1. teamLab
    Photo: Keisuke TanigawateamLab Borderless
  2. Tokyo Station
    Photo: Richie Chan/Dreamstime
  3. Sky Circus Sunshine 60 Observatory
    Photo: Sunshine City

東京、インドアで楽しむ場所16選

水族館やボルダリング、温泉など梅雨を楽しむ穴場スポットを紹介

Lim Chee Wah
テキスト:
Lim Chee Wah
広告

タイムアウト東京 > Things to Do > 東京、インドアで楽しめる場所16選

東京は梅雨入りしてしまったが、だからといって、家で一日を無為に過ごすこともない。展覧会を観たり、ミシュラン掲載のレストランで食事をしたり、あるいは家族で博物館を楽しんだり、とインドアでもできることがたくさんある。本記事では、天候に関係なく、屋内で楽しめるアクティビティーをリストアップした。

原文はこちら

  • Things to do
  • 有楽町

東京で初めてプラネタリウムができたのは、1938年のこと。有楽町にあったこの最初のプラネタリウムは1945年の戦災で失われたが、それからおよそ80年を経た現在、2つの大きなドームとバーチャルリアリティーのアトラクションを備えた新たな施設、コニカミノルタプラネタリア トウキョウがオープンした。

1つ目のドームは多目的デジタルシアターで、床から天井まで広がる8Kの超高精細スクリーンが設置されている。2つ目には最新の技術を導入したプラネタリウムがあり、東京の中心部にいながら、宇宙を身近に感じることができる。

  • アート
  • 銀座

華やかな銀座にあってひっそりとたたずむのが、この奥野ビル。昭和時代に建てられた古いアパートで、現在は多くのアンティークショップやミニギャラリーが入っている。

306号室は、かつての入居者が退去した後、そのままになっており、当時の様子をうかがい知ることができる。もう一つの見どころは、4階の銀座中央画廊。絵画や版画、写真などの企画展を開催している。

広告
  • ミュージアム
  • 上野

日本と東洋の文化財に興味があるのなら、ここへ行こう。日本最古にして最大の博物館で11万件以上を所蔵。華麗な門をくぐると、正面の建物が1938年建立の本館で、日本美術と骨董(こっとう)品を常設展示している。

本館の左は平成館で、日本とアジアの美術の大人気の作品の企画展を年3、4回行う。敷地内にはレストランが2カ所あり、本館にはミュージアムショップも併設されている。

  • アート
  • お台場

60以上の展示がある前例のないこのミュージアムは、「ボーダーレス」という名の通り、必ずしも一つの部屋で完結しているわけではなく、シームレスに別の部屋とつながっている。全ての展示はインタラクティブや没入型で、常に変化するのが特徴だ。

積極的に触れたり、追いかけたり、中断したり、付け加えたりできる上に、特別にキュレーションされた音楽で没入感ある体験ができる。館内は5つのセクションに分かれており、見どころがたくさんあるので、全部見るには数時間は確保しておきたい。

広告
  • トラベル
  • 丸の内

東京の観光スポットを全部見て回るのが難しいなら、定番観光スポットである東京駅を改めて見学してみるのもいいだろう。赤れんがによる豪華で驚嘆すべき建築は、明治時代の建築家、辰野金吾が設計、1914年に建てられた。

洞窟のような地下にはショップやレストランが多く入っており、それ自体が一つの街のような雰囲気だ。東京ラーメンストリートで多様な種類のラーメンを味わってから、黒塀横丁の居酒屋を楽しむのもいい。

ハローキティ、ポケモン、ジブリなどの土産や、アニメグッズを購入できる東京キャラクターストリートも訪れておきたい。

  • ショッピング
  • 渋谷

渋谷駅東口に直結し、東急百貨店内にある広大な渋谷東急フードショーは、渋谷でグルメを楽しむなら必須のヴェニュー。2021年には大規模にリニューアルされ、渋谷最大のフードホールとなった。

1階にあるスイーツのほか、地下1階は生鮮食品を扱うグロサリーと、駅直結で総菜を扱うグルメの3ゾーンに分かれており、巡りやすくなっている。一般的なデパ地下と異なり、イートインスペースが設けられているのも特徴だ。

広告
  • アトラクション
  • 池袋

サンシャイン60の最上階、地上251メートルに位置する展望台。バーチャルリアリティーなど最新のテクノロジーを駆使したコンテンツや鏡張りのフォトスポットなど、遊園地風のアトラクションを備えている。

もちろん360度の絶景も楽しめる。東京スカイツリー、東京タワー、富士山、横浜のランドマークタワーなど、SNS映えするパノラマを堪能してほしい。

 

  • アトラクション
  • 動物園&水族館
  • 葛西

ガラスドームの入り口は、あまり目立たないが、エスカレーターで下に降りると、そこには展示室が広がっている。世界の水域環境の再現を目指しており、世界中の海の生き物や、東京湾などの地元の生物が展示されている。

