1. CanCamナイトプール
    画像提供:株式会社小学館2018年開催時のデコレーション
  2. THE NEW OTANI POOLS
    画像提供:THE NEW OTANI POOLS

東京、ナイトプール2022

日焼けしない、クラゲも出ない、夏の夜の楽しみ方

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > ナイトライフ > 東京、ナイトプール2022

夏本番。猛暑日が続かないことを願うが、東京にはこんな気候でこそ訪れたいラグジュアリースポットがある。大人がはしゃげる新しい遊び場として注目を集めるナイトプールだ。

今年も各ホテルが趣向を凝らしたムード満点のプールが各地でオープンした。昨年に増してパワーアップした空間で、カクテルや音楽とともに熱帯夜を思い切り楽しもう。

  • Things to do
  • 紀尾井町

ホテルニューオータニ東京では、2022年7月16日(土)からナイトプールをオープンする。晴れた青空と日差しを満喫するデイプールとは異なり、ナイトプールではライトアップされた幻想的な空間で、アップテンポなクラブミュージックとともに大人な時間過ごせそうだ。

完全予約制となっており、ホテルの公式ウェブサイトで予約できる。期間中、7月17日、8月7、14日以外の毎週日曜日は休業となるので注意してほしい。

  • Things to do
  • お台場

レインボーブリッジを眺めながら泳げると評判の夏限定のテラスプール「グランブルー」が、今年も完全予約制で営業する。

長さ20メートルのメインプールのほか、深さ55センチの子ども用プールも完備。プールサイドの飲食スペースでは、かき氷やノンアルコールカクテルなど夏を感じさせるフードやドリンクが楽しめる。

エグゼクティブフロアに宿泊して、ゆったりとくつろぎながらプールで遊べる「プール入場券付き宿泊プラン」もあり、フロア宿泊者限定でラウンジが利用できるなど、贅沢感たっぷりだ。

お台場ならではのオーシャンビューの景色に包まれながら、日常と暑さを忘れさせる夏のひとときを過ごしてほしい。

広告
  • Things to do
  • 幕張

海外のリゾート地をほうふつとさせる絶好のロケーションとして人気のアウトドアプール「Shell Pool」が、今年も「オトナ女子」をうっとりさせるような夏の夜を演出する。

南国ムードでゆったりとバカンスを楽しんでいるような雰囲気が味わえる、ナチュラルな照明を使用。毎週木・金曜日には幻想的なピンク色のライトアップに変わり、国内トップクラスのDJパフォーマンスが行われる。

泳ぎ疲れたら、プールサイドの「シェルバー」でリラックス。カラフルな虹色のゼリーが目を引く「レインボーゼリーシリーズ」のひんやりとした食感と炭酸でクールダウンしてみては。

  • Things to do
  • 芝公園

ファッション誌「CanCam」が空間プロデュースするナイトプールが、3年ぶりに期間限定で東京プリンホテルに登場する。「レトロかわいい空間」をテーマに、ライトアップされた色とりどりのオブジェや浮き輪が浮かぶフォトジェニックさはそのままに、ネオンサインなど「昭和&平成」の香りがする装飾が夜の水辺を彩る。

プールサイドにはキッチンカーが出現し、「ノスタルジックサマー」をテーマにしたちょっぴりレトロで「映える」コラボレーションスイーツやフードも用意する。心も腹も満たされること間違いなしだ。

 

広告
  • Things to do
  • 江東区

「ホテルイースト21 東京」の屋外プールが、今年も夏季限定でオープンする。都内最大級、約2000平方メートルの広さを誇るプールは、19世紀のヨーロッパの庭園をイメージ。オーストラリア産砂岩を使用している。メインプールとラッププール、4種類の温水ジャグジーで構成されており、プールサイドのガーデンカフェでは軽食やカクテルも提供される。

  • Things to do
  • 品川

都会のホテルで優雅に過ごす「SHINAPRI SUMMER TRIP」では非日常感に包まれた夏を体験できる。

「NEO SUMMER EXPERIENCE -新しい夏の体験を-」をコンセプトに、ナイトプールビギナーの「NEO=新しい」夏の体験をサポートする。1980〜90年代のアメリカをイメージした音楽、ピンクをメインにしたライトアップ、かわいらしいフルーツサンド」(1,500円、税込み)などさまざまなコンテンツを用意。SNS映えする写真のコツなどもレクチャーしてくれる。

このほか、プール付き宿泊プランもある。詳細は公式ウェブサイトで確認してほしい。

広告
  • ホテル
  • 汐留

プライベートプールからの夜景を満喫する宿泊プランが、「コンラッド東京」に登場。同プランで宿泊すると、「水月スパ&フィットネス」にある25メートルのプールが、夜の時間帯に貸し切りで利用できるというから驚きだ。広々としたデラックスベイビュースイートと最も豪華なロイヤルスイートが対象の客室となる。

