1. 東京味噌らーめん鶉
    Photo: Kisa Toyoshima
  2. 灼味噌らーめん 八堂八
    Photo: Keisuke Tanigawa
  3. 味噌らーめん 柿田川ひばり 恵比寿本店
    『特製味噌らーめん』(Photo: Keisuke Tanigawa)

東京、味噌ラーメン20選

野方、恵比寿、浅草橋……みそ好きなら外せない一杯

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ラーメンガイド > 東京、味噌ラーメン20選

テキスト:メンチャック

季節を問わず、老若男女を問わず、広く愛される国民食のラーメン。しょうゆ、塩、みその定番をはじめ、煮干し鶏白湯(ぱいたん)などのスタイルも定番化してきたが、ここでは『味噌(みそ)ラーメン』に焦点を絞って、都内で食べたい20軒を紹介する。

札幌の老舗店、すみれと純連にルーツを持つ「純すみ系」(純蓮、すみれから派生したラーメン店を指す)や、オリジナルのスープがおいしい店など、寒い季節にぴったりなみそで体を温めよう。

※営業時間に変動があるため、詳細は公式ウェブサイトで確認しよう

関連記事
東京、二郎インスパイア系ラーメン20選
東京、本当においしい豚骨ラーメン20選

  • レストラン
  • 江戸川区
  • 価格 1/4

船堀にある人気ラーメン店。店主は札幌みそラーメンの名店として有名なすみれで、12年間修行を詰んだ経歴の持ち主だ。すみれ本家同様、ラードの膜で覆われたスープは、湯気は上がらないが熱々。

ニンニクのパンチがきいた濃厚な味わいながら、野菜やみその甘みを感じさせ、おろしショウガも良いアクセントになっている。スープが濃いと感じる人のために、薄めるスープも用意されている。

麺は中太の縮れ麺で麺に負けない存在感。食べる余裕があれば、スープとの相性抜群なライスもぜひ頼んでほしい。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 文京区

札幌の名店、すみれで修行を経た店主が江戸川橋にオープンした店。

2019年10月の開店から瞬く間にその味が話題を呼び、人気店となっている。看板メニューの『味噌らーめん』は、店主がすみれのラーメンを初めて食べた時に、衝撃を受けた味を再現。熱々で濃厚なみそスープの上に、ラードがたっぷりと乗った二層スープは黄金色に輝き、つやつやの麺との相性が最高だ。

食べている途中にショウガを混ぜると、後味がさっぱりして最後まで飽きない。みその香り、甘み、ベースとなる豚のうま味など、「すみれ系」のスタイルを極めた印象を受ける。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 町田

町田にある、マイルドな味わいのみそラーメンの名店。定番メニュー『3SO(みそ)らーめん』は、濃厚だが優しい口当たりで女性にも人気の一杯だ。トッピングの炒めたひき肉とシャキシャキのモヤシが、スープの味を引き締めてくれる。

トッピングを贅沢に乗せた『全部のせ3SOらーめん』や『辛3SOらーめん』など、ほかのメニューも試してほしい。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 武蔵野

武蔵境駅から徒歩5分ほどの武蔵境通り沿いにある、東京味噌らーめん鶉(うずら)。『味噌らーめん』は、東京、鎌倉、信州、愛媛のみそをブレンドしたみそだれに香り高いゴボウ油を加えた、独自の風味が広がる一杯だ。

ベースのスープは、主に大量の銘柄豚のもち豚ゲンコツと豚肉、鶏ひき肉を時間をかけて煮込み、個性際立つスープに仕上げている。濃厚ながら香ばしく、さっぱりとした優しい味わいだ。

麺は『ゆめちから』をメインに『きたほなみ』『はるゆたか』などの国産小麦を季節ごとにブレンドした自家製のウェーブ太打ち麺で、スープとの相性も抜群だ。チャーシューは脂身が少なくかみごたえがあり、ジューシーな仕上がり。

味玉は一流料亭でも選ばれている『奥久慈卵』を使用しており、ほどよい半熟加減でうま味が詰まっている。モヤシ、そぼろ、白ネギ、ゴボウチップなどのトッピングも、丁寧な仕事ぶりがうかがえる。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 野方
  • 価格 1/4

麺処 井の庄などで修行を積んだ店主が、濃厚みそが香る珠玉の一杯を提供。豚骨、鶏ガラ、野菜などを煮込んだスープに、白みそとニンニク、ラードで煮込んだ具材を乗せた『味噌らーめん』は、濃厚だがしつこさがなく、幅広い年齢層に受け入れられるような、飽きのこない味だ。

