夜の東京ガイド

バーやレストラン、水辺の隠れ家など、日没後に訪ねたいスポット

Photo: Jin Tamaoki/Aflo

タイムアウト東京 > ナイトライフ> 夜の東京ガイド

東京で最高の夜を過ごしたいのならば、ありとあらゆる情報を手に入れておくことが必要だ。ここでは、ロマンチックに過ごせるバーや、絶品料理が味わえるレストラン、水辺の隠れ家、セクシーな看板猫がいる店など、様々な角度から東京の夜を紹介する。友人や同僚と訪ねたり、デートの際に利用したい店も多数紹介。最高の夜を演出するべく、ぜひ参考にしてみてほしい。

ロマンチックに過ごす夜
バー

ロマンチックに過ごす夜

「バーで口説くな」というバーテンダーもいる。しかしやはり、すべてにおいてオーセンティックな一軒だからこそ、男女を問わず「素敵なあの人と足を運びたい」と考えるのも不思議ではない。ただし、扉を開く者はひとつだけしっかりと覚えておかなければならない。2人の交わす言葉、口説き文句の一語一句は、バーテンダーに筒抜けである、と。あるバーテンダーから耳にした逸話だ。カウンターにはどうみても訳ありそうな、言葉少なげな2人。ほかに客はなし。沈黙をついて女性が発した台詞は「このまま時が止まればいいのに・・・・・・」。それに黙って頷く男性・・・・・・。しかしその台詞を聞き、マスターは心の中で呟いた。「私もその中に止まり続けなければいけないので、それだけは勘弁して」と。バーでのデートは、スマートな行動と台詞とともにありたい。では今宵も至福の隠れ家で愉しい逢瀬を。

絶品料理を味わう夜
レストラン

絶品料理を味わう夜

数多くのレストランがある東京でデートをするなら、どんな料理を一緒に楽しむかということが最も重要なポイントと言っても過言ではない。この記事では、大切な人と一緒に訪ねたい4つのレストランを紹介する。

カジュアルに飲む夜
バー

カジュアルに飲む夜

気軽に立ち寄れるカジュアルで洒落たバー4軒を紹介。デンマークのクラフトビールを提供するバーや、つまみも最高の日本酒バーなどで肩肘張らずに乾杯しよう。

リバーサイドで過ごす夜
ナイトライフ

リバーサイドで過ごす夜

東京湾岸近辺で進行中のオリンピック関連建設事業の恩恵を受け、密かに水辺が賑わいだしている。都心のリバーサイドには、新しいレストランやカフェ、ヒップなホテルなどが次々と出現しているのだ。水上の大都市東京の水辺を活用すべく立ち上がったプロジェクト「ミズベリング」が先導するトレンドによって、日没後に訪れたくなるようなスポットが誕生することにもなった。この特集では、東京で今一番ロマンチックな水辺の隠れ家を紹介する。