レストラン、ルームサービス、エグゼクティブラウンジの3つから選べる朝食付き。自分だけの空間で、優雅な時間を過ごそう。

  • Things to do
  • 舞浜

東京湾に面する千葉県舞浜のホテルで、リゾート感満載の「ガーデンプール」が2022年7月11日(月)にオープン。23日(土)からは幻想的なライトアップで非日常感を味わえる「ナイトプール」もスタートする。

8月31日(日)まではハワイのホテルとコラボレーションし、ホテル館内がハワイ一色に染まるハワイアンフェア「Mālama in Sheraton」を開催中だ。現地のシェラトンホテルのメニューにあるハワイアングルメや、トロピカルフルートロピカルフルーツを使った色鮮やかなカクテルが楽しめる。

思わず写真が撮りたくなるリゾート感あふれるフォトスポットなど、都心に一番近いリゾートでハワイ気分を満喫してみては。

広告
  • Things to do
  • 新宿

新宿にある「京王プラザホテル」の7階屋上に夏季限定で出現するスカイプールは、ビル群の間に隠された楽園だ。昨年に続き、プールの利用を宿泊プランの予約者に限定し、ゆったりくつろげるように昨年の3部制から2部制(1部9~13時、2部14~18時)へ変更する。

プール4時間利用と最大22時間滞在が可能な「Pool&Stay」は1室2人利用で1人1万,400円から販売。豪華な朝食として好評である「極上の朝食」付きのプランは1万5,900円から用意しているので、豪華なホテルの朝食で朝を迎えよう。

夏の間しか体験できない屋上プールのラグジュアリーな開放感と、摩天楼のドラマチックな景色を思う存分楽しんでほしい。

  • Things to do
  • 多摩地域

南国のリゾート気分を味わえる都内有数のレジャープール「プールWAI」が2022年7月1日から期間限定で営業中。7月16日(土)からは4つのプールや3つのスライダーを備えたナイトプールが楽しめる。

ライトアップやイルミネーションなどの演出で、海外のリゾート地を訪れたような開放的な気分を満喫しよう。

チケットは、混雑を避けるために日付指定の前売り販売なので注意しよう。また今年から混雑していない日の料金は安くなる「チケット変動価格制」を導入している。混雑していない日を見つけて、お得にゆっくりエンジョイしてみては。詳細は公式イベントページで確認してほしい。
 

広告
  • Things to do
  • 六本木

緑豊かな環境が都会のオアシスを感じさせる「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の屋外スイミングプールに、シャンパーニュ「マム アイス エクストラ」の世界観を表現した「ガーデンプール」が夏季限定でオープン中だ。

世界中の愛好家に親しまれているブランド「メゾン マム」を象徴する赤色のリボン(コルドン ルージュ)が彫り込まれた、立体的かつ先鋭的なボトルデザインをパラソルや浮き輪などにも使用して、フォトジェニックな空間を演出する。

併設の飲食コーナー「プールサイド・スナック」では、「マム アイス エクストラ」(1,980円から、以下全て税込み)や「マム アイス エクストラ シャンパンフラッペ」(2,200円)などのスペシャルなメニューが非日常感を醸し出す。

東京タワーを見渡せる絶好のロケーションで、夏にぴったりのシャンパーニュでリラックスしながら、プールサイドや水中のライトアップに照らされた夏の夜空の美しさを堪能してみては。

もっと夜を楽しむなら...

  • Things to do

無性にわくわくする夏の夜は、特別な思い出を作る絶好の機会だ。花火や祭りなどの定番イベントに行くのもいいが、そのほかにもさまざまな楽しみ方がある。都内をさまよう屋台バーで外飲みしたり、工場夜景とともにフレンチを楽しんだり、ラッパーの怖い話を聞いて背筋を凍らせてみたりと、この季節だからこそおすすめしたい過ごし方を紹介する。

広告
  • 音楽

なぜか落ち着かない夏の夜。暑さにも少し慣れてきたら遊びに出掛けよう。

国内屈指のハウスコレクティブ「CYK」のメンバー、DNG fka DJ No Guaranteeによるキャリア初のOpen to Last「DNG All Night」は下北沢「SPREAD」で開催。「道玄坂48 卒業式 =CLOSING KICK OFF PARTY=」は文字通り48人の豪華ゲストが出演する。アヴァン・エレクトロニクスを独自の観点から追求する「FLATTOP」や、ワールドミューシックシーンの実力派が集う「HO-HAI」は夏バテ対策にも最適。見逃せないイベントだらけの週末を駆け抜けたい。

  • レストラン

東京は世界でも有数のグルメスポットだ。ミシュラン一つ星を獲得したラーメンから、1万円以下で楽しめるハイエンドな料理店のおまかせコースまで、予算に合わせたさまざまな楽しみ方ができる。

ここでは日々現れる新店の中から、3カ月以内にオープンしたヴェニューを厳選して12店紹介。和食、洋食、エスニックなど、多種多様なレストラン、カフェ、バーをチェックしよう。

※営業時間に変動があるため、出かける際は公式情報で確認を

おすすめ
    関連情報
      広告