東京、訪れてほしい夜の高架下

中目黒、有楽町、新宿の高架下で、電車の音をBGMに一杯やる
マーチエキュート神田万世橋
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > ナイトライフ > 東京、訪れてほしい夜の高架下

高架下と聞くと、どんなイメージが浮かぶだろう。連なる飲み屋とサラリーマンの聖地というイメージだろうか。しかし近年、高架下のスペースを利用した洒落た施設が次々にオープンし、そのイメージを覆すような場所も増えた。高架下は、それぞれ地域の特色が出ているのも面白い。洒落た空間で軽く飲める中目黒や、スタイリッシュな大井町、ガード下飲食店発祥の有楽町など様々だ。ここでは、新旧の高架下スポットをおすすめの店とあわせて紹介する。電車の音をBGMに、ローカルに混じって乾杯しよう。

ナイトライフ

池上線五反田高架下

icon-location-pin 五反田

五反田駅から大崎広小路駅に続く高架下を利用した、レストランや自転車ショップなどが並ぶ施設がオープン。建築設計事務所のSUPPOSE DESIGN OFFICEが、リニューアルとデザインを手がけた。もともと高架下にあったラーメン魁力屋や、自転車を通じたライフスタイルを提案するSTYLE-B、ベルギービールが堪能できるRIO BREWING & CO.東京醸造所をはじめとする新旧店舗が並んでいる。

Things to do

サナギ 新宿

icon-location-pin 新宿

若者たちのエネルギッシュな感性が源になっているサナギ新宿。様々な国籍の人々が行き交う新宿という街を表現したという、カラフルで無国籍な空間は訪れただけで心が躍る。エントランスからすぐの場所にある、スタンディングバー「ネオ東京BAR」では、日本のクラフトビール『常陸野ネスト ヴァイツェン』や、『コエドビール 漆黒』をドラフトで用意している。フードコートでは、ヌードルやおでん、ロール寿司などがスナック感覚で味わえる。このスペースは、アート作品の展示、DJパフォーマンスやライブなどにも使用され、東京を拠点に活躍する若手アーティストが不定期に登場している。

Advertising
レストラン

中目黒高架下

icon-location-pin 中目黒

目黒川から山手通りを越えて祐天寺方面にかけて約700mにわたる中目黒高架下は、アパレルやワインストアなどのショップから本格的なレストランまでバランス良く揃う場所だ。祐天寺方面に歩けば、はしごするのにぴったりな日本酒バル、立ち食い焼肉店、うどん居酒屋などが立ち並ぶ。なかでもおすすめは、店先に特大のおでん鍋が置かれている「鶏だしおでん さもん」。鶏ガラと野菜を長時間煮込んだ鶏出汁で作られたおでんは、ひと味違った味わい。そして、目黒川近くにある、遊び心溢れるレストラン「PAVILION」はロマンチックなデートに最適。秘密の入り口から店内に入れば、名和晃平や西野達らのアート作品が出迎えてくれる。また、同店でのみ使用できる通貨でさりげなく花を女性にプレゼントする演出もできる。

ショッピング

マーチエキュート神田万世橋

icon-location-pin 秋葉原

中央線神田駅と御茶ノ水駅の間にあった、万世橋駅の高架下を利用したマーチエキュート神田万世橋。1912年に完成した赤煉瓦作りの建物からは、歴史の痕跡を感じることができる。素敵なショップの数々もこの施設の見所だが、夜に訪れてほしい店は、昼間はカフェの顔をもち、夜になると本格的な日本酒と旬の肴を提供するバーとして営業する「N3331」。線路に両脇を挟まれ、電車が間近に迫るスリリングな空間も堪能したい。そして、仕事の疲れを癒してくれるのは、美味しいクラフトビールを飲みながら、ビールの製造工程も学べる醸造研究所「常陸野ブルーイングラボ」。ホワイトエール、ペールエール、バイツェンをはじめとする『常陸野ネストビール』の定番クラフトビールが、工場直送のフレッシュさで味わえる。カップ酒の瓶に詰めて出されるスタイリッシュなつまみもおすすめ。

Advertising
アトラクション

有楽町

icon-location-pin 有楽町

昭和の雰囲気漂う名店が連なる有楽町の高架下。この有楽町から新橋をつなぐ高架下には、もつ煮込み、焼き鳥などを出す居酒屋を中心に、天ぷら、寿司、ドイツ料理店まで揃う。有楽町駅の日比谷口を出たら、まず入ってほしいのが、「新日の基」通称ANDY’S。70年以上続く居酒屋で、現在はイギリス人のアンディが3代目店主を務めている。築地でその日に仕入れた新鮮な魚を使った刺身や焼き魚が味わえる人気店だ。そして、晴海通りを渡り、新橋方面に向かうと見えるまつ惣」は、食品添加物をできるだけ使わないというポリシーや、スタッフの気さくな対応が素晴らしい居酒屋。看板メニューの『肉豆腐』はぜひ味わってほしい逸品だ。ちょっと特別な時間を過ごしたいなら、予約必須の名店「鮨 大前」に行ってみよう。青魚が自慢の同店のメニューは、7000円〜8000円(時価)のおまかせコースのみ。酒の持ち込みが自由で、その酒を冷やしてくれたりとホスピタリティにも満足できる。

オタクな一夜を過ごすなら…

ナイトライフ, ナイトライフ

東京、オタクが集うバー5選

東京には様々なマニア向けのバーが点在している。それは、多様で強烈なこだわりを持つ人々がたくさんいるこの街ならではのことだろう。この特集では、ゲーム、鉄道、怪獣、科学、アニメと、5つのジャンルに分け、怪獣に埋め尽くされた中野の大怪獣サロンや、四谷・荒木町のサイエンスバーINCUBATORなど、ユニークで初心者でも楽しめるオタク行きつけのバーを紹介する。

Advertising