音楽に酔いしれる夜
音楽

音楽に酔いしれる夜

渋谷や恵比寿、三軒茶屋などのミュージックバー5軒を紹介。魅力や雰囲気はそれぞれ違うが、忘れられない夜を過ごせるはずだ。

シェフが巡る夜の新宿ツアー
ナイトライフ

シェフが巡る夜の新宿ツアー

パークハイアット東京のエグゼクティブシェフであり、ニューヨークグリルを含め様々な賞を受賞したレストラン8店を監督するトーマス・アンゲラー。彼は4年間、新宿に住み、新宿で働いている。新宿エリアで深夜に訪ねるべき最高のバーやレストランを案内するのに彼以上の適任者はいるだろうか。トーマス・アンゲラーに夜の新宿の過ごし方を聞いた。 「私が完璧な夜を過ごすなら、ホテルからスタートするでしょう。まずニューヨークグリルでゆっくりとカクテルを飲みながらサンセットを眺めますね。52階から東京が夜のモードに変わりゆくのを眺めるのが最高なんですよ。日が沈むと一斉にライトが点灯し、まるでコンピューターゲームのように見え、出かけるのが待ちきれなくなります。 そこで、南にある西原エリアへ思い切って出かけることにします。そこには小さなレストランやバーが多数立ち並び、観光客はあまり見かけないですが人々はフレンドリーです。お気に入りの焼鳥屋、ふくもあります。25人も入れば満員になる小さな店です。ゲストシェフが訪れた時に連れていくんですが、皆気に入ってくれますよ。シンプルながらも、品質が極めて優れているのです。 串焼きはどれも絶品ですが、たっぷりとネギを盛った『せせり』(首の肉)をぜひ味わってほしいですね。もし冒険したい気分であれば、『ぼんぼち』(尾骨周りの肉)を。最後は、ピーマンにチーズを詰めてベーコンで巻いた『チーズ』で締めくくるのがおすすめです。とてつもない逸品なんですよ。どんな食材もベーコンを巻くと一層美味しくなります! お酒と串焼きである程度満たされたところで、バー ナカガワに向かってみてください。オーナーは素晴らしいモスコミュールを作るのですが、彼が2週間かけてウォッカにショウガを漬け込んだ酒がまた効くのです。彼は手作業で氷を削り、クラシック音楽のみを流します。このようにオーナーが全力を尽くす本当に小さな店を発見できるのが東京の醍醐味(だいごみ)です。 24時頃になったら、ゴールデン街のバーに向かってみましょう。その途中で、コンテナが積み上げられた代々木VILLAGEに立ち寄ってもいいですね。夏季には、美しいヤシの木の隣に砂を敷き詰め、オリジナルビーチを作っているんですよ。大量のビールと共にデッキチェアでくつろいでも良いし、壁に何千枚ものレコードが並ぶミュージックバーで過ごしても良いでしょう。 ゴールデン街に到着したら「バー・ルーレット」をするのが気に入っています。誰かが通りを選び、次の人が数字を、また次の人が左か右かを選ぶ。例えば、2番目の通りの、左側にある、3番目のバーを訪ねてみるというわけです。実際に入店して様子を見てみると、決して失敗することはないはず。あるバーはパンク、別のバーはジャズ、また別のバーは人形で装飾され80年代のJ-POPばかりを流すなど、常に楽しいバーを発見できるでしょう。 バーで数時間過ごしたら、朝日が昇るとともに家路につくのではなく、ラーメンで締めくくりましょう。ゴールデン街には美味しいラーメン店がいくつかありますが、凪はおすすめ。豚骨ラーメンを注文すれば、豚骨スープによって超高層ビルの間から朝日が昇る時間に家まで歩いて帰るパワーが湧いてきます。」 トーマス・アンゲラー

セクシーな看板猫と過ごす夜
Things to do

セクシーな看板猫と過ごす夜

恵比寿にあるバル、東京ロビンの常連客には魅力的な女性と男性が多数いるが、彼らでさえも東京で最もセクシーな猫と呼ばれる1歳のロビンにはかなわない。しきりにカメラに向かってポーズを決める魅力的な彼女は、幼い年齢を誤魔化すような魅惑的なオーラをまとっている。つややかな毛並みをしつこくなですぎると、威嚇しながら「シャー」と鳴き始める。たやすく飼い慣らされない美猫なのだ。 渋谷区恵比寿4-10-8 エビスビル 2階/03-6447-7333/12〜24時/定休日は月曜 美しいデート相手が好みであれば、新宿にある純喫茶カフェ アルルを訪れよう。フロアで働くのは、5歳の次郎長。チャームポイントのファニーな前髪と、独特のモデルウォークが、男らしくてモデル並みのたたずまいを際立てる。おまけに愛情深く優しい性格をしているので、近隣のホストクラブで働くプレイボーイたちも顔負けだ。 新宿区新宿5-10-8/03-3356-0003/11時30分〜22時/定休日は日曜

