手塚マキ
手塚マキ

元ナンバーワンホストに聞く、歌舞伎町の未来

正論がない中で、正解を模索する

作成者: Time Out editors
Advertising

タイムアウト東京 >ポストコロナ、新しい日常。> インタビュー:手塚マキ

テキスト:堀 香織

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。

今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第5弾では新宿、歌舞伎町の元売れっ子ホストで現在はホストクラブ、バー、美容室など16店舗を運営するSmappa! Group会長の手塚マキに話を聞いた。

0か100かではない方針を

とにかく私は悩んでいます。感染症がまん延する社会という初めての経験で、商売人として、また一人の人間としてどう対峙(たいじ)すればいいのか、皆目見当がつきません。「今は何も正論がない」という気持ちが強く、そんな「ない正解」を模索しながら、この数カ月を過ごしてきました。

歌舞伎町の多くのホストクラブは、東京都の緊急事態宣言が出る以前の3月末に「土日営業を自粛する」という声明を共同で発表しました。「歌舞伎町のホスト業界もそういうことを意識しています」というアピールも兼ねて。

でも私は、週6日営業を週4日に減らしたら余計に密が上がると思った。クラスターを作らないようにするためには、営業日数を増やして顧客を分散させるほうがましなのではないか。顧客にとってもまんじりと家にいるよりは、週に1、2時間店で酒を飲むほうが心の健康をキープできるのではないかと。そこで弊社は、例えば50坪の店内に1、2組のみ、顧客一人に対してホストとヘルプ計二人で対応するというようなガイドラインを出しました。ホストも顧客も1週間きちんと検温を続け、互いに健康な状態で憩うのであれば感染率は低いと思ったからです。

一方、従業員に対しては教育を行うことにしました。「0か100かではない」、つまり「どんな状況でも営業したい」もしくは「営業するのは絶対におかしい」という両極端な判断に走らず、その考えに至るまでの過程について考えてもらおうと思ったのです。具体的には4月の報酬を100%保証し、コロナについての情報と知識をまとめた従業員向けの動画を配信して、それを見ることやレポートを書くことを課題として与えました。

実は2011年の東日本大震災の時も、従業員一人一人と面談して「そもそも何のために働いているのか」ということを考える機会にしたのです。店は1日も休まなかった。「誰かのために門戸を開いておく」ということが、私たちのような店、そして歌舞伎町という街の社会的意義だと思っていたからです。

そこで今回もきちんと誰かのより所になってあげられる店であること、誰かのより所になれる人間であることを考えてもらう機会になればいいなと思っていました。しかし、残念ながら私が期待するような結果は得られなかった。特に最近雇った若い従業員は家にじっとしていることができず、教育動画もまったく見ず、ちょっと具合が悪いというだけで一般病院に駆け込んでしまったのです。

メンバーシップ型の店と、ジョブ型の若いホストたち

ホストクラブとキャバクラの違いについて、私は「メンバーシップ型」と「ジョブ型」という言い方をよくします(濱口桂一郎著『若者と労働』より)。高度成長期の日本のように、とにかく一度雇って本人の個性や魅力を判断し、うまく成長させていくのがメンバーシップ型、女の子が入店初日から商品価値を問われるのがジョブ型です。

では、ホストクラブは?というと、思い切りメンバーシップ型です。まだ何者でもない男の子たちを、とりあえず受け入れて育てていくわけですから。しかも、ホストクラブというのは、一見さんが来ていきなり10万円を使うことはほぼありません。最初は3,000〜5,000円程度のお試し価格で入店し、顧客がホストを気に入り指名するようになって、初めて売り上げが立つのです。

そんなビジネス形態ですから、売れっ子と売れない子の給料格差は雲泥の差です。トップ1割のホストは何があったところで1年は食べていけるし、その売り上げで僕たち経営側も売れない子たちも食べている。彼らの格差を埋めていくことが健全な経営につながるのですが、それがなかなか難しい。業界の習わしとして、一か八かの一攫千金というシステムでホストたちをあおるのがホストクラブの経営の現実です。つまり、店がやらなければいけないことは、格差を埋められるような全体の底上げなのです。

ところが、コロナ禍の中で、私が思っている以上に一攫千金に懸けているホストが多いことが分かりました。職業として安定したホスト業を営むような中間層になりたいと思っていない。そこに食い違いがある。メンバーシップ型がいいと思っているのは私みたいな古いおじさんばかりで、若い子たちはジョブ型というか、「売れないからしょうがないし」「教育なんかうざいし、金もいらないから好きに遊ばせてよ」と非常にドライだった。ある意味、私は彼らに対する尊厳がちょっと足りない、「お節介おじさん」だったのでしょう。それでも弊社としては教育を続けていくわけですが……。