濃厚スープには野菜の甘みが広がり、非常にバランスが良い。歯ごたえのある太麺や、とろけるような分厚いチャーシューの食感が加わり、満足度が非常に高い一杯。みそは信州産の白味噌を使用。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 京橋

飲食店が集結する銀座で、オリジナリティーあふれる『味噌らーめん』を提供する店。一番のおすすめは、『特みそこってりラーメン』。豚骨や鶏ガラのベースに5種類のみそがブレンドされたスープは、一見すると濃厚であるものの、刻みショウガが加えてあることであっさりと食べられる。

モヤシ、コーン、チャーシュー、のり、煮卵などがたっぷりと乗っており、ボリューム満点。麺は『浅草開化楼』の中太縮れ麺で、まろやかなみその味と好相性。また、辛みがきいた『みそオロチョンラーメン』もおすすめ。

※2022年3月中旬までリニューアルのため休業中

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 恵比寿

恵比寿駅西口から徒歩3分ほどの場所にあるラーメン店。店内はカウンター12席だが、昼時は並ぶほど人気がある。

定番人気は、熱々のスープと太麺に、とろとろのチャーシュー、ニラ、モヤシ、コーンなどのトッピングが乗った『味噌ラーメン』。のり、味玉、チャーシューが追加された『つなスペ味噌ラーメン』もボリュームたっぷりで、ほかには『辛味噌ラーメン』『味噌カレーラーメン』『特製まぜそば』などのメニューが並ぶ。

また、みそラーメン店としてのおいしさを探求した限定メニューも登場。定番メニューと迷うところだが、ぜひ挑戦してみてほしい。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 浅草橋

浅草橋駅近くの路地裏にある、みそラーメン店。一番人気の『味噌』のほか、『醤油』『塩』の3種類を提供している。 『味噌』は札幌の「純すみ系」スタイルで、ラードの下には熱々のスープと縮れ麺が混ざり合う。スープはみその風味と、豚骨、鶏ガラのベースが際立ち、あっさりとキレのある飲み口が特徴だ。

食べている途中にトッピングのショウガを混ぜて、アクセントをつけるとさらにおいしさが増す。とろとろのチャーシューや、青ネギ、メンマ、タマネギ、モヤシなどの具材がたっぷりで、価格も控えめ。コストパフォーマンスも抜群だ。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 板橋区

板橋区役所前駅から徒歩5分ほどの場所に、すみれ出身の店主がオープンした店。

看板商品の『味噌らーめん』は豚骨と野菜、数種類のだしを組み合わせ、みそや野菜、ニンニクを炒めて味わいを加えたスープが特徴だ。特製みそは、全国の名品を吟味して作られたもの。いわゆる「純すみ系」(純蓮、すみれから派生したラーメン店を指す)のテイストを抑えつつ、よりマイルドでバランスの良い味に仕上がっている。

一口目のガツンと来るインパクトから徐々に舌に味がなじみ、箸が進んでいく。豚肩ロースのチャーシューも歯切れ良く、柔らかくおいしい。全体的に優しい味わいだ。店名は、店主出身地の石狩の町内会の名前に由来しているという。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 中目黒

東急東横線中目黒駅から徒歩9分ほど、山手通りから少し裏手に入った路地の2階にあるみそラーメンの店。北海道出身の店主が提供する『味噌ラーメン』は、自家製のみそと動物系、魚介系を混ぜ合わせたスープのバランスが絶妙な一杯だ。

みそは北海道大豆、こうじ、塩を使用し、独自の製法、熟成時間で仕上げたもの。高温に熱せられたラードで野菜とひき肉、そして手作りみそを焼き上げ、熱々のスープを注ぎ入れて一気に乳化させる。みそと同様のこうじを使ってチャーシュー、味玉の素材を作っており、同じこうじを使うことで味に一体感が生まれている。

チャーシューの上に乗ったショウガを途中で混ぜ合わせると味の変化が楽しく、最後まで食べ飽きない一杯だ。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 恵比寿

恵比寿駅西口から徒歩3分ほどの場所にある、ど・みそ出身の店主が営むみそラーメン専門店。濃厚なスープが特徴の『味噌らーめん』が人気のほか、みそと昆布水を合わせた『昆布水の味噌つけ麺』という珍しいメニューを提供している。

そのほかのメニューは、汁なしの『味噌和え麺』、辛さが癖になる『旨辛味噌らーめん』、カレーの風味がきいた『味噌カレーらーめん』など、みそのバリエーションが多く飽きないラインアップだ。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 荻窪

