1. CanCamナイトプール
    画像提供:株式会社小学館2018年開催時のデコレーション
  2. THE NEW OTANI POOLS
    画像提供:THE NEW OTANI POOLS

東京、ナイトプール2022

日焼けしない、クラゲも出ない、夏の夜の楽しみ方

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > ナイトライフ > 東京、ナイトプール2022

夏本番。猛暑日が続かないことを願うが、東京にはこんな気候でこそ訪れたいラグジュアリースポットがある。大人がはしゃげる新しい遊び場として注目を集めるナイトプールだ。

今年も各ホテルが趣向を凝らしたムード満点のプールが各地でオープンした。昨年に増してパワーアップした空間で、カクテルや音楽とともに熱帯夜を思い切り楽しもう。

もっと夜を楽しむなら...

  • Things to do

無性にわくわくする夏の夜は、特別な思い出を作る絶好の機会だ。花火や祭りなどの定番イベントに行くのもいいが、そのほかにもさまざまな楽しみ方がある。都内をさまよう屋台バーで外飲みしたり、工場夜景とともにフレンチを楽しんだり、ラッパーの怖い話を聞いて背筋を凍らせてみたりと、この季節だからこそおすすめしたい過ごし方を紹介する。

広告
  • 音楽

なぜか落ち着かない夏の夜。暑さにも少し慣れてきたら遊びに出掛けよう。

国内屈指のハウスコレクティブ「CYK」のメンバー、DNG fka DJ No Guaranteeによるキャリア初のOpen to Last「DNG All Night」は下北沢「SPREAD」で開催。「道玄坂48 卒業式 =CLOSING KICK OFF PARTY=」は文字通り48人の豪華ゲストが出演する。アヴァン・エレクトロニクスを独自の観点から追求する「FLATTOP」や、ワールドミューシックシーンの実力派が集う「HO-HAI」は夏バテ対策にも最適。見逃せないイベントだらけの週末を駆け抜けたい。

  • レストラン

東京は世界でも有数のグルメスポットだ。ミシュラン一つ星を獲得したラーメンから、1万円以下で楽しめるハイエンドな料理店のおまかせコースまで、予算に合わせたさまざまな楽しみ方ができる。

ここでは日々現れる新店の中から、3カ月以内にオープンしたヴェニューを厳選して12店紹介。和食、洋食、エスニックなど、多種多様なレストラン、カフェ、バーをチェックしよう。

※営業時間に変動があるため、出かける際は公式情報で確認を

おすすめ
    関連情報
      広告