今後、ホストという仕事の在り方は変わるでしょう。収束後もこの感染症の恐怖や不安とともに生きていかねばならないだろうし、大人数でワッと派手に騒ぐような、それこそ入れ替わり立ち替わり接客するということはしばらくできない。ホストの数を抑え、完全予約制の「会員制ホストクラブ」にしないと、営業が難しいかもしれません。 

もしくは、オンライン営業も増えるのではないでしょうか。すでに多くのホストが個人的にミクチャ(動画共有コミュニティーサイト『MixChannel』)やイチナナ(ライブ配信アプリ『17 Live』)で、顧客とコミュニケーションを取っています。ただし、それを店として管理していくとなれば、新事業として考えたい。高級寿司屋が3万円で提供しているコースを1万円でテイクアウトとして提供したところで、テイクアウトや出前のおいしさを何十年も追求してきたピザーラには到底勝てません。それと同じことで、オンラインをリアルの代替的なものとしてやるだけでは、絶対に成功しない。真剣に新しいマーケットと向き合い、丁寧にやらなければうまくいかないと思っています。

Advertising

衛生と健康を管理できる仕組み作りを

このような状況ではありますが、ホストクラブは続けたいです。理由は、人との触れ合い、関わりが生きていく上で大事なことだと思っているから。そして、今働いているホストたちが未来に必須な能力を身に付けられると思うから。「Aさんから何を買うか」ではなく、「Aさんから買うか、Bさんから買うか」という時代において、常に選ばれる人間でいてほしいからです。

ホストクラブだけでなく、飲食店は今後、「その店に飲みにいきたい」「あの人に会いたい」ということがより顕著に価値になっていくでしょう。飲食業で働きたいと考える人も、松屋やマクドナルドのような徹底したマニュアルサービスの店で働くのか、「あなたに会いたい」と思われるような特別な価値がある店で働くのか、極端に分かれてくる。そして、真ん中にある店が、顧客にも働き手にも選ばれずに淘汰(とうた)されていくと思います。

今、公衆衛生についてすごく勉強しています。人の健康と衛生をしっかり管理できる仕組みを作っていくのが、今後の飲食業の肝ではないかと思って。一人一人の行動履歴や店の衛生の管理だけでなく、働く人の生活自体も清潔かつ健康にしたい。弊社は従業員の住む寮があるので、まず幹部たちにそこを回らせ、従業員の生活を一つ一つ整えることを徹底しています。コレラやペストがはやった時、売春宿や貧困街が感染拡大の原因であるかのようにいわれたのは、不潔だというイメージがあったから。その部分を変えていくきっかけになるような動きを自ら行い、それが業界全体に広がるのが今後の目標です。

アフターコロナに関しては、私はコロナ以前には戻らないと思っています。だいたい戻る必要があるのでしょうか。別にこれまでの社会が素晴らしかったわけではなく、以前から貧富の格差は大きく開きつつあり、目に見えないところで貧乏人やマイノリティーの人たちは迫害されていた。そもそも今回のコロナでみんながあたふたした理由は、普段は見て見ぬふりをしている人類の平和と資本主義の矛盾がこの非常事態時に露呈したから、という気がします。

もちろん、私自身も東京の歌舞伎町という資本主義社会の権化みたいな街でレースをしながら、遊んだり飲んだりするのは好きなタチです。ただ、それは単純に「サッカーが好き。だからサッカーをやっている」というようなもの。人生の全てであるかというと、そうではない。今は足をけがして「サッカーをやめなくてはいけないんだな……」くらいの気持ちです。サッカー選手がサッカーをやめても生きていくように、私も、そして私たちも状況が変わったとしても生きていく道は当然あるのです。

とにかく、我々には正論がないということを重々承知の上で、「いかに生きていくか」を今の仲間とともに模索していきたいと思います。

手塚マキ
©︎ 利根川幸秀

手塚マキ(てづか・まき)

歌舞伎町でホストクラブ、バー、飲食店、美容室など16店舗を経営するSmappa! Groupの会長。1977年、埼玉県生まれ。歌舞伎町商店街振興組合常任理事。JSA認定ソムリエ。1997年から歌舞伎町で働き始め、ナンバーワンホストを経て、独立。ホストのボランティア団体『夜鳥の界』を仲間と立ち上げ、深夜の街頭清掃活動を行う一方、NPO法人グリーンバードでも理事を務める。2017年には歌舞伎町初の書店『歌舞伎町ブックセンター』をオープンし、話題に。2018年12月には接客業で培った「おもてなし」精神を軸に介護事業もスタート。近著に『裏・読書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)。

ポストコロナを読むなら...

