箱根の夜
箱根の夜

箱根の夜を楽しむ6のこと

箱根のバーや居酒屋、スナック、ナイトミュージアムを巡る

Mari Hiratsuka
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

タイムアウト東京 >トラベル > 箱根の夜を楽しむ6のこと

箱根といえば大涌谷や芦ノ湖、箱根神社と昼間の見どころが多い。しかし、夜でも存分に楽しめることを知っているだろうか。ここでは、「箱根の夜を冒険したい」と思っている人に勧めたい、モダンなレストランや隠れた名居酒屋、スナックなどを紹介する。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響によりサービスに変更があるので、訪れる際は最新情報の確認を

関連記事
箱根でしかできない15のこと

  • レストラン
  • 日本料理
  • 箱根

ゴウラ ブリュワリー アンド グリル

 13〜21時に営業短縮

箱根の強羅に2017年にオープンしたレストランバー。世界にレストランを展開しているシェフの松久信幸がプロデュースした。

併設された醸造所で造られたクラフトビールと和食の創作料理が楽しめるのが特徴で、パリパリの皮に黒毛和牛を包んだ絶品の『黒毛和牛餃子』や『カリフォルニアロール』など、アルコールに合うメニューがそろう。クラフトビールの中では『ミッドナイトセゾン』、インターナショナルビアカップにて金賞を受賞した『琥珀』がおすすめだ。

店の外には足湯もあり、ビール片手に足湯を楽しめるのもユニーク。近接するパブストップ(PUBSTOP)では、11時から16時までハッピーアワーを実施。クラフトビールが600円で味わえる。

  • レストラン
  • 軽食・スナックバー
  • 箱根

矢田

※営業確認中

ディープな箱根を体験したいなら、スナックに行こう。箱根湯本駅から徒歩5分ほどの場所にあり、夜遅くまで飲める貴重なスポットのひとつだ。元料理人のマスターが経営しており、絶品のラーメンが味わえることでも知られている。マスターの人脈もあり、日本人観光客と海外からの旅行者が訪れ、夜な夜な異文化交流が繰り広げられている。

料金は、2時間の飲み放題(ビール別)とカラオケ歌い放題がセットでおよそ3,000円。アルコールを単品でオーダーすることも可能なので、軽く立ち寄るのもいい。

広告
  • レストラン
  • 日本料理
  • 箱根

歌留多 箱根

18〜20時に営業短縮

箱根湯本の温泉街にある、24時すぎまで営業しているアットホームな居酒屋。ちゃんこ鍋が名物で、味にも定評がある。

やきとんやつくねがセットになった『親父おまかせセット』(5本で700円)や、『れんこんのはさみ揚げ』(850円)をつまみに日本酒を楽しむのもいい。海外からの旅行者や常連客でオープン直後から賑わっているので、予約は必須だ。

  • ホテル
  • ゲストハウス
  • 箱根

ハコネ テント

強羅駅から徒歩3分の場所にあるゲストハウス。旅館を改装して2014年の6月にオープンした。ドミトリーは1泊3,500円ほど。宿代が高い箱根エリアで、リーズナブルに宿泊できる場所だ。

施設内には、24時間利用可能な源泉掛け流しの温泉、自炊可能な共用キッチンなどを設置。17時30分からはバーもオープンし、地元の人や旅行者同士が話を弾ませている。

広告
  • アート
  • 箱根

彫刻の森美術館

※2021年は開催中止

ナイトミュージアムは冬期のみ開催/感染予防対策はこちら

二ノ平にある、野外彫刻を中心とした美術館。冬期は「ナイトミュージアム」と題し、開館時間を延長する。野外スペースではライトアップなども行う。

無料で貸し出しされる提灯を持って夜の彫刻庭園を巡ると、彫刻や風景のライトアップに呼応して提灯の色が変化する仕かけも。幻想的なナイトミュージアムを楽しんでみては。

  • Things to do
  • 箱根

吉池旅館

箱根湯本の老舗旅館。もともとは旧三菱財閥の岩崎家の別邸で、敷地内には1万坪の回遊式日本庭園が広がり、四季折々の美しい景色が楽しめる。

13〜22時(最終受付は20時)まで日帰り温泉の営業もしており、温泉は源泉かけ流しで加水なし。湯上がりは肌がしっとりしてスベスベになる。極上のひとときを味わおう。

東京近郊をもっと旅するなら

  • トラベル

都心から1時間30分ほどで気軽に行ける箱根は、週末の小旅行にぴったりの場所だ。温泉に加え、桜の名所や美しい紅葉スポットなど、季節によっての見どころも多い。ここでは、定番スポットと、その近辺にひっそりと店を構えるディープなレストランやスナック、モダンな寄木細工が手に入るショップなど、箱根の隠れた名店も併せて紹介する。

広告
  • トラベル

東京からアクセスの良い日光は特に紅葉シーズンには多くの観光客でにぎわうスポットだ。しかし、冬にはスキーや温泉、夏には登山や湖を眺めたりと一年を通して雄大な自然と気軽に触れ合えるという魅力がある。ここでは、定番の観光名所やカフェ、レストラン、バーなどを紹介する。

おすすめ
    関連情報
      広告