告
  • Things to do
  • 埼玉

※2023年春オープン予定

東武スカイツリーラインの獨協大学前駅周辺開発として、商業施設「トーブ イコート(TOBU icourt)」がオープン。「心地よい暮らしを提案する場所」を目指し、食、デザイン、文化、健康の4つに力を入れる。

松原団地記念公園に面した「ピクニックテラスゾーン」や、食に特化した「クオリティマルシェゾーン」、生活に彩りを飾る「ウエルネスリビングゾーン」はどれも心踊る空間。子どもから大人まで楽しめる場所だ。豊かな時を過ごしたい時に訪れたい。

  • Things to do
  • みなとみらい

※2023年7月オープン

みなとみらいに複合施設「横浜コネクトスクエア」が誕生。地上28階、地下1階建てで、上層部はホテル、オフィスエリア、下層部にはショッピングモールや憩いの広場がある。広場は4つに分かれ、それぞれ趣の異なった空間にデザインされている。アート作品や5種類の自然石を使った壁画は注目だ。

20〜27階に入居する「Yokohama SKY CRUISING」がテーマの「三井ガーデンホテルみなとみらいプレミア」は、晴天時には横浜の海とともに富士山も見える絶景スポットである。

過去を振り返る

2020年、東京にオープンする商業施設
  • Things to do

2020年は、紆余(うよ)曲折を経てオープンにたどり着いた施設が完成する。なかでも注目は、公園をつぶすな」と市民からの大きな反対やデモが行われた新宮下公園や、名称が賛否両論を呼んだ高輪ゲートウェイ駅だろう。そのほかにも、にぎわいのある水辺整備を推進している東武鉄道が手がける東京ミズマチ、クールジャパンがテーマのテーマパークが入居する有明ガーデンシティなどがオープンする。

広告
  • Things to do

今年は、何といっても「下北沢」に注目だ。長い期間行われていた駅前の再開発地が次々と完成していく。

そのほか、東京ミッドタウンがこの夏、東京駅の大規模開発の一環として八重洲にオープンするほか、2022年4月には開業5周年を迎えるギンザシックスに新たに19店舗がオープンし、リニューアルが行われる。変化を遂げる東京の街を見守ろう。

おすすめ
    関連情報
      広告