ポストコロナ、新しい日常。
ポストコロナ、新しい日常。

Welcome to the new normal ポストコロナ、新しい日常。

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。ここではアーカイブを紹介していく。

Covid19-post jp
田川欣也

インタビュー:田川欣哉

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第1弾では、ビジネス、テクノロジー、クリエイティブに精通し、プロダクト、サービスからブランド構築まで幅広く手がけるTakram代表の田川欣哉に話を聞いた。

Advertising
Covid19-post jp
牧野友衛

インタビュー:牧野友衛

トラベル

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第2弾では、世界最大の旅行プラットフォーム、トリップアドバイザーの日本法人代表取締役を務める牧野友衛に話を聞いた。

Covid19-post jp
岩佐十良

インタビュー:岩佐十良

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第3弾では、雑誌『自遊人』の編集、米や生鮮食品、加工品などの食品販売、里山十帖(新潟県南魚沼市)や箱根本箱(神奈川県箱根町)などの宿泊施設を経営&運営する自遊人の代表取締役 、岩佐十良に話を聞いた。 ※現在クラウドファンディングも実施中、公式サイトから確認してほしい。  

Advertising
山田拓
山田拓

インタビュー:山田拓

トラベル

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第4弾では、岐阜県飛騨古川にて、里山や民家など地域資源を活用したツーリズムを推進する、美ら地球(ちゅらぼし)代表取締役の山田拓に話を聞いた。

手塚マキ
手塚マキ

元ナンバーワンホストに聞く、歌舞伎町の未来

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第5弾では新宿、歌舞伎町の元売れっ子ホストで現在はホストクラブ、バー、美容室など16店舗を運営するSmappa! Group会長の手塚マキに話を聞いた。

Advertising
林千晶
林千晶

ポストコロナ、コミュニティーはどう変化するか

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第6弾では、ウェブデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティーデザイン、空間デザインなど年間300件以上のプロジェクトを手がけるロフトワーク代表取締役の林千晶に話を聞いた。

Jean-Michel Jarre
Jean-Michel Jarre

ジャン・ミシェル・ジャールが語る、ポストコロナの文化と経済

Things to do

音楽界の先駆者であり、ユネスコの親善大使でもあるジャン・ミシェル・ジャールが、4月に行われた第1回『レジリアート(ResiliArt)』に参加した。ユネスコが主催する『レジリアート 』は、新型コロナウイルス感染症が世界的流行している現在の、そしてポストコロナ時代のクリエーティブ産業について、主要な文化人が語り合うバーチャル討論会だ。 シリーズ第7弾では、ORIGINAL Inc. 執行役員でシニアコンサルタントを務める高橋政司が、ジャン・ミシェルに新型コロナウイルス感染症の大流行がアーティストにもたらした課題、この危機でクリエーティブ産業がどう良くなる可能性があるのか、などについて聞いた。

Advertising
森俊子
森俊子

ポストコロナ、建築はどう変わるべきか

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第8弾では、Toshiko Mori Architectのファウンダーで、ニューヨーク在住の森俊子にコロナ危機が起きて以来の生活を形づくるデザインの役割について話を聞いた。

デボラ・クラーク
デボラ・クラーク

イギリスのホテル経営者に聞く、これからのホスピタリティー業界

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第9弾では、イギリスでホテルを経営しているデボラ・クラークに、新型コロナウイルス感染症がホスピタリティー業界にもたらした影響とホテル経営者たちが進むべき道について聞いた。

Advertising
楠本修二郎
楠本修二郎

ポストコロナ、食産業に求められる変化

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第10弾では、現在WIRED CAFEを筆頭に国内外で約80店舗を展開、カフェ文化を日本に浸透させた立役者であるカフェ・カンパニー代表取締役社長の楠本修二郎に話を聞いた。

ダイアン・リース
ダイアン・リース

コロナ禍で見えた、博物館の未来

Things to do

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビュー企画をスタート。 今後、私たちの社会、環境、生活はどのように変わっていくのか。その舞台装置となる都市や空間は、どのようにアップデートされていくのか。シリーズ第11弾では、イギリス帝国戦争博物館の館長で、国立博物館長評議会の会長を務めた経験も持つダイアン・リースに、世界中の博物館が新型コロナウイルス感染症の流行にどう対応すればいいかについて聞いた。

Advertising
齋藤貴弘
齋藤貴弘

ナイトライフと文化産業の新しい可能性

ナイトライフ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、私たちは今、かつてないほどの変化の時代を迎えている。グローバルなシティガイドとして東京のさまざまな情報を発信してきたタイムアウト東京は、ポストコロナ時代のシティライフを読み解くための試みとして、国内外の識者によるインタビューシリーズを行っている。 第12弾は、風営法改正やナイトタイムエコノミー推進におけるルールメイクを主導してきた弁護士の齋藤貴弘だ。国内外の音楽シーンやカルチャーに精通する齋藤に、日本のナイトタイムエコノミーや文化産業が直面する現状、そして、そこから見える日本の新しい文化産業の可能性を聞いた。

おすすめ

    関連情報

      Advertising