この水族館の一番人気は、クロマグロの大群が泳ぐ2200トンのドーナツ型水槽。海鳥好きには、エトピリカやツノメドリ、日本最大級のペンギンの展示がおすすめだ。

広告
  • ショッピング
  • 銀座

文房具が欲しくなったら、銀座伊東屋へ行けば、普通の文房具や書道用品から、高級万年筆、デザイナーズペーパー、画材など、あらゆるものがそろっている。

1〜8階はショッピングスペースで、「CARRY」「HOME」「CRAFT」などフロアごとにコンセプトが分かれている。高層階にはビジネスラウンジや水耕栽培の野菜畑があり、12階のカフェではこの野菜を使った料理を提供している。

2階では郵便物を出すこともできる。ポストカードや手紙を購入し、所定のスペースで書いてデコレーションしたら、店内の郵便コーナーで投函(とうかん)するだけだ。

 

  • レストラン
  • 渋谷

卓球が好きなら、渋谷にあるティーフォー トウキョウ(T4 TOKYO)がおすすめだ。レストラン、バー、ショップのほか、フードやドリンクに至るまで全て卓球をテーマにしているのが特徴だ。

ショップでは、卓球男子日本代表チームが愛用する、『Victas(ヴィクタス)』のギアを販売。卓球スクールもあり、思う存分楽しむことができる。

広告
ライノ&バード
  • スポーツ
  • クライミング
  • 日暮里

谷根千エリアの中心に位置し、京成本線の踏み切り手前を右に入った場所にあるライノ&バード(Rhino and Bird)は、ウッディな2階建ての大型ジム。ビギナーから上級者まで楽しめる多彩なウォールがそろう。初心者のためのエリアから始まり、より大きな壁、より難しい壁へと挑戦してみよう。無料講習のサービスがあるのもうれしい。

 

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 新宿

漫画や映画で人気の『テルマエ・ロマエ』にインスパイアされた、印象的な外観のスパ。中伊豆から天然温泉を毎日運搬して提供する露天風呂や温泉のほか、岩盤浴にサウナ、エステ、ボディーケアが楽しめる。ゆっくりとくつろげるラウンジスペース、ドリンクバーやカフェスペース、レストランなども併設している


広告
  • アトラクション
  • お台場

お台場にある屋内遊園地で、セガのバーチャルリアリティーなど3フロア、約20のアトラクションが楽しめる。

『ワイルドリバー ザ・トレジャーハント』のボートに乗ってラフティングを体験したり、『ワイルドウイング』に乗ってスリル満点の空の旅を体験したりできる。ゲームの中でヒーローになりたい向きには、『ZERO LATENCY VR』(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)も最適だ。5人の仲間とチームを組み、レーザー銃とVR技術による最新の装備で武装しながら、何十体ものゾンビと戦ってみよう。

広告
  • 映画館
  • インディペンデント系映画館
  • 吉祥寺

リラックスしながら充実した時間を過ごすなら、吉祥寺パルコの地下にあるおしゃれなアップリンクがおすすめだ。ドキュメンタリー、インディーズ、アート系など、さまざまなジャンルの映画を上映しているほか、ギャラリーや映画グッズを扱うショップも併設されているので、上映前に訪れるのもいいだろう。

クラフトビールやコーラ、自家製ジンジャーエール、ホットドッグやクッキー、ケーキなど、普通のポップコーンやドリンクとは一味違う軽食が楽しめるのも魅力だ。上映スケジュールは公式ウェブサイトで確認してほしい。

  • ステージ
  • 東銀座

歌舞伎座は1889年の開場以来、銀座のランドマークの一つになっている。火事や戦災で被害を受けて全壊したこともあったが、そのたびに再建されており、毎月のように公演されている。全ての幕が難しくても、好きな幕だけを観られる「一幕見席」があり、当日1,000円から2,000円程度で購入できる。

隣接するタワーの1階には体験型の歌舞伎ミュージアムや飲食店、ショップもあるので、公演を観なくても数時間は楽しめるだろう。

もっと梅雨を楽しむなら......

  • Things to do

梅雨といえばアジサイ(紫陽花)。青、紫、ピンク、雪のような白と、その豊かな色彩は憂鬱な雨の日でも華やいだ気分にさせてくれる。ここでは、上野や隅田公園、府中など東京を中心にアジサイ観賞が楽しめるスポットを紹介する。

広告
  • Things to do

朝から晩まで雨が降り続けることも多い梅雨の時期は、どうしても外出が減りがちだ。そんな季節だからこそ限定商品の販売や、商品割り引き、サンプルキットのプレゼントなど、さまざまなキャンペーンが用意されている。ここでは、外へ出かけることを渋る人に知ってほしい、雨の日でしかできないことをピックアップした。

おすすめ
    関連情報
      広告