野方の『味噌麺処 花道』出身の店主が作る、濃厚なみそラーメンが特徴の行列店。

スープは最初の一口でふわっとニンニクの風味が立ち、まろやかなみその味わいを引き立てている。三河屋製麺製の麺は、中太でもちもちとした食感で、スープによく絡む。モヤシもしっかりした味付けで、歯ざわりも食べていて心地よい。行列ができる日が多いので、早めに行くのがおすすめだ。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 大久保
  • 価格 1/4

大久保駅の線路沿いにあるラーメン店。入り口には、チャーシューをあぶる香ばしい匂いが漂う。券売機上部にある『支那そば』ももちろんおすすめだが、まずは人気の『味噌そば』を食べてみてほしい。

みそ味のスープは、『支那そば』をベースに、徳島の御膳みそをはじめ数種類をブレンドしたもの。揚げネギが浮かんだその見た目からは濃厚そうな印象を受けるが、一口すすれば、優しい味わいが体にじんわりと染み渡る。麺はコシがあり、スープをしっかりと持ち上げられる細麺だ。

トッピング付きを選ぶならば『味噌肉ワンタンメン』をぜひ注文しよう。肉がたっぷり詰まったワンタンは食べ応えがあり、ショウガの香りがみそともよく合う。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 大森

JR大森駅から徒歩3分ほどの場所にある、2021年1月にオープンしたラーメン店。豚骨や鶏ガラは一切使わず、ヒツジのリブとゲンコツをたき上げたスープを土台にしたみそラーメンが看板メニューだ。

『熟成白みそらーめん』はラムのうま味と風味がたっぷりのだしに、みそ本来の味を大事にした白みそを合わせた個性的な一杯。香味野菜やタムショルダー肉もたっぷり加えられている。麺は北海道産の小麦を使用した太縮れ麺でコシが強い。特製は、骨付きのラム肉も加わる。

そのほかに、数種類のスパイスとヒツジの油を使った自家製ラー油を合わせた『辛味噌らーめん』がある。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 多摩
  • 価格 1/4

聖蹟桜ヶ丘駅近くにある、みそラーメン好きは必見のラーメン店。

みそマニアの店主が、全国から7種類のみそを独自に配合して作ったという『味噌ヌードル』を味わうことができる。どろっとしたスープが特徴で、濃厚なみその中には魚介系の風味も感じられ、奥深い一杯。トマトとワインで味付けされたひき肉や、刻まれたタマネギ、パプリカなど、どことなくイタリアンを感じられる個性的なトッピングにも注目したい。

『味噌ヌードル』を注文したならば、絶対に食べ損ねるわけにはいかないのが替え玉だ。赤ワインとトマトから丁寧にとった贅沢なスープに入った替え玉は、これ自体をメニュー化してくれとの声も上がるほど手の込んだ一品だ。

  • レストラン
  • 池袋
  • 価格 1/4

池袋東口から徒歩5分。激戦区の池袋の中でもとりわけラーメン店が集中している一角に位置し、常に行列の絶えない人気店だ。黄色を基調とした外観と、ニンニクや野菜増しは無料というシステムはラーメン二郎をほうふつとさせるが、実際は全く異なり、女性客にも人気がある。

メニューは『味噌』『味噌つけめん』『辛味噌』など。クリーミーで濃厚でありながら、とても滑らかなみそは「うまい」の一言。中太縮れ麺は弾力があり、みその味をしっかりと吸い上げてくれる。シャキシャキの野菜と白ネギも麺とスープによく合っている。

広告
  • レストラン
  • ラーメン
  • 北千住

JR北千住駅の東口から徒歩3分ほどの黄色い看板の店。北千住に店を構える、牛骨らぁ麺マタドール 』の姉妹店に当たる、みそラーメンの専門店。都内のみそラーメンと言えば、札幌発の『すみれ』系が台頭しているなか、唯一無二のオリジナリティーのあるラーメンを提供している。

一番人気の『濃厚味噌』は、西京みそと信州みそなどをブレンドし、牛骨スープに合わせた超濃厚な味わい。それでいて、食べ進めるうちにマイルドになっていく。

『贅沢濃厚味噌らぁ麺』はチャーシュー、ローストビーフ、牛すじなど、ふんだんな牛肉のトッピングのほか、レンコンやトマト、モヤシなどの野菜の具材もたっぷり乗り、もっちりした太麺と合わさって豊かな味わいが引き出されている。

  • レストラン
  • ラーメン
  • 神田
  • 価格 1/4

真っ赤なスープと白みその風味が食欲をそそる『特性カラシビ味噌らー麺』が評判のラーメン店。動物系と魚介系を合わせたスープに4種類の唐辛子や花椒(ホアジャオ)を加えた、辛くてしびれるラーメンが味わえる。