錦糸町で絶品料理を味わう夜
ナイトライフ

錦糸町で絶品料理を味わう夜

昼間は不動産屋で働きながら、夜は趣味のアートペイントやデザイン制作を行う角田晴美は、多忙な女性のひとりだ。毎年、東東京で開催される日本最大級の手作り市『すみだ川ものコト市』の実行委員長を務めている。錦糸町で生まれ育った角田に、昔はあまり治安が良くなかった錦糸町の夜のおすすめスポットを聞いた。 「錦糸町は、駅前が再開発される前は、地元の人でさえも少し怖く感じるエリアでしたが、最近はそんな雰囲気はありません。北口エリアは、近年スタイリッシュなレストランが多数オープンして、探索しがいがあります。ですが、この街の本質を体験するためには、居酒屋からスタートするのがいいでしょう。 居酒屋す吾六は、美味しい料理を味わえる堅実な店です。横綱の白鵬を応援する後援会幹事長の店で、白鵬のサイン入り写真が壁一面に飾られています。 日本酒が好きな人には、醸造酒と素朴な発酵食品で有名な醸造科oryzaeがおすすめです。 酒を飲んだ後にまだ足元がしっかりしていれば、真鯛ラーメン麺魚に寄ってみるのもいいですね。マダイから出汁を取り、ほぐし身をトッピングした一風変わったラーメンが味わえます。そのほかのラーメン店だと、佐市では、カキを同様に使用しています。 錦糸町には良いカレー店が何軒かあります。南インド料理店ヴェヌスや、バングラデシュ料理を提供するアジアカレーハウスなど。 軽めの料理なら、ガレットが美味しいビストロのマロ ガレット アンド キッシュ(MALO Galette & Quiche)が最近のお気に入りです。ガレットがフランスのシードルや蕎麦ビールとよく合います」

バーの女将に聞く夜の渋谷
ナイトライフ

バーの女将に聞く夜の渋谷

渋谷にあるスナックうつぼかずらに立つ女将の蔵人は、各地を精力的に旅している人物でもある。数年間地方のアートフェアなどでポップアップバーを出店しながら過ごし、2015年に縁があってスナックうつぼかずらをオープンさせた。今も地方での1日女将などユニークな活動をする蔵人に、夜の渋谷の過ごし方を聞いてみた。 「店を開ける前に、近所のおてちきやで食事をすることもあります。九州、鹿児島の郷土料理の店で、地鶏を使った料理や焼酎などが揃っています。店員の方たちののんびりした訛(なま)りも好きで、なんだか落ち着く店です。 ほかには、富士屋本店も外せません。地下にある創業130年の立ち飲み酒場には、懐かしい雰囲気が漂っています。おすすめは、昔ながらのおつまみとホッピー。この組み合わせがよく合います。  終電を逃した客たちと一緒に中国茶房8 青山店で始発を待つ夜もあります。24時間、年中無休で北京ダックを安く食べられる同店は、カジュアルでいい店ですね。 そんな感じで夜を過ごしていますが、桜丘にあるアットホームなバー、カタラタスへ飲みに行くこともあります。世界各国の輸入ビールがあって、品揃えが素晴らしいです」

銀座で粋に過ごす夜
ナイトライフ

銀座で粋に過ごす夜

銀座に着物専門店を3店舗構える銀座もとじの代表取締役社長である泉二弘明(もとじ こうめい)は、1979年から東京で最も華やかなエリアで生きてきた。1日も休むこと無く働き、多忙な日々を送っている泉二に、銀座で夜に訪れるスポットを聞いてみた。どれも必見の場所だ。 「私は仕事を愛していて、365日仕事をしています。ですが、時には一休みも必要です。そんなときに行くのが、銀座もとじ本店からほど近いフレンチレストラン、タテルヨシノ銀座です。シェフの吉野建は、パリでジョエル・ロブションの下で修行した方で、素晴らしい料理を作り上げています。ロケーションもPIAS GINZA 12階と最高で、窓から銀座の街を一望できます。 安くて、美味しく、活気溢れる焼鳥屋の武ちゃんは、50年以上も地元で愛されている老舗です。 たいてい夕食を食べながら数杯飲めば満足しますが、本当に飲みたい夜には、Bar Sに立ち寄ります。2015年に資生堂ビル内に開店した洒落たカクテルバーは、夜を締めくくるのに最適です。 ほかには、BVLGARI Il barもおすすめ。イタリアの高級ブランド『ブルガリ(BVLGARI)』の日本のフラッグシップショップであり、世界最大であるショップの10階にあります」

コメント

0 comments