奥多摩
奥多摩

東京、最高の自然を楽しめるスポット

自然公園や緑豊かな渓谷など、東京でアウトドアを楽しむ

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

寺院が列をなして並び建つ鎌倉の丘、箱根の温泉、雄大な富士山。東京にいると「ほかの都道府県の芝生が青く見える」ことがあるかもしれない。しかし、東京には自然を楽しめる隠れたスポットが数多くある。

スーツを着たサラリーマンや高級デパートが集うビジネスの中心地となる前、かつての東京は木々が繁茂する広大な野原だった。とはいえ現在でも、にぎやかな駅の近くでさえ、静かに自然を楽しめるスポットを見つけることができる。

ここでは、緑豊かな渓谷からハイキングコースまで、東京で最高の自然を楽しめるスポットをいくつか紹介しよう。

奥多摩
奥多摩

奥多摩

アトラクション 船&ボート 青梅

新宿から約90分を要するが、東京都内となる奥多摩は緑豊かな自然の楽園だ。奥多摩は秩父多摩海国立公園の一部で、トレッキングや水泳など、さまざまなアクティビティを楽しむことができる。

まずは御岳山の早朝のハイキングで一日を始めよう。御岳山は従兄弟である高尾山と比べてより険しく、道もそれほど舗装されていない。さらに冒険好きな人は、ラフティングやキャニオニングなどのウォータースポーツにも挑戦してみよう。

体を動かした後は、ビアカフェ バテレに寄って地元で醸造されたクラフトビールを飲んだり、澤乃井(小澤酒造)で日本酒を堪能したりできる。最後に奥多摩温泉 もえぎの湯に浸かって夕日を眺めながら疲れた筋肉を癒して、東京の裏庭での完璧な一日を締めくくろう。

Photo: Fermatastock/Dreamstime
Photo: Fermatastock/Dreamstime

明治神宮の森

アトラクション 宗教的な建物&場所 原宿

常に人であふれかえる原宿駅を過ぎた代々木公園の向こうには、大きな神社を囲む、驚くほど静かな明治神宮の森がある。巨大な鳥居をくぐって神聖な森に入ると、そこには日本全国から集まった230種類以上の樹木が生い茂っている

手入れの行き届いた公園とは異なり、明治神宮の森は広大な緑と、厚く屋根のように生い茂る木々が特徴で、大都市の真ん中で新鮮な空気を吸いたいときに最適なスポット。また、2021年に開催される『神宮の杜芸術祝祭の一環として、木の間に隠された彫刻を探してみよう。

Advertising

高尾山

Things to do 高尾山

東京近くの純粋な自然に最も近いスポットである高尾山は、新宿駅から中央線または京王線で、1時間ほどで簡単にアクセスすることができる。主に高齢者の人混みに巻き込まれないように、早朝に行くのがおすすめ。

まずは、10あるハイキングコースから歩きたいコースを一つ選ぼう。山頂までの時間はコースによって30〜90分ほどで、難易度も異なる。 熱心なハイキング愛好家は陣馬山まで登ることもできるが、片道だけで約6時間かかるため、体力に自信のない人向けのコースではない。アウトドアをゆっくり楽しみたい人は、ハイキングではなくケーブルカーに乗って頂上まで向かい、屋外のビアガーデンで食べ飲み放題を楽しもう。

等々力渓谷公園

Things to do 野毛

東京の西部に出かける時間がない場合は、二子玉川のショッピングの中心地からそう遠くはない、渋谷駅から20分ほどでアクセス可能な等々力渓谷がおすすめ

午後は弁当を用意して、多摩川へとつながる木々が並ぶ渓谷に沿ってのんびりと散歩を楽しもう。 等々力渓谷はにぎやかな東京の中心とは全く別世界のような雰囲気だ。木陰は絶えず涼しく、小川のせせらぎが毎日のストレスを忘れさせてくれる。最後は、1キロほどのルートの終わり近くにある壮大な寺、等々力不動尊にもぜひ立ち寄ってみてほしい。

