東京都現代美術館

  • アート
  • 清澄
  • お勧め
  1. Metropolitan Museum of Contemporary Art
    Photo: Museum of Contemporary Art Tokyo
  2. Metropolitan Museum of Contemporary Art
    Photo: Museum of Contemporary Art Tokyo
  3. Metropolitan Museum of Contemporary Art
    Photo: Museum of Contemporary Art Tokyo
広告

タイムアウトレビュー

絵画、彫刻、ファッション、建築、デザインなど幅広く現代美術を紹介、展示する美術館。2019年3月末、約3年の大規模改修工事を終えてリニューアルオープンした。併設する美術図書室には子ども向けのライブラリーを備え、一新された飲食店では季節に応じた離乳食を提供するなど、親子でより楽しめる施設へと生まれ変わった。

国内外から集められた5400点ものコレクションも好評だが、ここに多くの人々を呼び寄せるのは、魅力的な企画展の数々だろう。美術関連図書資料27万冊を誇る美術図書室も備えており、充実した映像ライブラリー、雑誌やカタログのコレクションも見逃せない。

詳細

住所
東京都江東区三好4-1-1
Tokyo
アクセス
東京メトロ半蔵門線『清澄白河』駅(B2出口)徒歩9分/都営大江戸線『清澄白河』駅(A3出口)徒歩13分
営業時間
10時00分〜18時00分(入場は閉館の30分前まで)/休館日は月曜

開催中

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

さまざまな制度や仕組みに無意識に従う人間の思考の型を見いだし、社会と個人の関係や、自己の在り様を問い続ける現代作家・豊嶋康子。美術館では初となる大規模個展を「東京都現代美術館」で開催。30年に及ぶ豊嶋の活動の全貌を、初期作品から新作まで400点近く集め検証する。 展示は、作家自身の思考に基づいて構成。作家デビューを飾った「マークシート」「エンドレス・ソロバン」が、全面修復を経て33年ぶりに公開される。そのほか、定規をオーブントースターで加熱しゆがませた「定規」シリーズや、銀行での口座開設や株式購入などを行う「口座開設」「ミニ投資」など、複数の見方が現れる作品群が展示される。 会期中は、アーティストトーク、対談、ボランティアや担当学芸員によるギャラリーツアーなども行われるので、ぜひ参加してほしい。

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

若手作家の作品を中心に「東京都現代美術館」が企画するグループ展。19回目となる今回は、10〜30代のアーティストが参加し、想像力や手仕事による「創造」と、NFTや人工知能、人工生命、生命科学などのありようを反映するかのように自動的に生まれる「生成」との間を考察する。 最年少のZombie Zoo Keeperは2012年生まれ。8歳の頃、夏休みの自由研究で母親とNFTアートプロジェクト「Zombie Zoo」(2021年)を始動した。タブレットアプリを用いて「ゾンビ×動物」のドット絵を多数制作し、世界的な話題を集めている。本展では新作を展示する予定だ。 そのほか、手書き文字にまつわる考察を展開する荒井美波、昼と夜の光で変容する大型屋外彫刻を展示予定の後藤映則、それぞれが異なるアプローチで「次元の往復」に取り組むコレクティブUnexistence Gallery(原田郁、平田尚也、藤倉麻子、やんツー)、菅野創+加藤明洋+綿貫岳海、(euglena)、「森美術館」での展示も記憶に新しい市原えつこや、友沢こたおらが参加する。 会期中は、仮想現実(VR)や人工生命、宇宙人文社会科学や量子芸術など、多様な領域の専門家を迎え、クロストークなどのイベントも開催される。

サエボーグ「I WAS MADE FOR LOVING YOU」/津田道子「Life is Delaying 人生はちょっと遅れてくる」Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

海外での展開も含め、さらなる飛躍とポテンシャルが期待できる国内の中堅アーティストを対象とした、トーキョーアーツアンドスペースと東京都が主催する現代美術賞「Tokyo Contemporary Art Award (TCAA)」。第4回の受賞者であるサエボーグと津田道子による個展が、「東京都現代美術館」で開催される。 両者は「身体」を一つの起点として、作品制作と身体表現の実践を行き来することで、その独自の表現を発展させてきた。隣り合う2つの展覧会は、制作に対する関心もアプローチも大きく異なり、それぞれが独立したものでありながら、展示室内での鑑賞者のふるまいが作品の一部となるという共通点を持つ。 鑑賞を通じて自身に向き合うことで、動物を含む他者との関係性や、社会的に期待された役割などに目を向けることにもなるだろう。 初日の2024年3月30日(土)には、作家らと選考委員が参加するアーティストトーク(要事前申込・先着順・無料)が行われるほか、会期中には展示空間と鑑賞者の身体を架橋する体験につながるようなパフォーマンスなども開催予定だ。

広告
関連情報
関連情報