辛さとしびれは5段階に調節でき、好みの味を楽しめるのも魅力。八角が香るジューシーで分厚い角煮が乗った『肉々カラシビつけ麺』も人気だ。

広告
  • レストラン
  • 市ヶ谷

市ヶ谷駅から徒歩5分ほどの外堀通り沿いにある大塚屋(旧店名はくるり 市ヶ谷店)。カウンター7席のみの、こじんまりとした店だ。『辛味噌ラーメン』はラー油や豆板醤(トウバンジャン)がきいたどろりと濃度高めのスープで、クリーミーな一杯に仕上がっている。

トッピングは、たっぷりと乗ったモヤシ、弾力のあるチャーシュー、白髪ネギなど。もっちりとした中太麺が濃度の高いスープにマッチしている。このねっとりしたスープと麺の舌触りは独特で、他店ではなかなか味わえない。みそと混ぜた動物系のスープに、ほんのりとニンニクの味がきき、全体のバランス感が素晴らしい。

辛いものが苦手でもとりこになる人も多く、時間帯によっては行列の絶えない人気店だ。

  • レストラン
  • 淡路町

小川町駅近くにあるつじ田味噌の章は、豚骨魚介系の名店、めん徳二代目つじ田のセカンドブランドとしてスタートした、みそラーメン専門店。

同店の特徴は、中華鍋で炒めたモヤシを乗せる昔ながらの札幌ラーメンの手法と、こちらも名店の純連やすみれのをほうふつとさせる、ラードに包まれたスパイスの香る熱々のスープだ。濃厚ではあるが、ショウガがシャープなアクセントとなっている。

カウンターにはそれぞれ特徴が記された薬味が各種用意されており、メニューはシンプルに『味噌らーめん』『辛味噌らーめん』の2種類。辛いものが好きな人は、唐辛子とみそを練り込んだ、トッピングの『だるま』を追加で頼もう。

熱々ラーメンを食べたいなら……

東京、家系ラーメン20選
  • レストラン

家系ラーメンといえば、新杉田にある吉村家(現在は横浜に移転)を発祥とする、こってりした豚骨しょうゆのスープに、中太のストレート麺、のり、ホウレンソウ、チャーシューという基本のトッピングが特徴のラーメンである。

1990年代後半に家系ラーメンのブームが起こって以降、今やラーメンの定番ジャンルの一つになった。吉村家を源流とする直系の店から、それを模倣した店まで、関東を中心に数多くの家系ラーメン店が存在している。その味は中毒性が高く、時折無性に「家系」を食べたくなる衝動に駆られる人も多いはず。

原点の味を追求する店、独自の進化を図る店など、各店がしのぎを削っているが、ここでは店の系譜や出身は問わず、ラーメンハンターが選んだ、東京都内で今食べるべき家系ラーメンを紹介。

  • レストラン
  • ラーメン

ラーメンブームの原点とも言える、豚骨ラーメン。の骨髄を徹底的に煮込むそのスープの世界は、癖のあるキャラクターとバリエーションの豊富さで、定番メニューの一つとなった。本場九州から東京オリジナルのものまで、都内で食べることができる「本当においしい」豚骨ラーメンを紹介する。

広告
  • レストラン
  • ラーメン

近年、すっかり定番の味として都内でも人気店が増えてきた『鶏白湯(ぱいたん)ラーメン』。一口すすれば深いコクと白濁したスープのとりこになること間違いない。ここでは、都内15店を厳選。

あっさりとしながら鶏脂のうま味、コクの感じられる鶏白湯ラーメンは、たっぷりの鶏コラーゲンや、野菜をふんだんに盛り付けてヘルシーなメニューを展開する店舗もあり、女性ファンも増加中だ。牛や豚の臭みが苦手、という人でも親しめるメニューが多いので、ぜひ近くの名店に足を運んでいただきたい。

  • レストラン
  • ラーメン

2021年も数多くの店がオープンしたラーメン業界。本記事では注目の「G系」や「ネオクラシック系」、滋賀県の有名店の東京進出、変わり種のみそラーメンなど、おすすめの新店を紹介。年の瀬は、熱々の一杯で締めよう。

広告
  • レストラン
  • ラーメン

競争の激しい東京のラーメン業界。ここでは不動の人気店から隠れた名店、彗星(すいせい)のごとく現れた新店まで多様なジャンルで紹介する。都内全域から好みの一杯に巡り合ってみよう。

おすすめ
    関連情報
      広告