Advertising
附属自然教育園
附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園

アトラクション 公園&庭園 白金台

都心部における最大の森で、目黒の中心にあるこの自然保護区は、居心地の良い自然を楽しめるスポット。20ヘクタールほどの国立科学博物館附属自然教育園は三つの異なる植物園を有するが、人の手を加えられることなくほとんど自然のままの形であるため、まるで山の中にいるような気分になるはず。

この自然教育園の目的は、東京の自然をできるだけ多く保存することで、それゆえに武蔵野平野の水彩画のような草原と、秋には赤やオレンジの燃えるような色に変わる並木道の景色を楽しむことができる。主に研究のために使用されているこの場所は、自然に興味がある人や、静かな朝の屋外を楽しみたい人に最適なスポットだ。

Photo: Yoshihiro Iimura
Photo: Yoshihiro Iimura

深大寺と神代植物公園

アトラクション 公園&庭園 調布

東京西部の郊外に位置する深大寺と神代植物公園に足を踏み入れると、まるでタイムマシンで江戸時代の日本に来たかのような気分を体験できる。

赤く色付いたカエデの木が並ぶ石畳の小道を散策したり、森に囲まれた寺の敷地内を探索したり。あるいは、しょうゆのたれがかかった団子や伝統的な菓子を売る露店が軒を連ねる小さな商店街で昼食をとったり、休憩を兼ねて数あるうちの一つのそば屋で手打ちそばを味わうのもいいだろう

約400品種、5200株の花を有する神代植物公園を楽しむために、深大寺ではエネルギーを節約しておこう。

Advertising
Photo: Kasey Furutani
Photo: Kasey Furutani

すずめのお宿緑地公園

Things to do 目黒

緑豊かな竹林のすずめのお宿緑地公園は、鎌倉や京都ではなく、東京都立大学の近くにある。駅から徒歩10分ほどの住宅地にある控えめなこの公園は、竹とベンチがたくさんあり、木の葉の擦れる音と涼しい空気を楽しむことができる。

東京の混雑した公園とは異なり混雑することはほとんどないため、竹林の下で本を読んだり友達と語らい合うなどして、誰にも邪魔されることなく長時間を過ごせることが魅力。ただ、虫よけスプレーを用意するのを忘れないでほしい。

東京で自然をもっと楽しむなら…

東急プラザ 表参道原宿
東急プラザ 表参道原宿

東京、ルーフトップガーデン7選

Things to do

高層ビルが立ち並ぶ東京で、群集から離れたいと思ったときは空を見上げてほしい。デパートや駅ビルなどの商業施設の屋上に、隠された秘密の庭園を見つけられるかもしれない。六本木や表参道、日比谷、目黒など、都会の真ん中にあるこれらの屋上庭園は無料で自由に入ることができる。

ぼんやりと遠くの景色や街並みを眺めたり、植物や日陰の下でリラックスしてみてはいかがだろうか。

 

JOOKO3/PIXTA
JOOKO3/PIXTA

東京、自然を楽しむレジャー6選

Things to do

外出自粛の段階的解除が発表され、東京近郊のレジャーが楽しめる場所も再開の兆しを見せている。少し脚を延ばせるようになったら、大自然の中や水辺で爽やかな汗を流してみてはどうだろう。

ここでは、スリル満点のラフティングや、都内でできる水上散歩、新緑が美しい御岳山など、楽しく体を動かせる注目のアクティビティを紹介。出かける際は健康状態に留意し、人の密集を避けることをくれぐれも忘れずに。

※再開予定日や最新情報は、公式サイトをチェック。

 

Advertising
Photo: Nicholas Courtney/Dreamstime
Photo: Nicholas Courtney/Dreamstime

関東近郊、週末に行けるハイキングスポット10選

Things to do

日本の国土は約7割が森林に恵まれた山地でできている。東京で過ごしているとそのことを忘れがちだが、東京周辺にも自然に癒されるハイキングスポットがたくさんある。ここでは、日帰りと宿泊で楽しめる場所を紹介。各登山道には難易度から五つ星の評価と情報を記載している。

ハイキングのおすすめシーズンは秋。気温が低く空気が乾燥し、芸術作品のような紅葉が楽しめるからだ。また、春と初夏も快適。季節の花を鑑賞しよう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising