東京、ビアガーデン2018

世界の料理やバーベキューなど、進化するビアガーデンを追う
Beer gardens top
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

夏の風物詩として愛されるビアガーデンは、1875年に横浜は山手で初めて現在のような形態で行われ、1953年には大阪で屋上ビアガーデンが誕生した。近年は、バーベキュースタイルをとるものや、世界各国の料理が楽しめるものなど趣向を凝らしたビアガーデンが数多く存在しており、どこに行けばいいのかと迷うこともあるだろう。リストでは、ビールフェスティバルを含む、バラエティ豊かなビアガーデンを紹介する。

Things to do

ミッケラービアセレブレーション東京

icon-location-pin 信濃町
icon-calendar

ミッケラー東京、オープン1周年を記念するビアフェスティバルの開催が決定。北米、ヨーロッパ、アジアのブリュワリーが集まり、約320種類のクラフトビールを楽しめる。イベント限定のビールも複数用意される予定だ。国内外のブランドが一堂に揃うこの機会を、逃さないでほしい。チケット情報、イベント詳細については、公式ウェブサイトにて随時更新される。

Things to do

高尾山ビアマウント

icon-location-pin 高尾山
icon-calendar

標高500メートルにある、ビアガーデンならぬ「ビアマウント」。都心から横浜まで広がる、美しい夜景を楽しみながら、ビールや食事を楽しむことができる。メニューは、飲み放題、食べ放題の2時間制バイキングが用意されている。アクセスは、高尾山口駅からケーブルカーに乗って、高尾山駅まで約6分。『高尾山ビアマウント』の営業期間中は、ケーブルカーの終発時刻が21時15分となる。人気のイベントなので、早めの来場をおすすめしたい。

Advertising
Things to do

森のビアガーデン

icon-location-pin 信濃町
icon-calendar

東京の夏の風物詩とも言える明治神宮外苑のビアガーデン。緑に囲まれた会場は、滝が流れており、都心にいることを忘れさせるような開放的な雰囲気だ。用途に合わせて、アラカルト席と飲み食べ放題席を選べる。人気の『BBQ飲み食べ放題(2時間制)』では、ビーフやポーク、味付けラムなどの盛り合わせプレートと、ドラフトビールやワインをはじめとするドリンクメニューが思う存分に楽しめる。1000人を収容できる大きな会場だが、人気があるので早めの予約を勧めたい。

レストラン

神南軒BBQビアガーデン

icon-location-pin 渋谷
icon-calendar

渋谷駅から徒歩3分のダイニングバー神南軒に、夏季限定のビアガーデンがオープン。屋上テラスから眺める都心の夜景とともに、アルコールとバーベキューを楽しめる。2時間の飲み放題付き『神南軒特製BBQコース』と、予約者限定の『Tボーンステーキの特製BBQ』の2種類のコースが用意されている。オープンエアの開放的な空間で、夏の夜を満喫しよう。

Advertising
Things to do

The Oak Door American Beer Garden

icon-location-pin 六本木
icon-calendar

豪快なバーベキューとシーフード料理を楽しめるビアガーデン『The Oak Door American Beer Garden』が、グランドハイアット東京のオークドアで開催される。スモークバーベキューを日本に紹介した、ピットマスターのクレイグワイトをはじめ、アメリカンフードのスペシャリストたちが作り上げる逸品を、一夜で堪能することができる。飲み放題プランはもちろん、シャンパンを思う存分楽しめるVIPプランも用意されているので、その時の気分に合ったプランを選んでもいいだろう。

Things to do

ALOHA BBQ BEER GARDEN

icon-location-pin 池袋
icon-calendar

池袋PARCO本館屋上にハワイアンビアガーデンがオープン。南国リゾートをイメージした雰囲気のなか、手ぶらでバーベキューを楽しめる。セットメニューを注文すると、フードバーのフライドポテト、枝豆、シェイブアイスが食べ放題になる。ドリンクには、ハワイアンビールやトロピカルカクテルなども用意。特設ステージでは、フラダンスショーやライブも行われ、ハワイ気分に浸れるだろう。

Advertising
Things to do

アーバンビアテラス

icon-location-pin 丸の内
icon-calendar

丸ノ内ホテル8階にあるフレンチレストラン、ポム・ダダンに、屋外ビアテラスが期間限定でオープン。トリコロールブルーとホワイトをテーブルウェアに施した、南フランスをイメージしたテラスでは、高層ビル群の夜景を楽しみながらシェフ自慢のフードとドリンクを楽しめる。メニューは、シェフが考案した『おまかせプレート』と、2時間の飲み放題のセットが用意されている。

Advertising
Things to do

シロノニワ エキゾチカ・ビアガーデン 恵比寿

icon-location-pin 恵比寿
icon-calendar

アトレ恵比寿最上階のシーフードレストランのシロノニワに隣接する空中庭園に、ビアガーデンが期間限定でオープン。プラントハンター西畠清順が手がけた緑に囲まれた空間で、広尾の人気シーフードフレンチビストロ シロ.監修のエキゾチックな料理とアルコールを提供する。1時間半の飲み放題付きで、5種類のコースが用意されるほか、タピオカデザート食べ放題のタピオカ・フルーツバーや、世界のスパイスを味わえるスパイスバーなども登場する。絶景のロケーションで、リゾート気分を堪能しよう。

Things to do

IN THE GREEN BEER GARDENS

icon-location-pin 池袋
icon-calendar

ルミネ池袋に、今年もビアガーデン、バーベキューエリアが期間限定オープン。8階では、クラフトビールやワイン、カクテルなどのアルコールドリンクに加えて、果物を丸ごと1つ使うフレッシュジュースや、見た目も涼しいジュレジュースなどが楽しめる。ほかにも、『自家製ピクルス』や『ケイジャンシュリンプ』、『グッドモーニングバーガー』などのフードメニューも充実している。9階は、開放的なBBQエリアになっており、4,000円のMEATプランと、4,500円のMEAT&SEAFOODプランの2種類が用意されている。BBQ用品は全て含まれているので、手ぶらで楽しめるのが嬉しい。

Advertising
Things to do

食と緑の空中庭園 天空のビアテラス

icon-location-pin 池袋
icon-calendar

西武池袋本店の屋上で開催されるビアガーデン。会場の「食と緑の空中庭園」では、照明デザイナーが手がけるライトアップと、ジャズミュージシャンの大江千里が選曲したBGMで、落ち着いた大人の空間が演出される。メニューには2つのコース料理が用意されている。Aコースは、メイン料理とつまみ、2時間の飲み放題がセットで4,800円。Bコースは、つまみと2時間の飲み放題で3,000円。アルカルトで楽しみたい人には、フードカートエリアの利用を勧めたい。

Things to do

美しくなるビアガーデン

icon-location-pin 銀座
icon-calendar

松屋 銀座に『美しくなるビアガーデン』が今年も登場する。今回は「美カラダ」をテーマに、人気クロスフィットトレーナーAYAの監修メニューをはじめ、高タンパク、低カロリーにこだわったフードとドリンクを楽しめる。2時間飲み放題付きで、スタンダードとプレミアムの2種類の バーベキュープランのほか、オープニング特別プランや早割りプランも用意される。オープン記念として2020リットル限定でクラフトビール隅田川ブルーイングが飲み放題メニューに追加される。早めの予約をおすすめしたい。

Advertising