カジュアルに飲む夜

渋谷、恵比寿、目黒で訪ねたいカジュアルなバー

タイムアウト東京 > 夜の東京ガイド > カジュアルに飲む夜

気軽に立ち寄れるカジュアルで洒落たバー4軒を紹介。デンマークのクラフトビールを提供するバーや、つまみも最高の日本酒バーなどで肩肘張らずに乾杯しよう。

ミッケラートウキョウ

2016年冬に東京での店を一度閉店したものの、2017年4月に再度同じ渋谷で店をスタートさせたビアバー、ミッケラートウキョウ(Mikkeller Tokyo)。ミッケラーは、デンマーククラフトビールの先駆けでもあり、カジュアルで洒落たビアバーを東京に提案した功労者だ。世界中を旅して本質的なビールの製造手法を研究してきた創設者のミッケル・ボルグは、もともと科学の教師だったというユニークな経歴を持つ。東京店が店を構えるのは、渋谷のラブホテル街の真ん中。オーナーのハミルトンは、様々な文化が交わる渋谷でまた店を開きたいと、ずっと店舗を探していたそうだ。1階がカウンターやスタンディング、ベンチとなっており、2階はテーブル席。ほとんどの客が1階でカジュアルに楽しんでいたが、2階で落ち着いて飲むのも良いだろう。ビールはミッケラーを含め、20種類のタップをキャッシュオンで提供。海外、国内ともに用意されている。自家製ライ麦パンを使った『スモーブロー』などのデンマークフードもある。

詳細情報
渋谷

アナザーエイト

京都を拠点としたクラフトビールと日本酒バー、Before 9の姉妹店。東京に上陸した同店は、目黒にあるガレージを改装してオープンした。店内のスタンドバーに加えて、建物の前と内側にはテーブルとベンチを設置。ビールが得意分野なので、エイトタップス(8つのタップ)も備えられている。厳選された日本酒や、1種類の国内産ワイン、フードも用意されている。フードメニューは、酸味が効いた『タコとセロリのマリネ』や『しらすと大根のオムレツ』がおすすめ。

詳細情報
目黒
Advertising

オル トーキョー

東京最大の繁華街にあるトレンディな裏通り、奥渋谷に日が沈み始めると、ノルウェー産のクラフトビールの聖地に足を運ぶスーツ姿を見かけることが少なくないだろう。このエリアで仕事終わりの1杯を求めるに最適なバー、オル トーキョー(Øl Tokyo)では、オスロービール醸造所のクラフトビールを楽しむことができる。ノルウェーから輸入した家具も置かれた北欧スタイルの店内には、交代制で厳選されるゲストビールのために20タップスも備えられている。店内のフードメニューの種類は少ないが、時々バーの正面にフードトラックが停車していることもある。

詳細情報
渋谷

ジェム バイ モト

恵比寿のジェム バイ モト(GEM by moto)では、提示されるドリンクメニューから注文しないのが最善策だと地元民は知っている。代わりに、店主の千葉麻里絵かスタッフに今の気分にマッチしたうってつけの酒を選んで貰うのだ。このカウンターのみの隠れ家は日本酒の宝庫。つまみも素晴らしく、特にブルーチーズが挟まれたハムカツや、モッツァレラチーズが添えられたチェリートマトは、最後にもう一度注文したくなるほど絶品だ。千葉とそのチームが2015年7月にやって来るまで、日本酒バーがほとんどなかった恵比寿。同店の存在は店名のGem(宝石)そのものである。人気店のため、事前予約をおすすめする。

詳細情報
恵比寿
Advertising

コメント

0 comments