東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

10月1日は都民の日、無料公開の施設を紹介

美術館や動物園、庭園など

テキスト:
Sato Ryuichiro
広告

緊急事態宣言も解除され、外出したいと思う向きもあるだろう。10月1日は、1898年に東京が市長を持つ一般市となったことを記念して1952年に制定された「都民の日」。都立の美術館など各種施設が無料で一般公開される。この記事では、対象施設を紹介していく。

美術館

東京都江戸東京博物館(常設展のみ)、江戸東京たてもの園東京都庭園美術館(庭園のみ)、東京都写真美術館山城知佳子 リフレーミング』『宮崎学 イマドキの野生動物』『リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真』)、東京都現代美術館MOTコレクション』)、東京都美術館(『Walls&Bridges世界にふれる、世界を生きる』)

東京都写真美術館では3つの展示が無料。全ての展示を鑑賞して写真の世界に夢中になる一日を過ごすこともできるのだ。東京都現代美術館では蜷川実花やChim↑Pom、マーク・マンダースなど多くの見どころがあり、東京都美術館で東勝吉の水彩画、増山たづ子の写真といった作品を見ればきっと心を動かされることだろう。

庭園(いずれも要事前予約)

旧芝離宮恩賜庭園小石川後楽園六義園旧岩崎邸庭園向島百花園清澄庭園旧古河庭園殿ヶ谷戸庭園

Photo: Travelling-light/Dreamstime
清澄庭園(Photo: Travelling-light/Dreamstime)

動物園、植物園(夢の島熱帯植物館、東京港野鳥公園以外は要事前予約

神代植物公園多摩動物公園恩賜上野動物園葛西臨海水族園井の頭自然文化園夢の島熱帯植物館、東京港野鳥公園

葛西臨海水族園
葛西臨海水族園

ほかにも、東京都水道歴史館で『江戸上水歴史講座と史跡めぐり』、東京都水の科学館東京都虹の下水道館では記念品配布などのイベントも予定されている。思い思いの休日を過ごしてみては。 

都民の日に無料となる施設などの詳細はこちら

関連記事

インタビュー:ダニエル・クレイグ

コンランショップから卓球台をイメージしたアートテーブルが登場

800点以上のカワイイが集結、サンリオ60周年記念展

表参道にロンドン発の老舗イタリアン、リナストアズが初上陸

村上春樹ライブラリーでしかできない6のこと

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告