Huis Ten Bosch Halloween
Photo: Huis Ten BoschHuis Ten Bosch

テーマパークのベストハロウィンイベント6選

ディズニーランド、ユニバ、ピューロランドなどのスペシャルイベント

https://media.timeout.com/images/105800156/image.jpg
テキスト:
Youka Nagase
翻訳:
Genya Aoki
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > テーマパークのベストハロウィンイベント6選

例年、仮装する人やジャック・オー・ランタンを模したスイーツやデリなどが街を彩り、異様な盛り上がりを見せるハロウィン。

昨年はコロナ禍のため、多くのイベントが中止もしくはオンラインへと移行した(渋谷は今年もバーチャル会場での開催が決定している)。しかし、ワクチン接種の急速な拡大や感染者数の減少を受けて、今年はリアルな場でのイベントも多く、華やかなハロウィンを楽しめそうだ。

この記事では、日本各地のテーマパークで行われるハロウィンフェスティバルを紹介しよう。東京ディズニーランドや、サンリオピューロランド、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、いずれも心ときめく取り組みばかりだ。アトラクションやイベントはもちろん、フードやスイーツでハロウィン気分を満喫してみては。

原文はこちら

  • アトラクション
  • テーマパーク
  • 舞浜

昨年、中止となった恒例のハロウィーンイベントが復活。2021年10月の東京ディズニーランドでは1日2回『スプーキー“Boo!”パレード』が開かれる。クモの巣やカボチャで飾られた6台のフロートをゴースト仕様のキャラクターが操縦し、ゲストを奇妙で魅力的な世界に誘う。

また、ゴーストミッキーをモチーフにした限定土産や、チュロス(メイプルパンプキン)、オレンジ色のバンズを使った『フライドチキンとリンゴのサンドウィッチ』など、ハロウィンにちなんだフードも盛りだくさん。

10月25日(月)〜29日(金)は、8時に入園できる『ハロウィーン・モーニング・パスポート』を数量限定で販売。同パスがあれば、ディズニーキャラクターに仮装して入園することもできる。

ただし、園内仮装や10時以降は仮装した状態で入園できないほか、いくつかのルールがあるので、事前に公式ウェブサイトを確認してほしい。

  • アトラクション
  • テーマパーク
  • 多摩センター

白と黒が特徴的なサンリオピューロランドが、ハロウィンシーズンはカボチャであふれた秋色のカントリーな世界に変貌。ハロウィンをテーマにした2つのシアターショーでは、キャラクターがカボチャのモチーフなどをあしらったコスチュームに身を包む。

10月31日(日)までは、ハロウィンバージョンのハローキティ、シナモロール、ポムポムプリンと仲間たちがグリーティングに登場。オレンジ色の花とパンプキンのモチーフで埋め尽くされた3階のレインボーホールは、絶好のフォトスポットなので見逃さず。

広告
  • アトラクション
  • テーマパーク
  • 多摩地域

10月31日(日)まで、「DECOマスク」(マスクにペンで口を書いたりデコレーションしたもの)と仮装アイテム1点以上を持っていれば入園料が無料になるほか、ワンデーパス(遊園地入園+のりもの乗り放題)が全て1,000円引きなどのサービスを実施。

また、先着1000人にハロウィンマスコットをデザインしたお面も配布している。

パーク内にはハロウィンフォトパネルが3枚設置されており、最高に恐ろしい写真を撮ってSNSにアップしてみよう。喉が渇いたらフードコートにある『リアル点滴ジュース』がおすすめだ。

大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは11月7日(日)まで『NO LIMIT! ハロウィーン』イベントが開催中だ。日中は、ミニオンやエルモなどのキャラクターがカラフルなハロウィンの衣装に身を包んでおり、夕方は恐ろしいゾンビたちのパレードが鑑賞できる。

また、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪たちが登場するお化け屋敷と、シャーロック・ホームズをテーマにしたホラーシアターという2つのハロウィン限定アトラクションも見逃せない。

真っ黒な『ハロウィン・チュロス』、フランケンシュタインをイメージしたグリーンのホットドッグ、殺人鬼のチャッキーの顔面が再現された『チャッキー・ドーナツ 〜キャラメル&ペッパー』など、「ならでは」のスイーツを食べるのも忘れずに。

広告

カラフルな家々や運河など古き良きオランダの街並みをイメージした長崎のテーマパーク、ハウステンボス。11月3日(水・祝)まではハロウィンイベントを至る所で展開している。パーク全体で、秋をテーマにしたイルミネーションが施されているほか、仮装して行けば入園料が500円引きになる。

夜は、パレス ハウステンボス 参道」に行こう。例年の3倍に当たる3000個のジャック・オー・ランタンが設置され、幻想的な夜の散歩が楽しめるだろう。

建物全体がハロウィン仕様のハーバータウンもぜひ訪れてほしい。イルミネーション満載の入り口やドクロ人形と一緒に撮影したり、食べ物や土産を購入できる。

名古屋にあるレゴランドでも、11月3日(水・祝)までさまざまなハロウィンイベントを開催中だ。仮装して行けば、子どもは菓子の詰め合わせがもらえるほか、週末や祝日なら親子2人1組で『コスチュームコンテスト』に参加できる。優勝者には、巨大なレゴブロックの限定セットが贈られる。

人気のワークショップ(事前予約制)では、レゴを使って猫耳、王冠、リボン、メガネ、ヘッドフォンなどハロウィンコスチュームに付けるアクセサリーが作成できる。スプーキーシーズンの同パークならではの体験になること間違いなしだ。

お化けをモチーフにしたソフトクリーム、ミイラのホットドッグ、不気味なシチューなど、ハロウィン期間の特別メニューを味わうのも忘れずに。

秋を満喫する……

  • トラベル

 

ここでは、タイムアウト東京英語チームが選んだ、京都の寺院から北海道の山々など、この秋訪れてほしいスポットを紹介する。

なお新型コロナウイルス感染症対策の影響でイベント情報などは変動する可能性がある。出かける際は公式情報を確認しよう。

  • レストラン
  • パティスリー・洋菓子屋

フランス発祥のモンブランは、日本で愛されている洋菓子の一つだ。東京のほぼ全てのケーキショップで見つけることができ、一年中定番のデザートかもしれない。

しかし、栗の甘さは秋が近づくにつれてより濃厚なものとなる。ここでは東京で最高のモンブランを味わえる名店を紹介。とっておきのケーキで、深まる秋を堪能しよう。

広告
東京、キノコが味わえる店9選
  • レストラン

ここでは、キノコ料理専門居酒屋や、2014年からミシュラン常連のレストラン、キノコ狩りをしてそのまま炭火焼きを楽しめる場所などを紹介する。

  • レストラン
  • コーヒーショップ・喫茶店

温かいコーヒーを片手に、お気に入りのと向き合う時間ほど、心安らぐものはない。慌ただしく時間が過ぎていく東京だからこそ、時には静かに本の世界に没頭できる、ブックカフェに出かけてみよう。

 

おすすめ
    関連情報
      広告